お問い合わせ

【ウーバーイーツの加盟店】コロナで需要高まる?店舗登録やメリットを解説!

今個人にも企業にも注目されている「Uber Eats(以下、ウーバーイーツ)」。コロナウィルスの影響もあり、飲食店へ足を運ぶよりもデリバリーへのニーズが高まっています。
通常ではデリバリーを行っていない飲食店でも、ウーバーイーツに登録しているケースもあるようです。
そこで今回は、ウーバーイーツの加盟店について、概要や加盟する方法、メリット等を確認していきましょう。

ウーバーイーツが新型コロナウィルスで需要増?

コロナウィルスの影響で外出を控えている家庭のイメージ

新型コロナウィルスの影響により、東京都を中心に外出自粛要請が出ています。これに関連して、多数の人との接触を避けるために消費者も外出控えをしている状況です。こうした情勢により、飲食店は窮地に立たされています。来店者数や売り上げが激減し、集客も現段階では見込めない状態でしょう。

新たな集客方法としてウーバーイーツの選択肢

そこで注目を集めているのが「ウーバーイーツ」。外出をすることなく、外食気分を味わえるデリバリーサービスです。
消費者へのメリットはもちろん、飲食店にとっても新たな集客サービスとして、コスト不要ですぐに始められるデリバリーサービスへの参入に期待が高まっています。
》【お急ぎの方はこちら】ウーバーイーツの資料請求や無料相談が急増中!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店とは

ウーバーイーツのHP画像

(画像引用:Uber Eats公式サイト)
ウーバーイーツの加盟店とは、ウーバーイーツにデリバリー提供を行う飲食店そのものを言います。ウーバーイーツの加盟店登録をすることで、ウーバーイーツのサービスを経由して注文を受け、料理を作り、ウーバーイーツの配達パートナーに渡す一連の流れを行います。ウーバーイーツに加盟することで、加盟店飲食店として登録され、一般のユーザーにも利用してもらえるようになるのです。
》ウーバーイーツとは?仕組みや料金に注目!コロナでニーズ高まる?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店になるメリット


ウーバーイーツ加盟店に関するHP画像
(画像引用:Uber Eats公式サイト)
ウーバーイーツの加盟店になるメリットは多数ありますが、その代表的なメリットをご紹介していきましょう!

コロナウィルスの影響でも集客対策になる

現在、コロナウィルスの影響で外出を控える消費者が多くいます。そのため、人が集まる飲食店での外食を避けているという方も多いでしょう。この影響で、売上減少を懸念している飲食店も少なくないはず。そこで注目したいのが「ウーバーイーツ」。デリバリーで自宅やオフィスまで飲食店の料理を提供してくれるシステムを展開しています。
続々と対象範囲も拡大していて、東京だけでなく、関西や中国四国などにも展開が始まっています。
》ウーバーイーツのエリア情報を随時更新中!4月は仙台と福岡でさらに増加?

デリバリーサービスをコストをかけずに行える

ウーバーイーツは、普段デリバリーサービスを展開していない飲食店でもすぐに始めることができるようになっています。それは、ウーバーイーツの仕組みとして料理を消費者までお届けするのは、ウーバーイーツの配達パートナーだからです。配達までを店舗で行う場合、人件費やバイクなどのコストがかかります。また、配達のための研修等も必要になってくるでしょう。
こうしたコストや時間のかかる問題をクリアして、すぐにデリバリーサービスを始められるのがウーバーイーツなのです。

お客様の獲得

いつも店舗に来店してくださるお客様だけでなく、普段はエリアや行動範囲の問題で利用できないお客様でも、ウーバーイーツで可能配達エリアになっている場合なら利用することができますよね。
こうしたこれまでに獲得できなかったお客様も獲得が可能になってくるのです。
また、通常はデリバリーを行っていない飲食店がウーバーイーツの加盟店になることで、お客様の注目度もあがり、利用してもらえるきっかけになるでしょう。
今回のコロナの影響により、直接店舗に行くのは控えたいというお客様も、ウーバーイーツならデリバリーとして需要が高まっているはずです。
》ウーバーイーツと出前館の違いは?デリバリー2大勢力に注目!

売上アップ

特にこれまでデリバリーサービスを提供していない飲食店は、新たな集客要素として取り入れることで、売上アップが期待できるでしょう。しかもウーバーイーツは基本的にランニングコストをかけずに、注文が入った段階で対応するため、事前の準備や大きな設備投資も不要です。
すでにデリバリーサービスを展開している飲食店の場合でも、今注目されているウーバーイーツを活用することで、さらに多くの売上を作るチャンスになるはず。

 

多くの注文に対応できる

デリバリーサービスをて展開している飲食店にはさらに大きなメリットがあります。より多くの注文を受けることになった場合でも、ウーバーイーツの配達人が配達業務を担当してくれるため、その分多くの注文を受け付けることができますよね。仮にウーバーイーツの配達人が手配できないという場合には、店舗で日頃から配達業務を行っているスタッフが配達人として対応すればいいのです。
※ウーバーイーツの配達人として店舗のスタッフが行う場合には、登録が必要です。
ウーバーイーツのサポート
ウーバーイーツの加盟店になった後も、ウーバーイーツのフォローやサポートをしてもらえます。集客や改善点、展開するメニュー内容など、売上を上げるためにウーバーイーツとともに戦略を考えていくことも可能でしょう。
》ウーバーイーツの範囲にも注目!対応エリアを順次更新中

Uber Eats(ウーバーイーツ)加盟店のコスト

飲食店のコックがコストを計算している様子

初期費用

無料
タブレット端末は店舗で用意するかレンタル、購入するなど幅広い選択肢があります。
※代理店等からの申込みの場合、初期費用がかかる場合もあります。

ランニングコスト

無料
基本的に毎月かかるようなランニングコストもありません。そのため、コストをかけずに毎月デリバリーサービスを展開できるということになるでしょう。

手数料

注文代金の35%
加盟店がウーバーイーツ側に支払う手数料は売上総額の35%。
仮に3,000円注文だった場合、そこから35%の1,050円をウーバーイーツに支払います。支払い方法としては、毎週ウーバーイーツから振り込まれる売上入金から、この手数料がひかれた金額で支払われるシステムです。

テイクアウト包装代

売上総額の10%前後
テイクアウトと同様に、袋や箱で飲食物を包装する必要があります。一般的にはこの包装代は10%前後と言われています。しかし包装にこだわりを持っている飲食店や特種なものを使用している場合には包装代が増幅するでしょう。

》飲食店は注目!インバウンド対策で集客効果のある方法とは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)加盟店登録方法

飲食店のオーナーがパソコンでUberEatsの加盟店申請をしている様子

公式サイトの申請フォームを経由するか代理店窓口を経由する方法があります。代理店の場合は、特に便利でお得な内容で申請できる場合もあるため、チェックしておくことをおすすめします!
いずれの場合も、基本的な店舗の情報が必要になりますので、あらかじめ用意しておきましょう。
主に必要な情報は以下の通り
・飲食店の名称
・店舗の所在地
・申請者の名前
・電話番号
・連絡先メールアドレス
・店舗数
・料理の種類やカテゴリ
・店舗スタッフによる配達の有無

以上の情報を踏まえてウーバーイーツが審査を行い、後日コンタクトを取ります。

加盟店申込み時に、店舗がウーバーイーツの範囲内であるかどうかを確認する必要があります。順次範囲を拡大していますが、地域によっては一部のみという場合もあるでしょう。その場合には、対応エリアの更新情報を待ちます。
》ウーバーイーツ加盟店に関する情報や登録申請はこちらから!

Uber Eats(ウーバーイーツ)経由の注文後の流れ

では実際に加盟店登録が完了したあとの流れを簡単にご紹介していきます。

お客さまへお届けまでの具体的な作業

①前提として使用するタブレット端末にウーバーイーツ専用のアプリをダウンロードしておく
②ウーバーイーツのアプリ上で、注文受付の通知を受け取る
③注文内容を見て、「確認」をタップすることで注文受付完了
④注文商品を用意して包装・梱包
⑤「ピックアップの準備完了」をタップ
⑥配達パートナーが配達依頼を受け取る
⑦決定した配達パートナーに関する情報を確認
⑧配達パートナーが店に来店、番号や商品など誤りがないかチェック
⑨問題がなければ商品を配達パートナーに渡す
⑩配達パートナーがお客様の指定の場所へお届け

一つ一つを考えてみれば、当たり前の作業になりますね!面倒な手続きや作業は不要であるため、スムーズに行っていけるでしょう。
》ウーバーイーツはコスト0円で加盟店になれる?詳細や資料請求はこちら!

Uber Eats(ウーバーイーツ)加盟店はスタッフも配達パートナーに

ウーバーイーツでは、配達パートナーの人員を用意していますが、混雑時や配達パートナーの不在などもあり得ます。そんなときは、店舗のスタッフを配達パートナーとして登録しておくことがおすすめです。
配達パートナーが決定するまでの時間短縮、店舗や商品のことをよく理解しているなどのメリットがありますよね。
配達パートナーの登録は、加盟店申込みの際に行えるようになっているため是非検討していみてください。
すでにデリバリーサービスを行っている飲食店は念のため登録しておくと良いでしょう。
》ウーバーイーツを解説!仕組みやエリアの最新情報をここでチェック!

まとめ

今回はウーバーイーツの加盟店について解説してきました。
コロナウィルスの影響もあり、トレンドにもなりつつある「ウーバーイーツ」。集客が減ってしまった、売り上げが落ちてきているという飲食店は今だからこそ、積極的にウーバーイーツの加盟店としてデリバリーサービスを始めてみてはいかがでしょうか。
》【資料請求急増中】ウーバーイーツの代理店に関する情報や申込み、問い合わせなどはこちらから!







 

おすすめ記事一覧

コラム

自動音声翻訳機といえば「ポケトーク」と思っているあなたは要注意!?ポケット翻訳機選びで後悔・失敗しないために!

ポケット自動音声翻訳機のCMでお笑い芸人の明石家さんまさんがPRしている「ポケトーク」。一方、同じくタレント・芸人の出川哲朗さんがCMに出ている「イートーク」。早くからCMを行っているポケトークの認知度が高く、ポケット翻訳機といえばポケトークをイメージする方が多いのでは無いでしょうか?しかし、実際に機能を比較した場合希望の条件によってはポケトーク以外の自動音声翻訳機がおすすめなことも。自動音声翻訳機選びで後悔・失敗したくない方は必見。選び方のポイントや注意点を徹底解説!購入前にぜひ確認してくださいね。また、お得に購入するヒントも解説!

居酒屋・バー レストラン・カフェ 飲食店
2019.10.19
コラム

防犯だけではなくスタッフの生産性も向上!?クラウドカメラの可能性を発見

クラウドカメラ・Drive光導入事例:豚しゃぶ 英様 防犯カメラを導入してからは、いつでも映像を見ることができ、私が不在の間もスタッフがお客様に対して真摯にサービスしているかを確認できるようになり安心です。初めは1つだけでしたが、お店の細部まで見られた方がいいなと感じ2個3個と増え、今では5つ設置しています。

IoT 美容院・美容サロン 店舗
2018.06.07
コラム

店内だけでなく地域の防犯にも貢献!お店に関わる全てのヒト・モノを守るクラウドカメラで防犯対策

クラウドカメラ導入事例:呑ませ亭様 最初、営業のお電話をいただいたことがきっかけでWizさんにお願いすることになりました。防犯カメラは、店舗の入り口に外と中2つ設置してもらいました。防犯ももちろんですが、何かあったときのトラブルの回避にもなりますし、何よりお世話になっている地域の皆さまのためにも、店周辺の防犯にも役立てればと思い、設置を決めました。

生産性向上 美容院・美容サロン 店舗
2018.06.05
コラム

効果的なクーポンで売上UP!飲食店のクーポンアイデアと集客に強いツール4選

クーポンは、上手に使うことで集客アップにつなげられるツールです。しかし、「クーポンを使うと売上が減る」「値引き目当てのお客さまばかり来る」といったマイナスイメージを持っている方もいるでしょう。そこで本記事では、クーポンの集客効果を最大限に引き出すために気をつけたいことと、飲食店におすすめのクーポンツールをご紹介します。

店舗 居酒屋・バー 飲食店
2019.11.18

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。