お問い合わせ

【ナイトライフとは?】外国人が不満を抱く夜のインバウンド対策に注目!

ナイトライフという言葉をご存知でしょうか。ナイトライフは観光業界において、夜間観光として用いられている言葉です。観光は一般的に日中のイメージですが、観光の際は夜間も訪問地を満喫したいもの。今回は特にインバウンドに関するナイトライフについて、ご紹介していきます。

ナイトライフとは?

横浜の夜景の画像
ナイトライフとは、観光の際に夜の時間を有意義に過ごすための過ごし方や娯楽、観光をいいます。旅行の際に、日中の過ごし方や観光は充実いているけど、夜はホテルの部屋でゆっくり過ごすというパターンが一般的ではないでしょうか。夜に充実な時間を過ごすことやさらに観光を楽しむことから、夜間観光とも呼ばれています。
特にナイトライフは外国人観光客に重要視されているため、インバウンド対策の課題の一つとも言えるでしょう。
》インバウンドの言葉の意味とは?今更聞けない用語を簡単解説

日本では夜間観光が充実していない

日本では夜間に営業している施設や観光スポットが少ないため、現時点ではナイトライフは拡大していない状況です。日本でナイトライフと言うと、カラオケや種類が提供されるバーや居酒屋やクラブ、アミューズメント施設など限定的で、その数も多くはないでしょう。
》夜間観光が充実していないエリアにはウーバーイーツで対策も?対応エリア更新中

ナイトライフの課題

ナイトライフがなくて不満そうな外国人観光客をイメージした画像
日本政策投資銀行と日本交通公社が共同で行なった2019年の『アジア・欧米豪 訪日外国人旅行者の意向調査』のなかで、「訪日経験者に対する訪日の際に不満だったこと」としてナイトライフが6位にランクインしている状況です。今後さらに外国人観光客が増加していくと期待されている日本において、こうした観光分野での不満の解消がインバウンド対策としての課題にもなってくるはずです。
(参考データ”アジア・欧米豪 訪日外国人旅行者の意向調査”日本交通公社HP)

ナイトライフで外国人が体験したいこと

外国人が日本食を楽しんでいる画像
前述した調査では、ナイトライフに関するアンケートも行なっています。この調査結果を参考に、以下で訪日外国人が夜に体験したいことをチェックしていきましょう。

伝統ある料亭での飲食

日本独特の歴史ある料亭や食事処で飲食することが、ナイトライフの中でも一番体験したいこととして挙がっています。建物の外観や着物を着た従業員、板前、日本料理そのどれもが日本でしか経験できないこととして注目されているのでしょう。

繁華街

日本には様々なエリアで繁華街があります。繁華街でのショッピングやアミューズメントパーク、ちょっとした食べ歩きなども、日本を楽しむ上で期待されています。

夜の庭園や季節の景色

日本の観光スポットにもなっている庭園や公園では、夜間になるとライトアップされている場所もありますよね。日本の美しい景色や庭園の情景を求めている外国人は非常に多いはずです。

祭りやイベント

日本の祭りは、出店や着物姿、太鼓や笛など日本独特の文化を体感することができるでしょう。各地域で有名な祭りもあるため、それを目的に訪日する方も多いかもしれませんね。

伝統芸能

日本の伝統芸能である歌舞伎や能、相撲なども外国人にとっては興味深いものとして人気です。ナイトライフを満喫する上でこうした伝統芸能の夕方から夜にかけての公園を楽しみたい外国人も多いでしょう。
(参考データ”アジア・欧米豪 訪日外国人旅行者の意向調査”日本交通公社HP)

》外国人に人気の場所とは?観光地や都道府県をチェック
 

ナイトラフエコノミーに関するチームの発足

時間市場早出推進議連のチームの会議風景をイメージした画像
日本の観光業界やインバウンド対策として「ナイトライフ」の重要性が認識されています。そのなかで、2017年には「時間市場創出推進議連」が発足されています。

時間市場創出推進議連の中間提言とは?

昼と夜が同じ行動を取れる環境作り、ナイトライフの場としての多様性、コンテンツの充実、治安やオーバーツーリズムなどへの配慮などを提言。目標値となるKPIとして夜間を含めた娯楽・サービス費を1兆円増加(2.5万/人を増加)などの具体的な数値目標も盛り込んでいます。
こうしたナイトライフへの取り組みを積極的に行ない、行動を実現していくことができれば、日本の観光業がさらに盛り上がり、増加する訪日外国人の不満を解消することに繋がっていくでしょう。
》オーバーツーリズムとは?観光客が集中することの問題

ナイトライフにはどんなものがある?

日本を代表する観光スポットのライトアップ風景
では実際に、ナイトライフとしてどのようなものが該当するのでしょうか。注目されやすいナイトライフを以下でチェックしていきましょう。

ナイトライフ①夜景

東京をはじめとして、全国に夜の夜景を楽しめるスポットは数多くあります。特に東京や横浜などは、高層階からの夜景は煌びやかな町並みを一望できるスポットが多数ありますね。こうした夜景スポットは夜間営業をしている場合も多いので、日本人から外国人まで幅広く人気のスポットとなっているでしょう。

また、外国人がナイトライフとして体験したいことのひとつとして、日本庭園や季節を感じれる場所のライトアップも注目されています。花見シーズンでは桜の名所で夜間のライトアップを行なっている場合もありますが、こうした日本独特の季節感を感じられる場所で夜間営業を行なうことも効果的かもしれません。

ナイトライフ②ショッピング

外国人が訪日の際に、夜に体験したいこととして「ショッピング」が4位にランクインしています。日中は観光をメインに行動する場合、ショッピングを夜に行えるのが理想的です。
余すことなく訪日旅行を満喫するためには、ショッピングができる場所の夜間営業も魅力的かもしれません。
海外ではナイトマーケットや商業施設が深夜まで営業しているところもあるため、こうした施設は観光客にとってナイトライフを満喫できる環境になっています。

ナイトライフ③高層階のレストラン

都会や繁華街では、高層階で食事を堪能できる飲食店も多くあります。
ナイトライフの楽しみの一つである夜景を楽しみながら、美味しい食事も一緒に行えるのが魅力的ですよね。
》飲食店の集客ならトリップアドバイザー!外国人観光客の集客方法を紹介

ナイトライフ④観光スポット

観光スポットの夜間営業は、日中だけでは観光しきれない外国人や観光客を集めることが可能になるでしょう。日中とは違った趣や風情を感じることもできるため、外国人にとっては興味深いはず。周辺地域の飲食店や小売店も活性化に繋がるかもしれません。
》外国人のニーズを理解!人気の場所や観光地でもインバウンド対策の強化を!

ナイトライフ⑤バーやクラブ

日本でのナイトライフの定番とも言える、種類を提供するバーやクラブ。成人している大人であれば、こういった施設を楽しむことも観光の楽しみの一つと言えるかもしれません。しかしこうしたバーやクラブでのナイトライフでは、周辺地域の治安や安全面にも配慮する必要があるでしょう。

ナイトライフの充実がインバウンド消費に貢献する?

外国人観光客にとって、夜の時間を有効に使うためにはナイトライフの充実が課題です。夜の時間を有効活用できることで、観光客の満足度が上がり、消費額も増加するはず。

東京オリンピックや大阪万博を控えて外国人観光客の増加が見込まれている昨今、通常のインバウンド対策だけでなく夜のインバウンド対策、ナイトライフの課題にも注目していきたいところです。
》東京オリンピックで外国人が増加!どうすれば集客できる?

まとめ

今回は「ナイトライフ」についてご紹介しました。
日本のナイトライフには課題があり、外国人も訪日の際に不満だったこととして上位にランクインしています。
今後、さらなる外国人観光客の増加や国際イベントの開催を予定している日本では、このナイトライフに関して着手していくこと自体が課題と言えるでしょう。
》ナイトライフで自分の店舗に集客したい!集客ならトリップアドバイザーが有効?
》話題のウーバーイーツは外国人にはすでに浸透?新たな集客手段にも

 

 

おすすめ記事一覧

コラム

大衆点評やトリップアドバイザーに登録!集客なら代行サービスが効果的?

外国人観光客の集客を考えるなら、口コミサイトへの登録と運用が効果的。外国人は口コミサイトを参考にして日本の情報を得ています。特にそのなかでもトリップアドバイザーは世界共通で使われている最大規模の口コミサイト。また、中国人観光客の集客を狙うためには個別で大衆点評への登録がおすすめ。今回はこの2つの口コミサイトのサービスを中心にご紹介していきます!

インバウンド 居酒屋・バー 認知拡大
2019.08.15
コラム

【インバウンド対策】増加する訪日外国人が店舗に求める対策とは?

インバウンド対策に注目!2019年の訪日外国人数は3180万人を突破。今後控える東京オリンピックや大阪万博に向けてさらにインバウンド対策に注力したいところ。しかしインバウンド対策とは何かという点やインバウンドに関する知識を深めることがまずは重要です。このページでは、インバウンド対策を中心に解説しながら訪日外国人に求められている対策をご紹介していきます。

レストラン・カフェ インバウンド 居酒屋・バー
2019.08.15
コラム

【東京オリンピックを機に外国人観光客が増加】対策や集客はどうする?

東京オリンピックを機に外国人観光客はさらに増加すると見込まれています。近年の訪日外国人数のデータを踏まえながら、外国人観光客を集客に欠かせないインバウンド対策を厳選紹介!新型コロナウィルスの影響で開催されるかという点にも注目が集まっていますが、今のうちに企業や店舗が準備しておくことで、今後の訪日外国人の集客や国際イベント開催時にも役立つでしょう。

インバウンド 飲食店 集客改善・集客方法
2019.11.21
コラム

Googleマイビジネスがインバウンドに有効?飲食店で整えたい対策3選

《Googleマイビジネスインはインバウンド対策に使えるの?》増加する外国人観光客に対して、飲食店が準備しておきたいインバウンド対策に注目!王道の集客サービス、インスタグラムやトリップアドバイザーに加えて、注目のGoogleマイビジネスについてもご紹介!今後のオリンピック開催や大阪万博など、訪日外国人が増加するなかでどのようなインバウンド対策をとるべきなのでしょうか。その選択肢として有効なサービスを厳選してご紹介していきます!

居酒屋・バー 認知拡大 インバウンド
2019.11.26

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。