お問い合わせ

店舗やビジネスでLINEを活用する方法|SNSマーケティングをお考えの方へ

SNSマーケティングのうち、顧客とのコミュニケーション手段を拡充したい方におすすめするのが、ビジネス版のLINEを導入することです。LINEといえばメッセージやチャット機能が代表的ですが、そうした即効性の高いツールをそのまま販促にも活用できます。

今回は、店舗やビジネスでLINEを活用する方法をお伝えしていきます。「集客はSEOやTwitterでも十分」という方は、ユーザーの満足度を高めることができるLINEを併用してみてはいかがでしょうか。

SNSマーケティングにはなぜLINEが効果的なのか?

TwitterやFacebook、Instagramなどを利用して販促や集客を行うことをSNSマーケティングといいます。そのSNSマーケティングのなかでも特にLINE(ライン)に注目が集まっています。

LINEは、友人や知り合い同士で気軽にチャットができるコミュニケーションアプリです。すでに国内のユーザー数は7,600万人を超えているため、個人で利用したことのある方も多いでしょう。

ただ、最近ではビジネスとしてLINEを利用することも一般化しつつあります。

店舗経営者や法人向けのLINEは「LINE@」と呼ばれ、集客や販促を行うための様々な機能が備わっています。たとえば、顧客と1対1でチャットができるコミュニケーションツールや、ファンに向けて情報を一斉に発信できるなど、SNSマーケティングに必要な機能が充実しているといえるでしょう。

そのため、企業のブランド価値を高めりたり、潜在顧客や顕在顧客の獲得といった役割を果たします。また、数あるSNSのなかでも、LINEは国内ユーザーとの親和性が高いため、今まで以上に顧客と近い距離でコミュニケーションをとることができます。

ここからは、LINE@の特徴や機能についてより詳しくお伝えしていきます。SNSマーケティングを実施したいとお考えの事業主の方は、ぜひご参考にしてみてください。

>>LINEマーケティングに興味のある方はこちら
 

LINE@の特徴と3つの機能|リアルタイムの販促に最適

LINEにはもともとチャット機能という、即効性に優れたツールを備えています。もちろんLINE@にも即効性のメリットは引き継がれており、そのまま顧客とのコミュニケーション手段として活用できます。

LINEで基本的に利用できる「メッセージ」や「グループトーク」といった機能のほか、ビジネス向けにさらに3つの機能を持ちます。

  • メッセージ一斉配信
  • 1対1トーク
  • タイムライン

それぞれの機能については以下で詳しくお伝えしています。

メッセージ一斉配信

LINE@では、一度作成したメッセージを一斉に配信することが可能です。

たとえば、店舗経営者の方が新メニューを開発したという情報を伝えたければ、一斉配信機能を使ってメッセージを送るだけで済みます。企業アカウントと友達になっているユーザーであれば、その一斉送信メッセージを受け取ることができるのです。

TwitterやFacebookでも同様の配信が可能ですが、相手に見てもらえない可能性も少なくありません。しかし、LINE@の場合は友達ユーザー限定で一斉配信するため、自然とユーザーの視認率も高まりやすいのです。

1対1トーク

1対1トークとは、特定のユーザーとマンツーマンでコミュニケーションできる機能です。

たとえば、企業の商品について質問があるユーザーがいたとしましょう。しかし、わざわざ企業の公式ホームページから問い合わせたり、電話するのが面倒という方もいらっしゃいます。

そこで、1対1トークを利用することで、ユーザーが気軽に企業に質問や問い合わせを行うことが可能です。もちろんマンツーマンなのでプライバシーの問題もありません。1対1トークを活用して個人の顧客と密なコミュニケーションができれば、自社のファンになってくれる可能性も高まります。

タイムライン

LINE@のタイムライン機能では、顧客やファンのタイムライン上に情報を投稿することができます。新商品や新しいサービス、セール情報などをタイムライン上に流しておけば、顧客から情報が拡散し、見込み顧客や潜在顧客にも見てもらえる可能性が高まるということです。

また、タイムライン上の投稿には「いいね」やコメントを付けることもできるため、顧客とのコミュニケーションの場としても適しています。

>>LINEマーケティングに興味のある方はこちら

LINE@のサービス価格

LINE@のサービス価格は次の通りです。

LINE@フリー 0円
LINE@ベーシック 5,000円
LINE@プロ 20,000円
LINE@サポートライトプラン 5,000円
LINE@サポートスタンダードプラン 10,000円

LINE@フリープランでも、メッセージやタイムライン、1対1トークなど基本的な機能は利用できます。

ただし、1ヶ月に発信できるメッセージは1,000通までに制限され、タイムラインも月に4回までしか使えません。また、フリープランではメッセージ一括送信機能が使えない点も注意してください。

より本格的にSNSマーケティングを行う場合には、ほとんどの機能が制限なく使える「LINE@ベーシック」か、すべての機能が使える「LINE@プロ」がおすすめです。

>>LINEマーケティングに興味のある方はこちら

まとめ

LINE@を利用することで即効性の高いSNSマーケティングが可能になります。メッセージの一斉配信や1対1機能があるため、ユーザーやファンに向けてより密接なコミュニケーションがとれるようになるでしょう。

当サイトでもLINE@をより詳しく紹介しています。「もう少し詳しくLINE@を知りたい」「値段や使い方について質問したい」という方は、ぜひ以下をご確認ください。

LINE@

LINE@

リアルタイムに販促・PRができるコミュニケーションツール。

詳しくはこちら

おすすめ記事一覧

コラム

自動音声翻訳機といえば「ポケトーク」と思っているあなたは要注意!?ポケット翻訳機選びで後悔・失敗しないために!

ポケット自動音声翻訳機のCMでお笑い芸人の明石家さんまさんがPRしている「ポケトーク」。一方、同じくタレント・芸人の出川哲朗さんがCMに出ている「イートーク」。早くからCMを行っているポケトークの認知度が高く、ポケット翻訳機といえばポケトークをイメージする方が多いのでは無いでしょうか?しかし、実際に機能を比較した場合希望の条件によってはポケトーク以外の自動音声翻訳機がおすすめなことも。自動音声翻訳機選びで後悔・失敗したくない方は必見。選び方のポイントや注意点を徹底解説!購入前にぜひ確認してくださいね。また、お得に購入するヒントも解説!

居酒屋・バー 接客 インバウンド
2019.10.19
コラム

防犯だけではなくスタッフの生産性も向上!?クラウドカメラの可能性を発見

クラウドカメラ・Drive光導入事例:豚しゃぶ 英様 防犯カメラを導入してからは、いつでも映像を見ることができ、私が不在の間もスタッフがお客様に対して真摯にサービスしているかを確認できるようになり安心です。初めは1つだけでしたが、お店の細部まで見られた方がいいなと感じ2個3個と増え、今では5つ設置しています。

美容院・美容サロン IoT 飲食店
2018.06.07
コラム

店内だけでなく地域の防犯にも貢献!お店に関わる全てのヒト・モノを守るクラウドカメラで防犯対策

クラウドカメラ導入事例:呑ませ亭様 最初、営業のお電話をいただいたことがきっかけでWizさんにお願いすることになりました。防犯カメラは、店舗の入り口に外と中2つ設置してもらいました。防犯ももちろんですが、何かあったときのトラブルの回避にもなりますし、何よりお世話になっている地域の皆さまのためにも、店周辺の防犯にも役立てればと思い、設置を決めました。

生産性向上 業務改善 店舗
2018.06.05
コラム

効果的なクーポンで売上UP!飲食店のクーポンアイデアと集客に強いツール4選

クーポンは、上手に使うことで集客アップにつなげられるツールです。しかし、「クーポンを使うと売上が減る」「値引き目当てのお客さまばかり来る」といったマイナスイメージを持っている方もいるでしょう。そこで本記事では、クーポンの集客効果を最大限に引き出すために気をつけたいことと、飲食店におすすめのクーポンツールをご紹介します。

レストラン・カフェ 集客改善・集客方法 IT化
2019.11.18

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。