お問い合わせ

インスタグラムのビジネスアカウントとは?メリットや作成手順、活用方法を紹介!

ここ最近、企業や店舗においてSNSを活用したマーケティングが注目を浴びるなか、インスタグラムのビジネスアカウントの利用ニーズが高まりを見せています。店舗のオーナーの中には、個人用のアカウントは持っているものの、ビジネス用のアカウントは持っていないという方や、うまくビジネスアカウントを活用できていないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、インスタグラムのビジネスアカウントとはどのような特徴があるのか、作成手順や集客に使える活用方法まで詳しく解説したいと思います。企業や店舗でインスタグラムのビジネスアカウントを活用したいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

インスタグラムを活用する企業が増えた理由とは?


インスタグラムをマーケティングに活用する前に、まずインスタグラムをビジネスに活用する企業が増えた理由を知っておく必要があります。ここでは、2つの理由についてみていきましょう。

インスタグラムの利用者の増加


そもそもインスタグラムのビジネスアカウントが企業や店舗でのマーケティングに活用されている一番大きな理由は、インスタグラムを日常で使用する消費者が増えていることが挙げられます。現在インスタグラムの利用者は世界においては10億人、国内では2000万人と非常に多くの人に支持されています。

これまでは、どちらかというとFacebookやTwitterをSNSマーケティングに活用する企業や店舗が多い傾向にありました。しかし次第にインスタグラムのユーザー数が増加してきたことにより注目度は上がり、インスタグラムをマーケティングに活用するところが増えてきたのです。

写真や動画を利用して視覚的に訴えることができる


SNSマーケティングとしてTwitterも有効な手法として活用されています。とくにTwitterは、商品名やキャンペーン名など特定のハッシュタグをつけたツイートが一般的です。認知度を上げるためには、この手法は非常に有効ですが、購買につながるユーザーの意欲を高めることには最適とはいえないでしょう。

一方、インスタグラムは写真や動画などを使って投稿を行うことがメインとなります。そのためTwitterのテキスト投稿と異なり、直感的・情緒的な情報を伝え、ユーザーの心を動かすことができるのです。この理由からもインスタグラムをマーケティングに活用する企業が増えてきたといえるでしょう。

>>インスタ集客に興味のある方はこちら

インスタグラムビジネスアカウントとは


インスタグラムのビジネスアカウントとは、企業や店舗に合ったツールが導入されたビジネス向けのインスタグラムアカウントのことです。友達やフォロワーとの交流を目的とした個人のアカウントとは違い、集客を主な目的としたフォロワーとの交流がビジネスアカウントの特徴です。

とくに新商品やサービスのアピール、顧客確保に役立つツールが充実しているため、しっかり活用することで店舗の売上につなげることが可能です。またインスタグラムは20代~30代の女性をターゲットとしたF1層のマッチしているため、インスタグラムを活用した施策は効果的といえるでしょう。

メリット


インスタグラムのビジネスアカウントを作成すると、主にビジネスプロフィール・インサイト・広告出稿が可能になります。そうすることで以下のようなメリットがもたらされます。それぞれみていきましょう。

①ビジネスプロフィールにできる


インスタグラムの個人アカウントで集客を行っている場合、プロフィールページには、店舗の電話番号や住所、メールアドレスなどの掲載を行うことができません。しかしインスタグラムのビジネスアカウントに切り替えれば、アカウントのプロフィール欄に店舗の住所や電話番号、メールアドレスなどの企業情報を設定することができます。そのため実店舗を持っている企業であれば、プロフィールページへ訪れてもらうだけで集客につなげることが可能となります。またメッセージのやり取りも個人アカウントとのDM機能を通して行えたり、指定のアドレスに誘導することなどもできるようになります。

②インサイト機能によりデータ分析できる


ビジネスアカウントには、インサイト機能といって以下のようにユーザーからの反響を分析できる機能が備わっています。

インプレッション数

投稿が閲覧された合計回数

リーチ

投稿をみたユニークアカウントの数字

ウェブサイトクリック

ビジネスアカウントのプロフィールからウェブサイトをクリックしたアカウント数

フォロワーアクティビティ

フォロワーがインスタを1日に利用した平均回数


インサイト機能のなかには、タイムラインに投稿した写真・動画・ストーリーズへのアクセス数やいいね数、プロフィールページへのアクセス数がデータとして数値化され今後の集客力向上に向けたデータ分析を行うことが可能となります。

インプレッションとリーチ数は、似ているようで少し意味合いが異なります。インプレッションは、投稿が見られた合計回数のことを指し、リーチ数は投稿をみたユニークユーザー数になります。例として、ある一人のユーザーが5回投稿を見たとするとインプレッション数は5、リーチ数は1となります。数値を分析する際は、理解しておく必要があるので覚えておきましょう。

③広告として出稿できる


インスタグラムのビジネスアカウントを作成すると、投稿した内容を広告としてそのまま出稿することができるようになります。通常であれば、投稿すると内容自体はフォロワーしか見ることはできませんが、広告にすることでフォロワー以外のユーザーのタイムラインにも表示されるようになります。

>>インスタ集客をはじめたい方はこちらをチェック!

インスタビジネスアカウントの作り方


ここでは、インスタグラムのビジネスアカウントの作成方法をお伝えします。手順は以下のとおりです。

≪作成手順≫


①個人アカウントのプロフィールを表示する

②右上の3本線マークをタップした後、「設定」をタップする

③「アカウント」をタップ後、下部の「プロアカウントに切り替える」をタップする

④「クリエイター」もしくは「ビジネス」と選択できるようになっているため、店舗や企業、ブラン ドなどのために作成する場合は「ビジネス」を選択する

⑤カテゴリの選択ができるため、自身のビジネスにあったものを選択する

⑥「完了」をタップし移行終了

インスタビジネスアカウントで集客するためには


インスタグラムのマーケティングでは、ビジネスプロフィールが重要になります。ここでは、インスタビジネスアカウントで集客するために、必ず押さえておくべき重要なポイントを紹介します。

ターゲットユーザーを決める


インスタグラムのマーケティングに限らず、全てのマーケティングに共通しますが、自社のターゲットユーザー(ペルソナ)を明確にしておくことは重要です。

具体的にターゲットとなる人の年齢や住居といった基本属性だけでなく、悩みや興味関心、ユーザーがフォローしているアカウントの傾向といった細かいペルソナを設定し、それに合わせたアカウントの運用を進めます。

 

またプロフィール欄も同様に、ターゲット層の好むエンゲージメント率を上げることを目的としたプロフィールを作成するようにしましょう。

 

ブランディングを徹底する


インスタグラムのマーケティングでは、自社のアカウントの世界観を明確にすることがとても重要になります。自社やブランドに対してユーザーからどのようなイメージを持ってもらいたいかをブランディングの方向性を明確にし、統一された世界観を徹底しましょう。

具体的には、自社の世界観に沿った魅力的な写真・動画を投稿します。それに加えて世界観に沿ったプロフィールを設定しユーザーの心を掴みましょう。

 

ストーリーズでカテゴリ分けした投稿

引用元:instagram@gu_global

 

インスタグラムのストーリーズを投稿する場合は、ジャンルやキャンぺーンごとにハイライトでカテゴリー分けをするのがおすすめです。例えば小売店の場合だと、商品をカテゴリー分けして、ハイライトしてストーリーズに投稿を残すことでカタログのような使い方ができるようになります。

連絡先を設定する


インスタビジネスアカウントでは、「電話番号」「住所」「メールアドレス」といった連絡先を設定することが可能です。これらを設定することで気軽にユーザーが問い合わせをできるようになるため、企業や飲食店などは集客のためにも必ず設定しておくようにしましょう。

>>インスタ集客に興味のある方はこちら

ビジネスアカウントで自社の投稿を拡散するために


実際にビジネスアカウントで自社の写真の投稿を拡散するためには、どのようにすればいいのでしょうか。ここでは、具体的な方法を紹介します。

ハッシュタグをつける


ハッシュタグは、キーワードの前に「#」を付けることで、キーワード全体がタグとなり、クリックできるようになります。そして特定のハッシュタグで検索した場合に投稿一覧に表示されるようになります。より多くの人に投稿を見てもらうには、このハッシュタグは欠かせないポイントです。また投稿した写真や動画に関連性の高いハッシュタグをいくつか入れることで、より多くのユーザーに見てもらえる可能性が高まります。さらに関連しているハッシュタグを大・中・小のテーマ別にバランスよく選定することで投稿を見つけてもらえる可能性は上がります。

・小テーマ


「#社名」「#店名」「#商品名」といった企業独自のハッシュタグ。ここには、社名や店名、ブランド名、キャンペーン用のハッシュタグを用いるといいでしょう。

・中テーマ


写真に関する「#カテゴリー」にしましょう。投稿の写真が何なのかを伝えることが目的となります。

・大テーマ


ここは、より広く知られているワードを選びましょう。たとえは「#かわいい」「#オシャレさんと繋がりたい」「#〇〇部」など、インスタグラム内で流行っているものを選ぶといいでしょう。

インスタグラム限定のキャンペーンをする


フォロワーを活用したインスタグラム限定のキャンペーンを打つことも、自社の投稿が拡散される一つの方法です。実際に、企業が行ったインスタグラムを活用したキャンペーンを2社紹介します。

ハーゲンダッツ

引用元:instagram@haagendazs_jp

 

ハーゲンダッツは、以前インスタグラムを利用したキャンペーンを開催したところ大きな反響を呼びました。「#ひと夏分のハーゲンダッツ」というハッシュタグを付けて、ユーザーが画像を投稿することで毎日1名にハーゲンダッツの商品をプレゼントするといった応募・参加型のキャンぺーンです。コンビニでは少しリッチなハーゲンダッツが、手軽な投稿により毎日1名に当たるということで人気を集め、3,000件以上の投稿を記録しました。

クリスピー・クリーム・ドーナツ

引用元:instagram@krispykremejapan

 

アメリカ発の新食感ドーナツとして日本で一躍有名となった「クリスピー・クリーム・ドーナツ」。2018年の春に、フランスの人気キャラクター「バーバパパ」とコラボしたインスタグラムハッシュタグキャンペーンをを開催しました。

キャンペーン内容は、まず公式インスタビジネスアカウントをフォローし、期間限定で発売されたバーバパパファミリードーナツの写真に「#バーバパパドーナツ」とハッシュタグをつけて投稿することが条件です。抽選でバーバパパのドーナツ詰め合わせがもらえるというキャンペーンでした。年齢性別問わず誰からも人気のあるキャラクターとのコラボということに加え、期間限定で発売された商品を投稿するというプレミア感が売上を伸ばすポイントだったようです。

「 InstaTown」を使えば効率的に拡散できる


インスタグラムで自社の投稿を効率よく拡散するには、集客運用ツールを活用するのも一つの方法です。

インスタグラム自動運用「InstaTown(インスタタウン)」であれば、担当者にかわり、拡散力の高いターゲットに対し「いいね」や「フォロー」を自動で行ってくれます。自身のインスタグラムへ集めることでフォロワー数の増加やクリック数、来客数増加を進めることができるでしょう。

 

さらに「InstaTown(インスタタウン)」では、専属のスタッフが24時間・365日サポートしてくれるので、インスタグラム初心者の方でも安心して任せることができます。「InstaTown(インスタタウン)」では、お客様の希望によってさまざまなプランを用意しているので、気になる方はチェックしてみるといいでしょう。

>>インスタグラム自動運用「インスタタウン」の詳細はこちら

まとめ


今回は、インスタグラムビジネスアカウントの特徴やメリット、作成手順に加え、集客につなげる方法を紹介しました。インスタグラムでは、写真の投稿により自社の商品をアピールするだけでなく、キャンペーンやハッシュタグを駆使して、ユーザー間での拡散を狙うことも集客につながる一つの方法です。

今後は若い女性を中心にさらなる盛り上がりを見せると予想されるインスタグラム。まだインスタグラムのビジネスアカウントを作成していないオーナーや企業の担当者は、ぜひ今回の記事を参考にインスタグラムビジネスアカウントを活用してみるといいでしょう。

おすすめ記事一覧

コラム

自動音声翻訳機といえば「ポケトーク」と思っているあなたは要注意!?ポケット翻訳機選びで後悔・失敗しないために!

ポケット自動音声翻訳機のCMでお笑い芸人の明石家さんまさんがPRしている「ポケトーク」。一方、同じくタレント・芸人の出川哲朗さんがCMに出ている「イートーク」。早くからCMを行っているポケトークの認知度が高く、ポケット翻訳機といえばポケトークをイメージする方が多いのでは無いでしょうか?しかし、実際に機能を比較した場合希望の条件によってはポケトーク以外の自動音声翻訳機がおすすめなことも。自動音声翻訳機選びで後悔・失敗したくない方は必見。選び方のポイントや注意点を徹底解説!購入前にぜひ確認してくださいね。また、お得に購入するヒントも解説!

接客 レストラン・カフェ インバウンド
2019.10.19
コラム

防犯だけではなくスタッフの生産性も向上!?クラウドカメラの可能性を発見

クラウドカメラ・Drive光導入事例:豚しゃぶ 英様 防犯カメラを導入してからは、いつでも映像を見ることができ、私が不在の間もスタッフがお客様に対して真摯にサービスしているかを確認できるようになり安心です。初めは1つだけでしたが、お店の細部まで見られた方がいいなと感じ2個3個と増え、今では5つ設置しています。

レストラン・カフェ 飲食店 業務改善
2018.06.07
コラム

店内だけでなく地域の防犯にも貢献!お店に関わる全てのヒト・モノを守るクラウドカメラで防犯対策

クラウドカメラ導入事例:呑ませ亭様 最初、営業のお電話をいただいたことがきっかけでWizさんにお願いすることになりました。防犯カメラは、店舗の入り口に外と中2つ設置してもらいました。防犯ももちろんですが、何かあったときのトラブルの回避にもなりますし、何よりお世話になっている地域の皆さまのためにも、店周辺の防犯にも役立てればと思い、設置を決めました。

美容院・美容サロン 店舗 居酒屋・バー
2018.06.05
コラム

効果的なクーポンで売上UP!飲食店のクーポンアイデアと集客に強いツール4選

クーポンは、上手に使うことで集客アップにつなげられるツールです。しかし、「クーポンを使うと売上が減る」「値引き目当てのお客さまばかり来る」といったマイナスイメージを持っている方もいるでしょう。そこで本記事では、クーポンの集客効果を最大限に引き出すために気をつけたいことと、飲食店におすすめのクーポンツールをご紹介します。

集客改善・集客方法 飲食店 IT化
2019.11.18

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。