お問い合わせ

無線LAN子機のおすすめメーカー・機種10選!選び方のポイントも伝授!

無線LANの関連アイテムの一つである「無線LAN子機」。無線LANが内蔵されていない端末を無線LAN接続できるようにしてくれるほか、より安定した無線LAN接続を可能にしてくれるアイテムです。
今回はこの無線LAN子機について解説しながら、具体的な無線LANのおすすめ製品もご紹介していきます!

無線LAN子機

アンテナ外付けの無線LAN子機

無線LAN子機とは、Wi-Fi本体の電波をパソコンやテレビなどで受信するために取りつける小さな機器です。
無線通信ができない端末(無線LANが内蔵されていない端末)は、そのままの状態ではWi-Fi接続ができません。古い製品などにおいては、無線LANが内蔵されていないタイプが多く、こうした端末をお使いの方も多くいらっしゃるでしょう。その場合に無線LAN子機を使うことで、Wi-Fi通信を可能にしてくれるのです。
接続方法としては、USB端子やLAN端子に挿入して取り付けるものが一般的なタイプでしょう。

無線LAN子機は安定した通信にも役立つアイテム

最近ではノートパソコンにも無線LANが内蔵されているものが多いですが、より無線接続を安定したものとするために子機を使うという方も少なくありません。そのため、Wi-Fi環境が悪い場合やインターネット接続をより快適に行うために使う場合もあります。

無線LAN子機の選び方

無線LAN子機は非常に多くの種類の製品が展開されています。多くの種類があるなかで、どのようなものを選べば良いのでしょうか。無線LAN子機を選ぶ際の基準を以下でご紹介していきます。
使う用途やご自身の好みに合わせて選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

接続端子

接続する端子についてまずはチェックが必要です。ノートパソコンではUSB端子は多くの端末がついています。しかしマウスや付属品などでこのUSB端子を使う場合、無線LAN子機で使う分が足りないということもあるでしょう。その場合にはLANポートに接続する無線LAN子機を選ぶという選択肢があります。
反対に、LANポートがない場合もあります。そういった場合はUSB端子で対応する必要があるため、まずは無線LAN子機を使用する端末をしっかりチェックしておきましょう。

アンテナ

一般的な無線LAN子機の場合、アンテナ内蔵かアンテナが外部についているものかという点も気になりますよね。アンテナが外部についているタイプのほうが、電波を受信しやすいと言われることもありますが、一方で内蔵されているもののほうがコンパクトで持ち運びには便利です。こちらもどちらをより重視するかで異なるでしょう。

無線LAN子機のサイズ感

無線LAN子機の種類は多岐に渡ります。こちらも使い方によって異なりますが、持ち運びをして外出先でも使う場合には、小型のタイプ。自宅内のみで使う場合には感度の良い据え置き型を選ぶという選択肢があるでしょう。

周波数帯域

無線LANの本体にもよりますが、Wi-Fiの電波としては2.4GHzもしくは5.0GHzの電波を使うことになります。無線LAN子機に関しても、この周波数帯域の対応をしっかり確認する必要があるでしょう。
2.4GHzは「障害物に強い」5.0GHzは「電波干渉が少ない」という強みがあります。現在は両方の周波数帯域に対応したデュアルバンド機能を搭載しているものもあるため、ここはしっかり見極めたいところです。
》Wi-Fiの周波数帯域についてわかりやすく解説!

無線LAN子機の人気メーカー5選

無線LAN子機を探す際、どこのメーカーを選んだらよい野かわからないという方もいらっしゃるでしょう。そこで、無線LAN子機で人気のあるメーカー5選をピックアップしてご紹介していきます。

無線LAN人気メーカー①TP Link

TP Link社の子機

(画像引用:TP Link 公式サイト)

無線LAN周辺機器のシェア率も高いTP Link。特に中継器やメッシュWi-Fiでも人気を集めているメーカーですが、無線LAN子機にも注目したいところ。比較的手頃な値段でありながら、高性能を実現したコストパフォーマンスの良い製品が展開されています。また、超小型ながらデュアルバンドに対応した無線LANも人気を集めています!
》TP Link製品に関する詳細をチェック!

無線LAN人気メーカー②BUFFALO

バッファローの子機

(画像引用:BUFFALO公式サイト)

マウスや無線LANなどパソコン周辺アイテムで総合的に人気の高いBUFFALO。もちろん無線LAN子機も種類が豊富。より小型のアイテムや、電波の受信しやすいアンテナの方向を柔軟に動かせるタイプのものなど、多くの製品を展開しています。また、接続が簡単な「AOSS」が採用されているため、初心者でも簡単に使うことができるでしょう。

無線LAN人気メーカー③I-O DATA

IO DATAの子機

(画像引用:I-O DATA公式サイト)

こちらもパソコン周辺を多く展開している人気メーカー。「WPS」機能を持つ機器同士の場合は簡単に接続できるでしょう。Wアンテナを搭載して2倍の速度を実現した製品にも注目したいです。

無線LAN人気メーカー④ELECOM

ELECOM子機(画像引用:ELECOM公式サイト)

パソコンやスマホなどのデジタル周辺機器の人気メーカーであるELECOM。無線LAN子機の製品も展開しています。超小型の製品は、パソコンに接続した状態でも気にならないサイズ感として人気です。もちろん最新型製品は11ac・USB3.0に対応したものも展開。

無線LAN人気メーカー⑤NEC

NECの子機

(画像引用:Aterm Station)

大手電気製品メーカーであるNECは無線LAN製品シリーズとして「Aterm(エーターム)」を展開しています。日本の大手メーカとして安心して使いたい方には特におすすめ。

無線LAN子機のおすすめ機種5選

上記でご紹介したそれぞれのメーカーのおすすめ機種をご紹介していきましょう。今回紹介する製品以外にも人気製品や最新製品も併せてチェックしてみてくださいね!

無線LAN子機おすすめ製品①Archer T2U Nano(TP Link)

TP Link子機2

(画像引用:TP Link 公式サイト)


なんといっても注目したいのがTP Linkのこちらの無線LAN子機。11acに対応した高速Wi-Fiの超小型Wi-Fi。2.4GHzと5.0GHzに対応したデュアルバンド機能で快適な無線接続を可能にしてくれるでしょう。Wi-Fiローミング対応で外出時にも便利に使うことができるため、いやすく高性能な製品です。セキュリティもWPA/WPAに対応しているため安心して使用できる点も魅力ではないでしょうか。
》TP Linkの無線LAN製品の情報はこちら!

無線LAN子機おすすめ製品②WI-U2-433DMS(BUFFALO)

バッファロー子機2(画像引用:BUFFALO公式サイト)

11ac対応の無線LAN。Wi-Fi本体が11ac対応であれば、お持ちのパソコンも簡単に11ac対応にしてくれるでしょう。この場合、無線LAN内蔵パソコン(11ac非搭載)でも、速度が気になる場合には改善できるはず。
ビームフォーミング機能にも対応しているため、Wi-Fi本体も対応している場合には障害物や遠距離でも安定した接続環境を整えてくれるでしょう。

無線LAN子機おすすめ製品③WN-AC433UMK(I-O DATA)

IO DATA子機2(画像引用:I-O DATA公式サイト)

こちらも11acに対応した超小型タイプ。電波干渉を受けにくい5GHzと11acに対応しているため、Wi-Fi本体が11ac対応であれば、安定した高速通信への改善も期待できるでしょう。端末に装着した際の飛び出し部分は約7mmというコンパクトさも魅力ですね。
5GHz専用という点にはご注意ください!

無線LAN子機おすすめ製品④WDC-433SU2M2BK(ELEECOM)

エレコム子機2(画像引用:ELECOM公式サイト)

11ac対応の製品。セキュリティも安心の「WPA2-PSK」に対応しているため、安心して使うことができるでしょう。こちらも5GHz専用となる点にはご注意ください。設定方法も簡単で、画像や動画で詳しく解説されているだけでなく、無料の電話相談や有料の訪問サービスも使うことができるため、初心者でも安心です。

無線LAN子機おすすめ製品⑤Aterm WL900U(NEC)

nec子機(画像引用:Aterm Station)

11acに対応した製品。国内大手メーカーNECの製品という点も、安心感も魅力の一つですね。
Wi-Fi本体も11ac867Mbpsに対応している場合、安定した高速接続が期待できます。動画や大容量データーの取り扱いも快適に行えるでしょう。
WPA2-PSK(AES/TKIP)に対応しているため、セキュリティも安心です。
※11ac・11nはWPA2-PSK(AES)、WPA-PSK(AES)のみの対応

まとめ

今回は無線LAN子機に関する解説とおすすめメーカー・製品をご紹介しました。是非今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。
また、Wi-Fiの繋がりが悪い場合や店舗のWi-Fi環境を整備したいという場合には以下のページも是非ご一読ください!Wi-Fi環境を改善するためには、中継器・メッシュWi-Fiなどがおすすめ!是非進化したWi-Fiのチェックもしてみてくださいね!
》無線LAN製品ならTP LinkのメッシュWi-Fi?詳細をチェック
》おすすめのメッシュWi-Fiはどれ?比較4選

おすすめ記事一覧

コラム

【Wi-Fiが遅い】7つの原因とすぐに試せる解決策とは?

Wi-Fiが遅い!なかなかスムーズにインターネットが使えないとイライラしてしまうもの。そこで今回は、Wi-Fiが遅いときに考えられる7つの原因と対処法をご紹介していきます。すぐにできる対処法もあるので、ぜひ試してみてください!また、解決策の選択肢の一つとして、快適な通信環境を整える注目のTP Link社のなかから人気Wi-Fi製品もご紹介していきます。

飲食店 Wi-Fi オフィス・事務所
2018.12.04
コラム

【ルーターに繋がらない時はこれを試して】端末別の解決策20選を徹底公開!

ルーターが繋がらない時はどうすればいい?突然ルーターの調子が悪くなったり接続ができなくなったという方も少なくありません。このページでは、ルーターが繋がらないときの原因と、誰でもできる解決策を合計20選としてご紹介。しかもスマホとパソコンの端末別でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

インターネット回線 Wi-Fi インバウンド
2019.09.26
コラム

【Wi-Fiルーターの選び方】初心者にもわかるポイント伝授!おすすめ機種も

Wi-Fiルーターの選び方を徹底解説!初心者の方でもわかるよう、わかりやすくポイントに絞ってご紹介。これを踏まえれば、Wi-Fiルーター選びの際の不安が軽減!また、特に今おすすめのWi-Fiルーター製品を3つ厳選してご紹介していきます。

インターネット回線 Wi-Fi 飲食店
2019.05.23
コラム

【Wi-Fiの周波数帯域2.4GHzと5GHzとは】違いや使い分けは必要?

Wi-Fiの電波として使える周波数帯域「2.4GHz」「5GHz」に注目!この2つの周波数帯の特徴や違い、それぞれのデメリットまで徹底解説。Wi-Fiが繋がりにくいときに考えたいのが、この周波数帯域についてですが、この二つの切り替えや使い分けは必要なのでしょうか。また、そうした使い分けの必要がない、便利で高性能なメッシュWi-Fiにも注目してご紹介していきます。

集客改善・集客方法 環境改善 Wi-Fi
2020.03.03

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。