お問い合わせ

POSレジの仕組みって?従来のレジとの違いを解説

店舗へレジの導入や検討をしている際に、POSという単語を目にする機会は多いのではないでしょうか。実際に飲食店や美容室などでPOSレジを導入しているところが増えてきており、POSレジは店舗経営に必要不可欠なものとなってきています。 しかしPOSレジについて、その機能や実際に導入することでどのようなメリットがあるのかなどを明確に把握できていない方もいるのではないでしょうか。
今回はPOSレジの基礎知識として、機能や仕組み、従来のレジとどのように違うのか詳しく紹介していきますので、POSレジについて知りたいオーナー様などはチェックしてみてください。

POSレジとは

POSレジのPOSは、「Point of Sales」の頭文字をとったもので直訳では「販売時点情報管理」という意味になります。POS機能が搭載されている機器を「POSレジ」と呼んでいます。

POSレジには、商品の販売状況や売上情報をリアルタイムで確認でき、分析まで行うことが可能です。データの分析ができることで売上の向上や在庫管理にも役立てることができます。 商品が販売された時点で売上が反映されますので1日の終わりに集計をする必要がなく、レジ締めの作業が短縮され業務効率化にも繋がります。 また、会計をした従業員のログが残り金額の打ち込みが必要ありませんので、不正やミスなどを防ぐ効果も期待できます。

さらに複数の店舗の経営している方でも利用でき、店舗ごとに集計や記録したデータを統合したり、各店舗の売上をまとめることも可能です。 POSレジは、専用の機器だけでなくパソコンやタブレット、スマートフォンなどにアプリをインストールして利用できるサービスも登場しています。

POSレジの仕組み

リアルタイムで情報を確認できるPOSレジは、ネットワークに繋がっていますので商品のバーコードをスキャンすることで商品情報が端末に反映されます。 これにより商品名や販売個数、販売価格などの情報がPOS端末に貯蓄されていきます。 店舗の売上情報はネット環境があればどこでもいつでも情報を確認できますので、どのくらい発注数が必要なのか、スピーディーな経営戦略を立てることも可能です。

POSレジと従来のレジ 仕組みの違い

POSレジと従来のレジの違いですが、売上や販売状況といったデータの集計がリアルタイムに可能という点があります。従来のレジは会計機能に特化していましたが、POSレジの場合はネットワークを駆使したデータ管理が可能ですので、会計業務のほかにも数値を用いたデータ分析も可能になるというわけです。

初代のレジである「レジスター」は1878年にアメリカのカフェで生み出されました。そのカフェの経営者は、スタッフによる売上金の不正が多発していることに悩み、取引金額を確認するためにレジスターを開発したといわれています。
レジスターの登場から約30年後には、日本国内の大手デパートや百貨店でのレジの取り扱いが始まりました。レジスターの導入により消費の増加や新たなニーズを生むきっかけとなり、今では当たり前となっているレジの合計金額の表示やレシート発行といった機能の追加に繋がっていきました。

1970年代には、レジスターよりもさらに便利に商品管理などが行える「POSレジ」が登場し、日本にも輸入され急速に普及していきました。 現在では、デパートや百貨店だけでなく、小規模な店舗などでもPOSレジが取り入れられており、特に飲食店、美容室での導入を多く見かけます。

今ではPOSレジに搭載されている機能も充実し、商品や売上の管理だけでなく、予約システムや従業員の勤怠管理、マーケティングなどが行え経営を行う上で必要不可欠なものとなってきています。

まとめ

今回はPOSレジの詳細や仕組み、従来のレジと比べてどう違うのか詳しく説明していきました。
POSレジについていままでどのようなものなのか、導入することでどのようなメリットがあるのかわからなかった方も参考になったのではないでしょうか。 店舗の売上管理を簡単に、業務効率化やマーケティングなどを考えている方はぜひPOSレジの利用を検討してみてください。

店舗・オフィスのDXに関する
お問い合わせはこちらから
DXコンシェルジュに相談する(無料)

おすすめ記事一覧

コラム

面倒な売上管理はPOSレジの「売上管理機能」で一気に効率化!売上管理にオススメのPOSレジも紹介!

今回は「売上管理機能」の大きな役割と、POSレジで売上管理をするメリットについて解説し、機能の備わった注目のPOSレジをご紹介したいと思います。

飲食店 デジタルトランスフォーメーション(DX) 美容院・美容サロン
2019.10.19
コラム

経営者の悩み「売上低下・コスト・資金繰り・人材育成…」を解決する考え方とアクション

飲食店経営者が頭を抱える5つの問題といえば、「売上」「コスト」「資金繰り」「人材育成」「ブランディング」にまつわるものでしょう。これはどの業界のトップであっても直面する問題です。 本記事では、5つの問題への向き合い方と、解決に向けた具体的な方法を説いていきます。

売上改善・売上アップ IT化 店舗経営
2019.11.21
コラム

「POSレジ」を初心者向けに解説!メリット・機能をしっかりチェック

POSレジの導入前にチェック!POSレジのメリット・デメリット、機能を徹底解説します。人気のPOSレジサービスも紹介していますので是非参考にしてみてください!

POSレジ 店舗 美容院・美容サロン
2020.03.03
コラム

POSレジ人気メーカー5選を徹底比較!人気のiPadレジもチェック

本記事では、人気のPOSレジ「エアレジ」「スマレジ」「ユビレジ」「UレジFOOD」「ブレインレジ」の基本機能や連携サービス、月額料金を徹底比較しました。人気のiPadレジもご紹介しています。POSレジ導入検討中の方は必見です。

POSレジ 美容院・美容サロン 店舗
2020.03.06
この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

Y.Korematsu

ライター歴3年。通信・電力関連商材のアポインター・外勤営業経験後、ライター職に。POSレジ導入、SNS集客、コスト削減など、店舗サポート記事を多岐にわたり執筆。

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。