お問い合わせ

おススメのQRコード決済サービスは?選び方を解説!

「キャッシュレス・消費者還元事業」や「マイナポイント事業」、新型コロナウイルスの感染拡大による非接触決済の需要の増加など、さまざまな影響によりキャッシュレス決済の利用が増えてきています。
キャッシュレス決済の中でも、今回はスマートフォンで気軽に利用できるQRコード決済サービスについて選び方や各サービスの特徴など詳しく紹介していきます。QRコード決済サービスの利用を検討している方は参考にしてみてください。

QRコード決済は数多くある

ひとつにQRコード決済といってもさまざまなサービスが登場しており、実際にどれを利用すればいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
それぞれの決済サービスの特徴や利用方法、メリットなども異なりますので、把握した上で選択したいものです。
また、どれかひとつのサービスを利用しないというわけではありませんので、用途に合わせてQRコード決済サービスを使い分けてみることもおすすめです。

どのQRコード決済サービスを選ぶのがお得?

QRコードを利用する際に、どのように選べばお得に決済に活用できるのでしょうか。
単純に還元率が高いサービスを選ぶことも重要ですが、普段から自身が利用しているサービスに関連する決済サービスを選択することもおすすめです。
例えば、auユーザーであればau PAY、メルカリをよく使う方であればメルペイを使うことでキャンペーンなどの条件に当てはまることも多くなり、さらにお得に決済に利用できます。

おススメQRコード決済サービス

ここからはおすすめのQRコード決済サービスのau PAY・d払い・PayPay・LINE Pay・メルペイ・J-Coin Payのついて特徴やメリットを紹介していきます。

QRコード決済(1)au PAY

携帯キャリアのKDDIが提供している「au PAY」は、auユーザー以外も利用でき、決済を行うことでPontaポイントがたまるQRコード決済サービスです。
Pontaポイントは200円ごとに1ポイント、auスマートパスプレミアム会員の場合は200円につき3ポイントたまります。たまったポイントは、次回のau PAYの支払いやauの携帯料金に当てることも可能です。

また、KDDIと楽天の業務提携により楽天ペイで共通コードを利用している加盟店でもau PAYの決済が行えます。au PAYが利用できPontaポイントを貯めれる場所が増え、さらに便利に活用できるようになりました。

QRコード決済(2)d払い

NTTドコモが提供している「d払い」は、dアカウントの作成をすることで誰でも利用でき店舗やネットショップの決済でdポイントをためることができるQRコード決済サービスです。
ドコモユーザーであればクレジットカードなどの登録が必要なく、4桁のパスワードを入力する回線認証ですぐに始めることも可能です。

d払いの利用でたまるdポイントは、街などの店舗で200円(税込)につき1ポイント、ネットショップでは100円(税込)につき1ポイントとなります。
さらにd払いの支払い方法をdカードに設定しておくことで、d払いのポイントとdカードのポイントの二重取りが可能になりさらにお得に買い物や支払いができます。

QRコード決済(3)PayPay(ペイペイ)

「PayPay(ペイペイ)」とは、ソフトバンクグループ株式会社、ソフトバンク株式会社、ヤフー株式会社が共同出資し設立したPayPay株式会社が提供しているQRコード決済サービスです。
「100億円キャンペーン」や毎月行われている「いつもどこかでワクワクペイペイ」お得なキャンペーンの実施で登録者数も3,300万人を突破しています。
利用できる店舗も全国に260万か所以上あり、街のお店やネットサービスだけでなく公共料金の支払いにも利用でき、さらにPayPayボーナスもたまります。
PayPayを決済に利用することで付与されるPayPayボーナスは、前月のPayPayの利用状況によって0.5〜1.5%の還元率となり、使えば使うほどお得に買い物ができます。

QRコード決済(4)LINE Pay(ラインペイ)

コミュニケーションアプリとして有名なLINEが提供している「LINE Pay(ラインペイ)」は、電話番号を登録しているLINEアカウントがあれば利用できるQRコード決済サービスです。
LINE Payは決済に利用できるだけでなく、LINEの友だちと送金や割り勘ができたり、支払いやチャージを行うとLINEにてお知らせがきます。さまざまな活用方法があり、利用時には通知がくることで安全・安心に使える点がメリットのひとつです。

LINE Payには「LINEポイントクラブ」と呼ばれるメンバーシッププログラムがあり、過去6か月間で獲得したLINEポイントの数に応じて4つのマイランクに分かれます。ランクによってLINE Payを利用した際の還元率や特典クーポンがもらえる枚数が変わります。

QRコード決済(5)メルペイ

フリマアプリのメルカリの決済サービスである「メルペイ」は、メルカリの売上金を支払いに利用できます。メルカリの売上金だけでなく銀行口座を紐づけて簡単にチャージも可能です。
メルペイの登場以前は、メルカリの売上金はメルカリ内ので商品の購入や現金として引き出す方法しかなく、現金の引き出しには手数料が発生する場合もありました。
しかし、メルペイの利用によりメルペイの加盟店やiD決済に対応している店舗、ネットショップでの決済にメルカリの売上金を利用できますので非常に便利です。
さらにメルペイには、店舗で利用できるお得なクーポンを発行しています。過去にはセブンイレブンのおにぎりやコーヒーが11円で購入できるクーポンの配布などもありました。

QRコード決済(6)J-Coin Pay

みずほ銀行が提供している「J-Coin Pay」は、スマートフォン上で支払いはもちろん、送金などのさまざまなお金に関することが完結でき、預金口座からチャージや払い戻しが無料でいつでもどこでもできる決済サービスです。
全国の銀行が参画しているサービスということもあり、安心・安全に利用できるようなセキュリティやサポートが充実しています。厳重な本人認証や不正の疑いがある取引の監視、サポートセンターや補償制度が設けられていますので、QRコード決済の利用に不安を感じていた方も安心して利用ができます。

まとめ

今回は人気のQRコード決済サービスau PAY・d払い・PayPay・LINE Pay・メルペイ・J-Coin Payについて特徴やメリットなど詳しく紹介していきました。
サービスによって還元率やサービス内容、利用方法なども異なりますので、普段自分が利用しているサービスやお得に利用できるサービスを選択して活用してみてください。

店舗・オフィスのDXに関する
お問い合わせはこちらから
DXコンシェルジュに相談する(無料)

おすすめ記事一覧

コラム

au PAYってどんなQRコード決済?キャンペーン情報やメリットもご紹介!

au PAYについて、基礎知識から利用するメリット、話題の毎週10億円もらえるキャンペーンについてご紹介いたします!au PAYの導入を考えている店舗向けに実施中のキャンペーンなども説明しているので、au PAYが気になる方はぜひチェックください。

キャッシュレス
2020.01.30
コラム

au PAYって?ユーザーの口コミ・評判をチェック

気になる「au PAY」の評判・評価・口コミを徹底調査!auPAYを導入したいけど、実際の評判はどうなの?と疑問を持っている方に必見です。ユーザーの声や、導入店舗の声も知りたいという方は是非チェックしてみてください!

店舗 キャッシュレス 飲食店
2020.01.31
コラム

キャッシュレス決済、店舗導入にかかるコストを比較

決済方法が多様化する中、多くの中・小規模事業者や店舗では、続々とキャッシュレス決済の導入が進んでいます。しかしキャッシュレス決済を店舗に導入する場合、どのぐらいのコストがかかるのでしょうか。そこで今回は、クレジットカードやQRコードで支払いを行う代表的なキャッシュレス決済サービスについて、初期費用や決済手数料などの面で比較して解説していきます。

キャッシュレス
2020.01.31
コラム

結局PaPay(ペイペイ)ってどうなの?口コミや評判解説【2020年最新版】

ユーザー数も加盟店数も圧倒的に増えているPayPay(ペイペイ)。今回は2020年最新版のユーザーの評判や口コミをまとめました!PayPay(ペイペイ)の口コミやメリットが気になる人必見です!

キャッシュレス
2020.02.03
この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

T.Tamura

ライター歴5年。ライターチームをまとめる責任者。店舗やオフィス、保育施設等のIT化・DX化、補助金に関する記事を中心に執筆している。

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。