お問い合わせ

ノートPC選びのコツを徹底解説!テレワークに最適なPCの選び方とは?

新型コロナウイルスの影響などから、近ごろではリモートワークや在宅勤務への業務移行が急激に加速しています。

今回は、そんなリモートワークに必要不可欠なノートPCの選び方について、製品スペックの注目すべきポイントや選び方のコツなどを中心に、わかりやすくご紹介いたします。

ノートPCの選び方のコツ・ポイント

ノートPCを新しく購入しようと思ったときには、下図のようなスペック表から自分に合った機種を判断しなければなりませんが、「どの項目のどの部分を見れば良いのか」イマイチわからないという方も多いのではないでしょうか。

一見すると難しいことが書いてあるような気がしてしまいますが、ノートPCを選ぶ際には、最低限以下の3つのポイントをしっかりと押さえておくことで、無駄な買い物や手痛い失敗を未然に防ぐことができます。

①CPUの性能:性能を左右する部分
②メモリ(RAM)の容量:マルチタスク性能を左右する部分
③ストレージ(SSD)の容量:ファイルの保存領域や動作の速度を左右する部分

ここからは、これらの3つの項目について、順を追って見ていきましょう。

①CPUの性能



まずは、コンピュータシステム全体の中心部分でもあり、ノートPC本体の性能を大きく左右する「CPUの性能」に注目することが重要です。

「CPU」とは、コンピュータの頭脳に相当する部分を指すもので、ノートPCにおける中心的な演算処理を担当します。

このCPUには、主にIntel(インテル)社の開発する「Core iシリーズ」と、AMD(エーエムディー)社の開発する「Ryzenシリーズ」の、大きく分けて2種類の選択肢が存在します。

Core iシリーズ



まず、Intel社の「Core iシリーズ」ですが、これには「Core i3・Core i5・Core i7・Core i9」の、主に4つのナンバリングモデルがあり、末尾の数字が大きくなればなるほど、より高性能かつ値段も高価になっていきます。

Ryzenシリーズ



一方、AMD社の「Ryzenシリーズ」ですが、こちらもIntel製のCPUと同様に「Ryzen3・Ryzen5・Ryzen7・Ryzen9」の、主に4つのナンバリングモデルがあり、やはり末尾の数字が大きくなればなるほど、より高性能かつ値段も高騰していきます。

どちらを選べばいいの?

どちらのCPUを選んでも基本的に問題はありませんが、動画の視聴やテキストの編集、Webブラウジングなどの軽い作業が中心ということであれば、Intel製のCPUであれば「Core i3」以上のグレードを、AMD製のCPUであれば「Ryzen3」以上のグレードを選択しておくのが良いでしょう。

逆に、動画編集や音楽制作など、クリエイティブな作業が中心ということであれば、Intel製のCPUであれば「Core i7」以上のグレードを、AMD製のCPUであれば「Ryzen7」以上のグレードを選択しておくのが無難と言えます。

②メモリ(RAM)の容量



続いては、コンピュータシステムにおけるマルチタスク性能を左右する「メモリ(RAM)の容量」についても、気を配っておくことが大切です。

「メモリ(RAM)」とは、コンピュータシステムにおける一時的な記録の保存領域を指すもので、複数のソフトウェアを立ち上げた場合の動作の軽快さに関連します。

一般的なノートPCの場合であれば、4GB、8GB、16GB、32GBなどのように、あらかじめメモリの容量が決まっている場合がほとんどですが、メモリの容量が多ければ多いほど、複数の作業をマルチタスクで実行することができるようになります。

たとえば、一度に複数のタブを開きながら並列して作業を行いたい場合や、ウェブ会議に出席しながら別のソフトウェアを立ち上げたい場合などにおいては、メモリの容量が多いものを選択しておくことで、動作が重くなったり画面がカクついたりといった作業中のストレスを解消させることができます。

購入後にメモリの容量を増設することができるノートPCも一部存在はしますが、その場合は自己責任で本体を分解してから内部のメイン基盤にアクセスする必要があるため、あまりおすすめはできません。

購入時におけるメモリの容量は、可能な限り8GB以上のものを選択しておくと、後々の容量不足による動作のストレスなどを回避することができるため、なるべく余裕をもって選択することが大切です。

自宅のWi-Fiには「TP-Link」がおすすめ!詳細はこちらから!

③ストレージ(SSD)の容量



そして最後は、コンピュータシステムにおけるファイルの保存領域や動作の速度を左右する「ストレージ(SSD)の容量」についても、しっかりと確認しておきましょう。

「ストレージ」とは、コンピュータシステムにおけるファイルの保存領域を指すもので、一般的には読み書きの速度が遅い旧型の「HDD(ハードディスクドライブ)」と、読み書きの速度が速い新型の「SSD(ソリッドステートドライブ)」の、大きく分けて2種類のストレージ種類があります。

最近のノートPCにおいては、動作速度が速いSSDが標準で搭載されているものがほとんどですが、安価なモデルのなかには依然としてHDDが採用されているケースもあるため、PC本体の起動やシャットダウンなど、諸々の動作をスピーディに行いたいという場合には、必ずSSDを選んでおくようにしましょう。

また、このストレージにもメモリと同様に、250GB、500GB、1TB(テラバイト)などのように、ファイルを保存できる容量があらかじめ決められているため、より多くのファイルをPC本体に保存しておきたい場合には、なるべく容量の多いものを選んでおくと良いでしょう。

Wi-Fiなら「TP-Link」がおすすめ!評判や口コミ、おすすめ製品は?

本体の大きさやバッテリーの時間も重要



ノートPC選びにおいては、PC本体の大きさやバッテリーの駆動時間なども重要なポイントのひとつです。

画面の大きさで選ぶ



一般的なノートPCのモニタサイズとしては、以下のようなサイズ群が挙げられます。

13インチ:横28.7cm x 縦16.2cm 対角線33.0cm
14インチ:横30.9cm x 縦17.4cm 対角線35.6cm
15インチ:横33.2cm x 縦18.7cm 対角線38.1cm
16インチ:横35.4cm x 縦19.9cm 対角線40.6cm

画面サイズが大きければ大きいほどモニタの視認性は上がりますが、そのぶん本体が大型化してしまうため、携帯性という面ではデメリットとなってしまいます。

逆に、本体が小さければ小さいほど携帯性は上がりますが、そのぶん画面サイズが小型化してしまうため、視認性という面ではデメリットとなってしまいます。

どちらが適切な選択かは、ノートPCの利用目的や作業の内容にもよって異なりますが、「コンパクトなサイズ感で持ち運びを優先したい」ということであれば14インチ以下を、「より大きな画面で作業に集中したい」ということであれば15インチ以上を選んでおくのがベターです。

バッテリーの容量で選ぶ



ノートPC本体における「バッテリーの容量」も、意外と見落としがちなポイントのひとつです。

特に、外出先でのちょっとした作業などを想定している頻繁に行いたい場合には、電源が確保できないカフェや喫茶店などを利用する機会も多いことでしょう。

近ごろでは、リチウムイオンバッテリーの進化にともなって、小型軽量かつ大容量のバッテリーが安価に生産できるようになってきましたが、電源が確保できない屋外での作業がメインということであれば、なるべく「10時間以上」のバッテリー持ちが期待できる製品を購入しておきましょう。

ノートPCとともにWi-Fi環境も見直し!バンドステアリング機能って必要?

まとめ

今回は、リモートワークに必要なノートPCの選び方について、製品スペックの注目すべきポイントや選び方のコツなどを中心に、わかりやすくご紹介いたしました。

日々の仕事の生産性にも直結するため、今回の記事を参考にしながら、自分に合った最適なノートPCを選んでみてはいかがでしょうか。

西村大臣がテレワークを再度推進?準備したい在宅環境とは?

店舗・オフィスのDXに関する
お問い合わせはこちらから
DXコンシェルジュに相談する(無料)

おすすめ記事一覧

コラム

【Wi-Fiが遅い】7つの原因とすぐに試せる解決策とは?

Wi-Fiが遅い!なかなかスムーズにインターネットが使えないとイライラしてしまうもの。そこで今回は、Wi-Fiが遅いときに考えられる7つの原因と対処法をご紹介していきます。すぐにできる対処法もあるので、ぜひ試してみてください!また、解決策の選択肢の一つとして、快適な通信環境を整える注目のTP Link社のなかから人気Wi-Fi製品もご紹介していきます。

Wi-Fi 飲食店 オフィス・事務所
2018.12.04
コラム

【ルーターに繋がらない時はこれを試して】端末別の解決策20選を徹底公開!

ルーターが繋がらない時はどうすればいい?突然ルーターの調子が悪くなったり接続ができなくなったという方も少なくありません。このページでは、ルーターが繋がらないときの原因と、誰でもできる解決策を合計20選としてご紹介。しかもスマホとパソコンの端末別でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

インバウンド インターネット回線 Wi-Fi
2019.09.26
コラム

【Wi-Fiルーターの選び方】初心者にもわかるポイント伝授!おすすめ機種も

Wi-Fiルーターの選び方を徹底解説!初心者の方でもわかるよう、わかりやすくポイントに絞ってご紹介。これを踏まえれば、Wi-Fiルーター選びの際の不安が軽減!また、特に今おすすめのWi-Fiルーター製品を3つ厳選してご紹介していきます。

インターネット回線 飲食店 Wi-Fi
2019.05.23
コラム

【Wi-Fiの周波数帯域2.4GHzと5GHzとは】違いや使い分けは必要?

Wi-Fiの電波として使える周波数帯域「2.4GHz」「5GHz」に注目!この2つの周波数帯の特徴や違い、それぞれのデメリットまで徹底解説。Wi-Fiが繋がりにくいときに考えたいのが、この周波数帯域についてですが、この二つの切り替えや使い分けは必要なのでしょうか。また、そうした使い分けの必要がない、便利で高性能なメッシュWi-Fiにも注目してご紹介していきます。

環境改善 Wi-Fi 集客改善・集客方法
2020.03.03
この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

Y.Masaki

通信回線の営業からライターへ転身。営業時代に培った経験や知識を活かし、WiFiやモバイル回線などのインターネット関連記事を中心に執筆している。

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。