お問い合わせ

インスタグラムの広告費用はどれくらい?目的別の費用相場や良い効果を出す方法を紹介

若者たちの間で主流となっているインスタグラムは、世界中で利用されている写真や動画に特化したSNSアプリです。インスタグラムの特徴の一つに、何か情報を手に入れる際に「#(ハッシュタグ)」を利用して、お店を探したり流行中のアイテムを知ることができるため、一般ユーザーだけでなく企業や店舗などの広告・集客ツールとしても注目を集めています。

ビジネスでインスタグラムを利用する場合、ビジネス用にアカウントを切り替えて広告出稿ができたり、気になった店舗へそのまま電話やメールができるようになっています。広告出稿することより、投稿を見たユーザーがその投稿に「いいね」を押していき、相手に関連性が高い投稿として表示されていくことで、新たな顧客獲得に繋がります。

そこで今回は、誰でも気軽にできるインスタグラムの広告について紹介していきます。

インスタグラム広告の費用相場って?

では、実際にインスタグラムで広告を出稿するにあたり、どのくらいの広告費用相場で動かしているのでしょうか。3つの要点で説明していきたいと思います。

自分で行うなら月額2〜3万円くらいが最安の目安

インスタグラム広告を行うメリットとして、広告予算を低予算から始められるという点があります。月額2~3万円で始められるので、個人経営の店舗であっても、負担なく始めることが可能です。ただし低予算からスタートできる点はいいですが、配信できる広告数などが費用によって変わるため、予算を考えたうえで始めましょう。

代理店に依頼すると広告費の20%が手数料としてかかる

インスタグラム広告を打つ場合、広告代理店に依頼することも多いかと思います。しかし広告代理店に依頼すると、広告費の約20%ほどは手数料として取られてしまうのがほとんどです。自身で運用できないため、代理店に依頼する場合には、すぐに一か所で決めず代理店を比較して選ぶようにしましょう。

インフルエンサーに依頼すると、1フォロワー獲得に2〜6円かかる

インスタグラムを使って多くのフォロワーを持ち、広告塔としても大きな影響力を持つ「インフルエンサー」へ依頼して集める方法もあります。インフルエンサーに依頼する場合、その案件やフォロワー数、投稿内容によって金額の相場は変わっていきますが、およそ1フォロワー獲得につき2~6円ほどかかります。

広告を出す目的によっても広告の費用は変動する

インスタグラムに限らず、広告を出す際はその目的や用途によっても、費用の変動があります。ここでは、広告費用について2つのテーマに沿って説明していきたいと思います。

認知拡大するなら月額数十万〜数百万円かかる場合も

インスタ広告を始める場合、まず前提として誰に認知してほしいのかを考えます。例えば、10代~20代なのか、30代女性なのか、地域はどのエリアなのかなど、認知してほしいターゲット層を明確にしたうえで、認知拡大させるのにかかる費用を算出する必要があります。むやみやたらに広げてしまうと、月額で数十万~数百万になってしまうこともあるので、注意しましょう。

コンバージョン(購入、問い合わせ、予約)の獲得なら低予算でも成果を出せる

インスタグラムで広告を出す目的は、購入してもらう・問い合わせしてもらう・予約してもらうなど、店舗や企業によってコンバージョンポイントはさまざまです。ゴールを何にするか決めておくことで、そこにかける広告をある程度低い予算でも配信・運用することができます。

インスタグラム広告の費用は4つの課金方法に分かれる

ではインスタグラムで広告を運用するには、どういった方法があるのでしょうか。ここでは4種類あるインスタ広告の課金方法について、解説していきます。

CPM(表示課金)は、1リーチあたり0.5〜1円が目安

「CPM(Cost Per Mille)」は、表示回数に応じて料金が発生する課金方法です。1,000回表示されるごとに料金が発生する「CPM」は、クリックはされなくても、表示されるだけで料金が発生するので、認知度を 優先している方向きの課金方法といえます。

CPC(クリック課金)は、1クリック40〜100円が目安

「CPC(Cost Per Click)」は、広告がクリックされる度に料金が発生する課金方法です。特に自社商品の購入を促したい方などに向いており、基本的に広告がクリックされて初めて料金が発生します。

CPI(インストール課金)は、1インストール100〜150円が目安

「CPI(Cost Per Install)」は、アプリをインストールされたときに発生する課金方法です。インスタグラムを活用しているのはスマートフォンユーザーが多いので、ターゲットにあったスマホアプリをユーザーに直接訴求することによって、大きな広告収入も見込めます。

CPV(動画再生課金)は、1再生 4〜7円が目安

「CPV(Cost Per View)」は、動画の再生回数により料金が発生する課金方法です。動画の8割以上の時間が再生される、または10秒以上再生されている時に料金が発生する仕組みなので、ターゲットをしっかり決めていないと興味がないユーザーは動画をスキップしてしまうので、もったいないです。

インスタグラム広告の費用を無駄にしないために出し方を工夫

インスタグラム広告を運用していくにあたり、誰しもが費用を無駄にしたくないと思います。ここでは、費用を無駄にしないための工夫点を解説していきたいと思います。

写真広告|定番の画像でアピールする方法

インスタグラムで最も多い投稿形式が、写真広告です。インスタグラムが写真に特化したSNSということもあり、写真広告のメリットとしては自然にタイムラインへ溶け込み、さりげなく広告をアピールすることができます。目を引く写真広告は、さまざまな層において認知度が増すので、より認知度アップを目的としている方にオススメの広告方法です。

カルーセル広告|複数枚の写真で様々なアピールが可能

1枚のみの写真広告とは違い、複数枚の写真を投稿することでユーザーの興味を一層引き付けることができます。カルーセル広告によって、もっと見たいと思わせる写真を使うことで、ターゲットへの訴求効果が高まります。

ストーリー広告|ストーリーを使って自然にアピール可能

インスタグラムには、写真や動画の投稿以外に、24時間で消えるストーリーズという機能があります。手軽にアップして閲覧できることから、写真投稿よりもストーリーを使った広告は大きく注目を集めています。自身のインスタグラムのストーリーを見てる際に、合間で広告が流れてくることで、より自然なアピールが可能です。

動画広告|ゲームなど動きを見せたい時に最適

インスタ広告は、動画投稿でも大きな効果を得ることができます。動画広告の多くは、ゲームや料理、ライブ配信アプリの映像などが一般的ですが、他にもアパレル系などでもPRムービーなどを流しています。インスタの動画広告は、最大で30秒の動画を流すことができるため、この30秒の中でユーザーにどれだけ興味を引き寄せられるかが重要になります。

>Instagramの効果的な運用なら「Insta Town」にお任せ!

費用をなるべく抑えて良い効果を出すための9つのポイント

ここまで広告の種類や課金方法についてご紹介していきましたが、実際に広告を運営していくにあたって、少しでもコストを抑えるための9つのポイントを解説していきたいと思います。

ターゲットを明確に設定する

インスタ広告の一番のポイントは、ターゲットを明確にすることです。性別や年齢、住んでいる地域など、どんな人に向けて広告を出していきたいのかを考えましょう。せっかく費用をかけて広告を出しても、まったく関係ないターゲット層だったら意味がありません。店舗や商品のターゲット層(性別・地域・年代)にヒットしているか、しっかり調査してから広告出稿しましょう。

モノの価値ではなく、得られるメリットや抱える悩みを訴求する

人は「モノ」だけをアピールした広告ばかりに興味を示すわけではありません。その商品やサービスによって得られるメリットや、ターゲットユーザーが抱える悩みなどに共感することで、その広告への興味を持ちます。

思わず目を引く画像・動画を作る

「インスタ映え」という言葉が流行するように、インスタグラムに投稿される写真や動画はオシャレなものが多いです。たくさんの写真が表示される中で、広告を見てもらうには、人目を引くような写真・動画にする必要があります。

例えば、コンセプトや色を意識して、統一感ある写真や動画にすると、ユーザーの目にも止まりやすく広告効果が得られるはずです。

自然なアピールを心がける

人は、自然に目に入るインスタであっても、明らかに広告っぽいというモノは飛ばしていく傾向にあります。そのためターゲットに向けて、どれだけ自然に広告をアピールしていくかが重要になっていきます。

曜日、時間帯など無駄な広告表示をしない

広告はたくさん配信すればいいという物ではありません。いくら配信しても、ターゲットに不向きな内容だったり、ターゲットが見ないような時間帯にただ流しているだけだったりすると、単に費用がかかってしまうだけです。

それを防ぐためにも、ターゲットユーザーを明確にし、時間帯や曜日などから反応が薄いモノを除くなどして、日々改善を行ってムダな広告をなくしていきましょう。

出した後、効果測定をして改善する

インスタ広告に限らず、広告は効果測定をするかしないかで、大きく変わります。配信した広告のアクセスデータや年齢層などのデータをチェックし、改善の余地があれば速やかに修正していくことが重要です。効果測定を繰り返すことで、広告内容を客観的に判断できるようになし、費用対効果の向上につなげていくことが可能になります。

関連度スコアを日々チェックする

広告は一度配信させたら終わりでなく、毎日配信した広告の効果をチェックして、必要に応じて改善を行っていきましょう。費用をかけて広告を出しているため、配信した広告の関連度スコアをチェックし、常にトレンドに乗れるような広告へ修正していく必要があります。より広告効果を実感したい方は、日々広告内容の改善を怠らないようにしましょう。

アカウントを強化する

今ではさまざまな企業が、インスタグラムを開設しています。企業紹介だけでなく、採用関連の投稿や飲食店など店舗でのメニューを紹介するなど、幅広く使われています。

このように同じ企業でも、一つに莫大な広告費をかけるのではなく、分野によってコンセプトなどを分け、それをいかに関連づけるかが重要になっていきます。各アカウントを強化することで、他社との差別化をどれだけ図れるかがポイントです。

ハッシュタグを有効活用する

インスタグラムでは、ユーザーが調べる際に使うキーワードとなる「ハッシュタグ」を有効活用しましょう。ハッシュタグをつけないと、関連しているのにも関わらずターゲットユーザーへ表示されなくなってしまうため、広告費用が無駄になってしまいます。関連性の高いモノや、人気のハッシュタグを上手に使いこなして投稿しましょう。

>インスタ広告よりも効果的な運用代行サービス「Insta Town」

まとめ

今回はインスタグラムの広告費用について、効果的なポイントとあわせて解説していきました。インスタグラムの広告運用は、低予算から始められることと、豊富な広告方法により、工夫次第で高い集客効果を得ることができます。もちろん自身でインスタ運用や広告配信を始めることもできますが、SNSなどに詳しくない方や、すでに始めているのに効果が見られない方などは、インスタ運用のプロに相談する方法もあります。

「Insta Town」では、インスタ広告以上の費用対効果が得られるインスタアカウント運用代行サービスです。専任スタッフによるサポートで、安心してインスタ運用を始めることが可能ですので、まずはお気軽に相談してみてくださいね。

おすすめ記事一覧

コラム

効果的なクーポンで売上UP!飲食店のクーポンアイデアと集客に強いツール4選

クーポンは、上手に使うことで集客アップにつなげられるツールです。しかし、「クーポンを使うと売上が減る」「値引き目当てのお客さまばかり来る」といったマイナスイメージを持っている方もいるでしょう。そこで本記事では、クーポンの集客効果を最大限に引き出すために気をつけたいことと、飲食店におすすめのクーポンツールをご紹介します。

認知拡大 IT化 店舗
2019.11.18
コラム

Googleマイビジネスがインバウンドに有効?飲食店で整えたい対策3選

《Googleマイビジネスインはインバウンド対策に使えるの?》増加する外国人観光客に対して、飲食店が準備しておきたいインバウンド対策に注目!王道の集客サービス、インスタグラムやトリップアドバイザーに加えて、注目のGoogleマイビジネスについてもご紹介!今後のオリンピック開催や大阪万博など、訪日外国人が増加するなかでどのようなインバウンド対策をとるべきなのでしょうか。その選択肢として有効なサービスを厳選してご紹介していきます!

飲食店 居酒屋・バー レストラン・カフェ
2019.11.26
コラム

5分でわかるインスタグラムの写真&動画の投稿の仕方!【店舗初心者編】

本記事では、インスタグラムへ写真や動画を撮影し、コメントやハッシュタグを付けて投稿する基本的な一連の流れを紹介!また複数の写真を投稿する仕方などについても分かりやすく紹介します。

認知拡大 SNS 飲食店
2020.03.18
コラム

あなたの店に合うSNS集客ツールはどれ?目的別・業種別で3社を比較

「目的別」と「業種・企業規模別」から、おすすめのSNS集客ツールを紹介しています。情報拡散目的ならツイッターといった情報が分かるため、各SNSの強みを最大限に生かすことができるはずです。/デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

美容院・美容サロン 認知拡大 店舗
2019.09.25

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。