お問い合わせ

【外国人観光客を集客】人気の観光地や都道府県は?データや需要にを踏まえた対策とは

訪日外国人数は年々増加しているということはご存知の方も多いのではないでしょうか。今後も東京オリンピックや大阪万博の開催に向けて、これまで以上の外国人観光客が日本を訪れるでしょう。そこで外国人観光客に関するランキングをご紹介!まずは外国人観光客の趣向やトレンドを理解しておきたいところ。インバウンド対策を考えている店舗や企業は最低限知っておきたい情報として、ご紹介していきます。

外国人観光客を集客したい!

東京オリンピックや大阪万博などの国際イベントを控えるなかで、飲食店や小売店などはこの「外国人観光客」の集客を意識する必要があります。年々増加する外国人観光客、2019年は3180万人を突破。特に東京オリンピックが開催される際にはこれまで以上の外国人観光客が日本へ訪れることになるでしょう。

新型コロナウィルスの影響で店舗の売り上げにも影響?

2020年に入り、現在に至るまで「新型コロナウィルス」が流行しています。この影響により、外出を控える人も増えてきたため、飲食店を始めとした店舗では客数や売上にも大きな影響が出ているでしょう。また、東京オリンピックの延期の可能性も高まってきています。しかし、これをチャンスととらえ、インバウンド対策への準備を万全に整えるための期間としても有効に使えるのではないでしょうか。もし、インバウンド対策を行うことで多くの集客に繋がれば、売り上げにも効果が出てきます。どうしたら集客できるかを考えるとともに、今後のインバウンド対策を整える準備にも注力したいところです。
​​​​》飲食店必見!コロナの影響で客数が減っているならウーバーイーツ!代理店のメリットとは?
》コロナの影響で飲食店からの問い合わせ急増!ウーバーイーツの代理店に関してはこちらから無料相談!

 

外国人観光客数のランキング

団体の外国人観光客の画像

2018年、2019年と年間3000万人以上の外国人が訪日しています。実に多くの国や地域から外国人が訪れているのは事実ですが、全体の中でも特に大きい割合を持つのはどの国や地域なのでしょうか。JNTO日本政府観光局による、2019年国別の訪日外国人数のデータ(速報値)を参考にすると、以下のようなランキングとなります。

1位:中国(960万人)

2位:韓国(約560万人)

3位:台湾(約490万人)

4位:香港(230万人)

5位:アメリカ合衆国(約170万人)

アジアからの外国人観光客が圧倒的に多い

上記の結果を踏まえると、アジアからの訪日外国人がランキング上位を独占している状態です。特に中国に関しては、訪日外国人全体の1/3を占めている結果になっていますね。アジア以外だと唯一100万人を超えているのがアメリカとなっています。

こうしたデータを踏まえると、アジアからの訪日外国人に向けたインバウンド対策は最低限必要だということがわかるでしょう。
(参考データ:"国籍/月別 訪日街客数” JNTO日本政府観光局)

》東京オリンピックで外国人増加!最低限やっておくべきインバウンド対策とは

外国人観光客の消費額ランキング

外国人が日本で買い物している様子

外国人観光客が訪日した際に、使う金額はどれくらいなのでしょうか。観光庁のデータによると全体としては、2018年が4兆5189億円(153,029円/人)、2019年速報値では4兆8114億円(158,000円/人)となっています。ではこの消費額を国別のランキングとして見ていきましょう。

1位:中国(1兆7,718億円)

2位:台湾(5,506億円)

3位:韓国(4,209億円)

4位:香港(3,524億円)

5位:アメリカ合衆国(3,247億円)

順位に関して多少の前後ありますが、前述した訪日外国人数の国別ランキングに入った国による消費額が比例して大きいことがわかります。
(参考データ)
“【訪日外国人消費動向調査】 2019年暦年 全国調査結果(速報)の概要” 観光庁
“【訪日外国人消費動向調査】 2018年(平成30年)の訪日外国人旅行消費額(確報)”観光庁

外国人観光客から人気の都道府県ランキング

世界地図のなかで日本に注目した画像

まず、外国人観光客が多く訪れている都道府県をランキング形式でみていきましょう。

1位 東京 約8,400万人

2位 大阪府 約5,400万人

3位 京都府 約1,900万人

4位 千葉県 約1,800万人

5位 北海道 約1,700万人

6位 福岡県 約1,500万人

7位 沖縄県 約1,300万人

8位 神奈川県  約1,200万人

9位 愛知県 約900万人

10位 兵庫県 約650万人

東京や大阪・京都などの都市部が上位を占めています。その他は北海道や沖縄など観光として有名な箇所がある都道府県がランクインしています。

最近では、首都圏だけでなく、地方に訪れる外国人観光客も増えています。外国人が地方に行くときに考えていることは、「そこにニーズを満たしてくれる場所やモノがあるか」ということです。9位にランクインしている愛知県には、名古屋城や熱田神宮があり、人気の観光スポットになっています。
》インバウンド対策にも使えるウーバーイーツの対応エリアは?随時更新中

外国人観光客から人気の市区町村ランキング

都道府県だけでなく、どの市町村が人気なのか知りたいところですよね。ここでは、外国人観光客に人気な市町村ランキングを見てみましょう。

1位 中央区(大阪) 約2,300万人

2位 港区(東京) 約1,600万人

3位 新宿区(東京) 約1,500万人

4位 中央区(東京) 約1,100万人

5位 千代田区(東京) 約1,000万人

6位 渋谷区(東京) 約950万人

7位 台東区(東京) 約900万人

8位 博多区(福岡)  約830万人

9位 北区(大阪) 約820万人

10位 成田市(千葉) 約800万人

首都圏の東京や大阪に人が集まる傾向にあります。1位にランクインしたのは大阪の中央区。中央区は、大阪城公園や道頓堀、天守閣など観光できるスポットが集まっている地域。東京は、各地区がランクインしています。新宿御苑や明治神宮、浅草寺、高尾山、浅草花やしき、豊洲市場などに各地区に人が集まっているのが伺えますね。
福岡県の博多区にも外国人観光客は来ています。博多港は韓国や中国と距離が近く、大型クルーズ船も頻繁に行き来していることから、博多にインバウンド客が集まる傾向にあるのです。また、食事やショッピングが楽しめるキャナルシティも人気観光地となっています。

外国人観光客の目的

浴衣や人力車を体験する外国人観光客

外国人観光客は目的を持って日本に訪れます。目的を理解することは、ニーズに合った集客の対策に繋がるので抑えておきましょう。ニーズに合った集客をするのは難しいと考えがちですが、目的を理解しておけば、どんな対策をしていいか焦点化できるはずですよ。ここでは、外国人観光客の目的についてご紹介します。

外国人観光客がお金を使うところは、飲食、ショッピング、宿泊です。最近では「モノ消費」ではなく、「コト消費」が流行っています。コト消費とは、商品やサービスを購入することに価値を感じる「モノ消費」とは異なり、商品やサービスを購入することで体験や人間関係などに価値を見出す消費のことです。

例えば、旅館への宿泊や着物レンタルなどの体験型のアクティビティやエンターテイメント施設の利用、日本食を体験できる場所での飲食などが挙げられます。
特に注目したいのが、「日本食を食べること」です。外国人は日本食に非常に興味を持っています。外国人観光客の7割が日本食に期待しているほどです。人気の日本食は、寿司、ラーメン、天ぷら、刺し身、焼き鳥や焼肉などの肉料理です。アメリカ、中国、韓国問わず人気となっています。飲食店や宿泊施設では外国人観光客を意識した対策をする必要があるでしょう。

外国人観光客の情報源に注目!

外国人観光客のランキングを複数チェックしてきました。では実際に外国人観光客をどのように集客していけば良いのでしょうか。

真っ先に注目したいのが、彼らが使う情報源。外国人観光客が訪日する際に日本についての情報を探すシーンで、店舗や企業のアピールをすることが重要になってくるでしょう。一般的にも、サービスや施設を探す際、インターネットや関連性の高い雑誌等で情報を集めますよね。特にインターネットが普及している現代においては、旅先や利用する店舗等の情報はあらかじめインターネット上のサービスを利用して収集すると言えるでしょう。
そこで具体的にどのような方法で情報を集めているのでしょうか。

SNS

外国人観光客が情報を集めるのに使っている手段の一つは、SNSです。韓国や台湾、香港、タイで一番利用されているのがFacebookです。SNSでの投稿は、公式メディアアカウントや旅行サイトの情報を参考にしているようです。
アメリカは、意外にもYou Tubeが最も利用されています。中国では、Facebook、You Tube、インスタグラムだけでなく、中国独自のSNSであるWeiboのから情報をとることが多いです。特に、世界で10億人が利用しているインスタグラムは注目されています。言語が分からなくても写真で理解することができますし、魅力的な写真や動画とハッシュタグがあればアピールできるからです。
》集客に繋がるインスタグラムのネタと手法とは?

口コミサイト

SNSと並んで外国人観光客が参考にしているのが口コミサイトです。特にアメリカでは、トリップアドバイザーやReddit、Airbnbなどが人気となっています。
アジアやアメリカなど地域に問わず利用されているのはトリップアドバイザーです。トリップアドバイザーは、世界最大の旅行口コミサイトです。月間ユーザーはなんと4億6,000万人が利用しており、口コミは8億を超えています。非常に多くのユーザーが利用しているため、集客したい店舗は登録必須の口コミサイトと言えるでしょう。特に訪日外国人の25%を占めている中国人は、口コミを大切するという特徴があります。その中国人にアプローチするためにもトリップアドバイザーは欠かせないツールと言えます。
》トリップアドバイザーの基礎知識を徹底解説
》世界で使われているトリップアドバイザーで集客対策
》中国人観光客の対策なら大衆点評!その費用感とは

旅行ガイドブック

外国人観光客が旅行の情報収集を使うのに利用しているのは、Webだけではありません。紙の旅行ガイドブックも根強く人気があります。中でも有名なのはロンリープラネットです。ロンリープラネットは世界最大の海外旅行ガイドブックで、195以上の国や地域をカバーしています。このガイドブックには、観光スポットやレストラン、地域の文化などが書かれています。

まとめ

今回は外国人観光客に関するランキングと、彼らの情報収集手段についてご紹介しました。特に最近の傾向としては、外国人観光客は、首都圏だけでなく地方に足を伸ばすようになってきています。それも含めた、情報源となっているのが、口コミサイトやSNSサービス。外国人観光客の集客はもちろん、ニーズやトレンドを把握するためにも、SNSや口コミサイトの運用が重要だと言えるでしょう。
》トリップアドバイザーや大衆点評など、どれが一番最適なのか無料で相談!

おすすめ記事一覧

コラム

大衆点評やトリップアドバイザーに登録!集客なら代行サービスが効果的?

外国人観光客の集客を考えるなら、口コミサイトへの登録と運用が効果的。外国人は口コミサイトを参考にして日本の情報を得ています。特にそのなかでもトリップアドバイザーは世界共通で使われている最大規模の口コミサイト。また、中国人観光客の集客を狙うためには個別で大衆点評への登録がおすすめ。今回はこの2つの口コミサイトのサービスを中心にご紹介していきます!

インバウンド レストラン・カフェ 認知拡大
2019.08.15
コラム

【インバウンド対策】増加する訪日外国人が店舗に求める対策とは?

インバウンド対策に注目!2019年の訪日外国人数は3180万人を突破。今後控える東京オリンピックや大阪万博に向けてさらにインバウンド対策に注力したいところ。しかしインバウンド対策とは何かという点やインバウンドに関する知識を深めることがまずは重要です。このページでは、インバウンド対策を中心に解説しながら訪日外国人に求められている対策をご紹介していきます。

集客改善・集客方法 美容院・美容サロン インバウンド
2019.08.15
コラム

【東京オリンピックを機に外国人観光客が増加】対策や集客はどうする?

東京オリンピックを機に外国人観光客はさらに増加すると見込まれています。近年の訪日外国人数のデータを踏まえながら、外国人観光客を集客に欠かせないインバウンド対策を厳選紹介!新型コロナウィルスの影響で開催されるかという点にも注目が集まっていますが、今のうちに企業や店舗が準備しておくことで、今後の訪日外国人の集客や国際イベント開催時にも役立つでしょう。

インバウンド 集客改善・集客方法 飲食店
2019.11.21
コラム

経営者の悩み「売上低下・コスト・資金繰り・人材育成…」を解決する考え方とアクション

飲食店経営者が頭を抱える5つの問題といえば、「売上」「コスト」「資金繰り」「人材育成」「ブランディング」にまつわるものでしょう。これはどの業界のトップであっても直面する問題です。 本記事では、5つの問題への向き合い方と、解決に向けた具体的な方法を説いていきます。

売上改善・売上アップ 認知拡大 SNS
2019.11.21

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。