お問い合わせ

飲食店が常連客を増やすには?常連客の重要性や対策を紹介

飲食店にとって、常連客を獲得することは重要な課題の一つです。常連客を獲得するためには、お客様がどのようなサービスや接客などを求めているか店舗側も理解しておくことが大切といえるでしょう。お客様にとって「また、あのお店に行きたいな」と思ってもらえる店舗を目指すことで常連客を増やすことはできます。

本記事では、飲食店における常連客の定義や常連客を増やすポイントなどを詳しく解説します。
 

飲食店の常連客の定義とは

そもそも「常連客」とは、店舗を気に入って何度もリピートしてくれる顧客のことをいいます。常連客の多い飲食店は、長期にわたり安定的な経営状況になるのが高い傾向にあります。ここでは、常連客の定義や何度も通いたくなる店舗の共通点について解説します。

何回目の来店から常連客になる?

そもそも「何回来店したら常連客になるの?」疑問に思う方も少なくないでしょう。常連客という言葉には明確な定義付けがなされておらず、常連客のイメージが人によって異なることも少なくありません。例えば、2回通っただけで常連客であると捉える人もいれば、スタッフと顔なじみになることで常連客であると認識する人もいるでしょう。

売上向上の方法が知りたい!施策やアイデアを紹介

リピート利用は男性の方が多い?!

ホットペッパーグルメ外食総研が2019年に調査したデータによると、1週間の外食の回数や店舗のリピート利用率は、性別によって差があると発表しています。
具体的には、1週間の外食回数の平均は男性が4.08回となっており、女性が3.10回と男性の外食回数の方が多いことが分かります。さらにリピート利用率に関しても男性が79.2%で女性が74.6%という結果が出ているため、男性の方がリピートしやすい傾向にあることが調査結果から分かります。
また年齢別でみると、40代~60代の男性はおよそ83%がリピートしており、一番リピート率が低いのは20代女性で69%という結果がでています。

 

料理の味は重要

上記と同じく、ホットペッパーグルメ外食総研が調査したデータでは、お客様がリピートする飲食店を選ぶときの重視ポイントとして一番多く票を集めたのは、で69.6%で「料理がおいしい」という点です。つづいて2位は「コストパフォーマンスがよい」が48.6%、3位「席がゆったりしている」が40.4%という結果が出ています。これらのデータから考えると料理の味にこだわるお客様がどれほど多いのかということが分かるでしょう。

また年代別の調査では、年齢層が高くなるほど料理のおいしさを重視する傾向が高くなり、集客したいターゲット層によっても重視するポイントに違いがあることがわかります。

コロナで飲食店がすべき対策は?経営危機を乗り切る注目の方法も紹介!

常連客が重要なワケ

つづいては、飲食店が常連客を重要視する理由とはどのような点なのでしょうか。ここでは、飲食店において常連客が重要な理由についてみていきましょう。

効率的に売上を上げられる

常連客を獲得することで効率よく売上をアップすることができます。一定のペースで長く店舗へ通ってくれる常連客の存在は、売上を安定させる上で大切な要素の1つになります。一般的に新規客を獲得するためには、リピーターを獲得する5倍のコストがかかるとも言われています。そのため、新規客の割合が高ければ高いほど、売上が高くても利益率は低くなってしまう傾向にあるのです。
このことから、常連客の獲得やリピート頻度を上げることに力を入れることで集客コストを減らし、利益率を高めることが可能となります。

SNSで店舗を宣伝してくれる

常連客を獲得することは、SNSなどで店舗の情報を発信してくれる人を増やすことが可能となります。店舗を利用する顧客目線から発信する情報は、店舗がマーケティング目的として発信する内容より見込み客に影響を与えやすいと言えます。お客様が実際に飲食店を選ぶときは、口コミや利用者のレビューをもとに店舗を決めるという人も多くいます。そのため、さらなる集客効果につながることは間違いないといえるでしょう。

無料なのに効果的?!インスタグラム投稿で効率的に宣伝する方法とは?
 

新規客を一緒に連れて来てくれる

店舗のファンである常連客を獲得することで、家族をはじめ友人など新規顧客を連れてきてくれることも見込めます。一般的に新規顧客を獲得するには、広告費などの高額なコストや労力がかかるものですが、紹介であれば新規顧客なのにコストがかからず集客が可能となります。

常連客を増やす接客3つのポイント

最後に飲食店が常連客を獲得するための接客のポイントをご紹介します。

初来店のときには一言工夫する

飲食店にとって、二度目の来店につながるかどうかは常連客になってもらうための第一歩と言っても過言ではありません。そのためには初来店のときの印象がその後の来店につながる重要ポイントとなります。2度目の来店につなげるために、さまざまなシチュエーションに応じて相手を気遣う一言を添えるようにしましょう。

例えば天候が悪い場合には、「足元が悪いなかご来店ありがとうございます。なにか拭くものをご用意しましょうか」といった一言や、電話で事前予約して来店しくれた際には「先ほどはお電話ありがとうございました。最寄駅から迷わずに来られましたか」など、お礼と一緒に一言添えると良い印象を持ってもらいやすくなります。

顧客の顔を覚えたら挨拶をアレンジしてみる

常連客の顔を覚えたら、来店してくれた時に挨拶をアレンジしてみるのも常連客を増やす方法の一つです。例えば、「毎度ありがとうございます。」「本日は何になさいますか」といった前回来店したことを覚えていることが伝わる一言をお客様へかけることでうれしいと感じる方はきっと多いでしょう。また「今日はお仕事帰りですか」や「今日は少しお早いですね」などの会話を交えることでお客様自身も常連客として意識してもらえていると感じやすくなります。

サプライズサービスを盛り込む

店舗を利用してくれる常連客には、日頃の感謝の気持ちを伝えることも大切なポイントです。イベント時には、小皿料理をサービスしたり、プチギフトを渡したりすると常連客もうれしい気持ちになり、何度も来店してくれるようになります。ただし、その他のお客様がいる場面ではさりげなく渡すよう心がけるようにしましょう。

効果的なクーポンで売上UP!飲食店のクーポンアイデアと集客に強いツール4選

まとめ

本記事では、飲食店における常連客の定義や常連客を増やすポイントなどを詳しく解説しました。飲食店にとって常連客を作ることは、継続して安定的な店舗経営を行っていくための重要なカギです。そして日頃のちょっとした工夫を取り入れることが常連客を獲得するための一番の近道となります。ぜひ今回の記事を参考に、店舗でできることからはじめてみましょう。





 

おすすめ記事一覧

コラム

効果的なクーポンで売上UP!飲食店のクーポンアイデアと集客に強いツール4選

クーポンは、上手に使うことで集客アップにつなげられるツールです。しかし、「クーポンを使うと売上が減る」「値引き目当てのお客さまばかり来る」といったマイナスイメージを持っている方もいるでしょう。そこで本記事では、クーポンの集客効果を最大限に引き出すために気をつけたいことと、飲食店におすすめのクーポンツールをご紹介します。

集客改善・集客方法 IT化 レストラン・カフェ
2019.11.18
コラム

今、経営に欠かせない話題の商材、「Googleストリートビュー」の魅力!

店舗 美容院・美容サロン オフィス・事務所
2019.05.23
コラム

今、最も手軽なインターネット集客「Googleマイビジネス」を活用しよう!

そこでどの集客方法よりも効果的にも関わらず、一番手軽で簡単な集客方法が今注目されています。Google検索結果でお店の情報が一目で確認できる「Googleマイビジネス」とは、どういったサービスでしょうか。利用するにあたってのメリット・デメリットとともに詳しく解説します。/デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

店舗 飲食店 認知拡大
2018.05.18
導入事例

Googleストリートビューで入店率アップ!個人店にしかない魅力を引き出す販促ツール

Googleストリートビュー導入事例:車力様 秋葉原の立地ということで、高そうではだめだし、安そうでも埋もれてしまうので、その間くらいの見せ方がお店としてはとても難しかったんです。メニューを変えたり、価格帯を変えたり、試行錯誤していましたが、お客様からお声をいただくのが、「入りづらい」や「高そう」でした。店構えが醸し出すものでもあるので、自然とそういった先入観を与えていたのかもしれません。 ただ、入ってもらえれば馴染みやすいお店だなと感じていますし、価格もそこまで高くないので、入店率を上げるためにという理由から、ストリートビューで中を映してもらいました。

集客改善・集客方法 レストラン・カフェ 飲食店
2018.06.06

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。