お問い合わせ

【インバウンドとは】わかりやすく解説!使い方や意味を徹底解説!

インバウンドという言葉を耳にする機会が増えてきました。インバウンドという言葉が浸透しつつある中で、いち早く理解して行動に移すことが、売上や集客に繋がる一歩になるはず。そこで今回は「インバウンド」という言葉の持つ意味や正しい使い方を解説していきます。外国人観光客を意識しているあなたの店舗や企業だからこそ、チェックしておきたい内容です。

インバウンドとは?

インバウントとはなんとなく観光業界の用語というイメージが強いのではないでしょうか。訪日外国人が増加していることや、東京オリンピックを目前にして、インバウンドという言葉を耳にする機会も増えてきました。
インバウンドとは何かを理解する際に大切な言葉の意味や語源などをまずは理解していきましょう。
》インバウンド消費とは?関連用語をチェック!

インバウンドの意味

インバウンド(inbound)とは、英語から来ていますが、「~行きの」というboundに、「内へ入る」ニュアンスのinがくっついた形となり、直訳で”本国行き”となりますが、「外国人が日本へ来る」という意味合いが一般的には定着しています。
日本へ訪れる外国人を訪日外国人と言いますが、昨今この訪日外国人が増加し続けているという話を耳にした方も少なくないはず。訪日外国人が増加することで、そのための対応が必要になってきます。また、店舗や企業として集客対策を行うことで新たな顧客層から売上を取れるようになるでしょう。
インバウンドという言葉から派生して、「インバウンド」が付いた言葉が様々あります。インバウンド対策やインバウンド需要、インバウンド消費など「外国から日本へ来る」というニュアンスのインバウンドが根本になった言葉として使われています。

インバウンドとは観光関連のみで使われる?

インバウンドとは、上記でご紹介した観光関連の用語のイメージが強いのではないでしょうか。しかしインバウンドという言葉は、観光業界以外にも複数の業界で使われているのです。それぞれのシーンや業界によって使われ方や細かい意味合い等は異なりますが、広義としてはインバウンドの語源の「外から中へ入ってくる」という意味合いが前提としてあります。
こちらは後ほどご紹介しましょう。
》東京オリンピックで外国人増加?効果的な対策はどんなものがある?

インバウンドの対義語

インバウンドの対義語となるのが「アウトバウンド」。
「中から外へ出る」というニュアンスのoutが付くことにより、「外国へ出る」という意味合いになっています。一般的に「日本から海外へ出る」という意味合いの言葉になります。
観光関連のテーマでは、このインバウンドとアウトバウンドは切り離せないテーマであります。また企業や店舗でも、インバウンド・アウトバウンドともにそれぞれ異なるターゲットになりますが、ビジネスを展開することもできるでしょう。
》アウトバウンドとは?意味や使い方を解説!インバウンドとともに理解しておきたい内容

インバウンドの使い方

インバウンドという言葉は、旅行や観光に関するテーマで使われることが多いイメージですが、実は他にもインバウンドという言葉が使われるシーンがあります。代表的なものを簡単に確認して行きましょう。

観光関連としてのインバウンド

インバウンドという言葉をご存知の方は、真っ先に旅行や観光、外国人観光客をイメージすることが多いのではないでしょうか。最近では、2020年の東京オリンピックを目前にしているため多くの訪日外国人を意識して「インバウンド」という言葉が使われていますね。

ビジネスシーンでのインバウンド

一般的なビジネスシーンでも「インバウンド」と「アウトバウンド」という言葉が使われることがあります。
言葉のニュアンスは観光関連のものと似ていて、インバウンドは「他社や顧客から自社への働きかけ」、アウトバウンドは「自社から他社への働きかけ」と理解すると良いでしょう。営業をかけたり、直接的な働きかけを自社から他社へするのがアウトバウンドとなります。

ネットワークやコンピュータ関連のインバウンド

あまり馴染みのない方もいらっしゃるかもしれませが、パソコンや​​​​​ITに関連してもインバウンドが使われています。
外部の情報が内部に入って来ることを指しますが、メール受信やサイトへの問い合わせ等もインバウンドの一つと言えるでしょう。
》インバウンド対策なら最低限行なっておきたい対策

インバウンドが含まれる言葉とその意味


最近特に注目されているのは、訪日外国人に関連した「インバウンド」という言葉。この観光関連のインバウンドとは一つの言葉だけでなく、様々な言葉画は派生しています。それぞれベースとなるのは「訪日外国人」ですが、それぞれの言葉で意味合いが異なりますので、特に注目されている言葉をピックアップしてご紹介します。

インバウンド対策

インバウンドの言葉の中でも特に耳にする機会が多いのがこのインバウンド対策ではないでしょうか。訪日外国人を集客するために企業や店舗が対策することや訪日外国人が訪日した際に困ることのないような環境を整えておくことについて使われます。
具体的なインバウンド対策を以下でご紹介します。

・無線LANの整備

外国人は日本へ来た時にインターネット接続に困らないよう、Free Wi-Fiや無線Wi-Fiを配備すること

・翻訳サービスや外国語表記

訪日外国人が言語の問題で困らないように、外国語に対応できる環境を整える

・口コミサイトへの掲載

旅行先で訪れる場所や店舗を決める際の情報収集に使われます。そこに掲載することで、外国人が訪れるきっかけになるでしょう。

インバウンド集客

インバウンド対策にも似ていますが、訪日外国人を集客するための方法や訪日外国人を集客すること自体を指しています。上記で挙げた、Wi-Fiや口コミサイト、翻訳サービスを充実することにより、集客できるきっかけになるはずです。
》新しい集客方法のウーバーイーツが人気!エリア情報更新中

インバウンド消費

インバウンド消費とは、訪日外国人が訪日した際に使う金額や消費行動を指します。
観光庁が発表した2020年1月17日の最新データによると、2019年の訪日外国人による旅行消費総額は4兆8000億円に登ります。一人当たりに換算すると約16万円と、莫大な金額が消費として使われていることになりますね。
消費額の内訳としては、全体で見ると消費額が大きい順に「買物代」「宿泊料金」「飲食費」となっています。これだけ大きな金額が日本に入ってくることを考えると、インバウンド消費は決して無視できない重要な言葉となります。
(参考データ:”2019年暦年 全国調査結果(速報)の概要”観光庁HP)
》インバウンド消費とは?2019年4.8兆円で7年連続過去最高。2020年はどうなる?

インバウンド効果

インバウンド効果とは、訪日外国人によってもたらされる日本経済への良い影響を指します。経済効果などとも呼ばれますが、訪日外国人が多額の消費をすることで、雇用や企業・店舗にとっても良い影響を与えることになり、経済全体がより潤うことに繋がります。

インバウンド需要

訪日外国人による外部からの需要という意味合いで使われます。日本を代表とする観光地や東京などは自然と訪日外国人からの需要がありますが、地域差もあるのが実情です。政府としては、インバウンド需要の地域による差を縮小するための対策として、体験できる「コト」消費への注力を重要視しています。資源やアピール方法を工夫してよりインバウンド需要を集められることも課題の一つとなってくるでしょう。
》外国人観光客のランキング!人気の場所は?今のインバウンド需要はなにかがわかる?

インバウンド雇用

インバウンド雇用とは、訪日外国人が増加することでインバウンド需要や効果が高まり、新たな雇用が必要となることを指します。訪日外国人が増加することで、直接的な消費だけでなく、雇用創出や企業のサービス拡充などにも効果があると言えるでしょう。

インバウンド特需

インバウンド消費と同様の意味合いをもつ言葉としてイメージして良いでしょう。訪日外国人が訪日した際の需要に対する消費活動を行うことを指します。この特需が大きければ大きいほど、日本の経済状況にも好影響がもたらされるはずです。
》外国人観光客のランキング!人気の場所は?地方にも広がりが出てきている?

国際イベントはもうすぐ

2019年はラグビーW杯などの開催で多くの外国人観光客が訪日しました。JNTO日本政府観光局のデータによると、2018年の訪日外国人は3,119万人、2019年は3,188万人(推計値)と2.2%の伸び率となって増加しています。また、JTBの予測によると、2020年の訪日外国人数は3,430万人としています。
2020年には東京オリンピックが開催。政府は、2020年に訪日外国人数4,000万人を目標としていますが、この目標値も踏まえるとこれまでにないほどの訪日外国人がくることが予想されます。
その際に、店舗への集客や企業のサービスを選んでもらえるかどうかが、売上にも大きく影響してくるはずです。

(参考データ:”国籍/月別 訪日外客数”JNTO日本政府観光局)
(参考データ:”2020年の旅行動向見通し”株式会社JTB公式サイト)
(参考データ:”明日の日本を支える観光ビジョン 概要”観光庁HP)

》東京オリンピックは目前!集客対策はどうする?

インバウンド対策に注力しよう


翻訳サービス

インバウンド対策として必要とされる対策の一つが、「翻訳サービス」や外国語表記に関する対策。
日本語のわからない外国人が店舗を利用する際、見慣れない言語や外国語の全く通じないスタッフしかいない場合、不安になります。そのため、訪日外国人は外国語が喋れるスタッフのいる店舗を探したり、翻訳できるサービスを導入した店を選ぶのではないでしょうか。
翻訳サービスは、日本語を外国語に翻訳してくれる優れもの。英語だけでなく、世界中の言語を対象としているサービスもあるくらいです。こうしたサービスの導入が難しい場合は、店内の日本語表記を外国語用としても用意しておくようにすると良いでしょう。
店の看板や目立つところに「外国語OK」や「翻訳サービス有り」などわかりやすく表示しておくと集客に効果があるかもしれません。

》自動翻訳イートークは73ヶ国もの言語を翻訳してくれる?

口コミサイト

インバウンド対策として有力なのが、口コミサイトへの掲載。旅行先の情報は、こうした口コミサイトから情報収集することが多く、外国人にとっても役立つツールとして注目されています。特に訪日外国人の1/4を占める中国人観光客は口コミ文化が浸透しているため、様々な情報を口コミサイトから集めるとも言われています。

そこで有効なのが、トリップアドバイザー。世界最大の旅行口コミサイトとして世界28の言語版で展開されていて、月間4.6億人ものユーザーに利用されているのです。その掲載数は860万施設にも及び、8.3億もの口コミが寄せられているのです。
これほどまでに大きな口コミサイトへ掲載することは、外国人観光客の集客を考える上で重要な対策と言えるでしょう。
(参考データ:”メディアセンター”Tripadvisor公式サイト)

》トリップアドバイザーとは?個人も店舗も知っておきたい情報!

Wi-Fi環境

忘れてはいけないインバウンド対策の一つとして最後にご紹介するのが「oWi-Fi環境」。外国人が訪日した際に情報収集を行うのは、スマホやタブレットなどを使ったインターネットでしょう。この時、持ち運び可能なWi-Fiルーターがない場合はインターネット接続するのが難しくなります。スマホの通信容量も気になるところです。店舗では、無料でWi-Fiを配備するなどして、外国人がインターネットでの情報収集に困らない環境を整えておくと良いでしょう。

特に飲食店や小売店などでは、ちょっとしたことを検索する場合も多いはずです。そんなときにスムーズにWi-Fi接続できるのが外国人にとっても嬉しいポイント。
この場合も、店舗の看板等に「Free Wi-Fi」などど目立つように明記しておくことで、集客のきっかけに繋がるはずです。
》インバウンド対策ならまずはWi-Fi完備が常識?オススメのDecoとは?

インバウンドに関する準備をするなら今

今回はインバウンドに関する言葉の意味を中心にご紹介しました。東京オリンピックなどの国際イベントを目前としたなかで、訪日外国人数も拡大していくことが予想されています。

今回ご紹介した「インバウンド」の言葉の意味を理解した上で、今取るべきインバウンド対策を万全に整えていきましょう。

》インバウンド対策は何を優先すべき?店舗や企業に合ったインバウンド対策を相談!
》今話題のウーバーイーツもインバウンド対策に有効?

おすすめ記事一覧

コラム

大衆点評やトリップアドバイザーに登録!集客なら代行サービスが効果的?

外国人観光客の集客を考えるなら、口コミサイトへの登録と運用が効果的。外国人は口コミサイトを参考にして日本の情報を得ています。特にそのなかでもトリップアドバイザーは世界共通で使われている最大規模の口コミサイト。また、中国人観光客の集客を狙うためには個別で大衆点評への登録がおすすめ。今回はこの2つの口コミサイトのサービスを中心にご紹介していきます!

インバウンド 飲食店 居酒屋・バー
2019.08.15
コラム

【インバウンド対策】増加する訪日外国人が店舗に求める対策とは?

インバウンド対策に注目!2019年の訪日外国人数は3180万人を突破。今後控える東京オリンピックや大阪万博に向けてさらにインバウンド対策に注力したいところ。しかしインバウンド対策とは何かという点やインバウンドに関する知識を深めることがまずは重要です。このページでは、インバウンド対策を中心に解説しながら訪日外国人に求められている対策をご紹介していきます。

店舗 居酒屋・バー 飲食店
2019.08.15
コラム

【東京オリンピックを機に外国人観光客が増加】対策や集客はどうする?

東京オリンピックを機に外国人観光客はさらに増加すると見込まれています。近年の訪日外国人数のデータを踏まえながら、外国人観光客を集客に欠かせないインバウンド対策を厳選紹介!新型コロナウィルスの影響で開催されるかという点にも注目が集まっていますが、今のうちに企業や店舗が準備しておくことで、今後の訪日外国人の集客や国際イベント開催時にも役立つでしょう。

インバウンド 飲食店 集客改善・集客方法
2019.11.21
コラム

Googleマイビジネスがインバウンドに有効?飲食店で整えたい対策3選

《Googleマイビジネスインはインバウンド対策に使えるの?》増加する外国人観光客に対して、飲食店が準備しておきたいインバウンド対策に注目!王道の集客サービス、インスタグラムやトリップアドバイザーに加えて、注目のGoogleマイビジネスについてもご紹介!今後のオリンピック開催や大阪万博など、訪日外国人が増加するなかでどのようなインバウンド対策をとるべきなのでしょうか。その選択肢として有効なサービスを厳選してご紹介していきます!

レストラン・カフェ 居酒屋・バー SNS
2019.11.26

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。