お問い合わせ

個人事業主におススメのクレジットカードって?メリットも紹介

経費の支払いになにかと必要な法人カード。個人事業主の方でも作ることができる法人カードは多くあり、利用することで多くのメリットがあります。 今回は、法人カードと個人カードの違いや、メリット、個人事業主におススメのビジネスカードまで紹介していきます。 まだ法人カードを作っていない、どのサービスを選べばいいのかわからない個人事業主の方は是非参考にしてみてください。

個人事業主こそビジネス用のクレジットカードが必要!

ビジネス用のクレジットカードを持たずに個人のクレジットカードで充分と思っている個人事業主の方は意外と多いと思います。 しかし個人事業主こそビジネス用のクレジットカードを持っておくことで非常に便利に利用することができます。

個人カードとビジネスカードは分けるべき?

クレジットカードには、会社や個人事業主が利用する「法人カード」と一般の「個人カード」があります。「法人カード」の中でも、個人事業主や中小企業向けのクレジットカードを「ビジネスカード」と呼び、大企業向けのクレジットカードを「コーポレートカード」を呼びます。

法人カードには個人カードと比べて、ビジネスに特化したメリットが多くあり、さまざまなサービスや優待を受けることができます。また、法人カードを利用することで、経理業務のスピードをあげる効果もありますので、経営をする上で法人カードを持っておいたほうが良いと考えられます。

法人カードは、比較的限度額が高めに設定されていることが多く、高額な出費の際でも法人カードを持っておくことで不便なく対応することができます。 さらに経費などの支払いを法人カードにまとめておくことで、毎月決まった日に支払い日が訪れることいなり、時間的な猶予が生まれキャッシュフローにゆとりを持たせることができます。法人口座からの引き落としも可能で、一本化しておくことで振込手数料などのコスト削減にもつながります。

法人カードを持つメリットについては以下で詳しく紹介していきます。

個人事業主がクレジットカードを持つメリット

個人事業主の方が、ビジネス用のクレジットカード(法人カード)を持つメリットを紹介します。

プライベートと経費を区別して管理できる

個人事業主の場合は、備品の購入や接待代などのさまざまな経費が発生します。もし個人のクレジットカードで支払いを行っていると、後日確認した際ににどの支払いが個人的なものなのか事業用の支払いなのか区別がつけづらくなります。 法人カードを利用することで、個人と事業の支払いを明確に分けることができますし、領収書の管理や経費精算の負担も軽減されますので、経費業務の効率化が期待できます。

ビジネス支援サービスが受けられることも

多くの法人カードでは、さまざまなビジネスシーンで利用することができる付帯サービスやお得に利用できる優待などを受けることができます。 例えば、海外出張が多い方には旅行傷害保険が手厚く、空港ラウンジが無料で利用することができるサービスや、会計ソフトに連携しているサービスなどもありますので経理業務を簡単するともできます。 サービスによっては、健康診断のやスポーツジムなどの優待を受けることできますので従業員の福利厚生に利用することも可能です。

複数枚の発行が可能

法人カードは、複数枚追加でカードを発行することができます。従業員に持たせて経費の支払いにクレジットカードを利用してもらうことで、経費の立て替えが必要なくなり、いつ誰がどこでいくら利用したのかも明確になりますので、経費精算の手間を短縮にもつながります。

個人事業主におススメのクレジットカード

個人事業主におすすめのビジネスカードをそれぞれの特長やメリットを踏まえて紹介します。

セゾンカード

セゾンのビジネスカードには「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」と「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®️・カード」が用意されています。 セゾンカードのビジネスカードは、発行に際し法人の登記簿や決算書が必要ないので個人事業主やフリーランスでも発行することができます。

セゾンカード

セゾンカード

セゾンカード|決算書・登記簿謄本不要のビジネスカード

詳しく見る

特長・メリット

・ポイントがためやすい
セゾンのビジネスカードは、所得税や年金などの税金の支払いでもポイントをためることができ、さらに消費しないといけない期限などがなく永久不滅ポイントになります。 たまったポイントは、次回の支払いにあてることもできますし、ギフトカードやマイルに交換することもできます。

・Apple Payが利用可能
カードにApple Payを設定することで、コンビニやスーパー、アプリなどのさまざまなシーンで利用することができます。

・プライオリティ・パス(セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®️・カード会員限定)
148以上の国や地域にある空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」に登録ができます。ほぼすべての空港ラウンジで飲み物やインターネット、新聞の無料サービスを受けることが可能です。

・ビジネスサポートサービス(セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®️・カード会員限定)
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®️・カードには、24時間365日で対応してくれる専用のコールセンターが用意されています。 さらに旅行傷害保障が自動的に付帯され、海外旅行中の事故であれば最高1億円、国内旅行中の事故については最高5,000万円まで補償されます。

セゾンカード

セゾンカード

セゾンカード|決算書・登記簿謄本不要のビジネスカード

詳しく見る

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード

American Expressビジネスカードには「アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ード」「アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード」「アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・プラチナ・カード」が用意されています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード

セゾンカード

American Express(アメリカン・エキスプレス)|経費の支払いをカードにするだけで、ポイントが貯まる

詳しく見る

特長・メリット

・ポイントがつきやすい
American Expressのポイントプログラム「メンバーシップ・リワード®」を利用することで、利用金額の100円につき1ポイントがたまります。 さらにたまったポイントを一度でもアイテムの交換に利用すれば、ポイントの有効期限が無期限になります。ポイントは、マイルや商品券への交換、旅行商品の購入にも当てることができます。

・クラウド会計ソフト「freee(フリー)」への連携が可能
カードの情報をクラウド会計ソフト「freee(フリー)」へ自動的に取り込むことができます。自動連携になりますので業務の効率化や経営分析にも役立てることが可能です。 利用状況は、ウェブやアプリからいつでも確認することができますし、API連携を採用しているのでセキュリティ面でも安心して利用することができます。

・入会後1年以内のカード利用で、30,000ポイント獲得可能(アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード会員限定)
「アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード」は、入会後1年以内にカードで200万円以上を利用することで30,000ポイントを獲得することができます。

・プラチナ・セクレタリー・サービス(アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・プラチナ・カード会員限定)
「アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・プラチナ・カード」を利用すると、24時間365日で出張や接待の手配、カードに関する要望などを電話で受け付けてくれる「プラチナ・セクレタリー・サービス」を活用することができます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード

セゾンカード

American Express(アメリカン・エキスプレス)|経費の支払いをカードにするだけで、ポイントが貯まる

詳しく見る

JCB法人カード

JCBのビジネスカードには「一般法人カード」と「ゴールド法人カード」「プラチナ法人カード」が用意されています。

特長・メリット

・1,000円(税込)=1ポイントたまる
毎月カードを利用合計金額1,000円(税込)につき1ポイントのOki Dokiポイントがたまります。 さらに、約400店舖が利用できるネットショッピング「Oki Doki ランド」では、2倍~最大20倍のポイントがたまりますので「Oki Doki ランド」を経由して、さらにお得に利用することができます。 たまったポイントは、支払い金額に当てたり、ギフトカードなどの商品やマイルと交換したり、買い物での利用も可能です。

・会計ソフトと連携可能
JCBカードの利用明細データを、会計ソフトである「弥生」や「freee(フリー)」にを取り込むことができます。自動でデータが取り込まれまれることで業務効率化が実現できます。

・ゴールド法人カード会員限定のサービス
JCBのゴールド法人カードを利用することで、国内の主要空港やハワイホノルルの国際空港の空港ラウンジを無料で利用することができたり、日本の対象飲食店で代金をJCBプレミアムカードで支払うことで「JCBゴールドグルメ優待サービス」として割引を受けることができます。

・プラチナ法人カード会員限定のサービス
JCBプラチナ法人カードを利用すると、ゴールド法人カードで受けることができるサービスに加えてさらに特別なサービスを受けることができます。 24時間365日で国内や海外のホテルや航空券の手配やサポートを行ってくれる「プラチナ・コンシェルジュデスク」や「プライオリティ・パス」で世界148ヵ国にある空港ラウンジを無料で利用することができます。

まとめ

今回は、法人カードと個人カードの違いやメリット、個人事業主におすすめのビジネスカードを紹介していきました。
法人カードのビジネスカードは、法人だけでなく個人事業主でも作ることができますし、個人カードに比べて利用限度額も高く、ビジネスに利用できるサービスや優待が豊富です。 個人事業主の方で、まだビジネスカードを利用していない方や、どの会社のビジネスカードにするか迷っていた方は、今回の記事を参考に検討してみてください。

おすすめ記事一覧

コラム

Apple Payとは?対応カードや設定、利用メリットから、店舗向けの導入方法まで

今さら聞けない?Apple Payについて徹底解説!設定方法・対応カードについてや、使い方からメリットまで、店舗向けにApple Payの導入方法も紹介していきます!!

キャッシュレス 店舗 飲食店
2020.07.14
コラム

Cloud Pay(クラウドペイ)は複雑な決済サービスを一括で対応!マルチ決済端末を徹底解説

複数のQRコード決済がひとつにまとまる「Cloud Pay(クラウドペイ)」とは?便利で業務効率化にも繋がりメリットが豊富です。費用面や入金サイクル、導入方法についてもまとめています!

生産性向上 業務改善 キャッシュレス
2020.07.16
コラム

ビジネスカードとは?発行メリットや特徴・個人カードの違いを解説!

ビジネスカード(法人クレジットカード)について基礎から徹底解説!メリット・デメリットや種類、おすすめのビジネスカードまで紹介していきます!

キャッシュレス 業務改善
2020.08.20
コラム

人気のマルチ決済サービス5選の導入コストを徹底比較!決済手数料や初期費用は?

人気のマルチ決済サービス5選の導入コストを徹底比較!決済手数料や初期費用、入金手数料まで導入コストを一度に比較できます。マルチ決済端末のコストが気になる方、導入検討中の方は必見です!

業務効率化 集客改善・集客方法 キャッシュレス
2020.08.26

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。