お問い合わせ

在宅勤務のメリット・デメリットとは?在宅勤務の詳細からデメリット解消法まで徹底解説!

現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、多くの企業や業界で「テレワーク」や「在宅勤務」の導入が進んでいます。テレビなどを見ても、出演者が自宅や別室などからリモートで登場するなどの対策が行われているほか、企業では密集を避ける時差出勤や、自宅で業務を行う在宅勤務などが増えています。

そこで今回は、これから在宅勤務の導入を考えている企業に向けて、在宅勤務のメリットやデメリット、抑えておきたいポイントなどを解説していきます。

リモートワーク導入ガイド

リモートワーク導入ガイドを無料公開!

【導入事例付き】リモートワークを検討されている方必見!

ダウンロードはこちら

在宅勤務が推奨される背景

もともと、働き方改革が推進されていく中で、オフィスに出社して働くという形から、会社に出社せずに働くリモートワークという働き方が注目を集めていました。育児や介護など、ライフスタイルや家庭環境などに合わせて、自由に柔軟な働き方をすることで、仕事の効率化や働きやすさを生む一つの方法となっていました。

こうした中、現在は新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、外出の自粛や自宅待機など、極力外に出ないようにするため、企業向けに「在宅勤務」での就業が推奨されることとなりました。

さらには子育て世帯の場合、子どもたちの通う学校が全国的に休校が続いていることもあり、子どもを家に残して出勤することができない家庭にとっても、在宅勤務をすることで生活の確保が可能となっています。

関連記事:【新型コロナウイルスの影響で急増中】いますぐはじめるリモートワーク!導入のために確認したい手順・注意点・ポイントは?

在宅勤務とテレワークの違いは?

現在、多くのメディアでも聞くことの多い「在宅勤務」と「テレワーク」ですが、実際のところ何か違いはあるのでしょうか。

一言でいうと「在宅勤務」というのは「テレワーク」という働き方の概念のうちの1種類のことを言います。そもそも「テレワーク」というのが、離れた場所で働く(tele+work)という意味の英単語を繋げた造語になり、これは時間や場所にとらわれずに自由で柔軟な働き方のことを指しています。

「テレワーク」には、大きくわけて3種類あり、自宅で仕事をする「在宅勤務」と、外出先のカフェや駅構内のスペースなどで仕事をする「モバイルワーク」、そしてコワーキングスペースなどの施設うで働く「サードプレイスオフィス勤務」があげられます。

新型コロナ対策での在宅勤務の状況は?

現在、新型コロナウイルスの拡散防止対策として、国全体で外出自粛が叫ばれる中、企業をはじめさまざまな業界で「テレワーク」での働き方を進めてきています。実際に在宅勤務を始める企業も増えてきていますが、どのぐらい浸透しているのでしょうか。

経団連の調さによると、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、テレワークや在宅勤務を実施している企業は、経団連の会員企業の約97.8%とほとんどの企業で始めていることがわかりました。

2月の時点では実施企業が約70%ほどでしたが、新型コロナウイルスの拡大と政府による緊急事態宣言の発令により、一気に在宅勤務を実施する企業が増えたことが分かります。ただし実際に在宅勤務を行っている人の割合に関しては、一部事業を除くと50%強という状況です。企業としては実施を進めているが、その障害となっている主な理由が「情報管理を含む業務の特性」にあるため、すべての人がテレワークを実施できるのは難しく、大きな問題点となっています。

在宅勤務のメリット

実際に在宅勤務を考えている企業としては、在宅勤務を行うメリットが気になるところかと思います。ここでは在宅勤務の主なメリットを3つご紹介します。

通勤にかかる時間がない

自宅で仕事をする在宅勤務は、なんといっても通勤時間がかからない点が大きなメリットと言えます。人によっては、自宅と勤務先との往復に多くの時間がかかったり、朝から満員電車に苦しめられたりと、時間とともに体力も消耗してしまします。

しかし在宅勤務であれば、その通勤時間がなくなるので、通勤にかかっていた時間を自分の時間に使うこともできるので、仕事の効率もあがるほか、モチベーションアップにも繋がります。

育児や介護との両立が可能

小さなお子さんがいる家庭や、身内の介護が必要な家庭の場合、会社へ出勤する働き方だと、急な病気などの緊急時にすみやかな対応ができないことがあります。そのため自宅を長時間あけておくことができず、なかなか働くことができないという方も多いと思います。

ですが在宅勤務を行うことで、いざというときもすぐに対応できますし、移動時間なども考えると、業務へも最小限の支障にとどめることが可能です。

一人で業務に集中することができる

在宅勤務の場合、基本的に一人で業務を行うため、オフィス内で働くよりも仕事に集中することができます。オフィスではさまざまな人が行き来するため、集中したくてもできないことも多くなります。しかし在宅勤務であれば、こうした作業の中断などもないため、業務効率もあがり、生産性も向上すると言われています。

また一人で作業することで、余計な人間関係のわずらわしさもなく、のびのび働けるという声も多いです。

在宅勤務のデメリット

在宅勤務には、さまざまなメリットがありますが、一方でデメリットとなる点もあります。

オン・オフの切り替えができない

自宅というプライベート空間で仕事をする在宅勤務は、今まで外に出ることで保たれていたメリハリがなくなってしまう点があります。仕事もプライベートも自宅で過ごすため、オンとオフの境界線が曖昧になってしまうことも多いようです。

就業時間をすぎても一日中パソコンを立ち上げて仕事してしまったり、逆に就業中にダラダラとして仕事が進まないということもあるので、メリハリのない生活になってしまいます。

コミュニケーションが難しい

一人で仕事を行うということは、集中できる点などでメリットにもなりますが、時には孤独を感じやすく、コミュニケーションが取りにくいというデメリットにもなります。

またオフィスにいれば、何かあると同僚や上司にすぐ質問や確認ができますが、遠隔になってしまうとちょっとした雑談すら、温度感が異なってくるので難しいと感じます。顔を合わせていた以上にコミュニケーションを上手くとっていく必要があるので、気を付けましょう。

デメリットの解消方法

こうしたデメリットを回避するためにも、在宅勤務を始めるうえで気を付けておきたい対策ポイントをご紹介します。

自宅の労働環境を整える

自宅で仕事をするうえで、まずやっておきたいのが、家での労働環境を整えておくことです。できるだけ仕事がしやすいよう、机や椅子を用意したり、プライベートと仕事の切り替えができるようなスペースを作ったりするといいでしょう。

また慣れない場所に長時間座ると、体に必要以上の負担をかけることもあるので、定期的に背伸びをしたり立ち上がるなどしてリフレッシュすることも大切です。

ツールなどでタスク管理を行う

在宅勤務になると、どうしてもオンオフの切り替えができずに、普段とはタスクの進み方が違ってくることがあります。そうならないように、まずはタスク管理ツールなどを使って、毎日の作業リストなどを作成して、進捗を管理していくといいでしょう。

タスク管理ツールがあれば、進捗状況も逐一確認できるので、在宅勤務であっても効率的に仕事を進めることが可能です。

チャットツールなどでコミュニケーションをはかる

どうしても一人で作業することになる在宅勤務ですが、何かあったときにすぐ同僚や上司とコミュニケーションが取れるよう、チャットツールなどを使うのがおススメです。メールよりも手軽で、ちょっとした質問や相談も気楽に行えるほか、メッセージツールのように会話形式でスムーズなやり取りが可能になります。

メールのように形式ばったものではないので、在宅勤務やテレワークでのコミュニケーションツールにはピッタリです。

在宅勤務、テレワーク導入は助成金が活用できる!?

新型コロナウイルスの感染拡大防止を受けて、さまざまな企業でテレワークが進んでいますが、まだこれからテレワークを考えている企業も多いと思います。

いざテレワークを導入しようと思っても、実際に何を準備したらいいのかわからないこともあるでしょう。そんなときには、テレワークの導入支援や機器の手配、導入後のサポートを行うサービスに相談するのがおススメです。いくつものテレワーク実施に携わってきた専門スタッフが、テレワークの導入方法について無料で相談を受け付けています。

現在、テレワークの導入を行う企業には、費用を抑えて始められる補助金や助成金も登場しているため、こうした助成金を活用しての導入方法なども、しっかり教えてもらうことができます。

気になる方は、まず無料で「はじめてのテレワーク」までご相談してみてください!

テレワークの導入を徹底サポートする「はじめてのテレワーク」はコチラ!

まとめ

今回は、在宅勤務についての解説と、在宅勤務を行ううえでのメリット・デメリットについて紹介してきました。

まだまだ新型コロナウイルスが収束する見込みも立っていない今、少しでも早い環境回復を目指すためにも、在宅勤務という働き方を上手く活用していきたいものです。出勤によるリスクを少しでも回避できる在宅勤務、今からでも遅くありません、この機会にぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

わからないことがあれば「はじめてのテレワーク」で無料相談をうけているので、お気軽にご相談してみてください。

リモートワーク導入ガイド

リモートワーク導入ガイドを無料公開!

【導入事例付き】リモートワークを検討されている方必見!

ダウンロードはこちら

おすすめ記事一覧

コラム

効果的なクーポンで売上UP!飲食店のクーポンアイデアと集客に強いツール4選

クーポンは、上手に使うことで集客アップにつなげられるツールです。しかし、「クーポンを使うと売上が減る」「値引き目当てのお客さまばかり来る」といったマイナスイメージを持っている方もいるでしょう。そこで本記事では、クーポンの集客効果を最大限に引き出すために気をつけたいことと、飲食店におすすめのクーポンツールをご紹介します。

飲食店 IT化 認知拡大
2019.11.18
コラム

インスタグラムのハッシュタグ戦略!効果的な付け方と選び方を紹介

インスタグラムにおいて、自社のターゲットとするユーザーへリーチするためには、効果的な「ハッシュタグ(#)」の活用が重要なポイントとなります。本記事では、インスタグラムのハッシュタグで人気投稿になるために、効果的なハッシュタグの付け方や選び方を紹介します。

集客改善・集客方法 SNS 認知拡大
2020.03.16
コラム

【ウーバーイーツのエリアに注目】拡大する範囲をチェック!

【ウーバーイーツ(Uber EATS)のエリアを紹介】新型コロナウィルスでも特に注目を集めたウーバーイーツ。その対象エリアが次々に増え、拡大しています。今回はこうしたウーバーイーツの対象エリアをご紹介。日本の各エリアに分けて、都道府県でご紹介していきます。今後も拡大していくであろうエリアに注目しながら、現時点での拡大状況をチェックしていきましょう。

売上改善・売上アップ 集客改善・集客方法 飲食店
2020.05.27
コラム

【解説】IVRとは?基本情報からメリットデメリット、導入事例までご紹介!

コールセンターなど電話による顧客対応の場で導入されているIVR。自動音声による対応ができるため、オペレーターの業務を効率化することができます。初期費用無料で導入できるIVRもあり、テレワークの推進とともに急速に導入され始めています。この記事ではIVRの基本情報や仕組み、メリット・デメリットについてご紹介していきます。

業務改善 業務効率化
2020.08.12

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。