お問い合わせ

年間60万円の水道代を36万円に大幅削減!?その方法が簡単すぎた!

飲食店では、料理の仕込みや洗い物、調理器具の洗浄などで、毎日たくさんの水を使います。営業上やむを得ない出費とはいえ、積もり積もれば大きなコストに。「蛇口をこまめに閉める」、「付け置き洗いをする」などさまざまな工夫がありますが、目に見えるほどの効果は実感できません。では、どのような方法であれば、ぐっと水道代のコストを下げられるでしょうか。この時に導入を検討すべきなのが、節水コマです。

節水コマが水道代を大幅に削減する仕組み

水道の蛇口は、内部にある「コマ」という部品の開き具合によって水量を調節しています。このコマを通常より大きめにつくり、水量を抑えるアイテムが節水コマ。節水コマを取りつけると、蛇口の開き具合によっては50%の水を節約できるといわれています。
 
一般家庭において、節水コマで節約できる水道代は月数百円ほど。しかし、家庭の何倍もの水を使う飲食店では、何万円単位の大幅な水道代カットが期待できます。

一流ホテルにも選ばれる節水コマ『バブル90』

バブル90は、株式会社ディージー・タカノが製造する節水コマです。2018年12月時点で、全国約24,000店舗もの飲食店に導入されています。
 
飲食店のみならず、スーパー(約1,200店舗)、病院や福祉施設(約320施設)、工場(約90施設)、世界的に有名な一流ホテルなどでも活躍する同アイテム。どんな強みで選ばれているのでしょうか。

バブル90

バブル90

節水率95%でコスト削減を実現

詳しくはこちら

①少ない水量でしっかり洗う「脈動流」

バブル90の最大の特長は、「脈動流」。ノズル内で空気を含ませた水を、マシンガンの弾丸のように飛ばして汚れを落とします。
水に含まれた空気は、対象物の上ではじけて汚れを押し流します。そのため、通常のわずか5~10%ほどの水量で、高い洗浄力を保てるのです。

②リングを引っ張るだけで簡単にお手入れ

従来の節水コマや蛇口の網は、内部の汚れやサビによって目詰まりすることがありました。
バブル90には、リングを軽く引っ張ると、水圧によって内部の汚れを強制的に排出する「フラッシュ機能」があります。いつでも手軽にお手入れができるので、取り付け後のメンテナンスが必要ありません。

③水量と水圧を好みに調整できる

今までに節水コマを使ったことがある方なら、「水の出が悪くなって、洗い物や調理がストレスになってしまった」という方もいるでしょう。
バブル90なら、リングを回すだけで水圧と水量を好みに調整可能。脈動流ではない通常の水流にも変えられます。水仕事をストレスフリーにおこなえるのはうれしいですね。

バブル90

バブル90

節水率95%でコスト削減を実現

詳しくはこちら

使用シーンに合わせて選べるタイプ

バブル90の設置に大がかりな工事は必要なく、誰でも簡単に取り付けられます。
頑固な油汚れを落とすとき、お湯をたくさん使うとき、大きな釜を洗うときなど、使うシーンに合わせて選べるのも魅力。どんなタイプがあるのかみていきましょう。

BS4(超節水タイプ)…節水率80〜95%

非常に洗浄力が強いタイプで、食器を手洗いする場所におすすめです。洗浄だけでなく、食材の流水解凍にも適しています。

BS6(ノーマルタイプ)…節水率70〜80%

こちらは、超節水タイプより少し節水率を下げたタイプ。料理の仕込みなどで、ある程度の水量が必要な場所に適しています。

BS10(給湯器対応タイプ)…節水率50〜60%

バブル90を取り付けると、なかなか蛇口からお湯が出てこないことがあります。節水率が高いため、給湯器が水の流れを感知できなくなるからです。
お湯をよく使う場所に適したBS10は、給湯器に合わせて節水率を下げたタイプです。

BG1(メタルガン用1本柱)…節水率70%

別売の散水ガンと組み合わせて使うタイプです。床の清掃をするときや、大きな調理器具を洗うときに適しています。手元で止水ができるので、節水効果がさらに高まります。

BH1(ホースタイプ1本柱)…節水率70%

こちらは、ホースにつなげて使うタイプ。床の清掃をするときや、大きな調理器具を洗うときに適しています。

バブル90による水道代カット成功事例

では、実際にバブル90を導入した飲食店では、どれほどの節水効果が得られているのでしょうか。バブル90の公式サイトに記載のあった導入事例を3つまとめてみました。

ラーメン店

  導入前 バブル90導入後
1年間の水道代 120万円 66万円
節水効果 年間54万円カット

ラーメン店は、スープの仕込みをしたり麺を茹でたりと、水の使用量が多い業態です。あるお店では、3ヵ所の蛇口のうち2ヶ所にバブル90を取り付けたところ、約45%もの水道代をカットできました。 

居酒屋チェーン

  導入前 バブル90導入後
1年間の水道代 200万円 150万円
節水効果 年間50万円カット

ある居酒屋チェーンでは、全10店舗の厨房とトイレの両方にバブル90を導入。1店舗あたり20~35%の水道代をカットするだけでなく、1年以内に導入費用を回収することができました。

バブル90 導入事例:車力様

バブル90 導入事例:車力様

節水コマ導入で1ヵ月1万円以上の削減に成功!

導入事例を見る

中華料理店

  導入前 バブル90導入後
1年間の水道代 60万円 36万円
節水効果 年間24万円カット

食器に油汚れがつきやすく、下洗いにかかる水道代が大きな悩みだった中華料理店。バブル90の導入後は、少ない水で効率的に洗い物ができ、水道代をカットしたぶん高い利益率をキープできるようになりました。

世界が注目する節水コマで簡単に水道代を削減!

節水しようと必死になるあまり、「思うように水を使えない!」とストレスを感じていませんか?
飲食店が節水に取り組むときに大切なのは、快適に業務をおこないつつ、水をより効率的に使えるようにすること。バブル90は、その点で非常に頼もしいアイテムです。
 
各国の展覧会でも注目され、全国のあらゆる施設で導入が進むバブル90。月々の水道代にお悩みの方はぜひ導入を検討してみてください。 

バブル90

バブル90

節水率95%でコスト削減を実現

詳しくはこちら

おすすめ記事一覧

コラム

防犯だけではなくスタッフの生産性も向上!?クラウドカメラの可能性を発見

クラウドカメラ・Drive光導入事例:豚しゃぶ 英様 防犯カメラを導入してからは、いつでも映像を見ることができ、私が不在の間もスタッフがお客様に対して真摯にサービスしているかを確認できるようになり安心です。初めは1つだけでしたが、お店の細部まで見られた方がいいなと感じ2個3個と増え、今では5つ設置しています。

生産性向上 居酒屋・バー IoT
2018.06.07
コラム

店内だけでなく地域の防犯にも貢献!お店に関わる全てのヒト・モノを守るクラウドカメラで防犯対策

クラウドカメラ導入事例:呑ませ亭様 最初、営業のお電話をいただいたことがきっかけでWizさんにお願いすることになりました。防犯カメラは、店舗の入り口に外と中2つ設置してもらいました。防犯ももちろんですが、何かあったときのトラブルの回避にもなりますし、何よりお世話になっている地域の皆さまのためにも、店周辺の防犯にも役立てればと思い、設置を決めました。

IoT 居酒屋・バー 美容院・美容サロン
2018.06.05
コラム

【飲食店】水道代が高い原因と5つの効果的な節水対策を紹介!

飲食店のランニングコストとしてかかる水道代をチェックしていると、急に高くなったと感じる時はありませんか?今回は水道代の仕組みや、料金が高くなってしまう原因、さらには飲食店で実施できる節水対策なども紹介させていただきます。

飲食店 美容院・美容サロン 経費削減
2020.06.17
コラム

【飲食店コロナ対策】再給付申請できない「持続化給付金」だけで店舗の経営は守れるか?

新型コロナウイルスによる影響の大きい飲食店をはじめとした事業者への救済措置として「持続化給付金」の給付が開始。今回はこの持続化給付金について詳しく解説。持続化給付金があれば店舗経営は安心?実際のコストに当てはめてシミュレーション。さらに今すぐ実践できるコスト削減方法も紹介!

資金調達 経費削減 飲食店
2020.05.08

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。