お問い合わせ

【スポーツツーリズムとは】地域やインバウンド集客の起爆剤にも?今後の注目は?

スポーツツーリズムに関して、日本は特に注目を集めています。しかし「スポーツツーリズム」という言葉自体、まだ聴き慣れていない方も多いのではないでしょうか。
今回は、訪日外国人が増加している理由のの一つでもあるスポーツツーリズムについてわかりやすく解説していきます。

スポーツツーリズムとは

スポーツツーリズムとは、直訳すると「スポーツに関連した旅行や事業」とされます。
スポーツの観戦やスポーツに関連した観光地への旅行、スポーツに関連したイベント参加なども含まれるでしょう。
》外国人観光客ランキング!訪日数や消費額、訪問地などをランキングで紹介

スポーツツーリズムとはどんなもの

日本でも季節や定期的にスポーツの試合が行われていますね。野球やサッカー、バレーボール、ゴルフや卓球、フィギュアスケートなど様々なスポーツがそれぞれ人気です。特に相撲は国技でもあり、日本だけでなく外国人にも人気のスポーツと言えるでしょう。こうしたスポーツの大きな試合や大会の際に、開催地に多くの観戦者や観光客が訪れています。こうしたさポーツのための旅行や観光をスポーツツーリズムと言います。

スポーツツーリズムの目的

スポーツツーリズムが促進されることで、経済効果や該当地域の活性化、国内観光客の増加、外国人観光客の増加、関連事業の活性化に繋がります。また外国人観光客が増加するだけでなく、日本からも世界の各地域へとアウトバウンドが進みます。そうした中で国際交流としても意義があるでしょう。また、観光業界の盛り上がりにも大きく影響するはずです。
観光庁でも、こうしたスポーツツーリズムの推進行い、多種多様な観光資源を使った上で日本としての観光力を強化していくことを意識。スポーツ団体・観光団体や企業・メディア・関係省庁により「スポーツ・ツーリズム推進連絡会議」を設置し、「観光立国推進基本計画」が国土交通省から発表されています。
(参考データ)
“スポーツツーリズム推進の方向性について”観光庁
“スポーツツーリズム推進基本方針”国土交通省

》スポーツ人気が強い地域は、オーバーツリズムにも注意!オーバーツーリズムを解説

スポーツツーリズムが地域や観光を活性化

スポーツツーリズムが地域の魅力を創出

相撲場所に伴い、観光客が多く訪れている様子の画像

スポーツツーリズムが盛んになることで、該当地域の魅力が創出されることにも繋がります。例えば、相撲の場所が行われる東京墨田区には、国技館があります。相撲の街として、国技館周辺を観光したり、近隣にはスカイツリーなどもあるため、日本のお家芸の地域を訪れることで、スカイツリーや下町の風情も楽しめるでしょう。
野球やサッカーにも各地域にプロ野球チームがあります。この地域ごとにチームに関連した施設や観光スポットもあるため、試合観戦だけでなく、観光としても楽しめるはず。
こうしたスポーツツーリズムの振興が、日本の各地をより盛り上げてくれるものとなるでしょう。
また、スポーツによっては適切な気温や環境が求められているものもあり、大会開催地に継続的に選ばれることもあります。箱根駅伝なども該当しますが、こうしたスポーツの盛り上がりにより地域独特のブランディングにもなり得るのです。

新たな観光客集客のチャンス

スポーツやスポーツツーリズムが振興することで、これまで来ることのなかった観光客を呼び寄せることも可能になります。サッカーワールドカップ(W杯)やフィギュアスケートなども、毎回注目されていて新たなファン早出のきっかけになっているでしょう。こうした新たなファンが、大会や試合を観戦したり、関連した土地に赴くことで、新たな観光客が生まれるのです。
》飲食店必見!外国人観光客向けの集客サービス

スポーツツーリズムとしてラグビーに注目

特に近年、注目されているスポーツとしてラグビーが思い浮かびます。記憶に新しい昨年2019年には日本でラグビーの世界大会であるラグビーワールドカップが行われました。日本が開催地ということで、東京を始めとして愛知や神奈川、大分など日本中で試合が行われましたが、それらの会場目がけて世界中から観戦者を中心に観光客が集まってい他のが印象的です。
ラグビーをわかりやすい例としてご紹介しましたが、野球やサッカーなど様々なスポーツの試合でこうしたスポーツツーリズムが振興するきっかけになっているでしょう。
》スポーツツーリズムの拡大とともにインバウンド対策も!インバウンド対策を解説!

スポーツツーリズムは東京オリンピックでさらに拡大?

2020年の夏、世界共通のスポーツの大会オリンピックが東京で開催され、日本のスポーツツーリズムはさらに大きな局面を迎えようとしています。
年々訪日外国人が増加していて、2019年の年間訪日外国人数は3,180万人以上(速報値)としています。訪日外国人数は10年前の2009年の同680万人と比較すると4倍以上にも拡大。この増加の背景には、今回ご紹介しているラグビーワールドカップや東京オリンピック開催予定地として、世界から注目されていることがわかる数字になっているではないでしょうか。
そして遂に東京オリンピックが開催されるため、外国人観光客だけでなく日本の各地域から東京に向けて多くの観光客が訪れ、スポーツツーリズムがさらに成長していくことでしょう。
(参考データ)
”国籍/ 月別 訪日外客数”JNTO日本政府観光局

》東京オリンピックで外国人が増加?予想数や今後の動き、集客方法は?

まとめ

今回は各スポーツの大会が盛り上がりを見せる日本に置いて、推進されている「スポーツツーリズム」についてご紹介しました。
スポーツツーリズムの拡大が、地域活性化や観光客増加に大きく影響しています。東京オリンピックでは、さらにこのスポーツツーリズムが成長すると予想されているため、開催地や日本を代表する観光地において、集客対策を行なっておくことをお勧めします。

》観光客や外国人の集客対策は何をすれば良い?店舗にあった方法をご紹介!

 

おすすめ記事一覧

コラム

大衆点評やトリップアドバイザーに登録!集客なら代行サービスが効果的?

外国人観光客の集客を考えるなら、口コミサイトへの登録と運用が効果的。外国人は口コミサイトを参考にして日本の情報を得ています。特にそのなかでもトリップアドバイザーは世界共通で使われている最大規模の口コミサイト。また、中国人観光客の集客を狙うためには個別で大衆点評への登録がおすすめ。今回はこの2つの口コミサイトのサービスを中心にご紹介していきます!

インバウンド 認知拡大 飲食店
2019.08.15
コラム

【インバウンド対策】増加する訪日外国人が店舗に求める対策とは?

インバウンド対策に注目!2019年の訪日外国人数は3180万人を突破。今後控える東京オリンピックや大阪万博に向けてさらにインバウンド対策に注力したいところ。しかしインバウンド対策とは何かという点やインバウンドに関する知識を深めることがまずは重要です。このページでは、インバウンド対策を中心に解説しながら訪日外国人に求められている対策をご紹介していきます。

レストラン・カフェ 店舗 美容院・美容サロン
2019.08.15
コラム

【東京オリンピックを機に外国人観光客が増加】対策や集客はどうする?

東京オリンピックを機に外国人観光客はさらに増加すると見込まれています。近年の訪日外国人数のデータを踏まえながら、外国人観光客を集客に欠かせないインバウンド対策を厳選紹介!新型コロナウィルスの影響で開催されるかという点にも注目が集まっていますが、今のうちに企業や店舗が準備しておくことで、今後の訪日外国人の集客や国際イベント開催時にも役立つでしょう。

インバウンド 飲食店 集客改善・集客方法
2019.11.21
コラム

Googleマイビジネスがインバウンドに有効?飲食店で整えたい対策3選

《Googleマイビジネスインはインバウンド対策に使えるの?》増加する外国人観光客に対して、飲食店が準備しておきたいインバウンド対策に注目!王道の集客サービス、インスタグラムやトリップアドバイザーに加えて、注目のGoogleマイビジネスについてもご紹介!今後のオリンピック開催や大阪万博など、訪日外国人が増加するなかでどのようなインバウンド対策をとるべきなのでしょうか。その選択肢として有効なサービスを厳選してご紹介していきます!

集客改善・集客方法 飲食店 インバウンド
2019.11.26

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。