お問い合わせ

「POSレジ」を初心者向けに解説!メリット・機能をしっかりチェック

現在あらゆる業種の店舗で導入が進んでいる「POSレジ」。多くの店舗で、タブレットを片手にお会計をしている場面を見かけることも増えてきました。
実際に「POSレジ」は従来のレジと何が違い、何が出来るのかを知っている人は少ないのではないかと思います。POSレジの機能を把握しておくことで、お店の売り上げや業務効率をさらにアップさせることに繋げられます。
今回は「POSレジ」の機能や従来のレジとの違い、いま人気のPOSレジまで詳しく紹介していきます。まだ導入されていない店舗や、新規開業する店舗は是非チェックしてみてください。

POSレジって?従来のレジとの違いとは?

一般的によく耳にする「レジ」とは、いわゆる「キャッシュレジスター」の略語です。アメリカで開発された「レジ」は、日本語ではもともと「金銭登録機」と訳されていましたが、いまでは日本でもレジと呼ぶことが多いです。
店舗で商品やサービスの金額の計算を行い、売上データを記録しておくことで、不正を防ぐために生まれたレジスターは、機械からPC、そしてクラウド連携したタブレット型へと進化しています。
まずは、従来のレジと「POSレジ」の違いについて紹介していきます。

従来のレジ(レジスター、ガチャレジ)とは

従来のレジは「ガチャレジ」や「レジスター」と呼ばれ、キャッシュドロアというお金を入れるところと電卓、レシートの印刷機能がついているシンプルなタイプが主流です。
基本的に従来のレジには、商品金額の提示や計算、お釣りやレシートの発行などの、お会計に必要不可欠な機能のみが搭載されています。従来のレジでは、分析機能がないものが多く、単に会計をすることが主な機能でしたが、中には分析機能が搭載されているものも登場しています。
正確なレジ打ち作業が必須で、閉店後にはレジ締めがあり、店舗に入りたてのスタッフには操作に苦戦する場合も多いレジでした。

POSレジとは

POSレジの「POS」は「Point Of Sales」の頭文字を取ったもので、日本語では「販売時点情報管理」と訳されています。つまり単に会計の計算をするだけでなく、売り上げの管理や分析をすることができるレジです。
POSレジには、従来のレジにPOS機能が搭載されたものと、近年主流になりつつあるタブレット型のPOSレジなどの種類があります。
「タブレットPOSレジ」は、iPadなどのタブレットやスマホにアプリをインストールすることで、POSレジとしての機能を追加させます。ネットワークに繋がることで、売上データの集計・確認が一目でわかるほか、販売情報の分析を行って店舗の売上改善を図ることができます。集計したデータの分析や売上データは、Excelで出力したり、別のタブレットでもデータを確認可能です。
POSレジの特徴のひとつは、クラウド管理されているものが多いことです。そのためインターネット環境があれば、どこからでもリアルタイムでレジの情報が確認できます。違う場所にいても、リアルタイムに売れ行き動向を把握できるので、複数店舗を管理するオーナーや、在庫管理の把握が必要な場合にも役立てることができます。

POSレジを導入するメリット

ここまでPOSレジについて詳しく紹介していきましたが、実際にPOSレジを導入することでどのようなメリットがあるのでしょうか。
タブレット型POSレジの特徴として、iPadやiPhoneなどのモバイル端末を利用して会計ができることで、誰でも簡単にスムーズな操作ができるという点があります。
そのほかにもPOSレジには、多くのメリットがあるので紹介していきます。

会計・売上管理機能

POSレジは会計の際に、バーコードで金額や商品情報を読み取ります。そのため手打ちで会計する従来のレジと比較しても、スピーディーに会計ができるので、レジの混雑時間を緩和する効果があります。
シンプルな操作が可能なので、経験の浅いパートやアルバイトでも比較的短期間で使えるようになりますし、入力ミスも減るので、会計にまつわる業務負担を軽減することができます。また営業終了後のレジ締め業務でも、売上集計の確認と釣銭の金額を数えるだけなので、従来のレジ締めと比べてスムーズに終了します。
またクラウドでデータを管理するので、複数店舗を経営する方も、安心して経営・管理が可能になります。

分析機能でマーケティングへ活用

POSレジは「いつ・どの商品が・いくつ購入されているか」を確認することができるので、売れ筋・死筋の商品の動きを把握することができます。これにより売れ筋商品データから、メニューの改善や商品のラインナップ、今後の仕入れなどに活かせることができます。また商品だけでなく、どのような客層がどの時間帯に多く来店しているかもわかるので、店舗づくりマーケティング、価格構成の改善にも繋げることができます。
さらにデータの蓄積や集計機能で蓄積した機能を、商品や時間帯などのカテゴリー別に表示して、売上の動向を確認したり、分析の材料にすることもできます。

サービス連携機能で効率的に店舗経営へ

POSレジの中には、会計ソフト機能やキャッシュレス決済機能、予約システム機能などと連携できるものもあります。会計ソフトが自動で売上データを取得してくれるので、売上経理業務の効率化に繋がったり、キャッシュレス決済が普及している海外からの訪日外国人観光客に対応できたりと、店舗の業種や客層によってさまざまな機能と連携することができます。

人気のPOSレジ

ここまで、POSレジについて詳しく紹介していきました。
次に、はじめてのDXでおススメのPOSレジを2種類紹介しますので、是非参考にしてみてください。

Uレジ

「Uレジ」とは、株式会社USENが提供する、iPadを利用したタブレットPOSレジです。飲食店や美容室、小売店、整体院などの業種に合わせたシリーズがあり、低コストで導入できるのが特徴です。シンプルなデザインと簡単な操作方法で、誰でもすぐに使うことができ、レジ業務の効率化を図ることができます。
「Uレジ」は、日本語、中国語(簡)、英語、ベトナム語など、多言語にも対応したPOSレジです。
さらに連携できる外部サービスも多く「MoneyForward クラウド会計 」「freee」「弥生会計」といった会計ソフトとデータ連携できたり、決済サービスの「Uペイ」と連携させるとクレジットカードや電子マネーにも対応でるようになります。また予約システムの「ebica」「TORETA」「UリザFOOD」とも連携可能なので、レジの画面上で予約状況の確認や、予約管理を効率化できます。
また「Uレジ」は、全国の148のサポート拠点を持ち、導入時や導入後の対応を365日年中無休で対応してくれる専用のヘルプデスクを用意しています。手厚いサポートで安心して利用ができます。

>>Uレジについて詳しくはこちら!

ブレインレジ

「ブレイン(blayn)レジ」は、ブレイン株式会社が提供している飲食店専用のPOSレジで、飲食店にとって便利な機能が多く搭載され簡単に使うことができます。テーブルごとの会計を行うことはもちろん、テーブルの合算会計や個別会計、分割会計にも対応しています。
月額費用は0円から利用でき、POSレジに必要な機能はすべて利用できます。無料プランでも500点商品登録ができるので、メニューやカスタマイズが豊富な店舗でも安心して利用できます。
「ブレインレジ」は、国内外の数々のデザイン賞を受賞しており、店舗の雰囲気にも調和する、スタイリッシュなデザインも人気の一つです。

さまざまなサービスとも連携する「ブレイン」は、会計ソフトである「MoneyForward クラウド会計 」「freee」「弥生会計」やクラウド型Web発注システムである「MPS」、業務一括管理システムである「ぴかいちナビ」などとも連携可能なので、日々の作業効率アップに繋がることが期待できます。
万が一何かあった場合には、24時間365日の電話サポートがついており、これは無料プランでも利用ができるので、ランニングコストをかけたくない方にもおススメです。

>>ブレインレジについて詳しくはこちら!

まとめ

今回は「POSレジ」についての、基礎知識やメリット、人気のPOSまで紹介していきました。
「POSレジ」には、業務効率化のほか、売上管理・分析、レジの打ちミスまで防止する効果があるだけでなく、マーケティングにも活用できるという多くの機能・メリットがあります。
コストをできるだけ抑え、従来のレジではできなかった機能を活用し、売上アップに繋げたい方は是非検討してみてください。

 

おすすめ記事一覧

コラム

自動音声翻訳機といえば「ポケトーク」と思っているあなたは要注意!?ポケット翻訳機選びで後悔・失敗しないために!

ポケット自動音声翻訳機のCMでお笑い芸人の明石家さんまさんがPRしている「ポケトーク」。一方、同じくタレント・芸人の出川哲朗さんがCMに出ている「イートーク」。早くからCMを行っているポケトークの認知度が高く、ポケット翻訳機といえばポケトークをイメージする方が多いのでは無いでしょうか?しかし、実際に機能を比較した場合希望の条件によってはポケトーク以外の自動音声翻訳機がおすすめなことも。自動音声翻訳機選びで後悔・失敗したくない方は必見。選び方のポイントや注意点を徹底解説!購入前にぜひ確認してくださいね。また、お得に購入するヒントも解説!

インバウンド 接客 飲食店
2019.10.19
コラム

防犯だけではなくスタッフの生産性も向上!?クラウドカメラの可能性を発見

クラウドカメラ・Drive光導入事例:豚しゃぶ 英様 防犯カメラを導入してからは、いつでも映像を見ることができ、私が不在の間もスタッフがお客様に対して真摯にサービスしているかを確認できるようになり安心です。初めは1つだけでしたが、お店の細部まで見られた方がいいなと感じ2個3個と増え、今では5つ設置しています。

居酒屋・バー レストラン・カフェ 生産性向上
2018.06.07
コラム

店内だけでなく地域の防犯にも貢献!お店に関わる全てのヒト・モノを守るクラウドカメラで防犯対策

クラウドカメラ導入事例:呑ませ亭様 最初、営業のお電話をいただいたことがきっかけでWizさんにお願いすることになりました。防犯カメラは、店舗の入り口に外と中2つ設置してもらいました。防犯ももちろんですが、何かあったときのトラブルの回避にもなりますし、何よりお世話になっている地域の皆さまのためにも、店周辺の防犯にも役立てればと思い、設置を決めました。

飲食店 店舗 美容院・美容サロン
2018.06.05
コラム

効果的なクーポンで売上UP!飲食店のクーポンアイデアと集客に強いツール4選

クーポンは、上手に使うことで集客アップにつなげられるツールです。しかし、「クーポンを使うと売上が減る」「値引き目当てのお客さまばかり来る」といったマイナスイメージを持っている方もいるでしょう。そこで本記事では、クーポンの集客効果を最大限に引き出すために気をつけたいことと、飲食店におすすめのクーポンツールをご紹介します。

店舗 レストラン・カフェ 飲食店
2019.11.18

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。