お問い合わせ

マルチ決済端末って?特徴やメリット、メーカーを解説!

2019年10月の消費税増税に伴う「キャッシュレス・消費者還元事業」の取り組みや、訪日外国人観光客の増加、新型コロナウイルスの感染拡大の影響でキャッシュレス決済の需要が高まっています。政府が発表している「新たな生活様式」にもキャッシュレス決済の利用が促進されおり、今後ますますキャッシュレス化が浸透していくことが考えられます。
しかし、店舗にキャッシュレス決済を導入する際に多くのサービスの中からどのサービスを選べばいいのかわからない方も多いと思います。そこでオススメなのが、複数の決済サービスに一台で対応することができる「マルチ決済端末」になります。
今回は「マルチ決済端末」について、特徴やメリット、おすすめのサービスを比較していきますので、複数の決済サービスの導入を検討している店舗は是非参考にしてみてください。

ガイドブック

キャッシュレス決済導入ガイドを無料公開!

店舗オーナー・経営者様必見!キャッシュレス決済サービスを比較

ダウンロードはこちら

マルチ決済端末とは

「マルチ決済端末」とは、クレジットカード決済や電子マネー、QRコード決済などのさまざまな決済サービスを一台で対応できる端末のことです。
さまざまな決済サービスに対応しているマルチ決済端末を導入しておくことで、現金だけでなくお客様に合った支払いを行うことができます。決済サービスによっては期間限定の大型キャンペーンを実施する場合があり、そのような決済サービスに対応しておくことで集客効果も期待でき、売上にも貢献してくることが予想できます。

冒頭でもお伝えした通り、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、従業員とお客様の接触を防ぐことができるキャッシュレス決済の需要が高まってきています。現金の受け渡しを控えるお客様が増えていることから、キャッシュレス決済を利用したいお客様の取り逃しがないように、今後店舗ではさまざまな種類のキャッシュレス決済サービスを導入しておく必要があります。

マルチ決済端末の特徴・メリット

マルチ決済端末を導入することで、店舗にどのようなメリットがあるのでしょうか。

集客効果も期待できる

複数の決済サービスに対応できることによって、インバウンド対策やマイナポイントの効果で集客にも役立てることができます。
海外では日本よりもキャッシュレス化が浸透しており、キャッシュレス決済の利用はポピュラーなものとなっています。。訪日外国人観光客についても同様で、キャッシュレス決済を利用することで、日本円の換金だけでなくお釣りのやり取りや会話も最小限に抑えることができるので、キャッシュレス決済に対応しておくことは訪日観光客への集客にも繋がってくるでしょう。

さらに2020年9月1日(火)から実施される「マイナポイント」対象のキャッシュレス決済を導入しておくことで、マイナポイントを利用したいお客様の集客も可能になります。
「マイナポイント」とは、国が実施するマイナンバーカードを利用したポイント制度です。利用者は選択したキャッシュレス決済サービスに、チャージや支払いをすることで25%還元されるようになります。
上限5,000円まで還元されるお得な制度になりますので、マイナポイントに対応しているキャッシュレス決済サービスを導入しておくことで、集客アップの効果が期待できます。

>>マイナポイントとは?対象のキャッシュレス決済や手数料もチェック!

レジ周りがすっきり

従来は複数のキャッシュレス決済に対応する際に、それぞれのサービスごとに専用の端末やQRコードが必要になっていました。そのため複数のサービスを導入している店舗は、レジスペースが圧迫されてしまうこともありました。
しかしマルチ決済端末を利用して複数の決済サービスを導入すると、一つの端末で対応ができるので、スペースをとることがなくレジ周りをすっきりさせることができます。特に店舗内の雰囲気づくりが大事な美容院やカフェなどでは、マルチ決済端末のこうした点もメリットのひとつだと言えます。

≫VISAをはじめとするタッチ決済とは?使い方や特徴、メリットまで紹介

管理も一括で行える

多くの決済サービスを導入すると、それぞれのサービスの管理も大変ですし、問い合わせも各サービスごとに違うので、店舗に複数の決済サービスを導入したくてもなかなか導入できないところも多いと思います。
しかしマルチ決済端末を利用して複数の決済サービスを導入すれば、導入後なにかあった場合などの窓口もひとつになりますので管理も、各サービスごとに導入した場合と比べて簡単になります。

≫電子決済って?いまさら聞けないサービス・メリットデメリット

≫クレジット決済って?店舗に導入するメリットや方法を紹介!

マルチ決済端末 メーカー別比較

マルチ決済端末をメリットを理解したところで、どのようなマルチ決済端末があるのか、各メーカー別に比較していきます。

Star Pay(スターペイ)

「Star Pay(スターペイ)」では、約10種類以上の国内外のQRコード決済サービスに対応しています。ゆうちょ銀行などの国内3メガバンクの参入も決まっています。


国内

LINE Pay
d払い
楽天ペイ
au PAY
メルペイ
ゆうちょPay
クオ・カード ペイ
J-Coin Pay ほか

インバウンド

We Chat Pay
Alipay
Union Pay(銀聯)
VIA(東南アジア向けQR決済サービス)
JKOPAY(台湾のQRコード決済サービス)
GLN(国際標準の企業・事業所コード)



≫QRコード決済導入、複数サービスに対応するには「マルチ決済端末」!
Star Pay

Star Pay

複数のQRコード決済サービスを一つの端末で一括導入|機能/特徴・料金/費用・導入事例

詳しく見る

Stara Pay(スターペイ)のサービス概要・メリット

株式会社ネットスターズが提供している「Stara Pay(スターペイ」は、店舗向けのQRコード決済に対応しているマルチ決済ゲートウェイです。スターペイを導入することで、対応の決済ブランドをまとめて契約し、一括で管理することが可能ですし、さまざまな国外の決済サービスに対応していますのでインバウンド対策にも役立てることができるサービスです。

スターペイは、お手持ちのスマートフォンに専用のアプリをダウンロードしてすぐに導入することもできますし、レシートを印刷したい場合であれば、専用の端末を利用することもできます。またAPIインターフェースと連携することで、POSレジに導入することもできますので、店舗にあった端末でスターペイを導入することができるが特徴です。

さらに、専用端末機を利用すれば決済ブランドの自動識別も可能なので、従業員はお客様のQRコードを読み取るだけで自動的にどのQRコードのブランドを利用しているのかスターペイが判別してくれます。

スターペイでは24時間365日で対応してくれるヘルプデスクが用意されています。万が一に何かあった場合や、年末年始や深夜営業の店舗でも安心して利用することができます。中国語の対応も可能なので、中国人観光客などの簡易通訳にも利用できます。

Star Pay

Star Pay

複数のQRコード決済サービスを一つの端末で一括導入|機能/特徴・料金/費用・導入事例

詳しく見る

Lakala(ラカラ)

「Lakala(ラカラ)」は、中国の大2スマホ決済である「Alipay」「WeChat Pay」をはじめ、日本国内の主要なキャッシュレス決済サービスにに対応しています。対応している決済サービスと、店舗にかかる決済手数料は以下のとおりです。2020年6月30日(火)まで、消費者還元事業者登録で決済手数料が実質2.16%で利用できますが、2020年7月1日(水)からは以下の決済手数料で利用することができます。


クレジットカード

決済手数料3.24%

VISA
Mastercard

決済手数料3.74%

JCB
Americanexpress
Diners Club

QRコード

決済手数料3.24%

au PAY
楽天ペイ
LINE Pay
d払い
メルペイ ほか

電子マネー

決済手数料3.24%

Kitaca
Suica
PASMO
toica
manaca
ICOCA
SUGOCA
nimoca
はやかけん
iD
nanaco
楽天Edy
WAON

中国系決済

決済手数料3%

Alipay
WeChat Pay
Union Pay(銀聯)

Lakala(ラカラ)のサービス概要・メリット

「Lakala(ラカラ)」は、中国最大規模の決済プラットフォームをもつLakalaの日本法人である株式会社ラカラジャパンから提供されているマルチ決済端末です。株式会社ラカラジャパンでは、Alipay、WeChat Payをはじめ中国のインバウンド向けサービスを提供していたりと、インバウンドマーケティングの強みをもっています。

ラカラの最大の特徴として、店舗の目的に合わせて以下の3つのサービスから選ぶことができます。

・静的QR
導入コストの負担がなく、QRコードを印刷するだけで利用すること可能。お客様が店舗に提示されているQRコードを読み取り、金額を入力して決済が完了する方法。

・Lakala 専用端末
QRコードの読み取り、カードリーダー、NFC・Felica・Bluetooth対応、感熱プリンター、大容量バッテリー搭載

・POS連携
月額費用の負担なく、ラカラ決済システムのAPIに連携可能。

さらにLakalaでは「旅マエ・旅ナカ・旅アト」とよばれるサービスを提供しています。 「旅マエ」では、We Chatサービスアカウントから、約4,000万人の中国人ユーザーに加盟店の情報を流すことができ、訪日予定の中国人をターゲットに情報を発信することも可能です。
「旅ナカ」では、中国でためたポイントを日本のラカラ端末で利用することもできるので、ラカラを導入しておくことでインバウンド対策まで行うことができます。
「旅アト」では、訪日中国人観光客の消費分析や行動分析を行い情報提供をしているので、店舗は訪日中国人観光客の動向を知ることもできます。
≫スマホ決済店舗導入おすすめのサービス3選【2021年版】

≫飲食店におススメしたいPOSレジを徹底解説

まとめ

今回は、一台でさまざまなキャッシュレス決済に対応することができる「マルチ決済端末」について詳しく紹介していきました。
今後ますますキャッシュレス決済が浸透していき、キャッシュレスに対応している店舗が当たり前になっていくことも遠い未来ではないように感じます。そこで他の店舗との差別化を図るためにも、多くのキャッシュレスサービスを導入しておくことで、集客や売上アップの効果が期待できます。
店舗にまだマルチ決済端末を導入していないようであれば、今回の記事を参考に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

≫売上UPにつながるQRコード決済サービス4社徹底比較!

ガイドブック

キャッシュレス決済導入ガイドを無料公開!

店舗オーナー・経営者様必見!キャッシュレス決済サービスを比較

ダウンロードはこちら
店舗・オフィスのDXに関する
お問い合わせはこちらから
DXコンシェルジュに相談する(無料)

おすすめ記事一覧

コラム

「キャッシュレス決済」はいくつある?種類を見てみよう

消費税引き上げにより、買い物や街を歩いていてもキャッシュレスの看板やチラシを見ることが多く、日に日にキャッシュレス決済が盛り上がりを見せています。クレジットカードや電子マネー、QRコード決済など、支払い方法も多様化しているキャッシュレス決済は、現金の取り扱いがないので、おつりの確認ミスがなくなったり、業務効率に繋がるなどメリットが多いのが特徴。しかし一方でキャッシュレス決済は種類が多く、何を選べばいいのかわからない店舗も多いです。今回は、今さら聞けないキャッシュレスの基本的なポイントをご紹介します。

キャッシュレス
2020.01.29
コラム

Alipay(アリペイ・支付宝)を徹底解説!世界の12億人が使うQRコード決済って?

ユーザー数12億人を突破した「Alipay(アリペイ)」!中国人観光客などへの集客力アップのため、日本の店舗で「Alipay(アリペイ)」を導入するには、どのような方法があるかを本記事ではご説明いたします。

キャッシュレス
2020.03.03
コラム

QRコード決済のしくみって?今さら聞けない基本を徹底解説

近年とくに急増している「QRコード決済」に関して、決済時のお金の流れや店舗・ユーザーそれぞれの使用メリットなどに関して解説します。今更聞けない「QRコード決済」ってそもそもなんだっけ?といった思いをお持ちの方は必見です!

キャッシュレス
2020.03.12
コラム

マイナポイントとは?最大25%の還元・対象キャッシュレスサービスを解説

2020年9月より総務省主導で開始予定の「マイナポイント事業」について、事業の概要や、マイナポイントの取得方法などについて解説します。マイナポイントって何?と思っている方は必見です!

キャッシュレス
2020.03.13
この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

Y.Korematsu

ライター歴3年。通信・電力関連商材のアポインター・外勤営業経験後、ライター職に。POSレジ導入、SNS集客、コスト削減など、店舗サポート記事を多岐にわたり執筆。

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。