お問い合わせ

飲食店の業務効率化に向け、業務ごとに解決策を解説

飲食業界は原材料の仕入れや、シフト管理、集客など仕事が多くて当たり前と考えている方は多いでしょう。

しかし業務量の多い飲食店でも、IT化をすすめることで、毎日の作業を短縮できる可能性があります。業務負担が軽くなれば、少ない人員でもサービスの質を向上させられるはずです。そこで本記事では、飲食店のIT化について業務ごとに解説していきます。

飲食店で効率化できる業務とは?

飲食業界は他の業界と比較し、機械よりも人が中心のサービス業界です。しかし業務量の多さや人員確保の難しさから、深刻な人手不足が問題となっています。そのためITを活用し、少ない人員でどれだけ業務効率化を計れるかがポイントです。

しかし業務効率化といっても、どの工程が効率化できるか分からないという場合もあるでしょう。効率化できる業務としては、以下の7つがあげられます。

・集客・宣伝
・勤怠管理
・予約・注文
・販売管理
・決済
・人材管理・教育
・在庫管理
・売上・コスト管理


以上が飲食店で行うべき業務効率化の工程となっています。こうしてみるとまだ取りくんでいなかったという作業もあるのではないでしょうか。以下で各工程ごとの業務効率ポイントを解説していきます。

 

集客・宣伝

チラシやクーポンを配布しても、思うように効果が出ないと感じている飲食店は多いでしょう。そこで注目したいのがインスタグラムを使ったSNS集客です。

インスタグラムは、SNSのなかでも情報収集ツールとして使われており、飲食店探しをする際にインスタグラムを使うというユーザーも増えています。

インスタグラム集客の最大の特徴は、写真を使うことでダイレクトに料理の美味しさや魅力を伝えられるという点でしょう。またハッシュタグを使うことで、ユーザーに商品をPRできるため、店舗の認知度もあがります。そのためインスタグラムに登録する飲食店は、年々増加しているのです。

乱立する飲食店アカウントの中から差別化を図るなら「インスタタウン」を使ってみてはいかがでしょうか。インスタタウンは、SNSマーケティングの知識が豊富なスタッフが、アカウントの運用代行をしてくれるサービスです。ターゲット選定や投稿代行、アクセス集計を行ってくれるので、従来よりもSNS集客効果を増大させることができるでしょう。

【関連記事】
インスタ集客で成功する方法とは?運用のコツとポイントを解説!

→集客・宣伝ならインスタタウン

勤怠管理

飲食店は、従業員を雇わなければ経営ができません。そのため飲食店にとって、従業員の確保は非常に重要です。しかし雇用形態や労働時間によって勤怠管理に時間がかかっているという店舗も少なくないでしょう。

タイムカードを廃止したい方や、勤怠管理を楽にしたいなら、タブレット1つで勤怠管理が出来る「Uレコ」を使ってみてはいかがでしょうか。


一目でわかるスマートなデザインで、従業員とオーナーどちらにも使いやすい設計になっています。勤怠データはクラウドを利用するので、いつでもどこでも勤怠情報をチェック可能な点も魅力です。もちろんシフト作成もできますので、勤怠管理がスムーズに行えるでしょう。

【Uレコ】シフト作成もできるクラウド型勤怠管理アプリの詳細はコチラ

予約・注文

飲食店にとって予約数は、1日の売上を安定して確保するために重要な指標でしょう。しかし電話予約は従業員の作業を止めてしまいますし、複数の予約サイトをまとめるのは業務量が増える原因になります。

電話業務を減らしたい方にとって、積極的に利用したいのが「チャット予約」です。チャット予約は、会話のように自然なコミュニケーションをとれるため、従来よりも電話予約を削減することができます。さらにチャット予約と、キャッシュレス決済を連携すれば、予約と決済が同時に完了するため売り上げ確保に繋がるでしょう。

チャットボットは飲食店の業務効率化を進める強い味方です。興味がある方は、チャットボットシステムを比較できる「チャットの窓口」をチェックしてみてください。チャットの窓口では、50社以上のチャットボットの中から、店舗にぴったりのチャットボットを紹介します。

【チャットの窓口】チャットボットマッチングサービス
 

チャットボットの導入成功・失敗事例紹介!効果やメリットなども解説

 

販売管理

販売管理業務は、原材料の仕入れなどの「物流管理」と、売上管理といった「金銭の管理」の2つが中心の業務です。販売管理は、販売に関わる活動すべてを管理する必要があるため、情報共有が重要になります。

しかし取引先ごとに帳票の形式が異なることも多いため、共有漏れが起こりやすく、情報入力に時間がかかるという飲食店も多いでしょう。

販売管理の業務効率化をすすめるのであれば「販売管理システム」を導入してはいいかがでしょうか。従来のファックス発注をWEB発注に切り替えることで、入力した情報を瞬時に共有可能です。そのため共有漏れを防ぐことができるでしょう。




販売管理システムで業務効率化!POSレジとの連携もOK!

決済

飲食店の業務効率化をめざすなら、取りくみたいのが決済業務です。とくに現金の取り扱いは、つり銭の準備や、レジ締めで時間がかかるという理由から、時間がかかる業務といえるでしょう。

そこで積極的に利用したいのが「キャッシュレス決済」です。キャッシュレス決済を活用すれば、現金の受け渡しをなくし、決済業務を短縮できます。

またキャッシュレス決済のなかでも「QR決済」は、設置が簡単で手数料が安いというメリットがあります。
ぜひキャッシュレス決済を導入し、決済時の業務効率化を目指しましょう。

キャッシュレス決済のメリット・デメリット【店舗導入編】

【StarPay】複数のQR決済をまとめて管理できる!

人材管理・教育


人材管理とは、店舗の目標達成をするために、従業員を管理する業務を指します。シフト管理や給与計算は、人材管理のなかでもイメージしやすい業務でしょう。人材管理のなかでも近年注目されているのが「人材教育」です。

新しい人材を雇うことが難しくなっている現在では、既存の人材を教育した方が、コストを抑えつつ、従業員のモチベーションアップが期待できます。



飲食店のPOS連動システムでコストダウン×効率アップ  

在庫管理

飲食店の在庫管理は、品切れによる機会損失を防いだり、過剰発注による廃棄を出さないためにも神経を使う業務のひとつです。高精度の在庫管理は、仕入れコストを無駄にすることなく利益につなげることができます

しかし食品によって保存期間が異なるため、毎日の業務となると時間がかかることで負担を感じる店舗も多いでしょう。


在庫管理の業務効率を上げるなら、受発注と管理ができる「CO-NECT」がおすすめです。CO-NECTは、スマートフォンやタブレットといった端末から、在庫管理を行えます。過去に注文した商品は履歴に登録されているため、手間なく業務を行えるでしょう。

また端末から注文内容を送信すると、発注書が自動変換され、取引先のFAXやメールに送信できます。取引先に応じてFAXやメールを管理する必要がないため、効率的に在庫管理が行えるでしょう。

【CO-NECT】スマホ・タブレット・PCで、受発注をカンタンに!

売上・コスト管理

飲食店では店内飲食だけでなく、テイクアウトやデリバリーなど販売方法が複雑化しています。そのため目の前の業務に手一杯で、売上分析の時間がないという場合もあるでしょう。

限られた時間のなかで売上・コスト管理をするためにも、飲食店専用POSレジ「blayn(ブレイン)」の導入がおすすめです。ブレインは、飲食店に必要な機能だけを揃えたPOSレジで、シンプルな操作性が特徴です。日・月・曜日・時間帯ごとの売上を比較でき、会計業務システムとの連携するので、売上管理が効率化が望めるでしょう。

飲食店向けPOSレジ!会計機能・売上管理機能・タイマー機能付き

 

まとめ

飲食業界は常に人手不足が問題となっており、少ない人員でいかに業務効率化を目指せるかが重要になっています。そのため積極的にITツールを使い、業務負担を少しでも減らしたいところです。

やみくもに業務効率化しようと考えても、効果は得られません。今回ご紹介したように業務を分解し、各工程の業務スピードをアップさせることが、店舗全体の業務効率かに繋がっていくでしょう。

今回紹介した業務効率化ツールは、ごく一部です。さらに業務効率化を目指したいという方は、はじめてのDXにお気軽にお問い合わせください。はじめてのDXでは、飲食店のお困りごとを解決するために業務効率化や、コスト削減などさまざまなコンテンツを用意しています。



ICTって何?今さら聞けない「ICT」の解説と話題のICTシステムを紹介


 
店舗・オフィスのDXに関する
お問い合わせはこちらから
DXコンシェルジュに相談する(無料)

おすすめ記事一覧

コラム

話題のAIチャットボットをわかりやすく解説します!

このページでは、チャットボットはAIなのか、またおすすめのチャットボットはどれか、などについて解説します。/デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

業務改善 業務効率化 IT化
2019.08.03
コラム

直帰率が高い!?コンバージョンあがるくん(C-bot)で解決できる理由

コンバージョンあがるくんを活用して直帰率を下げる方法について解説します。/デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

業務効率化 IT化 業務改善
2019.08.03
コラム

待ってるだけの時代に終止符を!新サービス「コンバージョンあがるくん」の正体とは?

IT化 業務改善 チャットボット
2019.05.23
コラム

コンバージョンあがるくん(C-bot)を導入してCVR改善!

コンバージョンあがるくんを導入することで、CVRの改善が可能です。/デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

業務改善 業務効率化 IT化
2019.08.03

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。