お問い合わせ

【メッシュWi-Fiとは】メリットデメリットを解説!一般的なWi-Fiや中継器との違いは?

自宅や店舗、オフィスなどのあらゆる室内空間において、複数のデバイスがインターネットに繋がるように、Wi-Fi(ルーター)を設置している方は多いはず。
しかし多くのデバイスを繋げることによって、速度が思うように出なかったり、重く感じることが出てくることもあります。
そこで今回は、Wi-Fi環境の選択肢として注目の「メッシュWi-Fi」についてご紹介していきます。

メッシュWi-Fiとは?

室内で女性がメッシュWi-Fiを快適に利用しているイメージ。

メッシュWi-Fiとは、本体のルーターとサテライトを使って、より安定したWi-Fi環境を構築してくれる製品です。サテライトはルーターの子機ではなく、本体ルーターと同様の機能を持っている点もポイント。
メッシュ=網目状という言葉の通り、Wi-Fiの電波を網目状に展開して、快適なインターネット環境に役立つものと言えるでしょう。大きな広い部屋、2階3階と電波を届けたいという場合に特に有効なアイテムです。
もともとは業務用として公衆無線LANなどに活用されていたものですが、現在までに店舗やオフィスはもちろん、ご家庭用のWi-Fiとしても注目されています。
》メッシュWi-Fiとは?自宅でも選ばれ始めているメッシュWi-Fiを解説!

メッシュWi-Fiと一般的なWi-Fiの違い

一般的なWi-Fiの特徴や問題点

これまでの一般的なWi-Fiでは、1台のルーターにスマホやパソコンなどのデバイスを集中して繋ぐというスタイルでした。多くのデバイスを繋いだり、利用する家族が複数人いる場合には1台のルーターに負担がかかり、安定した電波の供給に支障が出やすいという問題点があります。

メッシュWi-Fiの特徴

メッシュWi-Fiでは、ルーターとサテライトという機器を使って、電波を網目状にネットワークを展開する仕組みになっています。特徴としては、全体を通して一つのWi-Fiとして機能するところ。網目状のネットワークの構築により、繋ぐデバイスが最適な機器に自動接続されるようになっていて、機器にかかる負荷が分散されるようになっています。
ここが一般的なWi-Fiとの大きな違いで、一つのルーターに集中接続するような仕組みではないのです。

メッシュWi-Fiと中継器の違い

メッシュWi-Fiと混同しがちなのが「中継器」。
電波を細かいところまで届けるという点や、より広い範囲にもWi-Fiん電波を届けてくれるという点では同じです。
しかし、中継器は本体のルーターの電波を中継する橋渡し的存在であるため、一般的なWi-Fi同様に、本体のルーターに負担がかかるのです。
メッシュWi-Fiは、複数台のサテライトを含めた全体で電波を分散させることができますが、中継器にこうした機能はないのです。
また、Wi-Fi接続において、本体ルーターと中継器のどちらに繋げるかも自動ではなく手動で切り替えが必要なのが中継器。この点も、最適な接続を自動切り替えしてくれるメッシュWi-Fiとの違いと言えるでしょう。
》中継器とは?解説とおすすめ中継器を厳選紹介!

》中継器にはないメッシュWi-Fiの魅力を解説!

メッシュWi-Fiのメリット

では、具体的なメッシュWi-Fiの代表的なメリットをチェックしていきましょう。
快適なWi-Fi環境構築のために、網目状のネットワークシステムが作られる、最適なサテライトへの接続を自動で切り替えてくれるなどのメリットがあるメッシュWi-Fi。ほかにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

サテライトを増やせる

メッシュWi-Fiでは、本体となるルーターとともにメッシュWi-Fiのネットワークを構築するためにサテライトを設置することになります。このサテライトの台数は適宜増やすことができるため、より細かい範囲や広い範囲にネットワークを拡大することが可能になるでしょう。
同じサテライトを増やしていくことになるため、無駄になったり買い替えの心配もありません。

設定が簡単

メッシュWi-Fiの設定は簡単とも言われています。基本的には購入したメーカーの指定のアプリをダウンロードして説明に沿って設定。最初にメッシュWi-Fiをモデム等に繋ぎ、アプリ上で機器登録、SSIDの設定とパスワードを登録のような簡単な流れで完了します。
すぐに使えるようになるという点も、メリットの一つでしょう。

メッシュWi-Fiのデメリット

 ここまでメッシュWi-Fiの長所ばかりご紹介してきました。しかしメッシュWi-Fiにも弱点はあるはず。具体的に上げられるデメリットをチェックしていきましょう。

複雑な設定やカスタマイズができない

メリットの裏返しにもなりますが、メッシュWi-Fiは設定が簡単であるため、逆にいうと細かい設定はできません。こだわりがあって、こまかい設定を行いたいという場合にはデメリットになり得るかもしれません。

同製品じゃないと使えない

メッシュWi-Fiのネットワークは同一製品で構築するのが基本です。そのため、メーカーが異なるもののサテライトを設置しても使用できません。そのため、複数のメーカーのサテライトを使い比べるような、メーカーや機種の種類を混ぜて使うことはできないのです。

一般的なWi-Fiより値段が高い

新しい製品でもあるため、これまでの一般的なルーターと比較すると値段は高い傾向にあるでしょう。一般的なルーターの場合3,000円以下のものも多くありますが、メッシュWi-Fiは10,000円以上(※)を想定しておく必要があります。
性能やスペックが高い製品が一般的なものより高額になるのは仕方ありません。しかし、今後メッシュWi-Fiがさらに浸透することで、低価格で購入できるようになる場合もあるでしょう。
※メーカーや店舗によっても異なります。

メッシュWi-Fiをおすすめできるケース

メッシュWi-Fiのネットワークを、複数台のパソコンが使っている様子のイメージ
メッシュWi-Fiは室内空間であれば基本的におすすめです。しかし、あまりにも繋ぐデバイスが少ない場合や一人暮らしで部屋が広くない場合など、メッシュWi-Fiの長所を最大限生かすことはできません。
そこで、最後に特にメッシュWi-Fiの設置をおすすめできるケースをご紹介します。

飲食店

飲食店は複数のお客様がスマホの通信を行うでしょう。お客様のスマホで契約している容量を使う場合もありますが、通信量の節約のためにWi-Fi接続環境があればこちらを使いたいという場合も多いはず。
一度に多くのお客様がWi-Fiに繋いだ場合、ルーターに負担がかかり、電波供給も安定しません。
メッシュWi-Fiにすることで、各お客さまに最適なWi-Fi電波を利用することができるようになるでしょう。
特に広いフロアや複数階の経営をしている場合には有効です。
》メッシュWi-Fiの導入事例!飲食店での導入で、売り上げも満足度も改善?

 

オフィスや事務所

比較的小さなオフィスや事務所等にもメッシュWi-Fiはおすすめ。オフィスの場合、複数のノートパソコンやスマホなど、一人台以上のデバイスを繋ぐ可能性が高いはず。この環境で1台のルーターのみで対応する場合、当然速度が低下したり、安定しないという事態を招くかもしれません。
人数や数に応じて、サテライトを増やすことで安定した接続が期待できるようになるでしょう。
》メッシュWi-Fiの導入事例!保育園にも導入できる!オフィスや事務所でも快適な通信環境を!

まとめ

今回は、Wi-Fiとして今注目のメッシュWi-Fiをご紹介しました。
網目状に張り巡らされたネットワークを構築し、より快適で最適なサテライトやルーターに繋いでくれる仕組みのメッシュWi-Fi。特に店舗や小規模オフィスなどには、取り入れたい製品です。



》人気記事:メッシュWi-Fiのおすすめ比較!人気メーカー4選!

》メッシュWi-FiならTP Link?その製品情報や魅力に注目!
 

おすすめ記事一覧

コラム

自動音声翻訳機といえば「ポケトーク」と思っているあなたは要注意!?ポケット翻訳機選びで後悔・失敗しないために!

ポケット自動音声翻訳機のCMでお笑い芸人の明石家さんまさんがPRしている「ポケトーク」。一方、同じくタレント・芸人の出川哲朗さんがCMに出ている「イートーク」。早くからCMを行っているポケトークの認知度が高く、ポケット翻訳機といえばポケトークをイメージする方が多いのでは無いでしょうか?しかし、実際に機能を比較した場合希望の条件によってはポケトーク以外の自動音声翻訳機がおすすめなことも。自動音声翻訳機選びで後悔・失敗したくない方は必見。選び方のポイントや注意点を徹底解説!購入前にぜひ確認してくださいね。また、お得に購入するヒントも解説!

飲食店 レストラン・カフェ インバウンド
2019.10.19
コラム

防犯だけではなくスタッフの生産性も向上!?クラウドカメラの可能性を発見

クラウドカメラ・Drive光導入事例:豚しゃぶ 英様 防犯カメラを導入してからは、いつでも映像を見ることができ、私が不在の間もスタッフがお客様に対して真摯にサービスしているかを確認できるようになり安心です。初めは1つだけでしたが、お店の細部まで見られた方がいいなと感じ2個3個と増え、今では5つ設置しています。

IoT 居酒屋・バー 店舗
2018.06.07
コラム

店内だけでなく地域の防犯にも貢献!お店に関わる全てのヒト・モノを守るクラウドカメラで防犯対策

クラウドカメラ導入事例:呑ませ亭様 最初、営業のお電話をいただいたことがきっかけでWizさんにお願いすることになりました。防犯カメラは、店舗の入り口に外と中2つ設置してもらいました。防犯ももちろんですが、何かあったときのトラブルの回避にもなりますし、何よりお世話になっている地域の皆さまのためにも、店周辺の防犯にも役立てればと思い、設置を決めました。

環境改善 IoT 飲食店
2018.06.05
導入事例

対応がとてもスピーディーで、導入後のフォローも手厚いので安心して業務に臨めています。

業務効率化 オフィス・事務所 生産性向上
2017.05.23

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。