お問い合わせ

結局PaPay(ペイペイ)ってどうなの?口コミや評判解説【2020年最新版】

消費税増税に伴い、キャッシュレス・消費者還元事業などの政策でQRコード決済サービスが広まっているように感じます。数あるQRコード決済サービスの中でもキャンペーンなどの実施で注目を集めている「PayPay」。PayPayのユーザーも増えてきている中で、実際の評判や口コミが気になるところだと思います。
今回は「PayPay」の評判や口コミについてまとめました。PayPayを気になっている、興味がある方はチェックしてみてください。

>>PayPayについて詳しく知りたい方はこちら!

PayPay(ペイペイ)とは

「PayPay(ペイペイ)」とは、ソフトバンクグループとヤフーが共同出資して、2018年6月に設立されたPayPay株式会社が提供しているQRコード決済サービスです。「100億円あげちゃうキャンペーン!」で一躍有名となり、2019年11月には登録ユーザーが2,000万人、加盟店も170万か所以上を突破したと発表しています。

現在PayPayでは、加盟店向けに入金手数料が2020年6月30日(火)まで無料、決済手数料が2021年9月30日まで無料のキャンペーンを実施しています。また、中国の大手QRコード決済サービスの「Alipay(アリペイ)」にも対応しており、中国人観光客などのインバンドの集客効果も期待できます。Alipayで決済が行われた場合も、2020年9月30日(水)まで決済手数料が無料で利用可能です。

ユーザーにとって手軽に利用できることはもちろん、店舗にとっても導入することで集客効果や業務効率を上げるために欠かせないツールとなってきています。

>>PayPayについて詳しく知りたい方はこちら!

PayPay(ペイペイ) ユーザーの口コミ・評判をチェック!

早速ですが、PayPayユーザーの口コミや評判をまとめました。ポジティブ、ネガティブなものや改善への意見など、それぞれ見ていきましょう。

PayPay(ペイペイ) ユーザーのポジティブなクチコミ・評判

PayPayは加盟店が多い

「いつも使っている美容室、スーパーでお得に利用できた」「財布を持っていかなくてもPayPayがあれば安心」など加盟店が多いPayPayならではの口コミが多く見られました。普段から使用している店舗が、PayPayに対応していると嬉しいですよね。加盟店が多ければ、財布を持ち歩かずに済みますし、お金をおろしたり小銭を数えたりする手間もなく支払いができます。

PayPayならチャージ、送金が簡単

PayPayは操作が簡単なのですぐにチャージができ、100円以上であれば1円単位でチャージ金額を入力することができます。また、PayPayは単なる支払い機能だけではなく、友人などへの送金機能も備わっています。送金方法も多様で、送金したい相手と一緒にいる場合なら相手のPayPayのQRコード(マイコード)を読み取ってPayPay残高を送ることができます。その他には電話番号やPayPayIDを知っている場合も送金ができ、電話番号を知らない場合も受け取り専用リンクを作成することで、SNSを通じてURLを送れな送金の手続きが可能です。相手の電話番号を知らないことも多いかと思いますので、このURL機能はとても便利ですね。また、送金する金額も1円単位で入力することができるので割り勘の際も非常に便利です。

キャンペーンや還元がありお得

普段の生活での支払いを現金からPayPayに変えただけで、キャンペーンや還元が適用されお得に買い物ができているという内容の口コミが多く、実際に還元された金額のスクリーンショットなどを載せているユーザーもいました。還元された金額を目に見て確認できる点は、お得さを実感しやすく、ユーザーにとっても、PayPayを利用しているメリットを認識しやすいですね。

PayPay(ペイペイ) ユーザーのネガティブなクチコミ・評判

エラーがでることがある

「サーバーエラーが発生する時がある」という口コミもあり、電波状況が不安定なことが原因で支払い時にエラーが出てしまうことがあるそうです。電波状況が不安定だと、繋ぎなおしで時間がかかってしまいますし、会計を待っている方にも迷惑をかけてしまいます。こういった現象は、PayPayに限らずスマホを使ったQRコード決済では起きやすいものですが、大型キャンペーンの開催も多いPayPayの場合、サーバーが混みあってしまうことも多いのかもしれません。このあたりは、避けられないデメリットだとも言えるでしょう。

PayPay(ペイペイ) 改良・改善に向けたユーザーの意見

登録できる銀行やクレジットカードの種類が増えてほしい

PayPayは現在、三菱UFJ銀行の登録ができません。三菱UFJ銀行の利用ユーザーも多いと思われますので、ここに対応できていないのは、不便な点だと言えるでしょう。また、登録できるクレジットカードも、VISAとMasterCardのみです。JCBを使いたい場合は、Yahoo! JAPANカードのみ可能となっています。このように登録できない銀行やクレジットカードの種類があるので、登録の際には確認が必要になります。

お金の管理アプリに対応してほしい

「家計管理がしたい」などのニーズから、お金の管理アプリである「Zaim」や「マネーフォワード」との連携をしてほしいとの意見がありました。支払い方法のメインとして、PayPayを利用したいからこその意見ですね。ZaimではPayPayとの連携を優先的に進めていますが、対応目処はまだ経っていないと報告しています。

まとめ

PayPayの口コミや評判を調べていると、利用者が多い分、さらに便利に利用ができるようにサービスを向上してほしいとの意見が多く見かけました。今以上にPayPayが利用しやすくなると、PayPayの登録数や決済数も増えると予想できます。QRコード決済サービスの中でも最も使われていると言っても過言ではないPayPay。まだ導入していない店舗は、PayPayユーザーに対応できるように早めの導入をおススメします。


>>PayPayについて詳しく知りたい方はこちら!

おすすめ記事一覧

コラム

「スマホ決済」って?それぞれのサービスの違いを徹底解説

現金ではなく、スマホを使って簡単に支払いを行う「スマホ決済」は、電子マネーやQRコード決済の登場により、年々その需要が高まっています。スマホで支払いを行う「スマホ決済」、日常的に利用している人も多くなってきましたが、これから「スマホ決済」を導入しようという店舗などでは、まだまだ違いが分からないという方もいると思います。 そこで今回は、今からでも間に合う「スマホ決済」について解説していきます。

キャッシュレス
2020.01.29
コラム

「キャッシュレス決済」はいくつある?種類を見てみよう

消費税引き上げにより、買い物や街を歩いていてもキャッシュレスの看板やチラシを見ることが多く、日に日にキャッシュレス決済が盛り上がりを見せています。クレジットカードや電子マネー、QRコード決済など、支払い方法も多様化しているキャッシュレス決済は、現金の取り扱いがないので、おつりの確認ミスがなくなったり、業務効率に繋がるなどメリットが多いのが特徴。しかし一方でキャッシュレス決済は種類が多く、何を選べばいいのかわからない店舗も多いです。今回は、今さら聞けないキャッシュレスの基本的なポイントをご紹介します。

キャッシュレス
2020.01.29
コラム

au PAYってどんなQRコード決済?キャンペーン情報やメリットもご紹介!

au PAYについて、基礎知識から利用するメリット、話題の毎週10億円もらえるキャンペーンについてご紹介いたします!au PAYの導入を考えている店舗向けに実施中のキャンペーンなども説明しているので、au PAYが気になる方はぜひチェックください。

キャッシュレス
2020.01.30
コラム

au PAYって?ユーザーの口コミ・評判をチェック

気になる「au PAY」の評判・評価・口コミを徹底調査!auPAYを導入したいけど、実際の評判はどうなの?と疑問を持っている方に必見です。ユーザーの声を知りたいという方は是非チェックしてみてください!

キャッシュレス
2020.01.31

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。