お問い合わせ

人気QRコード決済サービス10種類を徹底比較!

さまざまなQRコード決済サービスが登場し、決済に利用してみたいと思いつつも実際にどのサービスを利用すればいいのか、どのサービスが自分に合っているのかわからないという方も多いと思います。 今回は人気のQRコード決済サービス10種類を集めて比較してきますので、QRコード決済サービスの利用を検討していた方や、店舗への導入を考えていたオーナー様もぜひ参考にしてみてください。

QRコード決済サービス10種類を紹介

現金を使わずに気軽に決済ができるキャッシュレス決済サービスの中でも、昨今で利用者や加盟店が増えてきているのが、スマートフォンで決済が行える「QRコード決済サービス」になります。
人気のQRコード決済サービスである、LINE Pay・PayPay・楽天ペイ・d払い・au PAY・メルペイ・pring・ゆうちょPay・J-Coin Pay・FamiPayの10種類をそれぞれ紹介していきますので、比較してみて自分や店舗に合ったサービスを選んでみてください。

LINE Pay(ラインペイ)

 
運営会社 LINE Pay株式会社
ポイント還元率 1%〜3%
決済額の上限 100万円/回
※本人確認を行なっていない場合10万円/回
支払い方法 銀行口座、セブン銀行ATM、Famiポート、東急券売機
店舗側の決済手数料 2.45%(2021年7月31日まで0%)

「LINE Pay(ラインペイ)」とは、コミュニケーションアプリのLINEが提供しているQRコード決済サービスです。
LINE Payでは、LINE Pay加盟店での決済やLINEの友だちと送金や割り勘を行うことができ、支払いやチャージを行うとLINE通知がくるようになりますので、支払いの確認や不正利用の防止にもつながります。 「LINEポイントクラブ」と呼ばれるランク制度があり、過去6か月間に獲得したLINEポイントの状況に応じて4つのランクに配分されます。ランクによって還元率やもらえる特典クーポンの枚数が変わります。

店舗に導入した際は、店舗のLINE公式アカウントを連携が行えますのでLINE Payユーザーに友だち追加を促し、メッセージや割引クーポンの配信を行い集客に繋げることができます。

PayPay(ペイペイ)

 
運営会社 PayPay株式会社
ポイント還元率 0.5%〜1.5%
決済額の上限 50万円/日
※ヤフーカードの場合:2万円/日
支払い方法 銀行口座、セブン銀行ATM、
ヤフオク!・PayPayフリマの売上金、
ヤフーカード、
ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
店舗側の決済手数料 2021年9月30日まで0%
Alipay、Alipay Connectサービス:1.98%(税別)

PayPay(ペイペイ)」はソフトバンクグループ株式会社、ソフトバンク株式会社、ヤフー株式会社の3社が共同出資して設立したPayPay株式会社から提供されているQRコード決済サービスです。 大型キャンペーンやCMで注目を浴び、登録ユーザーも2020年6月時点で3,000万人を突破しています。全国のPayPay加盟店やネットサービスだけでなく公共料金の支払いにも利用できます。

店舗に導入した場合、3,000万人のPayPayユーザーの集客や、中国の2大スマホ決済のひとつであるAlipayにも対応しているためインバウンド対策も行えます。

楽天ペイ

 
運営会社 楽天ペイメント株式会社
ポイント還元率 0.5%
決済額の上限 50万円/回
支払い方法 クレジットカード、楽天キャッシュ、楽天銀行
店舗側の決済手数料 3.24%

楽天ペイとは、楽天グループが設立した楽天ペイメント株式会社より提供されているQRコード決済サービスで、決済に利用することで楽天ポイントがたまります。楽天ポイントは次回の決済やオンラインショッピングサイトの楽天市場、フリマアプリのラクマでも利用できます。
Android版の楽天ペイアプリでは交通系電子マネーの「Suica」の発行もできるようになり、チャージにより楽天ポイントをためることができます。

店舗に導入した場合は、楽天ペイの決済に対応できるだけでなく、カードリーダーの購入でクレジットカードや電子マネーの決済にも対応できるようになります。 楽天ポイントをためる・使える店舗としてアピールできる点も大きなメリットといえるでしょう。

d払い

 
運営会社 NTT DOCOMO
ポイント還元率 店舗:0.5%
ネット:1%
決済額の上限 ネット決済:100万円/回
バーコード決済:49,999円/回
※d払い残高の場合
支払い方法 銀行口座、クレジットカード、
電話料金合算払い、dポイント残高
店舗側の決済手数料 2.6%(2021年3月31日まで0%)


 

携帯キャリアのNTTドコモが提供しているQRコード決済サービス「d払い」はドコモユーザーでなくてもdアカウントを作成することで誰でも利用でき、決済を行うことでdポイントをためたり使うことができます。
ドコモユーザーが利用できる電話料金合算払いでは、利用上限を1,000円単位で設定ができますので使いすぎの防止も行えます。

店舗に導入した場合、d払いとメルカリが連携したことにより共通コードを利用して、フリマアプリ「メルカリ」の決済サービスであるメルペイユーザーの集客にもつなげることができます。
 

au PAY

 
運営会社 KDDI株式会社
ポイント還元率 0.5%
※au スマートパスプレミアム会員:1.5%
決済額の上限 25万円/回
支払い方法 銀行口座、クレジットカード、現金、
auかんたん決済、ポイント、auじぶん銀行、
au PAY スマートローン(au WALLET スマートローン)、
au PAY チャージカード
店舗側の決済手数料 3.25%(2021年7月31日まで0%)

携帯キャリアのKDDI株式会社が提供している「au PAY」は、auを契約中の方も、でそうでない方も利用でき、支払いに使うことでPontaポイントがたまります。au PAYでは毎月お得なキャンペーンも開催されていますので、参加することで効率良くポイントをためることができます。

店舗へau PAYを導入することで、2,300万人のau PAY会員やPontaユーザーに対しての集客効果が期待できます。また、売上金の入金の際の振込手数料はどの金融機関を利用した場合でも0円となりますので、コストを抑えて継続して利用しやすいサービスです。

メルペイ

 
運営会社 株式会社メルペイ
ポイント還元率 なし
決済額の上限 銀行口座登録または本人確認済:100万円/回・日、300万円/月
上記以外:10万円/回・日・月
支払いの方法 銀行口座、メルカリの売上金、メルペイスマート払い(後払い)
店舗側の手数料 2.5%(2021年6月30日まで0%)

「メルペイ」はとは、フリマアプリ「メルカリ」の子会社である株式会社メルペイが提供しているQRコード決済サービスです。
最大の特徴は、メルカリでの売上金をメルペイを通して決済に利用できる点で、売上金以外にも銀行口座からのチャージも可能です。

店舗にメルペイを導入することで、先ほどお伝えしたd払いとの連携により共通コードの利用でd払いの決済に対応できるようになります。それぞれを導入する手間や、決済手段が増えたことによる集客にも繋げることができます。

pring(プリング)

 
運営会社 株式会社pring
ポイント還元率 なし
決済額の上限 100万円/回
支払いの方法 銀行口座、セブン銀行ATM
店舗側の手数料 0.95%

株式会社pringが提供している「pring(プリン)」は、メッセージを送るような感覚でお金のやりとりができるQRコード決済サービスになります。
店舗での支払いや、友だとなどとの割り勘や集金など個人間での送金にも活用できます。

pringを店舗で導入する場合は、専用のアプリをダウンロードすることで利用開始でき、決済手数料が0.95%と他社のサービスと比べても非常に低く設定されています。
 

ゆうちょPay

 
運営会社 株式会社ゆうちょ銀行
ポイント還元率 なし
決済額の上限 3万円/日・月
※設定から変更可能
支払い方法 ゆうちょ銀行
店舗側の手数料 別途案内
 

株式会社ゆうちょ銀行が提供している「ゆうちょPay」は、支払いを行うと即時に登録しているゆうちょ口座から代金が引き落とされますので、事前にチャージを行う必要がなく会計の際に残高がなく慌てる心配がありません。預金残高の範囲内で買い物ができますので使いすぎの防止にも役立ちます。
さらに、店舗での支払いだけでなく払込取扱票による公共料金などの支払いにも利用できますし、ゆうちょPayアプリからゆうちょ口座の残高確認も可能です。

店舗へは導入コストや月額費用も0円と低コストで利用でき、売上金の入金も決済日の翌営業日となりますので早めの資金回収が可能になります。

J-Coin Pay

 
運営会社 株式会社みずほ銀行
ポイント還元率 なし
決済額の上限 50万円/回
支払いの方法 銀行口座
店舗側の手数料 金融機関に異なり

みずほ銀行が提供している「J-Coin Pay」とは、お金に関する支払う・送る・送ってもらうのさまざまな行為をスマートフォン上で完結でき、預金口座からのチャージや口座への払い戻しの作業もいつでも、どこでも無料でできる決済サービスです。

店舗へJ-Coin Payを導入するには、スマートフォンやタブレットをお持ちであれば、専用のアプリをダウンロードするだけで利用開始できます。 また、中国で利用されている銀聯のQRコード決済やAlipayにも対応していますので、訪日外国人観光客の集客効果も期待できます。

FamiPay(ファミペイ)

 
運営会社 株式会社ファミリーマート
ポイント還元率 0.5%
決済額の上限 10万円/回
支払い方法 銀行口座、クレジットカード、現金
店舗側の手数料 2.94%(2021年3月31日まで0%)

株式会社ファミリーマートが提供している「FamiPay(ファミペイ)」とは、ファミペイアプリで利用できるバーコード決済サービスです。
ファミリーマートやFamiPay加盟店での決済に利用するとFamiPayボーナスがたまり、さらにdポイント、楽天ポイント、Tポイントのいずれかのポイントもダブルでためることができます。 FamiPayは実店舗やオンラインの店舗で導入ができます。

実店舗であれば店舗のPOSやタブレットでお客様のバーコードを読み取り決済が可能、オンラインの店舗への導入は決済代行プラットホームを利用して導入ができます。

まとめ

 

今回は、LINE Pay・PayPay・楽天ペイ・d払い・au PAY・メルペイ・pring・ゆうちょPay・J-Coin Pay・FamiPayの10種類のQRコード決済サービスについて詳しく紹介していきました。
それぞれに特徴があり、還元率やチャージ方法なども異なりますので自分に合った決済サービスを選ぶようにしましょう。
店舗向けに決済手数料や導入メリットなどもサービスごとに紹介していますので、オーナー様も検討の参考にしてみてください。

店舗・オフィスのDXに関する
お問い合わせはこちらから
DXコンシェルジュに相談する(無料)

おすすめ記事一覧

コラム

au PAYってどんなQRコード決済?キャンペーン情報やメリットもご紹介!

au PAYについて、基礎知識から利用するメリット、話題の毎週10億円もらえるキャンペーンについてご紹介いたします!au PAYの導入を考えている店舗向けに実施中のキャンペーンなども説明しているので、au PAYが気になる方はぜひチェックください。

キャッシュレス
2020.01.30
コラム

au PAYって?ユーザーの口コミ・評判をチェック

気になる「au PAY」の評判・評価・口コミを徹底調査!auPAYを導入したいけど、実際の評判はどうなの?と疑問を持っている方に必見です。ユーザーの声や、導入店舗の声も知りたいという方は是非チェックしてみてください!

店舗 飲食店 キャッシュレス
2020.01.31
コラム

キャッシュレス決済、店舗導入にかかるコストを比較

決済方法が多様化する中、多くの中・小規模事業者や店舗では、続々とキャッシュレス決済の導入が進んでいます。しかしキャッシュレス決済を店舗に導入する場合、どのぐらいのコストがかかるのでしょうか。そこで今回は、クレジットカードやQRコードで支払いを行う代表的なキャッシュレス決済サービスについて、初期費用や決済手数料などの面で比較して解説していきます。

キャッシュレス
2020.01.31
コラム

結局PaPay(ペイペイ)ってどうなの?口コミや評判解説【2020年最新版】

ユーザー数も加盟店数も圧倒的に増えているPayPay(ペイペイ)。今回は2020年最新版のユーザーの評判や口コミをまとめました!PayPay(ペイペイ)の口コミやメリットが気になる人必見です!

キャッシュレス
2020.02.03
この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

T.Tamura

ライター歴5年。ライターチームをまとめる責任者。店舗やオフィス、保育施設等のIT化・DX化、補助金に関する記事を中心に執筆している。

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。