お問い合わせ

5分でわかるインスタグラムの写真&動画の投稿の仕方!【店舗初心者編】

企業や店舗においてメジャーになってきたインスタグラム集客。最近インスタグラムを使ってビジネスを始めようと考えている方は、なんとなくインスタグラムのアプリをダウンロードしてみたものの「インスタの投稿の仕方がいまいち分からない」とお困りのオーナーも少なくないのではないでしょうか。
 

本記事では、インスタグラムへ写真や動画を撮影し、コメントやハッシュタグを付けて投稿する基本的な一連の流れと、複数の写真を投稿する仕方などについても分かりやすく紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。


>>ハッシュタグの効果的な付け方についてもっと詳しく知りたい方はこちら
>>インスタグラムの検索方法について詳しく知りたい方はこちら

ガイドブック

店舗オーナー必見!SNS集客ガイドを無料公開!

SNSを活用して売上アップに貢献

ダウンロードはこちら

インスタグラムに画像や動画を投稿できる3つの場所

インスタグラムの投稿を始める前に、まずはインスタグラムにはどのような投稿方法があるのか知っておく必要があります。ここでは、インスタグラムに写真や動画を投稿できる「フィード」「ストーリーズ」「IGTV」の3種類についてかんたんに紹介します。

フィード(通常投稿)

インスタグラムの投稿といえば、フィード画面への通常投稿のことを指します。写真と一緒に「キャプション」「ハッシュタグ(#)」を付けることで、インスタグラムに上げた投稿を見てくれた人がいいねやコメントをしてくれます。

ストーリーズ

ストーリーズは通常のフィード投稿と異なり、24時間で自動的に消える投稿のことです。1つの枠に15秒の動画を投稿できます。撮影は、ホーム画面左上のボタンからしてみてください。テキストや絵文字、ハッシュタグを入れて目を惹く動画を作成してみるとよいでしょう。ストーリーズはすぐ消えるため、ギャラリーの世界観を崩すこともありませんし、手軽に投稿できるのでおすすめです。

IGTV

「IGTV」は、2018年6月より始まったインスタグラム動画投稿の新機能のことです。「インスタグラムテレビ」を略して「IGTV」といいます。「IGTV」の大きな魅力は、なんと最大60分の動画に対応していることです。これまでフィード投稿では最大1分、ストーリーズでは最大15秒しか動画撮影を行うことができなかったため、youtubeのような感覚で活用することができます。


>>無料なのに効果的?!インスタグラム投稿で効率的に宣伝する方法とは?

インスタグラムのフィードへ画像・動画を投稿する方法

インスタグラムの3つの投稿方法について理解した後は、さっそくインスタグラムの投稿の仕方についてみていきましょう。ここでは、インスタグラムの中でも一番利用頻度の高いとされる「フィード投稿」にフォーカスを当てて紹介したいと思います。

フィード投稿では「写真を撮影して投稿する方法」と「カメラロールの画像を投稿する方法」があります。それぞれみていきましょう。

写真を撮影して投稿する方法

インスタグラムに写真や動画を撮影して投稿する方法は、以下のステップで行うことができます。
 

STEP1.撮影モードへの切り替え

まずはじめにインスタグラムを開くと、自分がフォローしているアカウントの最新の投稿が表示されます。画像を投稿する場合は、下部の「+」ボタンをタップすると写真を選択する画面に移ります。今回はスマートフォンのカメラを起動して撮影する方法なので、「写真」をタップします。



 

STEP2.写真や動画を撮影し編集する


「写真」をタップした後は、カメラが起動するので被写体にピントを合わせ、下部中央の「〇」をタップするとシャッターが切れます。撮影が完了した後は、自動的に写真の加工画面に移ります。ここでは、「フィルター機能」と「編集機能」により好みの画像にアレンジすることができます。


≪フィルター≫


フィルターは、撮影した写真をより魅力的に変えるために加工する機能のことです。画面を横にスライドすることでレトロな雰囲気やモノクロなどに加工することが可能です。このフィルター機能は、知識や技術を持ち合わせていなくてもオシャレな画像に仕上げることができるのでおススメです。


≪編集≫

 

つづいて編集は、画像の角度や明るさ、コントラスト、色合いなどを調整することができる機能です。明るさやコントラストを変えたい時は、スライダーを左右に動かすと好みのテイストに調整することが可能です。



 
>>無料なのに効果的?!インスタグラム投稿で効率的に宣伝する方法とは?

 STEP3.キャプション・位置情報の追加

最後は、キャプションの入力やタグ付け、位置情報の追加などを設定します。

≪キャプションの入力・ハッシュタグの設定≫

コメントやハッシュタグを入力する場合は、「キャプションを書く」をタップすると入力できます。より多くのユーザーへ投稿を見てもらうようにするために、ここで重要となるのが「ハッシュタグ(#)」の設定です。


ハッシュタグを利用する場合は、「#スペインバル」のように、キーワードの前に「#」をつけましょう。投稿にハッシュタグを設定することで、自分のことをフォローしていないユーザーが特定のハッシュタグを検索したときに見つけられるようになります。

コメントとハッシュタグの入力が完了したら「OK」をタップしましょう。



>>ハッシュタグの効果的な付け方についてもっと詳しく知りたい方はこちら

≪位置情報の追加≫
 

インスタグラムでは、投稿に併せて位置情報を設定することができます。とくに自店の料理の写真をアピールしたい場合は、位置情報を付けて投稿すると、集客につながる可能性が期待できるでしょう。


位置情報を追加する場合は、「場所を追加」をタップします。今いる位置情報から候補が表示されるのでそこから選択します。もし投稿したい写真の場所からすでに移動している場合は、虫眼鏡マークで該当の場所を検索し設定することも可能です。

カメラロールからインスタグラムのフィードへ写真・動画を投稿する方法

つづいて、自分のスマートフォンに保存されているカメラロールからインスタグラムのフィードへ写真や動画を投稿する方法をみていきましょう。

STEP1.カメラロールから写真や動画を選ぶ

単体で投稿する場合

まずは、フィード画面の下部に表示されている「+」マークをタップしましょう。次にカメラロールの写真を選択したい場合は、「ライブラリ」をタップします。ここで単体の写真を投稿する場合は、写真一覧の中から一枚投稿する写真を選び、「次へ」にタップします。


複数枚で投稿する場合

複数枚の写真をインスタグラムへ投稿したい場合は、「複数を選択」をタップしましょう。写真一覧が表示され投稿したい写真の右上に「〇」マークが出てくるので、投稿したい写真を選択をします。複数投稿では、動画も合わせて合計10枚まで選択することが可能です。



STEP2.編集する

写真の選択が終わった後は、フィルター機能などで写真の編集を行います。複数枚選択した場合だと、選択した写真すべてにエフェクト設定することもできますし、各投稿をタップすると単体で編集することも可能です。好みに合わせて編集するといいでしょう。


STEP3.キャプション・位置情報の追加

最後は「写真や動画を撮影して投稿する」の章でもお伝えした内容と同様に、コメントやタグ、位置情報などについて設定を行います。「シェア」をタップすれば投稿が完了です。

PCでもインスタグラムへ投稿出来る?スマホ(iPhone/Android)だけ?

基本的にスマートフォンのアプリで投稿を行うインスタグラムですが、「PC(パソコン)で投稿できるの?」と疑問をお持ちの方も少なくないでしょう。

結論から述べると「PC(パソコン)での投稿は不可」となります。その理由として、インスタグラムはスマートフォンでの利用を中心に考えて開発されているため、PC版には対応していないのです。ただしアプリの開発者が使っている「デベロッパーツール」という方法をとれば投稿することも可能でです。知っておくと損はないので覚えておくといいでしょう。

投稿反響の分析をしよう

インスタグラムを投稿したら、その投稿がどんな反響を得ているか分析しましょう。反響によって、今後の投稿内容をどうするかの方向性を決めることができるからです。投稿の反響を知るには、インスタグラムのインサイトを利用してみてください。インサイトとは、インスタグラム公式が提供している解析ツールです。解析ツールを利用するためには、ビジネスプロフィールへの切り替えが必要になります。

インサイトを使うことによって、以下のデータが見られます。

  • インプレッション:投稿が見られた数
  • プロフィールのアクセス:プロフィールが閲覧された数
  • リーチ:投稿を見たユーザーの数
  • フォロワー:男女、年齢
  • Webサイトクリック:プロフイールのWebサイトをクリックした数

ここで一つ覚えていきたいことがインプレッションとリーチ数の違いです。これらは、似ているようで少し意味合いが異なります。インプレッションは、「投稿が見られた合計回数」のことを指し、リーチ数は「投稿をみたユニークユーザーの数」になります。つまりインプレッション数は一人が何回みても全てカウントされることに対し、リーチ数は一人が何回みてもカウント1ということになります。数値を分析する際は、理解しておく必要があるので覚えておきましょう。 

また「どのくらい閲覧されているかな?」とインプレッションを気にしてしまいがちですが、インプレッションと同様に大事なのは、プロフィールへのアクセス数です。インスタグラムで誰かをフォローするときは、必ずプロフィールに行く必要があります。ですので、投稿で興味をもった人がプロフィールまでたどり着いているかを分析することは重要になります。ユーザーの傾向がつかめたら、ユーザーに反響がありそうなコンテンツを増やしていきましょう。

>>無料なのに効果的?!インスタグラム投稿で効率的に宣伝する方法とは?

>>インスタグラム広告より費用対効果が高い?Insta Townとは

まとめ

今回は、インスタグラムへ写真や動画を撮影し、コメントやハッシュタグを付けて投稿する一連の流れや、複数の写真を投稿する方法などについて解説しました。今やインスタグラムはSNSの中でも企業や店舗のマーケティングツールとして欠かせないサービスになっています。インスタグラムを始めたばかりの方は、今回の記事を参考にインスタグラムの使い方をマスターして、投稿がキレイに見えるコツや自分なりのポイントを発見するといいでしょう。

ガイドブック

店舗オーナー必見!SNS集客ガイドを無料公開!

SNSを活用して売上アップに貢献

ダウンロードはこちら
店舗・オフィスのDXに関する
お問い合わせはこちらから
DXコンシェルジュに相談する(無料)

おすすめ記事一覧

コラム

効果的なクーポンで売上UP!飲食店のクーポンアイデアと集客に強いツール4選

クーポンは、上手に使うことで集客アップにつなげられるツールです。しかし、「クーポンを使うと売上が減る」「値引き目当てのお客さまばかり来る」といったマイナスイメージを持っている方もいるでしょう。そこで本記事では、クーポンの集客効果を最大限に引き出すために気をつけたいことと、飲食店におすすめのクーポンツールをご紹介します。

集客改善・集客方法 レストラン・カフェ IT化
2019.11.18
コラム

【東京オリンピックを機に外国人観光客が増加】対策や集客はどうする?

東京オリンピックを機に外国人観光客はさらに増加すると見込まれています。近年の訪日外国人数のデータを踏まえながら、外国人観光客を集客に欠かせないインバウンド対策を厳選紹介!新型コロナウィルスの影響で開催されるかという点にも注目が集まっていますが、今のうちに企業や店舗が準備しておくことで、今後の訪日外国人の集客や国際イベント開催時にも役立つでしょう。

集客改善・集客方法 インバウンド 飲食店
2019.11.21
コラム

Googleマイビジネスがインバウンドに有効?飲食店で整えたい対策3選

《Googleマイビジネスインはインバウンド対策に使えるの?》増加する外国人観光客に対して、飲食店が準備しておきたいインバウンド対策に注目!王道の集客サービス、インスタグラムやトリップアドバイザーに加えて、注目のGoogleマイビジネスについてもご紹介!今後のオリンピック開催や大阪万博など、訪日外国人が増加するなかでどのようなインバウンド対策をとるべきなのでしょうか。その選択肢として有効なサービスを厳選してご紹介していきます!

インバウンド SNS 認知拡大
2019.11.26
コラム

【成功の秘訣】店舗集客の成功にはインスタ・SNSが効果的!インスタ集客のカギとなる運用代行サービスで効率的な集客を!

今回の記事では、インスタグラムを用いた店舗集客の強い味方「インスタタウン」をご紹介します。/デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

集客改善・集客方法 SNS 美容院・美容サロン
2019.03.05

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。