お問い合わせ

【2020年6月最新】ポケットWi-Fiの料金が安くてお得なのは?(法人・一般)

今回は、いま注目のポケットWi-Fi(モバイルWi-Fi)として、個人ユーザー向けと法人ユーザー向けにそれぞれ最適なサービスを厳選してご紹介!
安さとともに注目したいのが使えるデータ通信量や機能など。おすすめサービスの紹介では、一覧表でも簡単にチェックできるようになっているため、簡単に比較・確認できるページになっています。
数あるポケットWi-Fiのなかで、個人・法人としてどのような点やサービスを選べば良いかの参考にしてみてください。

 

《結論》安くておすすめできるポケットWi-Fiはこれだ!

数あるポケットWi-Fiの中で、料金が手頃かつサービスも充実した、いま最もおすすめできるサービスを個人・法人別にご紹介!まずは結論として最もおすすめしたサービスを先にご紹介しますので、お急ぎの方はこちらを読むだけで、その概要をつかむことができます。是非ここだけは目を通してみてくださいね!
個人ユーザー向けとしては、料金やデータ使用可能量など、どれだけお得に使えるかという点、法人としては料金とともに使い勝手の良さや端末のスペック、ビジネスシーンとして使える機能性が求められるでしょう。
こうした点をクリアして、おすすめできるサービスをそれぞれご紹介していきます。

料金が安くておすすめできる個人向けポケットWi-Fi

個人向けもモバイルルーターとしておすすめできるサービスの特徴は、料金の安さに加えて、使い放題(無制限)・契約期間などが優先度を高めたいポイント。そこに合致するサービスとしてご紹介したいのが以下の2種類。

どこよりもWi-Fi

どこよりもWi-Fiは大きく分けて「縛りありプラン」と「縛りなしプラン」。
縛りありプランでは、実質無制限でデータ通信が使えることに加え、月額3,380円というお手頃な料金設定となっています。これで毎月速度制限の心配なしに安心して使えるのであれば、非常にお得なプランと言えるでしょう。
また縛りなしp
では、月間使用可能データ容量が20GBという基準を設けているものの、利用期間の定めがないためいつでも解約金なしで解約が可能になっています。短期間試してみたいという方におすすめ!しかも月額2,980円という安さ。これならモバイルルーターを契約してことがない方でも安心して使うことができるでしょう。
※クリーニング代として解約時に3,000円必要
》どこよりもWi-Fiの詳細を知りたい方はこちら!料金や特徴をチェック

料金が安くておすすめできる法人向けポケットWi-Fi

法人のポケットWi-Fiを探す上で重視したいのが、料金の安さ・機能性・契約期間。ビジネスで急遽一時的に必要になった際にすぐに使えて契約期間の縛りがないものは便利ですよね。また、サービスのなかには翻訳機能やモバイルバッテリー機能を搭載したものもあるのです。料金の安さだけでなく、ビジネスシーンとして汎用性の高いものを選ぶと安心でしょう。

Borderless Wi-Fi

法人向けとしておすすめしたいのがBorderless Wi-Fi。
容量実質無制限で、安心してお使いいただけるサービスです。しかも最低利用期間などの定めがないため、いつ解約をしても解約金がかからないレンタルのサービスです。月額料金は3,980円。お手頃な月額料金で解約金の心配も不要なため、総合的に安くて満足できる設定となっています。お試しで使ってみることもできるでしょう。
同時接続5台、モバイルバッテリーとしても使えるため、様々なビジネスシーンで重宝されるはずです。

安いポケットWi-Fiを選ぶポイント

個人として契約する場合

個人が自宅でモバイルWi-Fiを利用している様子

個人ユーザーとしてポケットWi-Fiを契約する際に重要となるのが、料金やデータ使用量、契約期間ではないでしょうか。
できるだけ安く、安心してサービスを使いたいもの。最近では「無制限Wi-Fi」や、月額料金も4,000円以下で使えるものが多く登場しています。
しかしこういったサービスはお得であるほど、新規受付を終了してしまう場合もあるため気になる方は早めにチェックしておくことをおすすめします。
》無制限Wi-Fiとは?厳選サービス8選と注意点も解説!

法人として契約する場合

ビジネスマンがモバイルWi-Fiを使って仕事をしている様子

まず法人として契約する場合に注意すべきポイントは、契約期間の長さ。会社として長期的に使う目的があれば、通常の一般的な契約期間である2〜3年のもので問題ありませんが、出張や短期間だけ使いたいという場合には「レンタル」もしくは「契約期間の縛りがない」サービスを選ぶ必要があるでしょう。もちろんデータ容量の制限や料金も重要です。業種や用途によっては、機能性に優れたものが必要となる場合もあるでしょう。
特に複数台を契約したいという場合は、法人契約を扱える窓口に相談してみましょう。

安いポケットWi-Fi個人向けおすすめ5選

おすすめサービス5選の一覧表

サービス名 月額料金 契約期間 月間データ使用可能量 最大速度 速度制限
どんなときもWi-Fi 3,480円
(25ヶ月目以降は3,980円)
2年間自動更新 無制限 下り150Mbps/上り50bps 著しい利用量の場合、384Kpbsの速度制限
NEXT mobile 2,400円/2,700円
(25ヶ月目以降、500円増)
2年間自動更新 20GB/30GB 下り150Mbps/上り50bps 月間のデータ使用量超過で月末まで128Kpbsの制限
どこよりもWi-Fi 2,480円/2,980円/3,380円 2年間自動更新
(縛りなしプランの場合、なし)
20GBもしくは実質無制限 下り150Mbps/上り50bps 著しい利用量の場合、384Kpbsの速度制限
GMO とくとくBB WiMAX 3,609円/4,263円
(初月割引の場合あり)
36ヶ月の自動更新 7GBもしくは実質無制限
(3日間で10GBの制限あり)
下り440Mbps/上り110Mbps
下りの最大速度はエリアによって220Mbpsの場合あり
3日間で10GBを超過した場合、1Mbpsもしくは128Kpbsの速度制限
BIGLOBE WiMAX 3,980円
(データ端末申し込みの場合、端末代19,200円)
サービス開始翌月から12ヶ月間 実質無制限
(3日間で10GBの制限あり)
下り440Mbps/上り110Mbps
下りの最大速度はエリアによって220Mbpsの場合あり
3日間で10GBを超過した場合、1Mbpsもしくは128Kpbsの速度制限
 

無制限Wi-Fiをお探しなら「どこよりもWi-Fi」

いま特に注目されている無制限Wi-Fi。様々なメーカーが無制限Wi-Fiとしてサービスを提供していますが、厳密にチェックしてみると3日間で10GBの利用制限が設けられている場合が多いのが実情。「どんなときもWi-Fi」は完全無制限として注目されていましたが、2020年4月3日以降新規受付を停止している状況です。そこで注目したいのが実質無制限の「どこよりもWi-Fi」。数日間での利用制限を設けず、実質的に無制限として提供されているのです。
どこよりもWi-Fiの無制限プランの場合、月額3,380円という業界最安値レベルで使うことができるというメリットもありますね。

料金の安さを求めるなら「NEXT mobile」

NEXT mobileなら、月2,400円もしくは2,700円というお手頃な料金で使えます。使えるデータ通信容量に上限があるため、ヘビーユーザー向きではありませんが、少しでも安さを求める方には人気のサービス。20GBと30GBで料金の差は300円であるため、安心して使うためにも30GBのプランがおすすめです。  

キャッシュバック特典なら「GMOとくとくBB WiMAX」

WiMAXとして、GMOとくとくBBでもサービスが展開されています。注目したいのがキャッシュバックなどの特典が豪華な点。時期によってその内容は異なりますが、2020年6月現在では26,200円のキャッシュバック特典を実施中。しかも端末代金も0円としているため、特典重視のかたはこちらがおすすめです。

WiMAXを比較的短期間で契約したい場合は「BIGLOBE WiMAX」

WiMAXは様々なメーカーがサービスを展開しています。しかし契約期間が3年間や2年間と長期契約が前提となるものが多いです。そこでBIGLOBE WiMAXに注目すると、比較的短い1年間の契約となっているのです。WiMAXを使ってみたいという方は、BIGLOBE WiMAXで試してみるのが良いかもしれません。

安いポケットWi-Fi法人向けおすすめ5選

おすすめサービス5選の一覧表

サービス名 月額料金 契約期間 月間データ使用可能量 最大速度 速度制限
縛りなしWi-Fi 2,600〜4,300円 36ヶ月の自動更新
(縛りなプランの場合、1ヶ月)
プランにより異なる 下り150Mbps〜1.2Gbps
(端末により異なる)
Softbank回線:128Kpbs
WiMAX回線:1Mbps
よくばりWi-Fi 4,880円/3,450円 2年間の自動更新 実質無制限 下り150Mbps/上り50bps 著しい利用量の場合、384Kpbsの速度制限
Borderless Wi-Fi 4,980円→今なら3,980円 なし 実質無制限 下り150Mbps/上り75bps 著しい利用量の場合、384Kpbsの速度制限
Broad WiMAX 2,726円/3,411円
(25ヶ月目以降は通常料金として料金が異なります)
36ヶ月間の自動更新 7GBもしくは実質無制限
(3日間で10GBの制限あり)
下り440Mbps/上り110Mbps
下りの最大速度はエリアによって220Mbpsの場合あり
3日間で10GBを超過した場合、1Mbpsもしくは128Kpbsの速度制限
どんなときもWi-Fi 3,480円
(25ヶ月目以降は3,980円)
2年間自動更新 無制限 下り150Mbps/上り50bps 著しい利用量の場合、384Kpbsの速度制限
 

短期間だけ使いたいという場合には「縛りなしWi-Fi」

法人の用途として、出張など短期間のみの使用という場合も多くあります。急に必要になった場合や、コロナウィルスの影響でテレワークを始めるにあたり、長期ではなく短期間だけ契約したいという場合には縛りなしWi-Fiの「縛りなしプラン」がおすすめ。プランによって月額料金が異なりますが、端末によっては下り最大1.2Gbps(理論上の最大値であり、実測値ではありません)のものも!長期契約に抵抗がある場合には、こうしたサービスを探しみてください!

 

総合的におすすめできるのが「Borderless Wi-Fi」

総合的におすすめできるサービスがBorderless Wi-Fi。実質無制限として、安心してインターネット接続を使えるようになっています。また、最低利用期間の設定もないため解約金の心配も不要。通常は4,980円ですが、今なら3,980円でお得に利用できるようになっています。
同時接続5台、モバイルバッテリー機能、QRコードで簡単設定となっています。総合的な面で優秀なサービスとして企業も個人も使えるでしょう。

WiMAXを使いたいなら「Broad WiMAX」

人気のWiMAXならこちらがおすすめ。36ヶ月間の契約になりますが、実質無制限のプランでも月額3,441円で利用可能。ただし3日間で10GBまでという利用制限がある点には注意が必要です。

無制限Wi-Fiなら「Borderless Wi-Fi」や「よくばりWi-Fi」

出張時もテレワークやオンライン会議の際にも重宝する無制限Wi-Fi。
これまでは「どんなときもWi-Fi」が注目を集めていました。しかし2020年4月3日以降、新規契約の申し込み受付を停止しているため、無制限Wi-Fiをお探しの場合には「よくばりWi-Fi」や「Borderless Wi-Fi」の実質無制限プランのあるサービスを選びましょう。

ポケットWi-Fiは安さとともにサービス内容にも注目して

今回は「ポケットWi-Fi」のおすすめサービスとして、個人・法人向けに合計9つのサービスをご紹介しました。
ポケットWi-Fiは、5Gの登場や新型コロナウィルスの影響もあり、さらに需要が増しているはず。持ち運びできるという点は、もはや固定回線よりもその使い勝手の良さとしては上回っているでしょう。工事不要でいつでもどこでも使えるポケットWi-Fi。料金の安さはもちろん、そのサービス内容も日々進化しています。料金面でのお得さとともに、より快適に安心して使えるサービスをお選びください!
》【人気記事】5Gの登場でWi-Fi不要に?インターネット接続の今後はどうなる
》【据え置きWi-Fi】メッシュWi-Fiとは?建物中に張り巡らされるネットワークでさらに快適に
》無制限Wi-Fiとは?1台あればテレワークやオンライン授業も安心?

おすすめ記事一覧

コラム

【Wi-Fiが遅い】7つの原因とすぐに試せる解決策とは?

Wi-Fiが遅い!なかなかスムーズにインターネットが使えないとイライラしてしまうもの。そこで今回は、Wi-Fiが遅いときに考えられる7つの原因と対処法をご紹介していきます。すぐにできる対処法もあるので、ぜひ試してみてください!また、解決策の選択肢の一つとして、快適な通信環境を整える注目のTP Link社のなかから人気Wi-Fi製品もご紹介していきます。

店舗 Wi-Fi オフィス・事務所
2018.12.04
コラム

【ルーターに繋がらない時はこれを試して】端末別の解決策20選を徹底公開!

ルーターが繋がらない時はどうすればいい?突然ルーターの調子が悪くなったり接続ができなくなったという方も少なくありません。このページでは、ルーターが繋がらないときの原因と、誰でもできる解決策を合計20選としてご紹介。しかもスマホとパソコンの端末別でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

インバウンド Wi-Fi インターネット回線
2019.09.26
コラム

【Wi-Fiルーターの選び方】初心者にもわかるポイント伝授!おすすめ機種も

Wi-Fiルーターの選び方を徹底解説!初心者の方でもわかるよう、わかりやすくポイントに絞ってご紹介。これを踏まえれば、Wi-Fiルーター選びの際の不安が軽減!また、特に今おすすめのWi-Fiルーター製品を3つ厳選してご紹介していきます。

Wi-Fi インターネット回線 飲食店
2019.05.23
コラム

【Wi-Fiの周波数帯域2.4GHzと5GHzとは】違いや使い分けは必要?

Wi-Fiの電波として使える周波数帯域「2.4GHz」「5GHz」に注目!この2つの周波数帯の特徴や違い、それぞれのデメリットまで徹底解説。Wi-Fiが繋がりにくいときに考えたいのが、この周波数帯域についてですが、この二つの切り替えや使い分けは必要なのでしょうか。また、そうした使い分けの必要がない、便利で高性能なメッシュWi-Fiにも注目してご紹介していきます。

集客改善・集客方法 Wi-Fi 環境改善
2020.03.03

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。