お問い合わせ

コロナ禍の飲食店を支援・救済するサービスまとめ

世界中で拡散した新型コロナウイルスは、日本においても大きな経済的ダメージを与えました。

2020年4月7日には、史上初めて全国的に緊急事態宣言が発令され、5月29日の解除宣言まで約1ヶ月半にものぼりました。ただし全国で緊急事態宣言が解除されたとはいえ、新型コロナウイルスが終息したわけではなく、引き続きコロナウイルス感染の拡大防止対策は行っていく必要があります。とくに繁華街での行動は3密を避けて行動する必要があり、飲食店などにおいては、まだまだ厳しい状況が続いています。

こうした中で、新型コロナウイルスの影響を大きく受けている飲食店に向けて、多くの企業がさまざまな支援策を打ち出してきています。たとえばPOPやロゴの無料配布や、広告掲載、テイクアウトやデリバリーの支援サービスなど、幅広いサポートを行っています。

そこで今回は、現時点で飲食店を支援するサービスを調査し、まとめました。

デリバリー・テイクアウト集客方法ガイドブック

売上にお困りの飲食店舗向けに無料公開!

デリバリー・テイクアウトで飲食店の集客課題を解決

ダウンロードはこちら

新型コロナウイルスの影響を受けた飲食店を支援するサービス

POP、ロゴ無料配布

新型コロナウイルスの影響が拡大する中、多くの事業者が飲食店舗向けに、店頭POPやWEBサイト上で利用可能なロゴなどの無料配布を行っています。一部、無料で利用可能なPOP、ロゴの一覧をまとめてみました。

①REARS

ユーザーの外食機会を増やし、食の楽しみを伝えることをモットーとしている株式会社REARSは、飲食店に対して広告デザインから店舗運営までをサポートしている企業です。

2020年4月より、新型コロナウイルス感染症対策用に、案内POPの無料配布を開始しました。デリバリー・テイクアウトの案内POP(12種類)や、食べログ・ぐるなび専用のTOP画像(計18種類)が無料でダウンロードすることができます。

詳細はこちら

②CREST HOLDINGS

店舗や商業施設の広告、ディスプレイなどを手がけるCREST HOLDINGSは、2020年3月31日より「新型コロナウイルス対策見える化ステッカー」の無償提供を開始しました。

新型コロナウイルスにより、集客に悩む飲食業界をサポートし、店舗がウイルス対策や取り組みを行っていることを見える化するものになります。先着順なのでお早めに!

詳細はこちら

③FOOD CONNECTION

飲食店のコンサルティングなどを行う株式会社フードコネクション(FOOD CONNECTION)では、新型コロナウイルスの影響を受け、テイクアウトやデリバリーを開始した飲食店事業者に対し「デリバリー&テイクアウト」用ロゴマークの無料配布を開始しました。希望者は登録フォームからの申請になります。

詳細はこちら 

④株式会社プリントパック

印刷通販の株式会社プリントパックでは、新型コロナウイルスの影響拡大を受け、飲食店向けのデザインポスターやチラシを無料で提供しています。デザインの種類は「テイクアウト・お持ち帰り用」「デリバリー・宅配用」「お弁当用」の3種類(計9デザイン)になっています。なお希望の中から、合計8枚までデザインを選ぶことが可能です。

詳細はこちら

テイクアウトの窓口

テイクアウトの窓口

テイクアウトを始める飲食店をサポート!

詳しくはこちら

⑤株式会社モトックス

ワインをはじめ、和酒や食品など、世界中から厳選した飲食料品を取り扱う、株式会社モトックスでは、店頭で使えるお酒のPOPデザインを無料で配布しています。お酒の販売、テイクアウトをアピールするPOPが無料でダウンロードできるほか、消費者様へ配布用の「お家で楽しむコツ リーフレット」資料も、無料配布しています。

詳細はこちら

⑥株式会社メニューデザイン研究所

飲食店向けのお役立ち情報サイト「MEIDY」を運営する株式会社メニューデザイン研究所は、新型コロナウイルスの影響を受けている飲食店の力になるべく、飲食店支援サービスを開始しました。

飲食店の負担軽減のため「テイクアウト・デリバリー始めましたPOP」のデザインを、無料配布しています。A4用紙向けデータはもちろん、各飲食店のSNSで使えるデザインバナーも同じく無料で配布しています。

詳細はこちら

⑦関東食糧株式会社

埼玉県を中心に、さまざまな食料品を取り扱う関東食糧株式会社は、新型コロナウイルスの影響により経営危機を感じている飲食店を支援するため、テイクアウト用ポスターを無料で公開しました。

全7色展開のポスターは、すでに始めているかた、これから始める方にあわせて2パターン用意されています。

詳細はこちら

⑧株式会社ライズサーチ

起業時や新規事業のスタート時、現在の販促方法に課題を抱える方などへ、マーケティングリサーチも加味したデザインを提案する、株式会社 ライズサーチでもPOPの無料配布を行っています。

新型コロナウイルス感染防止策として、営業時間の短縮を行う店舗向けや、テイクアウト用のPOPデザインを計6種類提供しています。

詳細はこちら

⑨サントリーマーケティング&コマース株式会社

サントリーマーケティング&コマース株式会社では、業務用ツールの通販サイト「飲食店用品.jp」にて、チラシの無料ダウンロードを実施しています。

盗難防止チラシや、お酒のテイクアウト、宅配・デリバリーの案内チラシにソーシャルディスタンスの案内など、全部で28種類のチラシデザインが無料でダウンロード可能です。

詳細はこちら

⑩ドラえもん公式サイト「ドラえもんチャンネル」

子どもたちに人気のドラえもん公式サイトでは、ドラえもんがプリントされた飲食店向けチラシの無料配布を開始しました。テイクアウトやデリバリーOKの表示、手洗い・うがいのお願いに、営業時間の変更案内など、新型コロナウイルスの感染防止対策を始める飲食店にはピッタリのチラシがそろっています。

詳細はこちら

デリバリーの窓口

デリバリーの窓口

デリバリーを始める飲食店をサポート!

詳しくはこちら

宅配自転車・車レンタル

新型コロナウイルスの影響により、店内での飲食が制限されるため、テイクアウトやデリバリーを始める飲食店が増加しました。もともとデリバリーを行っていない店舗が、速やかにデリバリー対応ができるように、宅配自転車や車のレンタルを行う企業もさまざまな支援を行っています。

①ブレイズ

愛知県名古屋市にある株式会社ブレイズでは、新型コロナウイルス対策の一環として、自社で製造している手軽な電動バイク「ブレイススマートEV」を、デリバリー業務を行う方向けに無償での貸出を始めました。

・地域:愛知県名古屋市近辺
・期間:4/20~6/20を予定

詳細はこちら

②kotobike

京都市内で展開するシェアサイクルサービス「kotobike」では、フードデリバリーを行う飲食店や個人を対象に、kotobikeの自転車20台を6月末日まで無料レンタルを行っています。なお保管費用や電気代などは、利用者負担となります。

・地域:京都府京都市内
・期間:5/11~6月末日を予定

詳細はこちら 

③Mellow

神戸市では、キッチンカーでの飲食店事業を始める方へ、経営ノウハウなどを提供し、若者の起業をサポートする「KOBEキッチンカーSTAND」を開始しました。この取り組みは、キッチンカーによる飲食店事業を開始する際に必要な費用に対し、最大で100万円まで補助するというものです。対象となるのは、キッチンカー開業希望者5名までです。

・地域:神戸市内を中心
・期間:5/11~6/5

詳細はこちら

④CycleTrip

緊急事態宣言の発令に伴い、フードデリバリーなどの需要が増加していることを受け、東京・浅草でスポーツバイクのレンタルを行っている CycleTripでは、事業者向けにオプションサービス費用の無償提供を行うとしました。

これは通常、2,000円/月のオプション料金で、トラブルにあった際に自転車の搬送サービスが受けられるロードサービス費用を無償にするものです。さらに今回は、サービス出動時に代車も届ける特別サービスもついてます。

・地域:東京都浅草近辺
・期間:5/21~

詳細はこちら 

メディア・SNS関連への情報掲載

全国の飲食店がテイクアウトを始めているため、各メディアや検索サイト、SNSなどでテイクアウトやデリバリーの情報掲載を支援しています。検索結果でテイクアウトやデリバリーの有無が確認できたり、サイト内でテイクアウト特集の実施など、拡散力を高めるようなサポートも充実しています。

①Google[4月~]

Google マップは、2020年4月からモバイル版マップアプリの検索窓下部に「テイクアウト」や「デリバリー」のフィルタが追加され、テイクアウト可能店舗の検索がスムーズになりました。

詳細はこちら

②ヤフー[4/15~]

検索サイト「Yahoo! JAPAN」では、新型コロナウイルスの拡大を受け、飲食店が提供するデリバリーやテイクアウトの情報を掲載、関連サービス機能の拡充を行っています。スマホ用地図アプリでは、テイクアウトとデリバリーに対応している飲食店の検索機能も追加されています。

詳細はこちら 

③LINE[4/16~6/30までを予定]

コミュニケーションアプリの「LINE」を提供する、LINE株式会社は、法人向けアカウントサービス「LINE公式アカウント」、デジタルチラシサービス「LINEチラシ」において、新型コロナウイルス対策に伴う情報発信に活用できる機能の無償提供を始めました。無償提供サービスは以下になります。

・LINE公式アカウントから1日2回まで無償でメッセージ配信が可能な「新型コロナ対応無料配信」機能を提供開始
・LINEチラシの店舗ページへのバナー掲載機能を無償で提供開始

詳細はこちら

④リクルートライフスタイル[4/15~終了日は未定]

株式会社リクルートライフスタイルが提供する情報サイト「ホットペッパーグルメ」では、新型コロナウイルスによる行動自粛の影響を受けている飲食店の支援のため、4月15日から「テイクアウト特集」を掲載開始しました。全国47都道府県のテイクアウト実施店舗が掲載され、ユーザーの近くにある店舗のテイクアウトメニューなども確認が可能です。

詳細はこちら

⑤Retty[4/9~新型コロナウイルス感染症を巡る国内の状況に準ずる]

国内最大級の口コミグルメサイト「Retty」では、新型コロナウイルスの拡大に伴って、テイクアウトやデリバリーを開始・導入している飲食店を、Retty内の検索結果や店舗ページにてテイクアウト・デリバリーの情報を掲載すると発表しました。

内容は、検索結果におけるテイクアウト・デリバリー情報の掲載と、店舗側が登録したテイクアウト・デリバリー情報を店舗ページに掲載するというものです。

詳細はこちら

⑥POTLUCK/PICKS/TABETE[3/27~]

定額制テイクアウトアプリやフードシェアリングサービスなど、テイクアウトに関するプラットフォームを提供する「POTLUCK(ポットラック)」「Picks(ピックス)」「TABETE(タベテ)」の3社は、新型コロナウイルスの影響を受けている飲食店支援のため、プラットフォームの垣根を越えて協力していくことを発表。

はじめにテイクアウトを行っている店舗情報の拡散のため、Twitterにて「#テイクアウトしよう」とハッシュタグをつけて、お店やメニューの紹介をすると、3社の公式アカウントが拡散していきます。

詳細はこちら

緊急事態宣言でデリバリー導入のすすめ!主要サービス最新の動き

緊急事態宣言でデリバリー導入のすすめ!主要サービス最新の動き

緊急事態宣言でデリバリー導入のすすめ!主要サービス最新の動き

記事を読む

⑦みんなのテイクアウト[5/12~]

掲載費が永久無料のテイクアウト専門ポータルサイト「みんなのテイクアウト」が、特定警戒都道府県にある飲食店を中心に、20地域の情報サイトをオープンしました。掲載されるレストラン情報は「みんなのテイクアウト」に登録するだけで、自動掲載され効率的な集客に向けて連携されます。

詳細はこちら

⑧ロコガイド[5/1~]

チラシや買い物の情報サービス「トクバイ」を提供する株式会社ロコガイドは、テイクアウトやデリバリーを行っている飲食店の情報を「トクバイ」にて、無料で提供するサービスを開始しました。

飲食店側は、店頭の張り紙などの情報を無料で発信でき、消費者は「トクバイ」内で近所のお店を検索することが可能になります。

詳細はこちら

⑨GINKAN[5/1~]

株式会社GINKANが運営するグルメSNS「シンクロライフ」では、飲食店でのテイクアウト商品の無料登録受付を開始。テイクアウト情報の拡散だけでなく、ユーザーが興味を持ったお店は、そのユーザーへアフターコロナ時に使える、イートイン優待券などを配布することができ、コロナ禍だけでなくアフターコロナの対策も行っています。

詳細はこちら 

⑨レアプロデュース[5/19~10月末日までを予定]

インスタグラマーや動画配信者のプロデュースなどを行う株式会社レアプロデュースでは、5月2日よりテイクアウトやデリバリーを行う飲食店に向けて、インスタグラマーによる無料のPR支援サービスを開始しました。「InDeli(インデリ)」というこのサービスは、インスタグラマーが、Instagramを活用したプロモーションを無償で行い、ブランディングや認知拡大につなげていくもので、手数料なども一切なく支援するとのことです。

詳細はこちら

⑩よいお仕事ネットワーク/LINE WORKS[5/1~]

全国の信用金庫や企業が協力して、新型コロナウイルスの影響を受けた中小企業者を支援する施策を立ち上げました。施策には「テイクアウト支援サイトの立ち上げ」「地域の飲食店でのテイクアウト・デリバリー情報の発信」「拡散力のあるサイトへの無料掲載」「メディア取材による告知」などがあります。


詳細はこちら 

テイクアウト・デリバリーサービス、ECサイト出店など

店舗だけでテイクアウトやデリバリーの実施をアピールするだけでなく、テイクアウトやデリバリーサービスの中で、注文した店舗に対し支援金を送れるサービスや、出店料の無償対応などもすすんでいます。また大手ECサイトも、テイクアウトサービスを開始しています。

①楽天 [5/7~]

大手ECサイト楽天株式会社では、商品の事前注文や決済が可能なテイクアウト支援サービス「楽天リアルタイムテイクアウト」を2020年5月7日より開始しました。本サービスは、新型コロナウイルスの影響を鑑みて、10月31日までは初期費用・月額利用料などが無料となっています。

飲食店側は、楽天リアルタイムテイクアウトを利用することで、テイクアウトサービスを簡単に導入することができます。なお利用料が無料になるほか、要望に応じて商品登録や受注管理用のスマホなどの端末を無償貸与行います。


詳細はこちら 

②UberEats [4/16~]

デリバリーサイトUber Eatsでは、Uber Eats利用者からお気に入りのレストランへ支援金を送ることができるようになりました。注文時の最終画面にて、レストランの支援を呼びかけるメッセージが表示され、1度の注文につき100円の支援を行うことができます。

詳細はこちら

 

③dely [3/7~6月末日の出荷分まで]

国内No.1のレシピ動画サービスである「クラシル」を運営するdely株式会社は、新型コロナウイルスの影響を受けている生産者や飲食店、宿泊業者などへの支援企画を行っています。2020年3月からスタートした「食べて街のお店を応援しよう!」は、自社が展開する食品ECサイトのクラシルストアを活用して、お店の商品をお客様に届けます。

詳細はこちら

④CXOバンク [5/7~新型コロナ問題終息まで]

経営者のための完全無料プラットフォームを運営しているCXOバンク株式会社は、1800社を超える登録社数により、良質な経営者同士の出会いを実現しています。その中から、今回の新型コロナウイルスの影響により、売上が減少したことなどにより飲食店との仕事を失った方を支援するため、ボランティアでデリバリーマッチングを開始。

デリバリーを始めようとしている店舗が、少しでも負担なくできるよう完全無料で配送スタッフなどを手配し、少しでも貢献できるように動くサービスになっています。

詳細はこちら

 

⑤クックパッド [4/30~]

大手レシピサイトを運営する株式会社クックパッドは、新型コロナウイルスの影響で飲食店の営業自粛が進む中、生鮮食品ECサイト「クックパッドマート」において、飲食店や惣菜店などにむけた新しいシステムの提供を開始しました。

このサービスは、初期費用・固定費無料で商品を販売できるもので、さらに宅配システム・非対面テイクアウトのシステムを取っています。小規模店舗でも負担なく始められるほか、利用者も店舗へ行く必要なく、決済までオンラインですますことができます。

詳細はこちら

⑥TableCheck [4/16~]

世界中で飲食店の予約管理・顧客管理システムを展開している、TableCheckは、2020年4月16日より新型コロナウイルスの影響を受けている飲食店を支援するため、3つの新機能の提供を開始しました。

初期費用・月額費用・手数料すべて無料で利用できるのは「テイクアウト」「デリバリ―受付」「前売り応援プラン」の3つの機能です。これによりTableCheckのサービスを導入していない店舗でも、24時間自動での予約受付やデリバリー受付などが、最短1営業日からすぐに無料で利用開始できます。

詳細はこちら

飲食店の営業再開に必要な準備4項目

【アフターコロナ】飲食店の営業再開に必要な準備4項目とは?

【アフターコロナ】飲食店の営業再開に必要な準備4項目とは?

記事を読む

テイクアウト容器、用品

テイクアウトやデリバリーを始める際に、準備が必要となるのが、専用の容器などです。テイクアウト用品や業務用消耗品、容器などを取り扱う企業も、まとめ買いでの特典を設けたり、幅広い商品を揃えて初めて実施する飲食店などのサポートを行います。

①カイコム

テイクアウト用資材といっても、用途にあわせてさまざまな種類があります。カイコムでは、1,200種類以上のテイクアウト用品を取り扱っており、ピザやケーキから寿司など、幅広いジャンルに対応しています。

詳細はこちら

②びひん.shop

業務用消耗品の激安通販サイト「びひん.shop」では、お弁当容器からホットスナック用の小さなカップまで、テイクアウト用品を豊富に取り扱っています。さまざまな商品を低価格で購入できるほか、5ケース以上の購入で送料が無料になるなど、まとめ買いでお得に利用可能です。

詳細はこちら

③容器スタイル

容器業界の中でも最安値レベルで、豊富な品揃えが人気の通販サイト「容器スタイル」は、多品種・小ロットでの出荷にも対応しています。使い捨てテイクアウト容器が並ぶだけでなく、人気のタピオカ用容器やUber Eats向け資材の紹介など、ジャンルに合わせてさまざまな特集が組まれているので、お店の用途によって探しやすいのもポイントです。

詳細はこちら

④Mマート[5/26~6/30]

業務用食材の業者間電子取引サイトを運営する、株式会社Mマートはテイクアウトや、デリバリー、お弁当用に良質な食材やテイクアウト用品の提供による「非接触型サービス」を応援するため、テイクアウト・弁当食材・容器フェアを開催しました。

その背景には、新型コロナウイルスの影響により、今後の飲食店の業態変化として、テイクアウトやデリバリーといった中食産業への参入が増えると予想されることにあります。開催は、2020年5月26日~2020年6月30日までです。

詳細はこちら

まとめ

今回は、新型コロナウイルスの影響により、大きなダメージを受けている飲食店を支援する、さまざまなサービスをまとめて紹介してきました。

コロナ禍において、飲食店など営業自粛が続いたことによる廃業が増える中、少しでも負担なく営業を続けられるよう、たくさんの企業が動いています。まだまだコロナウイルスへの不安はありますが、今回ご紹介したようなサービスも増えているので、ぜひ活用していただければと思います。

デリバリー・テイクアウト集客方法ガイドブック

売上にお困りの飲食店舗向けに無料公開!

デリバリー・テイクアウトで飲食店の集客課題を解決

ダウンロードはこちら
店舗・オフィスのDXに関する
お問い合わせはこちらから
DXコンシェルジュに相談する(無料)

おすすめ記事一覧

コラム

経営者の悩み「売上低下・コスト・資金繰り・人材育成…」を解決する考え方とアクション

飲食店経営者が頭を抱える5つの問題といえば、「売上」「コスト」「資金繰り」「人材育成」「ブランディング」にまつわるものでしょう。これはどの業界のトップであっても直面する問題です。 本記事では、5つの問題への向き合い方と、解決に向けた具体的な方法を説いていきます。

売上改善・売上アップ IT化 認知拡大
2019.11.21
コラム

【ウーバーイーツ(Uber Eats)の料金や手数料は?】仕組みやメリットも理解できる徹底解説!

【ウーバーイーツ(Uber Eats)の気になる料金や手数料にも注目!】新型コロナウィルスで需要が高まるウーバーイーツの仕組みや特徴とともに、メリットを配達パートナー、ユーザー、加盟店である飲食店の目線からご紹介していきます。また、気になるウーバーイーツの料金や手数料もご紹介。外食控えが増えているなかで、飲食店にとってもコロナの売上対策となるウーバーイーツが注目されています。消費者も飲食店もチェックしておきたい内容です。

売上改善・売上アップ 集客改善・集客方法 飲食店
2020.03.09
コラム

【ウーバーイーツ(Uber Eats)の加盟店】店舗登録の方法やメリットを解説!コロナで需要増?

【ウーバーイーツ(Uber Eats)の加盟店側情報を解説】ウーバーイーツの店舗である加盟店について解説。コロナウィルスでの影響で飲食店の集客が苦戦する一方で、消費者はウーバーイーツへの注目が高まっています。ウーバーイーツの加盟店に関する概要、コスト、店舗登録方法を中心に解説していきます。どうしたら加盟店として店舗を登録できるのでしょうか。ほかにもデリバリーサービスがあるなかで、なぜウーバーイーツが特に注目されているのでしょうか。その秘密を紐解いていきましょう!

レストラン・カフェ 飲食店 売上改善・売上アップ
2020.03.19
コラム

ウーバーイーツの評判や口コミに注目!悪い評判はどんな内容?

ウーバーイーツ(UberEats)の評判や口コミに注目!今注目が集まっているウーバーイーツですが、その評判や口コミもチェックしておきたいところ。このページでは、ウーバーイーツに関する良い評判(口コミ)、悪い評判(口コミ)について双方をご紹介していきます。これからウーバーイーツへの加盟店登録を検討している飲食店にとっても参考にしておきたい世間の反応をまとめてご紹介していきます!ぜひチェックしてみてください。

インバウンド 集客改善・集客方法 レストラン・カフェ
2020.04.01
この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

T.Tamura

ライター歴5年。ライターチームをまとめる責任者。店舗やオフィス、保育施設等のIT化・DX化、補助金に関する記事を中心に執筆している。

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。