お問い合わせ

タブレットPOSレジのメリット・デメリットを解説!

店舗を経営する上で不可欠なのがレジだと言えますが、レジといえばネットワークに非対応のガチャレジと言われるレジが一般的なイメージではないでしょうか。しかし今ではさまざまな種類のレジが登場しており、営業スタイルや求める機能によって選べるようになっています。その中でも手軽に利用できると人気なのがタブレットPOSレジです。 今回は、タブレットPOSレジについてメリット・デメリットを含め解説していきます。

「POSレジ」って?

そもそもPOSレジとは、ガチャレジにプラスアルファで、細かな商品登録や売上分析の機能が追加されたものです。比較的オンラインに対応しているものが多く、インターネット環境さえあれば、どこからでも売上を確認することができます。複数店舗のデータを共有できたり、一括管理もできるので大規模な店舗導入にも向いているのがPOSレジです。 好きなように個別でカスタムもができますが、導入費用などが大きく設置場所も必要になります。

タブレットPOSとは

iPadなどのタブレットに、専用のアプリをインストールすることで、レジの機能や売上分析、データの連携機能などが利用できるよになるのがタブレットPOSレジです。コンパクトなので、省スペースで利用することができます。 タブレットを取り扱うのでネット環境が必須になり、サービスの使用料金や月額料金がかかる仕組みが基本です。

タブレットPOSとPOSレジの違い

タブレットPOSレジは、タブレットですべての作業ができるため持ち運びが可能になります。POSレジと違い、席ごとの会計にも対応できるのが特徴のひとつです。 導入の準備期間にも違いがあります。タブレットPOSレジは、タブレットにアプリをインストールするだけになりますので、当日~数日で利用を開始することができます。一方でPOSレジは実際にレジを設置する時間は必要になり、日程調整やPOSレジの設定などで利用できるまでに1ヵ月~数か月かかるといわれています。 タブレットPOSレジは、他のクラウドやアプリとも連携できるので、さらなる業務効率化が期待できます。

タブレットPOS導入のメリット

最近では、タブレットPOSレジを導入する飲食店も増えてきており、実際に飲食店を訪れた際、タブレットPOSレジで会計をしたことがある方も多いのではないでしょうか。導入店舗が増えている理由として、タブレットPOS導入のメリットを紹介していきます。

導入コストを抑えられる

従来のPOSレジは、専用のシステムが必要になるので初期費用が膨大にかかるケースがありました。一方タブレットPOSレジの場合は、Wi-Fi環境のあるタブレットにアプリをインストールするだけで、準備が完了してしまいます。 たとえば軽減税率制度の開始といった、法の改定時でも多くのアプリで自動で対応されるので、追加費用が必要ありません。

分析機能を活用して店舗運営の改善も行える

店舗やメニューごとに売上分析が行えるだけでなく、タブレットPOSレジに入力されや情報をそのまま経理にデータとして活用できます。これでのデータをもとに分析機能を利用すれば、店舗の状況が見える化でき、効果的な施策を行っていくことも可能です。

【関連記事】「ABC分析」って?POSレジ活用で正しいデータ分析!

タブレットを利用するのでレジ周りもすっきり

レジといえば、大きなレジの機械を設置しなければならないので設置場所の確保が必要でした、タブレットPOSレジであれば、省スペースでスタイリッシュなのでインテリアやお店の雰囲気を損なわず、レジ周りをすっきりとすることができます。

タブレットPOS導入のデメリット

タブレットPOSレジは、システムの使い勝手に慣れてされしまえば、多くの便利な機能が利用でき非常に作業がしやすいシステムです。しかし、タブレットを利用するにあたり生じるデメリットやリスクもありますので、そちらについても紹介していきます。

ネットワーク・通信環境の整備が必要

タブレットPOSレジでは、無線LANによるネットワーク環境が必要になります。現在店舗でネットワーク環境がない場合は、タブレットPOSレジを利用する前に準備が必要になりますし、情報漏えいを防止するためにもセキュリティにも気をつけなければいけません。 現在は多くのタブレットPOSレジでは、ネットワーク環境に関するサポートは行っていないため、自身で環境を整えておく必要があります。

アプリとOSの相性がある

タブレットにはパソコンやスマートフォンと同じようにOSが搭載されています。場合によっては、利用したいタブレットPOSレジのアプリと、手持ちのタブレットのOSが対応していないこともあるので、導入前に手持ちのタブレットに対応しているか確認をしておきましょう。また、導入当初は使えていたのにOSかアプリがバージョンアップすることで使えなくなるというケースも少なくないので、継続的な対応が保障されているかどうかも確認しておく必要があります。

iPadの故障時などは手間取る場合も

タブレットPOSレジはiPadを利用する場合も多く、周囲の通信状況次第ではお客様の会計処理を行っている最中にフリーズしてしまう場合もあるようです。 売上データをローカルのデータサーバーなどを設置していないタブレットPOSレジであると、売上データを毎回クラウド環境にストックするために通信する必要があります。そのため、会計時にタブレットPOSレジがストップしてお客様に迷惑をかけてしまう可能性があります。 店舗内のネットワーク環境を整えることで、このフリーズの現象を抑えることができます。タブレットPOSレジ専用に、ネット回線を契約することをおススメします。 また、iPadはPOSレジサービス側から提供されるものではないので、万が一iPad本体が故障した場合などはPOSレジサービスではなくAppleでの対応が必要となります。その場合はタブレット自体が利用できないので、会計処理が行えないという事態が発生することも考えられます。

おすすめタブレットPOS

ここまでタブレットPOSレジについてメリットやデメリットを見ていきました。次に実際にどんなタブレットPOSレジを導入すればいいか迷っている方に、おすすめのタブレットPOSレジシステムを紹介していきます。

blaynレジ(ブレインレジ)

「blaynレジ(ブレインレジ)」とは、2013年にサービスが提供された、飲食店に特化したPOSレジでう。飲食店特化POSレジとして専用開発されたことにより、飲食店が欲しいと思う機能が行き届いており、利用者の満足度も高いのが特徴です。テーブル単位での注文状況や会計はもちろんのこと、個別会計や分割会計にも対応しています。また、テーブルごと売り上げ情報なども、リアルタイムでどこからでも確認することができます。 blaynレジでは有料プランを利用することで、ハンディにも対応することができます。商品を選び、注文ボタンをスライドするだけで完了しますので、複雑な操作は必要なく従業員も簡単に注文を受けること可能です。 月額費用が無料のプランであっても、365日24時間の電話やメールサポートがついているので安心して利用することができます。月額費用が無料のプランでも十分に機能やサポートを利用できるので、導入する際に気になるランニングコストが必要なく利用できるのもメリットです。

blayn(ブレイン)

blayn(ブレイン)

飲食店特化型POSレジ/会計管理・売上管理搭載・食べ放題店舗向けタイマー機能付き

詳しく見る

blaynレジ(ブレインレジ)の機能

blaynレジでは以下の機能を利用することができます。
・会計機能
・値引き対応機能
・チャージ、深夜料金設定
・商品管理、部門管理
・複数店舗管理
・売上管理
・会計ソフト自動連携
・タイマー設定機能
・精算レポート機能
・データ同期

blaynレジ(ブレインレジ)の費用

blaynレジ(ブレインレジ)の料金プランとしては、初期費用としてレジ本体が178,000円となっています。その他で設置代やレクチャー費用も発生するので、詳細な費用を知りたい場合は、お問い合わせください。 月額費用は3つのプランが用意されており、無料のプランはデータ保存期間や商品登録数が制限されるだけで、サポートなどはしっかりと受けることできます。ハンディやキッチンプリンタを利用したい場合は「プレミアムプラン」を選択する必要があります。

 
プラン 内容
月額無料プラン
0円/月
・POSレジ機能
・データ保存期間(90日まで)
・商品登録数(500点まで)
・会計ソフト自動連携機能
・サポート対応(電話、メール)
ライトプラン
4,800円/月
・POSレジ機能
・データ保存期間 無制限
・商品登録数 無制限
・会計ソフト自動連携機能
・サポート対応(電話、メール)
プレミアムプラン
9,800円/月
・POSレジ機能
・データ保存期間 無制限
・商品登録数 無制限
・会計ソフト自動連携機能
・サポート対応(電話、メール)
ハンディ利用
キャッチプリンタ対応
 
blayn(ブレイン)

blayn(ブレイン)

飲食店特化型POSレジ/会計管理・売上管理搭載・食べ放題店舗向けタイマー機能付き

詳しく見る

UレジFOOD

「UレジFOOD」とは、株式会社USENが提供する、iPadを利用したタブレットPOSレジです。飲食店に特化しており、個人店から複数店舗まで利用できるのが特徴です。リアルタイムで売上の集計や分析機能が利用できるだけでなく、複数店舗の管理も店舗別に売上の管理をすることができます。集計機能や売上分析も行いやすく、月別や日別、曜日別、時間帯別の実績を確認することもできるので、曜日や時間帯に合わせて適切にシフトを組むことも可能になります。 全国に拠点を持つ株式会社USENの強みを活かして、365日24時間の電話サポートだけでなく、緊急時の駆けつけサポートも行っています。万全のサポート体制のもと安心して利用することができます。

 
Uレジ

Uレジ

多機能×低価格、iPadを利用したPOSレジ!|機能/特徴・料金/費用・導入事例

詳しく見る

UレジFOODの機能

UレジFOODでは以下の機能を利用することができます。
・会計機能
・伝票印刷
・レジ締め業務
・周辺機器対応
・複数店舗管理
・予約連携
・決済連携
・自動釣銭機連携
・メニュー編集機能
・売上実績集計、分析、CSV出力

※オプションとして顧客管理機能・日報管理機能・セルフオーダー機能を搭載することも可能です。

UレジFOODの費用

UレジFOODの初期費用としては、以下になります。より詳細に費用面を知りたい方は、お問い合わせください。

サービス加入料 30,000円
クラウドマスタ設置料 15,000円
工事導入サポート費 140,000円
機器設定費 20,000円
 

またUレジFOODの月額費用は、POSレジ1台につき9,980円となります。1万円を切る値段で、先ほど紹介した多数の機能が利用できますので、費用対効果の面からしても満足できるPOSレジシステムになります。

 
Uレジ

Uレジ

多機能×低価格、iPadを利用したPOSレジ!|機能/特徴・料金/費用・導入事例

詳しく見る

まとめ

今回はタブレットPOSレジについてメリットやデメリット、おススメのタブレットPOSレジシステムについても紹介していきました。売上管理やレジ締めだけでなく経営するうえで便利な機能が多く搭載されているタブレットPOSレジ。まだ導入されていない方は、是非今回の記事を参考に検討してみてはいかかでしょうか。

【今回ご紹介したPOSレジはこちら】

 
blayn(ブレイン)

blayn(ブレイン)

飲食店特化型POSレジ/会計管理・売上管理搭載・食べ放題店舗向けタイマー機能付き

詳しく見る
Uレジ

Uレジ

多機能×低価格、iPadを利用したPOSレジ!|機能/特徴・料金/費用・導入事例

詳しく見る

おすすめ記事一覧

コラム

面倒な売上管理はPOSレジの「売上管理機能」で一気に効率化!売上管理にオススメのPOSレジも紹介!

今回は「売上管理機能」の大きな役割と、POSレジで売上管理をするメリットについて解説し、機能の備わった注目のPOSレジをご紹介したいと思います。

レストラン・カフェ 店舗経営 飲食店
2019.10.19
コラム

経営者の悩み「売上低下・コスト・資金繰り・人材育成…」を解決する考え方とアクション

飲食店経営者が頭を抱える5つの問題といえば、「売上」「コスト」「資金繰り」「人材育成」「ブランディング」にまつわるものでしょう。これはどの業界のトップであっても直面する問題です。 本記事では、5つの問題への向き合い方と、解決に向けた具体的な方法を説いていきます。

売上改善・売上アップ 経費削減 IT化
2019.11.21
コラム

「POSレジ」を初心者向けに解説!メリット・機能をしっかりチェック

POSレジの導入前にチェック!POSレジのメリット・デメリット、機能を徹底解説します。人気のPOSレジサービスも紹介していますので是非参考にしてみてください!

POSレジ 美容院・美容サロン 飲食店
2020.03.03
コラム

POSレジ人気メーカー5選を徹底比較!人気のiPadレジもチェック

本記事では、人気のPOSレジ「エアレジ」「スマレジ」「ユビレジ」「UレジFOOD」「ブレインレジ」の基本機能や連携サービス、月額料金を徹底比較しました。人気のiPadレジもご紹介しています。POSレジ導入検討中の方は必見です。

POSレジ 美容院・美容サロン 飲食店
2020.03.06

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。