お問い合わせ

【コロナで家賃交渉】家賃減額のための準備や今やるべきこととは?

新型コロナウィルスの影響で、店舗や事業者などの売上が激減するなかで、発生し続ける家賃。事業者は休業や営業時間短縮などの対応を行うなかで、資金繰りやコストの支払いも厳しさを増しているでしょう。
そこで今回は店舗が借りているテナントの家賃交渉に注目。固定コストとして大きな割合を占める家賃の削減するためにはどうしたら良いのでしょうか。少しでもこの苦難を乗り越えるためにできることで対策してみてはいかがでしょうか。

コスト削減ガイドブック

コスト削減ガイドブックを無料公開!

【店舗・オフィス向け】無駄なコストを徹底削減

ダウンロードはこちら

コロナで家賃交渉が注目されている

コストの支払いに悩む経営者 店舗がテナントとして物件を借りている場合、当然家賃が発生します。
しかしこの家賃が相場よりも高いと感じる場合や、根拠のあるデータ等を基に、オーナーに家賃減額の交渉をすることができるのです。これを家賃交渉と呼び、「借地借家法」によって認められているのです。
※家賃の変動を禁止する内容の契約をしている場合はこの限りではありません

店舗の家賃は毎月の支出で大きな割合を占める

店舗や事業所などの運営において、家賃は軽視できない大きな支出となります。人件費に次いで大きな支出とも言えるでしょう。
しかし人件費は店舗の運営や従業員の生活も守るために、簡単には削減できません。家賃に関しては、削減することで特別デメリットもなく、長期的にみても支出を抑えるという面で大きな効果があるでしょう。
》大幅なコスト削減に繋がるのは家賃交渉!詳細はこちら!
》【人気記事】特別家賃支援給付金とは?家賃の3分の2が補助される?

コロナの影響を受けて家賃交渉で準備すべきこと

コスト削減として家賃交渉を行うイメージ 家賃を抑える上で準備すべきことは以下の3点です。ひとつずつ確認していきましょう。

「家賃は削減できないコスト」ではない

家賃=契約上変更できないと考えてる事業者の方が多いのではないでしょうか。家賃を下げるためには、引っ越すという選択肢しかないと思われている方も少なくありません。しかし家賃の値下げを交渉するという方法は、法律でも認められているのです。
》店舗の電気代をカット!コスト削減なら電気にも注目!新電力比較

家賃交渉の知識や資料を集める

家賃の値下げを交渉するには適正な賃料を算出する必要があります。適正な家賃とその根拠をもとに交渉を行っていくためです。土地の価格資料、建物の価格資料、経済事情の変動資料などが例として挙げられるでしょう。
こうした資料を用意するためには膨大な時間と知識も必要になるため、経営者や事業者が用意するよりも、知識と経験のある専門家に依頼するほうが効率的と言えるでしょう。

家賃交渉を行う

実際に家主と交渉する際は、お願いするという姿勢も重要となります。適正な資料を用意して説明すること、減額が必要な理由、減額した金額の使用用途なども含めて交渉すると説得力が増すでしょう。「家賃削減で経営が安定する」ということを示すことで、家主も長く入居してもらえるというメリットがあると感じてもらう必要があります。
誠意ある対応で行うことを心がけてください。
》コロナで家賃削減や家賃交渉に注目!無料相談はこちら
》【新型コロナ】今すべきは家賃交渉!賃料減額は可能なのか

コロナの影響があっても家賃交渉が難しいケース

家賃交渉が難しいケースもあります。以下のケースには注意が必要です。より慎重に準備するようにしましょう。

立地が良く人気のあるエリア

立地条件が良く、人気のエリアは家賃交渉が難しい可能性があります。人気エリアは集客もしやすく、借りたい店舗は他にもあるからです。極端に安く貸すくらいなら、貸主の希望の価格で借りてくれる店舗に入居してもらうほうがメリットがあるからです。
都会や繁華街、駅前などはこうしたケースが当てはまる可能性があるでしょう。

入居して間もない場合

入居して間もない店舗の場合、すぐに家賃交渉を行うのは難しいかもしれません。入居年数や不動産会社との関係性も大きく影響します。
数年程度の入居が経過しているほうが、交渉しやすいと認識しておきましょう。

すでに相場よりかなり安い

周辺の賃料相場より安い賃料の場合も、交渉は難しい可能性があります。もちろん建物のの状態や環境等によって賃料が異なるため一概には言えませんが、周辺地域の家賃相場と店舗の賃料を把握してみましょう。そのうえで交渉する場合は、用意する資料や根拠をより入念に用意してください。
》家賃交渉なら賃料減額コンシェルジュ!平均17%減額?
》今すべきは家賃交渉!賃料減額は可能なのか

コロナの影響を踏まえて家賃交渉はプロに依頼するのが効率的

家賃交渉が成功したイメージ

専門家が交渉するので安心

​​​​

家賃交渉をプロが行うことで、より専門的な知識を前提に交渉にあたれます。交渉に必要な資料も、貸主を説得させることのできる根拠を示すことができるでしょう。また、スタンスや話し方も、心得ています。

専門家に家賃交渉を任せることで、資料準備の手間もかからず、店の経営に集中できるでしょう。経営者が直接交渉を行うよりも、スムーズで減額幅も大きくなる可能性もあるため、安心して任せることができる点がメリットです。

スピード感のあるやり取りが期待できる​

​​​​​​

家賃交渉をプロに依頼することで、その準備から資料作成もカバーしてくれます。ここにかかる時間も膨大なので、知識のない人がやろうとすると時間も労力もかかるでしょう。専門家なら、これまでの経験や知識で効率よく交渉にたどり着けるため、スピード感をもって行うことができるはずです。

店舗運営に集中できる

店舗オーナーや経営者は、売上や利益を作ることを考える必要があります。売上を作るために必要なこととして、売上分析やマーケティング、トレンド、新メニューの考案、市場分析など多岐にわたります。こうした作業に加えて、家賃交渉のための資料準備や基礎知識の習得を並行して行う場合、非常に時間がかかり効率が良くありません。

専門家に依頼することで、経営に専念できるという点も大きなメリットになるでしょう。

固定費の削減だからそのまま資金確保につながりやすい

家賃交渉が成功して、固定費を削減することができた場合、浮いたお金はそのまま資金として確保することができます。経営者の判断で、必要な部分にそのお金を費やすこともできるでしょう。

現在はコロナウィルスの影響で、多くの業界で売上が減少しています。こうした減少分を補うために、固定費を削減するということが必要になってくるでしょう。特に固定費のなかでも支出額の大きい家賃を削減することは、売上が減少する店舗にとって大きなメリットがあるでしょう。
》【コスト削減と併用して考えたい】緊急事態宣言が全国に拡大!飲食店はどうすればいい?

家賃交渉による家賃削減の事例

家賃削減をプロに依頼した場合の簡単な事例をご紹介します。以下の事例は賃料減額コンシェルジュの事例となりますので、是非参考にしてみてください!

大阪府大阪市A社:賃料7,397,266円

削減額:1,305,739円
削減後賃料:6,091,527円
年間削減額:15,668,868円
減額率:17.7%

東京都豊島区B社:賃料3,479,500円

削減額:630,000円
削減後賃料:2,849,500円
年間削減額:7,560,000円
減額率:18.1%

コロナで使いたい家賃交渉サービス3選

家賃110番(ビズキューブ・コンサルティング株式会社)

日本に5つの拠点、100名以上のスタッフが在籍。不動産鑑定業への登録や国土交通大臣許可の宅建免許も取得しています。鑑定士や宅建士などの有資格者による正確な調査が可能な点も魅力的です。
大家との関係性も大切にした独自の手法を用いて、トラブルのない交渉を行っています。

オフィス賃料削減(株式会社オフィスゲート)

不動産業界や関連した法律にも詳しいプロが対応してくれます。成功実績は200社程度ではあるものの、その成功率は90%以上としていて、家賃の平均下落率は13%程度。調査費や着手金がかからないとしているため、安心して家賃交渉を任せられるサービスの一つではないでしょうか。

賃料減額コンシェルジュ(株式会社アクトプロ)

なんといっても魅力なのが、「完全成果報酬型」を採用している点。減額できなかった場合は、コストがかかりません。

また、適正賃料の査定自体は無料で行っているため、これをもとに検討してみても良いでしょう。成功実績は11,000件以上、削減率の平均17%と、その数字の大きさも信頼感の現れではないでしょうか。弁護士との提携や不動産鑑定士による適正賃料の算出など、ありとあらゆる面で専門的な知識と根拠を持って貸主に提案してもらえる点も安心できますね。
》コロナでコスト削減を実現!賃料減額コンシェルジュに関する詳細はこちら

まとめ

今回は店舗の家賃を削減できる家賃交渉を中心にご紹介しました。
コロナウィルスの影響により、休業や営業時間短縮を余儀なくされている店舗も多くあることでしょう。

冒頭でご紹介した行政による家賃保証など、使える補償や助成金は是非ご活用ください!さらに今後の経営状況を踏まえても、長期的にコストを削減できることが望ましいでしょう。特に家賃交渉は大きな支出削減に繋がるため、早急に取り掛かりたいところ。
今回ご紹介したサービスのなかには、完全成果報酬型、初期費用無料の場合もありますので、こうしたところで依頼してみると、無駄な出費も抑えられるはず。是非チェックしみてください!
》コロナの影響で問い合わせ増加中:成果報酬型の賃料適正化で安心して依頼!
》【人気記事】デリバリー開始店に助成金?飲食店は今こそデリバリーを開始すべき?
》【人気記事】事業者が家賃補助を受けられる?家賃補助に関する給付金を解説

コスト削減ガイドブック

コスト削減ガイドブックを無料公開!

【店舗・オフィス向け】無駄なコストを徹底削減

ダウンロードはこちら

おすすめ記事一覧

コラム

経営者の悩み「売上低下・コスト・資金繰り・人材育成…」を解決する考え方とアクション

飲食店経営者が頭を抱える5つの問題といえば、「売上」「コスト」「資金繰り」「人材育成」「ブランディング」にまつわるものでしょう。これはどの業界のトップであっても直面する問題です。 本記事では、5つの問題への向き合い方と、解決に向けた具体的な方法を説いていきます。

売上改善・売上アップ 店舗経営 IT化
2019.11.21
コラム

【飲食店コロナ対策】再給付申請できない「持続化給付金」だけで店舗の経営は守れるか?

新型コロナウイルスによる影響の大きい飲食店をはじめとした事業者への救済措置として「持続化給付金」の給付が開始。今回はこの持続化給付金について詳しく解説。持続化給付金があれば店舗経営は安心?実際のコストに当てはめてシミュレーション。さらに今すぐ実践できるコスト削減方法も紹介!

経費削減 資金調達 飲食店
2020.05.08
コラム

テレワークはデメリットばかり?デメリットを解消して働き方改革!【事例あり】

時間や場所に関係なく働ける「テレワーク」は多くの企業が導入を進めています。今回は、テレワークが企業にどのようなメリットやデメリットをもたらすのか。合わせてデメリットの解消法についても解説していきます。緊急事態宣言の解除以降も、働き方改革としてテレワークは注目を浴びていくので、テレワーク導入を検討中の企業の方は参考にしてみてください。

クラウドPBX IT化 オフィス・事務所
2020.06.10
コラム

【利益率とは】種類と計算方法、各項目の違いをわかりやすく解説

【利益率に関する内容を解説】企業や店舗の経営者にとって、利益を上げることが経営継続・拡大に重要なポイント。新型コロナウィルスの影響で経営状況が悪化している業界も多いなかで、一度今後の対策として利益率を見直してみてはいかがでしょうか。そこで必要なのが、利益や利益率に関する種類や計算方法。このページでは、利益を計算するために必要な内容をわかりやすく解説していきます。今後起業を検討している方にとっても参考になる内容です。売上や利益を上げるために対策したい方や今後の経営について考える場合にはチェックしてみてください。

経費削減 売上改善・売上アップ 飲食店
2020.06.10

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。