お問い合わせ

再び緊急事態宣言発令!!テレワークに最適なデスクや椅子で環境改善を !

2020年、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、政府は多くの企業の「テレワーク」や「時差出勤」などの対策を推奨しました。なかでも、通勤が不要で多くの人と接する必要がなくなる「テレワーク」は、急速に全国の企業へ広まっていきました。

しかし、いざテレワークを開始すると、これまで自宅で仕事をすることがなかったため、部屋が仕事に向いている環境にない方が多くいました。当初は一時的なものとして考えていたものの、長く続くコロナ禍で本格的にテレワーク環境を整えたい方も多いと思います。

そこで今回は、テレワークや在宅勤務者におすすめのデスクなど、環境を整えるアイテムについてご紹介していきます。

テレワークを始めて困ること

実際にテレワークが始まって、以下のような困りごとが増えてきています。

・自宅だと家族が近くにいて集中できない
・仕事のオンオフの切り替えが難しい
・長時間作業で、肩こりや腰痛が悪化
・息抜きがしにくい
・コミュニケーションが減る

このように、いざテレワークを始めてみると、会社と違って仕事がしやすい環境ではないことによる弊害が生まれてきます。これからテレワークを始めるという方は、最初に自宅で仕事に集中できるような環境を整えておくことが、重要となります。

早いうちにデスク回りなどの環境を整えておくことで、先ほど紹介したようなストレスもなくテレワークを始めることが可能です。

そうはいっても、適当に購入して家具を増やしてしまうと、部屋が狭くなったり雰囲気に合わなかったりすることもあります。自身の仕事や働き方にあったワークスペースを考え、イメージを膨らませたうえで環境づくりをしていきましょう。

 

》ノートPC選びのコツを徹底解説!テレワークに最適なPCの選び方とは?

テレワークに最適なデスクの選び方

では、テレワークを本格的に開始する際に、最適なデスクを選ぶポイントをご紹介していきます。もちろん部屋の広さや、環境との兼ね合いもあるので、一般的な選び方として参考にしてみてください。

サイズ

テレワークを行う際に使うデスクは、会社と同じデスクを置くわけにもいかないので、基本的にパソコンや周辺機器などの大きさに合わせたサイズを選ぶことが重要です。とりあえずパソコンデスクというのだけ見て、実際に届いたときに必要な機器がデスクにおさまらないと、無駄になってしまいます。

仕事で使うパソコンがノートPCだけであれば、奥行は少なくとも50㎝程度、幅も70~90㎝ぐらいは必要で、モニターも使用する場合は、奥行60センチ以上はあるデスクを選ぶのが望ましいです。横幅を広く作れる方であれば、奥行が多少狭くなってもPCとモニターを並べて設置したりすることで、解消できます。

ただしパソコンの画面が近いと、目が疲れやすくなってしまい、肩こりなどの原因にもなりかねませんので、40~50㎝ほどは離れるように設置してください。どうしても奥行が狭いという場合は、スライド型のシェルフにキーボードやマウスを置くことで、解決することができます。

なお奥行・横幅において、パソコンだけでなく書類を置く場所や、書類仕事をするスペースが必要であれば、もう少し広いものを選ぶようにしましょう。

収納スペース

パソコンや周辺機器だけでなく、業務に必要な書類や本なども、作業スペース周りに置くことで仕事の進み方や効率に大きく影響してきます。仕事中に書類作業が必要だったり、本などを参照することが多い場合は、デスクの上に本や書類を置けるスペースを設けるのもいいでしょう。
またデスクトップパソコンで業務を行う場合には、PC本体を収納するスペースも確保したいところです。床に直置きでも良いですが、安全面を考えるとラックなどを設置して、そこに本体を置くことをおすすめします。

デザイン

デスクだけでなく、部屋全体の家具や食器を選ぶ際にもいえますが、自分好みの気に入ったデザインのものを使うと、仕事へのモチベーションが変わってきます。デスクのデザインや、ラック、棚など、部屋のインテリアにあったものを選ぶといいでしょう。

あえてスタイリッシュなアイテムで揃えてもいいですし、落ち着いた雰囲気のデスクを選んでもリラックスして業務に取り組むことができるかもしれません。

デスク・椅子をお得に購入するなら「NITORI(ニトリ)」

テレワークに適した環境を作ろうにも、できることなら負担がかからずお得に手配したいですよね。最近では、インテリアショップや家具屋さんにも、テレワーク用のデスクや椅子を揃えた、専用のコーナーが設けられるほど需要が高まっています。

多くの家具屋がある中、値段も手頃で安心の品質を提供しているのが『お値段以上~』でおなじみの「NITORI(ニトリ)」です。ニトリでは、家庭用からビジネス用まで、国内外問わず幅広い商品を取り揃えており、多くの方から高い評価を得ています。

このニトリの家具を、お得に購入できるサービスが登場。

ニトリ

NITORI(ニトリ)について詳しくはコチラ!

低価格で家具のトータルコーディネートを提案するNITORI(ニトリ)

詳しく見る

ニトリのカタログから希望する商品を選んで申し込むことで、約95%の価格で購入ができるほか、自宅への配送や組み立てまで対応してくれます。普段からニトリを愛用している方だけでなく、初めて購入する方でも安心できて、さらにお財布にも優しいサービス、ぜひチェックしてみてください。

実は、テレワークのデスクはレンタルできる!

テレワークを始め、自宅の環境を整えようと思っても、全部揃える必要はないし、一時的なものなので、わざわざ購入はしたくないという方もいると思います。そんな方には、家具やインテリアのサブスク・レンタルがおススメです。

近年のサブスクリプション需要の高まりによって、音楽だけでなく家具のサブスクも登場しています。一時的に必要な期間だけレンタルして、終われば返却するだけの家具のサブスク。主な3つのサイトをご紹介します。

CLAS(クラス)

人気番組「バチェラー・ジャパン」の初代バチェラー 久保裕丈さんが立ち上げ、大きな注目を集めている家具のレンタルサービスが「CLAS(クラス)」です。

必要なときに、必要な期間、家具や家電をレンタルすることのできるサブスクリプションサービスで、さまざまなテイストのデザインに対応しているため、必ず一つは気に入る商品が見つかるかと思います。

月々400円から始められるため、買うよりも初期費用を安く抑えることが可能なほか、ライフステージや季節、気分に合わせていつでもアイテムの交換が可能です。通常利用している範囲であれば、汚れたり傷がついても、追加料金の発生はありません。何より、注文から返却までスマホがあれば簡単に手続きができるため、手軽で簡単です。
公式サイト:CLAS(クラス)

airRoom(エアルーム)

「airRoom(エアルーム)」は、最短1ヶ月から家具のレンタルが可能なレンタルサービスです。家具一つからレンタルできるだけでなく、インテリアのプロがコーディネートしたセットを、そのままレンタルして利用できます。

国内外から厳選したおしゃれな家具が選び放題で、もし選ぶ家具に悩んだら、専門のコーディネーターがLINE@で相談にも載ってくれます。月額500円からはじめられ、1万点を超えるラインナップの中から好きな家具を選べます。

返却や購入、交換も自由なので、もし気に入った家具があれば、利用料金を差し引いた金額で購入することも可能です。
公式サイト:airRoom(エアルーム)

subsclife(サブスクライフ)

大人気ブランドの家具を定額制でレンタルできる「subsclife(サブスクライフ)」は、無料で部屋のコーディネートも提案してくれる、家具のサブスクサービスです。

月額利用料金と送料だけで利用開始できるので、オフィス家具の初期コストを抑えたり、引っ越し時の家具購入コストも抑えることができます。人気ブランドの最新モデル家電なども揃っているため、購入を検討している方や、試してみたいという方にも好評です。

商品の利用期間も、3ヶ月~24ヶ月の間で自由に選択することができ、利用期間が終了しても、継続して利用することが可能です。
公式サイト:subsclife(サブスクライフ)
 

》コロナ禍で導入が進む「テレワーク」とは?導入に必要なツール・注意点もチェック!

まとめ

2021年になり、新たに緊急事態宣言が発令されるなど、まだまだコロナ禍の状況が落ち着かない世の中です。会社としても、テレワーク体制を続ける企業や、本格的にテレワークをはじめる必要性を感じている企業などがあると思います。

テレワークという働き方が当たりまえになってきた今、より働きやすい環境を自宅に設けるためにも、今一度お部屋ワークスペースを見直してみてはいかがでしょうか。

店舗・オフィスのDXに関する
お問い合わせはこちらから
DXコンシェルジュに相談する(無料)

おすすめ記事一覧

コラム

話題のAIチャットボットをわかりやすく解説します!

このページでは、チャットボットはAIなのか、またおすすめのチャットボットはどれか、などについて解説します。/デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

業務効率化 チャットボット IT化
2019.08.03
コラム

直帰率が高い!?コンバージョンあがるくん(C-bot)で解決できる理由

コンバージョンあがるくんを活用して直帰率を下げる方法について解説します。/デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

業務改善 IT化 業務効率化
2019.08.03
コラム

待ってるだけの時代に終止符を!新サービス「コンバージョンあがるくん」の正体とは?

IT化 業務改善 チャットボット
2019.05.23
コラム

コンバージョンあがるくん(C-bot)を導入してCVR改善!

コンバージョンあがるくんを導入することで、CVRの改善が可能です。/デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

チャットボット 業務効率化 IT化
2019.08.03
この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

T.Tamura

ライター歴5年。ライターチームをまとめる責任者。店舗やオフィス、保育施設等のIT化・DX化、補助金に関する記事を中心に執筆している。

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。