お問い合わせ

売上向上の方法が知りたい!施策やアイデアを紹介


店舗を経営を成功させるには、売上向上のための戦略作りが大切です。とくにオープンしたばかりの店舗では、新規顧客の獲得が日々の売上を左右しがち。既存客への対応まで気が回らないという場合もあるでしょう。
しかし売上の8割は2割の客で作られるという「8:2の法則」があるほど、既存客へのアプローチは重要です。

そこで本記事では、売上向上のための5つのポイントと、アイデアを解説していきます。天気やウイルスなどの要因によって、売上が左右される現在。売上向上の施策のヒントにしてみましょう。

売上向上のための5つの方法


売上向上のためのポイントは、知っているというものもあれば、見落としていたというポイントもあるでしょう。どれか1つだけの対策だけでなく、以下でご紹介する5つ全ての客層に対応できるようにしましょう。
 

新規顧客を獲得する


売上は客単価と顧客数によって決定します。そのため新たに店舗に訪れる新規顧客数が増加すれば、比例して売り上げも向上していくでしょう。オープンして間もない店舗では、新規顧客の獲得が重要です。新規顧客が既存客となれば、安定した経営へ繋がる可能性が高くなるはず。

顧客の流出を抑える


インターネットを使えば、好きなものを好きなタイミングで購入できる時代。既存顧客は些細なきっかけで、他店に流れてしまう可能性もあります。とくにオープンしたての店舗は、最初は物珍しさから客数が伸びますが、次第に客足が遠のいていきます。既存客の囲い込みを行ないましょう。

またどれだけ、既存客への囲い込みが成功していても、引越しや、そもそもその製品が必要なくなったなど、どうしても店舗離れが起こる場合があります。

 

リピーターを増やす


新規客の獲得は、店舗の立地によって上限があります。また新規客を爆発的にあげるのはそう簡単なことではありません。そこで重要となるのが、リピーター客の増加。長期的な売り上げ向上を目指すのであれば、リピーターを増やし、1人当たりの来店数を増やしていきましょう。

マーケティング用語には「1:5の法則」というものがあります。これは新規客の獲得には、既存客を維持する5倍のコストがかかるという意味です。逆に考えれ、ば既存客の維持には新規客の獲得の1/5のコストで済むので、リピーターを増やすことはコスト削減としても有効でしょう。
 

客単価を上げる


顧客が1回の買い物で使う金額が増加すれば、比例して売り上げもアップします。商品の値段を上げるのは簡単ですが、既存客が離れるリスクがあります。そこでお客様が来店したら、必ず購入してもらえる方法や、目当ての商品以外にプラスで購入してもらえる方法を考えてみましょう。
 

商品単価を見直す


場合によっては一度決めた商品単価を見直すことも重要です。顧客から見れば「同じ商品なら安い方がいい」と考えるのは当然です。近隣の競合店舗や、顧客の予算を考え、価格を見直すのもいいでしょう。
ただし値下げをする際には、その分の収益が少なくなる点、再びの値上げは難しくなる点に注意しましょう。店舗でよく取られる施策として、値下げは行わずに内容量を減らす「シュリンクフレーション」という方法も参考にしてみてください。



【飲食店向け】ついに起業!開業資金や準備で抑えたいポイントを解説

売上向上のための具体的な施策やアイデア

上記の売上を向上させる5つの方法を踏まえても、具体的に何をすればいいか思い付かないというケースもあるでしょう。日々の営業の忙しさで施策を考えるが大変という場合も。

そこで、以下に売上向上のための具体的なアイデアを紹介。数多くの店舗で導入されている施策なので、試してみる価値はあるでしょう。売上向上は既存客の確保という長期的な施策が重要視されるため、効果が出ないからすぐ止めるのではなく、長い目で行うことが大切です。

お店独自の強みを作る


その店舗にしかない独自の強みを作る事は、売上拡大に効果的です。この店舗独自の強みはストロングポイントと呼ばれており、店舗によって特徴は様々。まずは店舗の長所をピックアップしてみましょう。立地がいい、鮮度がいい、サービスがいいなど顧客となるターゲットに刺さるストロングポイントを検討します。

強みが決まったら、顧客へ周知することも大切です。店舗のウリを伝えることで顧客はどんな店なのか判断しやすく、店舗に訪れやすくなります。キャッチコピーを作るのも有効でしょう。

【決定版】Instagramの使い方!登録~投稿まで!
Instagramを代理運用?集客効果がアップするインスタタウンとは?
 

顧客の声を拾えるようにしておく


商品やサービスを利用するときに口コミを重視する人は55%と言われており、顧客がいかに口コミを重視して店舗を選んでいるかが分かります。商品の評判が分かれば、購入の後押しにもなるため、店舗はグルメサイトやSNSを活用しましょう。
(参考資料:【 ネット上の口コミ情報 】に関するアンケート調査(第4回)マイボイスコム

また顧客へのアンケートも有効です。アンケートは制作者が集めたい情報を収集できるというメリットがあります。従業員の様子や適正価格などより細かな顧客の声が聞こえるでしょう。
 

スタッフ教育は積極的に行う


飲食店で食事をした時に記憶に残るのは、店内の様子や、メニューが一般的です。そしてスタッフの態度も飲食店の空間を作る要素の1つ。料理が美味しくてもスタッフの態度が悪ければ、そのお店自体の評価を下げる可能性があります。スタッフの接客教育は力を入れて行ないましょう。

無駄遣いをなくす

店舗経営を行なう中で、売上と共に発生するのがコストです。コストには大きく分けて固定費と変動費があります。

固定費の一例としては毎月変動せずに発生する家賃などがあげられます。家賃は物件の老朽化や地価変動によって下げられる可能性も。家賃削減ができれば、大幅な固定費削減が望めますから、ぜひチェックしてみましょう。

また原材料費や光熱費などは変動費にあたります。食品ロスを減らす取り組みや、電気ガスの自由化への切り替えなどが挙げられます。まだ取り組んでいない場合は、簡単に行えるものから着手してみましょう。


【家賃・通信費編】お店・オフィスのコスト削減をデジタルトランスフォーメーション(DX)で

コスト削減で考えるべきこと【事例付き】 ポイントと実施手順
 

スタンプやポイントカードを作る


既存客を増やすために顧客が店舗に対して、メリットを感じられるサービスを提供しましょう。例えば購入金額に応じたポイントカードの導入は、見かけたことがある人も多いはずです。ポイントに応じた特典を付けることで、既存客の確保、他店への流入防止、客単価のアップなど豊富なメリットにつながります。
 

季節限定・エリア限定の商品を作る


商品を選ぶ際に季節限定・エリア限定のものに心惹かれるという方も多いでしょう。なかなか手に入らない限定的なものに、魅力を感じることを「希少性の原理」といいます。そのため商品を販売する際は、限定何個と表現したり、当店舗限定としていかに限定感を打ち出すかを考えてみましょう。
 

初回限定サービスを作る


新規顧客獲得のために、初回限定サービスを作ってみてはいかがでしょうか。新規顧客には製品を購入して損したくないという気持ちがあります。

そこで購入ハードルを下げるのが、初回限定サービス。商品の満足度が高ければ、既存客として定着する可能性も高くなります。しかし新規顧客を獲得するために、コストをかけすぎると、収益に繋がりにくくなるので注意しましょう。

まとめ


店舗にとって売上向上は、常に課題の1つです。新規客の獲得と合わせ、既存客の増加、流失の防止と意識する点も多いでしょう。
顧客からの来店を増加するためには、SNS・WEBサイト・チラシなどを用いて受け入れ口を増やす事が大切。とくにSNSは、情報収集ツールとしても活用できるため、まだアカウントを作っていない店舗は、ぜひ活用してみましょう。


》売上アップ・集客を強化したいならインスタたグラムを活用!効果的な運用方法とは

》集客とともにコスト削減にも注力!具体的な方法やサービス一覧はこちら

おすすめ記事一覧

コラム

経営者の悩み「売上低下・コスト・資金繰り・人材育成…」を解決する考え方とアクション

飲食店経営者が頭を抱える5つの問題といえば、「売上」「コスト」「資金繰り」「人材育成」「ブランディング」にまつわるものでしょう。これはどの業界のトップであっても直面する問題です。 本記事では、5つの問題への向き合い方と、解決に向けた具体的な方法を説いていきます。

売上改善・売上アップ 人材採用 チャットボット
2019.11.21
コラム

タブレットPOSレジのメリット・デメリットを解説!

レジの導入を検討している方必見!売上管理だけでなく、レジ締めや在庫管理など多くの機能が搭載されているタブレットPOSレジ。今回はメリット・デメリット、おススメのタブレットPOSレジも紹介していきます。

売上改善・売上アップ 飲食店 店舗
2020.05.08
コラム

業務効率化のアイデア紹介。残業も無駄もなくして業務改善!

少子高齢化に加え、労働人口の減少によって日本企業は「業務改善・業務効率化」に取り組んでいますが、とはいえ業務効率化とは何をすればいいのか曖昧なまま取り組んでしまっては、思ったような効果は得られないでしょう。ここでは、業務効率化を成功させるための考え方や、アイデアをご紹介いたします。業務効率化とは業務上の「ムリ・ムダ・ムラ」をカットして、従来よりも効率的に成果を生む手段のこと。業務効率化によって、生産性向上や業績アップ・働き方改革など様々な効果を生み出すねらいがあります。

店舗 売上改善・売上アップ 業務効率化
2020.08.11
コラム

人気のマルチ決済サービス5選の導入コストを徹底比較!決済手数料や初期費用は?

人気のマルチ決済サービス5選の導入コストを徹底比較!決済手数料や初期費用、入金手数料まで導入コストを一度に比較できます。マルチ決済端末のコストが気になる方、導入検討中の方は必見です!

集客改善・集客方法 売上改善・売上アップ キャッシュレス
2020.08.26

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。