お問い合わせ

Times PAY(タイムズペイ)ならクレカ・電子マネー決済も一括導入!

2019年10月からの増税に伴い、日本全体でキャッシュレス決済の導入が促進されています。これからキャッシュレス決済の導入を検討されている店舗の中には、キャッシュレス決済を導入するのであれば、どれか一つだけではなくクレジットカードや電子マネーにも対応したものを導入したいという方も多いのではないでしょうか。
複数の決済サービスが利用できて、さらに導入費用を抑えることができたら、なお嬉しいですよね。
そういった店舗におススメなのが「Times PAY(タイムズペイ)」です。今回は「Times Pay」について、どんなサービスなのか詳しく紹介していきます。導入を検討されている方は、是非チェックしてみてください。

Times PAY(タイムズペイ)って?

「Times PAY(タイムズペイ)」は、コインパーキングの「タイムズ駐車場」や「タイムズカーシェア」などでおなじみの、パーク24株式会社が提供している店舗向け決済サービスです。
「Times PAY」はクレジットカードの主要な6つのブランドをフルカバーし、電子マネーに対応しているにもかかわらず、低コストで店舗に導入できます。また、コンパクトで持ち運びが簡単な機器になりますので、店舗での決済はもちろん、訪問先や催事・イベントでも利用できます。

>>Times PAYについて詳しくはこちら!

Times PAY(タイムズペイ)が導入されている理由

さまざまな店舗向け決済サービスがでている中で「Times PAY」が選ばれている理由を紹介していきます。

導入費用0円!カードリーダー・タブレット・プリンタ・通信費まで0円に

「Times PAY」を導入するには「タブレット端末」「カードリーダー」「プリンタ」の3つが必要になります。Times PAYは「キャッシュレス・消費者還元事業」の登録をした方を対象に、初期費用0円で導入できるキャンペーンを行っています。通常であれば、レンタルのタブレット端末と、カードリーダーとプリンタ代が35,000円(税込)、初期費用としてかかるところですが、このキャンペーン期間は負担なく導入ができる点は魅力的ですよね。
タブレットは4G回線を利用しているので、ネット環境を用意したり、回線の工事も必要なく、すぐに利用を開始できます。通信費が店舗負担にならないのも嬉しいポイントです。
さらに振込手数料は、どの口座を登録しても0円で利用ができるので、長く利用していただきやすい決済サービスになります。
>>Times PAYについて詳しくはこちら!

クレジットカードのほか、電子マネーにも対応

「Times PAY」は主要6ブランドのクレジットカードと、電子マネー決済に対応しています。交通系電子マネーに加えて、流通系の電子マネーである「WAON」や「nanaco」にも対応しています。

クレジットカード 交通系ICカード 電子マネー
VISA
JCB
Master Card
American Express
DISCOVER
Diners Club
Kitaca
Suica
PASMO
TOICA
ICOCA
SUGOCA
manaca
nimoca
はやかけん
nanaco
WAON
 

年中無休のサポートセンターで安心

「Times Pay」では、導入時の設定はもちろんのこと、導入後も年中無休でサポートセンターが機械の不具合や使い方の相談などのお問い合わせに、356日電話で対応しています。導入のセットアップ方法は、マニュアル動画でも確認することができるので、いつでも振り返って見ることができます。アフターフォローが万全なので、機械が苦手な方でも安心して利用することができます。

>>Times PAYについて詳しくはこちら!

Times PAY(タイムズペイ)を利用するときにチェックしたいこと

分割払いに対応しているかどうかや入金サイクル、手数料は、導入する際に重要なチェックポイントだと思います。しっかり確認しておきましょう。

分割払い・リボ払いにも対応可能

「Times PAY」は、分割払いやリボ払いにも対応しています。分割の場合はカードのブランドによって異なりますので注意してください。下記に、カードのブランドごとにまとめています。
業種や審査結果によって、1回払いのみになる場合や、お客様のカードによって支払い方法や分割回数が制限される場合があります。

カードのブランド 支払い可能方法
VISA
Master Card
1回払い
2回払い
分割払い(3.5.6.10.12.15.18.20.24)
リボ払い
Diners Club 1回払い
リボ払い(分割払いはご利用できません)
JCB
AMERICAN EXPRESS
Discover
1回払い(分割払いは利用できません)
 

入金サイクル

売上の入金サイクルは、毎月15日と月末日の月に2回になります。振込手数料は無料で、お振込みの前に「支払明細書」が送られてきます。

①1~15日の売上 当月末日に指定口座に振込
②16~末日の売上 翌月15日にご指定の口座に振込

※土日祝日の場合は①は前営業日、②は翌営業日の振込になります

キャッシュレス・消費者還元事業終了後の決済手数料

「キャッシュレス・消費者還元事業」とは、2019年10月1日の消費税率の引き上げに伴い、2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)までのあいだ、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を利用した際、ポイント還元を支援する事業です。
2020年7月1日(水)以降の手数料は、補助金制度期間前(2019年9月時点)の手数料に戻ります。決済手数料は、カードのブランドごとで違い、詳細は下記になります。

決済手数料 3.24% 3.74%~
カードのブランド VISA
Master Card
kitaca
Suica
PASMO
TOICA
ICOCA
SUGOCA
manaca
nimoca
はやかけん
nanaco
WAON
JCB
AMERICAN EXPRESS
DISCOVER
Diners Club

まとめ

今回は「Times PAY」について詳しく紹介していきました。「Times PAY」は、導入の際に気になる初期費用も無料で、ネット環境も必要なく、導入時も導入後もしっかりサポートしてくれるので安心して利用できますね。
今後さらにキャッシュレス決済の利用が進む中で、店舗にとってキャッシュレス決済サービスの導入は必要になってくるでしょう。
今回の記事を参考に、Times PAYの導入を検討されてはいかがでしょうか。

>>Times PAYについて詳しくはこちら!

 

おすすめ記事一覧

コラム

防犯だけではなくスタッフの生産性も向上!?クラウドカメラの可能性を発見

クラウドカメラ・Drive光導入事例:豚しゃぶ 英様 防犯カメラを導入してからは、いつでも映像を見ることができ、私が不在の間もスタッフがお客様に対して真摯にサービスしているかを確認できるようになり安心です。初めは1つだけでしたが、お店の細部まで見られた方がいいなと感じ2個3個と増え、今では5つ設置しています。

業務改善 飲食店 店舗
2018.06.07
コラム

店内だけでなく地域の防犯にも貢献!お店に関わる全てのヒト・モノを守るクラウドカメラで防犯対策

クラウドカメラ導入事例:呑ませ亭様 最初、営業のお電話をいただいたことがきっかけでWizさんにお願いすることになりました。防犯カメラは、店舗の入り口に外と中2つ設置してもらいました。防犯ももちろんですが、何かあったときのトラブルの回避にもなりますし、何よりお世話になっている地域の皆さまのためにも、店周辺の防犯にも役立てればと思い、設置を決めました。

店舗 居酒屋・バー 環境改善
2018.06.05
コラム

効果的なクーポンで売上UP!飲食店のクーポンアイデアと集客に強いツール4選

クーポンは、上手に使うことで集客アップにつなげられるツールです。しかし、「クーポンを使うと売上が減る」「値引き目当てのお客さまばかり来る」といったマイナスイメージを持っている方もいるでしょう。そこで本記事では、クーポンの集客効果を最大限に引き出すために気をつけたいことと、飲食店におすすめのクーポンツールをご紹介します。

集客改善・集客方法 店舗 居酒屋・バー
2019.11.18
コラム

Wi-Fiやネットが遅い!意外な原因とすぐに試せる解決法7選!

Wi-Fiやインターネットが遅い!なかなかスムーズにインターネットが使えないとイライラしてしまうもの。そこで今回は、Wi-Fiやインターネットが遅いときに考えられる原因と対処法を厳選して7つご紹介していきます。すぐにできる対処法もあるので、ぜひ試してみてください!また、解決策の選択肢の一つとして、快適な通信環境を整える注目の人気Wi-Fi製品もご紹介していきます。

Wi-Fi 飲食店 オフィス・事務所
2018.12.04

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。