お問い合わせ

【5GでWi-Fi不要に?】今後のインターネット接続に注目!光回線も不要になるの?

2019年は「5G元年」とも呼ばれ、飛躍的な通信を可能にする圧倒的存在感で登場した5Gについて注目が高まりました。日本国内でも限定的な試用などが行われてきていますが、ついに2020年は段階的な普及が行われていくでしょう。
5Gへの理解を深めるとともに、今後のインターネット回線やWi-Fi環境の必要性についてチェックしていきます。

5Gとはなにか?

5Gとスマホの画像
「5G」という言葉を耳にする機会が増えてきたものの、5Gについてそもそもよくわからないという方も多いのではないでしょうか。まずは5Gについて簡単に解説していきます。

5Gとは最新の移動通信システム

5Gとは第5世代移動通信システムとして登場しています。まだ本格的な普及には至っていませんが、2020年以降に日本国内でも順次開始・普及されていく予定になっています。
これまでの4G(第4世代移動通信システム=LTEなど)から便利なシステムへと飛躍が期待されている5Gですが、速度、同時接続・低遅延が実現すると言われています。より高画質で臨場感溢れる動画配信、通信コストの削減、loT化の普及・促進、自動運転や医療現場での遠隔治療などの精度も向上するとされています。

5Gの通信速度

5Gの通信速度は最大20Gbpsとも言われています。4Gの一般的な通信速度は100Mbps~1Gbpsであることを踏まえると、飛躍的な通信速度へと改善することが予想されています。
たとえば1本の動画をダウンロードするために、数十秒かかっていたものも、5Gの場合は即時ダウロードが完了することも期待できるでしょう。

5Gの通信速度が速いとされる理由

5Gの通信速度が飛躍的に高速化するという点に関して、その理由としては周波数帯域(=)にあるといえるでしょう。5Gとして携帯キャリアに割り当てられた周波数帯域は、3.7GHzと4.5GHzと28GHzとされています。各キャリアは28GHzでの検証を行っているため、普及する際にはこの28GHzが主要な周波数帯域として使われることになるでしょう。
4Gの場合、周波数帯域は2GHz~3.6GHzであるため、5Gでは高い周波数帯域が使われることになります。高い周波数帯域というのは、他の通信では使われにくい帯域であるため、電波干渉が起こらず快適な通信を実現することができるとされています。
》5GでもWi-Fiを導入することで集客対策に?

5Gの料金はどれくらい?

すでにキャリアでは5Gのサービスが提供され始めています。気になるのはその料金プラン。5Gを使う場合、毎月どれくらいの料金がかかるのか、NTT docomoを例にチェックしてみましょう。

NTT docomo(以下、ドコモ)の5G料金プランの場合

ドコモの5Gの料金プランは2つ。大量通信が可能な「5Gギガホ」と段階性の料金が設定されている「5Gギガライト」です。
5Gギガホの場合は月額7,650円で100GBの通信が可能。5Gギガライトの場合、最大6,150円で、使う通信量を目安に4段階で設定されています。また、どちらのプランも通話オプションに加入することが可能。通話料やその他のオプションサービス等がかからない場合、10,000円以内で使うことはできるはずです。
》5Gのメリット・デメリットとは?4Gとの違いはなに?

5Gですべての通信を賄うと、容量超過になる可能性も?

5Gが広く一般に浸透するころには、快適なインターネット接続が可能になることで、より多くのインターネット接続を5Gで賄いたくなるかもしれません。しかし、自宅や外出先ですべて5Gでの通信を行うことで、スマホの契約プランで使用することのできる容量を超過してしまう恐れがあります。
そうなった場合、容量追加をすることになり、さらに料金がかかります。こうした料金負担を防ぐためにも、自宅や外出先ではWi-Fi環境が必要とされるでしょう。
飲食店を始めとした店舗でも、これまで通り、もしくはこれまで以上にWi-Fi環境の整備が求められるかもしれません。
》店舗にWi-Fi導入はマスト?設置のメリットとは?

5GでWi-Fiや光回線は不要になる?


5Gが普及することで、全ての通信は5Gが勝るため、インターネット回線やWi-Fi環境は不要になるのではないかという声も挙がっています。
個人だけでなく、店舗や企業においてもこの点は注目していて、新たに光回線やWi-Fi環境の見直しが必要なのかどうか、不要になるならコストを削減できるのではないかと考えている場合もあるでしょう。
5Gは万能なのか、今後光回線やWi-Fiは不要になるのかという点を踏まえて、確認していきましょう。
》【5Gのメリットデメリット】従来の4Gとの違いにも注目!

Wi-Fiが補う役割?5Gのデメリット

5Gでの通信がスムーズにいかずに苦労しているイメージ画像
これまでの通信システムと比較しても最強にも感じられる5Gですが、弱点もあります。これまでの移動通信システムから飛躍的な革新が見込まれていますが、どのような弱点や懸念点があるのかチェックしていきましょう。

周波数帯域の高さによる弱点

5Gでは高い周波数帯域を割り振られていますが、周波数帯域は高くなるほど直進に強くなるという側面があり、障害物に弱くなります。壁や床、建物にぶつかりやすいため、遠方へと電波を届けるという点においては弱いと言えるでしょう。
こうした弱点を踏まえて、技術の革新や電波を中継する基地局(スモールセル)の大量設置などで対策を進めていくなどの解決策を模索しています。

速度制限

5Gでは高速通信や大容量通信が可能になるため、スマホでの通信が進むことで使用するデータ量も増加するでしょう。そうなった場合、これまでのスマホプランでは通信量を超過してしまい、速度制限が入るということも容易に予想できますね。
せっかく5Gで飛躍的な通信が可能になったとしても、速度制限が入って低速モードに切り替わってしまったら意味がありません。

テザリングを行うことでさらに容量使用

5Gで便利で高速通信が可能になった場合、これまでの自宅内でのインターネット通信や動画視聴でも5Gを使いたいもの。携帯の通信量を他のデバイスに分けることのできるテザリング機能を使えば、ゲーム機や動画等もより快適で高画質で楽しむことができるとされています。しかし、テザリングを行うことで、契約しているスマホのデータ通信量を消費していまい、速度制限の適用スピードが加速されるでしょう。

利用者が増えたら速度低下もあり得る

様々な点で利便性や通信環境の改善が期待されている5gであるため、非常に注目されています。一般に普及されるようになった場合、多くのユーザーが5Gを使うことになるでしょう。一般的に、インターネット接続は「ベストエフォート型」です。一気に5Gによる通信を行った場合、期待していた速度が出ない、速度低下の事態が発生することもあり得るかもしれません。
》家庭も店舗もメッシュWi-Fiならどこでも快適?その秘密を解説

5GとWi-Fi6

5Gを補う存在のWi-Fi6のイメージ

5Gが普及する上で、今後も室内環境等でのインターネット環境を支えるWi-Fiは不可欠な存在となるはず。特に最新の規格としてWi-Fi6が登場しています。このWi-Fi6は、最大通信速度を9.6Gbpsとしていて、最大通信速度6.9GbpsのWi-Fi5と比較しても飛躍的に速度が安定するでしょう。5GHzと2.4GHzの両方の周波数帯域にも対応しているため、使い分けることも可能です。

Wi-Fi6は従来の規格にも対応

Wi-Fi6の通信速度は、Wi-Fi6に対応する機器の使用で実現しますが、仮に機器がWi-Fi6に対応していないものであっても、これまでのWi-Fi5などに対応しているため安心して利用することができます。

Wi-Fi6を含めてWi-Fiは5Gを補完する役割

Wi-Fi6を含めて、Wi-Fiは5Gが普及した場合でも、インターネット接続環境を構築するために必要となるでしょう。5Gは、超高速/超低遅延/超同時接続を可能とします。遠隔操作や屋外の通信において飛躍的に快適で便利な通信となり、Wi-Fi6は室内やオフィス、店舗、観光施設など、多くの人がインターネットに接続するような空間で重宝されるでしょう。
このように、便利で飛躍的に快適なインターネット接続を実現すると言われている5Gの登場でも、Wi-Fiはそれを補う形で今後も必要とされていくはずなのです。
》【人気記事】ネットに繋がらないときは試して!対処法20選をご紹介!

 

5GになってもWi-Fiや光回線は今後も必要?

障害物の多い店舗でWi-Fiを利用して快適にネット通信をしている会議風景
上記でご紹介した5Gのデメリットや問題点を踏まえると、今後も自宅と外出時のインターネット接続環境の使い分けは必要になるでしょう。
特に自宅でのインターネット接続の場合、5Gの弱点である障害物や階をまたいでの接続をカバーするためには光回線やWi-Fiを使用したほうが快適と言えそうです。
また、最新の家電製品などもloT化が進んでいて、遠隔操作も可能になっていますが、外出先から遠隔操作を行う場合には、自宅にインターネット接続環境が必要です。外出している場合にはテザリングと使うことはできないため、こうした便利なシステムが普及しても現時点で光回線の存在は今後も必要とされるでしょう。
》死角をなくせる優秀Wi-FiのDeco3が人気!?その特徴に迫る!

5GとWi-Fiでインターネット接続を強化

最新の高性能Wi-Fiをイメージしたルーターの画像5Gの弱点は、周波数の高さからくる「障害物」や「遠方」が弱点とされています。
自宅だけでなく店舗やオフィスなどでも5Gを使った場合、この弱点は顕著でしょう。壁や天井、周辺の建物等による障害物などが多く、5Gのメリットを生かせないケースが多くなるかもしれません。
しかも店舗やオフィスにおいて5Gで通信を賄うということ自体も考えられませんし、店舗を利用するお客様がわざわざテザリングを使うという点も考えにくいのではないでしょうか。
5Gの弱点を踏まえた場合、店舗やオフィスにおいては今後もインターネット回線やWi-Fi環境は必要になってくると言えるはず。
店舗やオフィスができることとして、5Gの高速で快適な通信環境との差を少しでも減らすこと、より快適なインターネット通信環境を整えるという点では「Wi-Fi環境」を見直すということが必要になってくるでしょう。
》店舗や企業はフリーWi-Fiの整備がマスト?詳細チェック

家庭や店舗はメッシュWi-Fiと5Gを併用したい

メッシュWiFiでネットワークが網目状に展開されているイメージ画像
今Wi-Fiのなかでも特に注目されているのが、メッシュWi-Fi。部屋数の多い自宅や複数階ある戸建て住宅、店舗やオフィスでも快適なインターネット接続を可能にするWi-Fiです。家庭用Wi-Fiとしても人気のある製品となっています。
その名の通り、網目状に張り巡らされたネットワークにより快適なインターネット接続を実現してくれるという特徴があります。
ご自宅や店舗やオフィスなどの建物のなかで、障害物や天井等によって接続が悪い場合やなかなか電波が届かない場所があったとしてもメッシュWi-Fiのサテライトを用意することで改善できるでしょう。
個人の自宅でも店舗やオフィスでもその特徴を生かして機能してくれる、優秀なWi-Fiとして注目されています。
様々なメーカーからメッシュWi-Fiが展開されているため、是非比較検討して環境に合った製品をチェックしてみてください!
》【超人気記事】メッシュWi-Fiのおすすめ比較!人気メーカー厳選紹介

店舗やオフィスならTP Link製品やギガらくWi-Fiもおすすめ

スーツ姿の女性がおすすめを紹介している画像
Wi-Fi環境の整備は、集客対策としても有効です。特に、外国人観光客が増加しているなかでWi-Fi環境の整備が急務とされていますよね。
優秀なWi-Fiを導入することで、外国人観光客だけでなくインターネット環境が必要なビジネスマンや若者世代を集客する訴求にもなるでしょう。

注目の人気Wi-Fiはどれ?

そこで注目したいのが、無線LAN製品のシェア率が世界的にも高いTP Link社のWi-FiやNTTが展開するギガらくWi-Fi。
TP Link社では、メッシュWi-Fiや無線LAN中継器でより細かい範囲に電波を届けることが可能になるという優れた機能を持つ製品が豊富です。
抜群の信頼感があるNTTが展開するギガらくWi-Fiは、1台に50端末の同時接続を可能にしています。
こうした優秀なWi-Fiが店舗に導入されることで、5Gとの使い分けをした場合でもできるだけ快適なネット環境を提供することができるのではないでしょうか。
》家庭でも法人にもおすすめ!TP Link社はどんな特徴があるの?詳しい製品情報はこちら
》ギガらくWi-Fiのメリットは?使い勝手は本当にいい?詳しい製品情報はこちら

まとめ

今回は、第5世代移動通信システムである5Gと今後のWi-Fiの必要性についてご紹介しました
5Gの登場で、飛躍的に高速通信・同時接続・低遅延がより改善するとされていますが、それでも屋内の通信環境として今後もWi-Fi環境や光回線は必要であると言えるでしょう。
むしろ5Gによってより快適なインターネット通信が可能になるなかで、その補完をすべく、高性能Wi-Fiや光回線の整備が必要になるかもしれません。
》メッシュWi-Fiが最強?屋内なら自宅も店舗もオフィスもお任せ!
》バンドステアリングは必要?Wi-Fiの選び方とは?

おすすめ記事一覧

コラム

【Wi-Fiが遅い】7つの原因とすぐに試せる解決策とは?

Wi-Fiが遅い!なかなかスムーズにインターネットが使えないとイライラしてしまうもの。そこで今回は、Wi-Fiが遅いときに考えられる7つの原因と対処法をご紹介していきます。すぐにできる対処法もあるので、ぜひ試してみてください!また、解決策の選択肢の一つとして、快適な通信環境を整える注目のTP Link社のなかから人気Wi-Fi製品もご紹介していきます。

オフィス・事務所 店舗 Wi-Fi
2018.12.04
コラム

【ルーターに繋がらない時はこれを試して】端末別の解決策20選を徹底公開!

ルーターが繋がらない時はどうすればいい?突然ルーターの調子が悪くなったり接続ができなくなったという方も少なくありません。このページでは、ルーターが繋がらないときの原因と、誰でもできる解決策を合計20選としてご紹介。しかもスマホとパソコンの端末別でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

インバウンド Wi-Fi インターネット回線
2019.09.26
コラム

【Wi-Fiルーターの選び方】初心者にもわかるポイント伝授!おすすめ機種も

Wi-Fiルーターの選び方を徹底解説!初心者の方でもわかるよう、わかりやすくポイントに絞ってご紹介。これを踏まえれば、Wi-Fiルーター選びの際の不安が軽減!また、特に今おすすめのWi-Fiルーター製品を3つ厳選してご紹介していきます。

Wi-Fi 飲食店 インターネット回線
2019.05.23
コラム

【Wi-Fiの周波数帯域2.4GHzと5GHzとは】違いや使い分けは必要?

Wi-Fiの電波として使える周波数帯域「2.4GHz」「5GHz」に注目!この2つの周波数帯の特徴や違い、それぞれのデメリットまで徹底解説。Wi-Fiが繋がりにくいときに考えたいのが、この周波数帯域についてですが、この二つの切り替えや使い分けは必要なのでしょうか。また、そうした使い分けの必要がない、便利で高性能なメッシュWi-Fiにも注目してご紹介していきます。

環境改善 Wi-Fi 集客改善・集客方法
2020.03.03

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。