お問い合わせ

楽天でんきのメリット・デメリットを徹底検証

2016年に電力の小売が全面自由化されて以降、新たに電力業界に参入した新電力のひとつである「楽天でんき」は、シンプルな料金プランや楽天ポイントが簡単に貯まったり使えたりする点などがユーザーから高い評価を得ています。
一方で本記事を読んでくださっている方の中には、楽天でんきに興味はあるけど、メリット・デメリットなどの詳しい詳細が分からず、導入を躊躇している方もいらしゃるかもしれません。
そこで今回は、楽天でんきの特徴や料金といった基礎的な部分から、楽天でんきを選ぶメリット・デメリットの他、楽天でんきに関する巷のQ&Aをご紹介します。楽天でんきが気になる方は必見の内容です!

コスト削減ガイドブック

コスト削減ガイドブックを無料公開!

【店舗・オフィス向け】無駄なコストを徹底削減

ダウンロードはこちら

楽天でんきとは

ここでは、楽天でんきの概要やサービス内容を詳しく見ていきたいと思います。

楽天でんきの特徴

楽天でんきとは、楽天のグループ会社である楽天エナジーが提供する新電力です。2016年の電力自由化以降、大手総合商社である丸紅の契約を取り次ぐ形で全国に楽天でんきを届けてきましたが、2018年から供給元を自社に切り替え、サービス内容も刷新し、現在の楽天でんきにリニューアルしました。

 供給エリア

住所により利用できないエリアを除き47都道府県に電力を供給しています。

 料金プラン

料金プランは一般家庭向けの「プランS」と、事業者向けの「プランM」がある他、大型エアコン・業務用冷蔵庫などを使用される方向けの「動力プラン」や    、高圧・特別高圧電力を使用する方向けの「楽天でんきBusiness」の4種類から選択できます。
楽天でんきの電力料金の構成は、「基本料金」「従量料金」「燃料費調整代」「再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)」の4つとなっています。
「基本料金」とは、契約アンペア数によって料金が決まっており、「従量料金」は電気の使用量によって変動します。
「燃料費調整代」とは、化石燃料などで変動する価格分を補うためのものであり、「再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)」とは、再生可能エネルギーを普及させることを目的に、電力会社が再生可能エネルギーを買い取る際の費用を消費者が負担するものです。

>>【コロナ対策・法人】高圧電力対応の新電力を比較!コスト削減事例も紹介
>>【人気記事】飲食店・法人向けの新電力を比較してコスト削減!各社のメリット・デメリットとは? 

地域別に料金比較

楽天でんきはエリアによって従量料金が異なります。参考までに各エリアの料金を表にまとめましたので、契約を検討されている方はぜひ自身のエリアをチェックしてみてください。

エリア プランS従量料金(税込)
北海道 30.00円/kwh
東北 26.50円/kwh
東京 26.50円/kwh
北陸 22.00円/kwh
中部 26.50円/kwh
関西 22.50円/kwh
中国   24.50円/kwh
四国 24.50円/kwh
九州 23.50円/kwh
沖縄 27.00円/kwh

楽天でんきを選ぶメリット

 

ここでは、数ある新電力の中で楽天でんきを選ぶメリットをいくつかご紹介します。

楽天ポイントが貯まる・使える!

楽天でんきを使う一番のメリットは、電気を使用しているだけでポイントが貯まる点です。ここでは楽天ポイントがどういった条件で貯まるのかをチェックしていきたいと思います。 

電気代の支払いに期間限定ポイントも使える

楽天のサービスを利用することで貯まる「楽天ポイント」には、「通常ポイント」と「期間限定ポイント」の2種類あります。
通常ポイントの有効期限はポイントを獲得した月を含めた1年間ですが、期間限定ポイントは、特定のキャンペーンなどで付与されるポイントで有効期限を過ぎると自動的に失効します。
楽天でんきでは、この期間限定ポイントを電気の支払いに使用することが可能です。仮に、取得した期間限定ポイントを使う機会がなかったり、使い切れないといった場合でも、毎月支払いの発生する楽天でんきに利用することでポイントをしっかりと使い切ることができるのです。

楽天でんきがSPUの対象に

SPUとは、Super Point Up Program(スーパーポイントアッププログラム)の略で、楽天の各サービスを使うことでポイントの倍率があがるお得なプログラムであり、楽天でんきもSPUの対象になっています。
そのため楽天でんきを使用している方であれば、楽天市場などで買い物をしたときに付与されるポイントが「+0.5倍」になります。  

今なら申し込むだけで2000ポイントもらえる!

さらに、今なら新規で楽天でんきに申し込むと、2,000ポイントがもらえるキャンペーンを実施中です。エントリーは不要で楽天でんきに申し込みをするだけでポイントが付与されるので、面倒な手続きも必要ありません。しかい、契約期間が3ヶ月以上の方が対象となり、「動力プラン」に申し込みをされる方は本キャンペーンの対象外となる点は注意しましょう。 

ポイントで年間1万円以上安くなるケースも

楽天でんきに乗り換えることで年間の電気代が1万円以上お得になることも珍しくありません。なぜなら楽天でんきを利用しているだけで楽天ポイントが自動的に溜まってゆくからです。乗り換えによって得ることができる楽天ポイントは主に3つです。1つ目は、電気料金200円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。2つ目は、楽天カードで電気料金を支払うことで100円毎に1ポイントが貯まります。3つ目は、初年度のみにはなりますが楽天でんきに乗り換えるだけで2,000ポイントが貯まる特典を利用できます。
例えば、東京エリアの一般的な4世帯家庭で契約容量40A、月平均約15,000円を使用している場合、楽天でんきに乗り換えると、初年度で「19,317円」相当がお得になるとされています。(従来の電気料金と比較)
また、同じ条件で標準的な2世帯家庭を例にとっても初年度で「10,909円」もの電気代を浮かせることができると算出されています。 

電気を使うほどお得になる料金

楽天でんきは電気を使うほどお得になる料金プランを採用しています。ここでは、楽天でんきが提供するプランの特徴とメリットをみていきましょう。 

「基本料金」は0円&「従量料金」は一律料金

楽天でんきは、契約アンペアに対して設定される「基本料金が0円」で、電気の使用量によって変動する「従量料金は一律」の設定となっています。
今までの電気料金システムは、毎月1,000円前後の基本料がかかっていました。そのため、基本料0円というのは、毎月支払っていた1,000円を浮かすことにつながり、年間で見ると12,000円もの節約効果が得られるということになります。
今までの従量料金に関しては、電気の使用量が上がるほど料金も比例して高くなっていました。つまり、大家族の家庭や、ペットなどを飼っていて電力使用量が多い家庭は、高い電気料金を支払わなければいけませんでした。
しかし、楽天でんきは電力をいくら使っても従量料金が一律なので、電気を多く使う家庭ほど電気料金がお得になります。

 使用量の見える化で使いすぎを防止


引用:楽天でんき(マイページ)
画像の通り、楽天でんきではマイページから30分毎の電気使用量を確認できるシステムがあるため、いつ、どのタイミングで電気料金が高いのかなどを細かく見ることができ、電気の使いすぎ防止に役立ちます。
電気使用量を時間別、日別、月別で細かくチェックできるため、「夜間に電気を使いすぎているから、卓上照明に変更する」などの対策や見直しが可能になります。

楽天でんきを選ぶデメリット

 

今まで楽天でんき乗り換えで得ることのできる、さまざまなメリットをご紹介してきました。ここでは契約するにあたって留意しておきたい注意点などをチェックしていきたいと思います。

一人暮らしは高くなることも

楽天でんきの「基本料0円、従量料金一律」という料金システムは、一人ぐらしの方や電気の使用量が少ない方にとっては、逆に高くなってしまう可能性があります。
今までの従量料金は、使用量が少ない人と多い人では料金設定が異なっており、使用量が少ない人は小さめの料金設定を、使用量が多い人は大きめの料金設定がなされていました。しかし、楽天でんきの場合は料金が一律なので、使用量が少ない人であっても、それに見合った料金設定がなされるわけではないのです。
月の使用電力が300kwh未満の家庭は、乗り換えると逆に電気代が高くなってしまう可能性があるので、注意が必要です。しかし、電力使用量が300kwh未満の家庭でもエリアによっては乗り換えがお得な場合があるので、公式のシュミレーションサイトでしっかり確認するのがおすすめです。

20A以下は申し込めない

20アンペアで電気を契約している方は楽天でんきに申し込みができません。20Aを利用しているということは、そもそも使用電力量の少ない家庭であるため、楽天でんきに切り替える必要性は少ないと言えるでしょう。

オール電化は割高になる

楽天でんきをオール電化住宅に導入すると電気代が割高になる可能性があります。これは、多くの新電力にも言えることです。
そもそもオール電化住宅とは、調理・空調・電気・給湯などの熱源を全て電気で賄っている住宅のことをいい、深夜の電気料金がとても安く設定されています。その理由は、深夜の安い電力を利用することで、オール電化住宅に設置されているIHクッキングヒーターや床下暖房に熱源を溜めたり、日中に利用するためのお湯を沸かしておくことができ、光熱費を抑えることができるからです。
このように夜間に電力が消費されるオール電化住宅では夜間料金が安く設定されていますが、楽天でんきやその他の新電力は時間帯に関係なく一律の料金が設定されているため、乗り換えてしまうとかえって電気代が高くなってしまう可能性があるのです。

引越し後1ヶ月は申し込めない

引っ越しなどをきっかけに楽天でんきへ乗り換えを検討している方なども注意が必要です。楽天でんきは引っ越し先から1ヶ月経過しないと利用ができないため、利用ができない1ヶ月間は地域の電力会社(東京であれば東京電力)と契約をしなければいけません。引っ越し先で1ヶ月が経過し、地域の電力会社から「検針票」を受け取れば、楽天でんきに申し込みが可能です。

支払い方法はクレジットカードのみ

楽天でんきの支払い方法はクレジットカードのみなので、クレジットを持っていない方や事情があって作れない方などは契約ができません。
対応しているカード種類は、Visa、MasterCard、 JCB、Diners Club、American Expressの5ブランドとなっています。

楽天でんきの申し込み方法

 

ここでは楽天でんきに乗り換えたいと想っている方のために、楽天でんきの申込み方法を詳しく見ていきましょう。

申し込み時に用意するもの

申込みの際に必要になるは、使用している電力会社の「検針票」のみです。
仮に新電力から乗り換える場合は「供給地点特定番号」と現在契約している会社の「お客様番号」が必要になります。

利用開始までの流れ

申込みから利用開始までは約2週間〜1ヶ月半を要します。WEB上で楽天でんきへの申込みが完了したら、その数週間後「供給開始予定日のお知らせメール」が届きます。
その後は供給開始予定日にあわせて楽天でんきに切り替わるのを待つだけです。切り替わったときに「利用開始のお知らせメール」が届くので、しっかりと確認しましょう。

解約方法

楽天でんきを解約して他社に乗り換える場合、他社との契約が完了次第、自動的に解約されます。そのため、楽天でんき側で特別手続きが必要になることはありません。
引っ越しや建物の解体にともなって電気契約を解約する場合は、カスタマーサポートセンターに問い合わせをしましょう。

■楽天でんき カスタマーセンター■
受付時間:10:00~18:00 月曜日~日曜日(年末年始等の期間は除く)
TEL : 0120-800-847

お問い合わせフォームはこちら

楽天でんきQ&A

 

ここでは、楽天でんきを契約するにあたって、ユーザーの方々が気になることをQ&A方式でご説明します。

引越した後、電気の使用開始日は自由に選べる?

楽天でんきの使用開始日を自由に選ぶことはできません。そもそも引っ越した後すぐには、楽天でんきを使えず約1ヶ月間は地域の電気会社(東京電力や関西電力)を使用する流れになります。そして、1ヶ月後に「検針票」が届けば、楽天でんきへの申込みが可能となります。

旧電力から楽天でんきに切り替えた場合、停電の心配はない?

従来の電力会社から楽天でんきなどの新電力に切り替えたからといって、停電を心配する必要はありません。
なぜなら、2020年時点までは仮に新電力会社が倒産して電気を供給できなくなった場合、各地域の旧電力会社(東電や関電)が代わりに電力を供給することが義務つけられているからです。
また、2020年以降についても送電網を管理する会社が最長で1年間は電気を供給する仕組みが導入されており、これを「最終保障供給約款」といいます。なぜこの約款が安全なのかというと、送電網を管理する会社が旧大手電力会社だからです。

まとめ

今回は楽天でんきの概要やメリット・デメリット、実際の申込み方法などを詳しく解説しました。楽天でんきは、一人世帯を除く家庭であれば従来の電力会社から切り替えることで料金が安くなる可能性があります。
楽天でんきが少しでも気になっている方であれば、ぜひ料金シュミレーションをして乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

楽天でんきだとあまりメリットがないと感じる方は、その他の新電力を検討してみましょう。法人の方であれば、法人向け格安プランがあるハルエネでんきが、個人の方は基本料金が無料の「Looopでんき」などがおすすめです。

>>【安さが人気】基本料金が0円の「Looopでんき」

>>【法人向け格安プラあり】全国対応の「ハルエネでんき」

>>【人気記事】電気・ガス・回線はまとめて安く切り替えるのがおすすめ!

コスト削減ガイドブック

コスト削減ガイドブックを無料公開!

【店舗・オフィス向け】無駄なコストを徹底削減

ダウンロードはこちら

おすすめ記事一覧

コラム

【ENEOSでんきの評判】メリットデメリットは?各エリアの料金も!

【ENEOSでんきのメリットデメリットに注目】家計や店舗の光熱費の一つとして、大きな支出でもある電機。電気料金を節約するためには契約する電気サービスの見直しが効果的!今回は、ENEOSでんきに注目。2020年5月で60万世帯の契約を誇るENEOSでんきのメリットデメリットに注目!デメリットも踏まえたうえで、電気代をお得にしたいところですよね。今回は提供エリアの従量料金にも注目し、どれくらいお得になるかの参考にしてみてくださいね!

経費削減 電気
2020.05.20
コラム

「あしたでんき」の評判は?メリット・デメリットを解説!

本記事では、新電力の中では最安クラスの料金プランを採用している「あしたでんき」について、概要や、導入におけるメリット・デメリットを徹底解説します。競合として名前が上がることの多い「Looopでんき」との比較も取り上げているため、新電力への乗り換えを検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

電気 経費削減
2020.05.29
コラム

【2020年最新版】Looopでんき(ループでんき)の評判は?メリットデメリットを徹底検証!

「Looopでんき」は、基本料0円でシンプルな料金プランが特徴の親電力です。本記事では、Looopでんきの概要や、メリット・デメリット、利用者の評判などを徹底解説します。Looopでんきへの乗り換えを検討している方はぜひ参考にしてくださいね!

電気 経費削減
2020.05.29
コラム

固定費削減のポイントは?項目ごとに削減のコツを紹介!

本記事では、家賃やローン、水道光熱費、通信費など毎月一定額で発生する固定費の削減方法をご紹介します。 電気やガス、通信費などは、乗り換えることで今と同じ品質を保ちながら料金を大きく下げることも可能です。コストを少しでも下げたいと思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

節水 経費削減 電気
2020.06.04

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。