お問い合わせ

【東京オリンピックを機に外国人観光客が増加】対策や集客はどうする?

2020年の東京オリンピックが目前になった今、インバウンド対策について本格的に動き出している企業や店舗が増えてきてい流のではないでしょうか。オリンピック開催期間中はもちろん、その前後にかけては、これまで以上の外国人観光客が訪日することが予想されています。
東京オリンピック開催における、外国人観光客の増加について、その規模感や経済効果、店舗や企業の対応や集客方法についても触れていきます。
競合店舗や競合他社に先手を打たれる前に、いち早く東京オリンピックの外国人増加に向けた適切な情報収集や対応を取っていきましょう!

東京オリンピックは観光客への対策が急務

「2020年東京へようこそ」というオリンピックを意識した文言の画像
東京オリンピックではこれまで以上に多くの外国人観光客が日本を訪れると予想されています。オリンピック選手や関係者、関係企業はもちろんですが、4年に一度のスポーツの世界大会を一目見ようと、世界中から観戦者が集まるはず。
また、今回のオリンピックは日本で行われるため、日本中からも開催地である東京を中心に多くの国内観光客も訪れるでしょう。
そこで、店舗や施設が注目すべきはインバウンド消費やオリンピック消費。このタイミングに外国人観光客や国内観光客を集客することが売り上げや店舗の知名度にも大きく関わってくるはずです。
特に必要なのが外国人観光客に対するインバウンド対策。完全に整っていないからこそ、チャンスととらえ、準備をしていきましょう。
》インバウンドの意味や使い方は?今さら聞けない用語をチェック

東京オリンピックに向けて外国人が激増

外国人観光客を多数乗せた観光バスの列
外国人観光客は年々増えており、2018年の時点では3,100万人が訪日しました。実際にこの10年間で、訪日外国人数は2009年の680万人から2019年3,180万人(速報値)と、4倍以上にも拡大している状況です。
また、東京がオリンピック開催地として決定した2013年以降は、たった6年間で1,000万人から3,180万人と3倍に拡大。平均すると、1年毎に360万人以上増加していることになりますね。これは、世界がオリンピック開催国である日本に注目している事がよくわかる数字と言えるのではないででしょうか。
(参考データ:"国籍/月別 訪日外客数"JNTO日本政府観光局)

オリンピック終了後も外国人観光客は増加する?

世界から訪日客が集まる様子をイメージした地図画像

オリンピック開催期間中だけでなく、開催後も「オリンピック開催国」として日本を訪れる外国人観光客は多いはず。また、日本においては2025年に「大阪万博」の開催が決定してます。万博は世界中の知と技術の博覧会とされていているため、国際イベントとして注目されています。
こうした背景を踏まえて、2030年には約6,000万人の訪日外国人数を目標としています。そのため、東京オリンピックが終了したとしても、訪日外国人は増加すると試算されており、その対策が今後も重要視されているわけです。
》東京オリンピックの外国人集客で必要なインバウンド対策とは?

東京オリンピックで外国人を集客する方法

東京オリンピックを控えるなかで外国人観光客を集客するには、対策が必要です。インバウンド対策をしたことで、2倍の売上になったお店も。特にご紹介したいのが以下の対策です。

①口コミサイトへの掲載
②SNS運用
③多言語対応
④Wi-Fi環境の整備
⑤旅行関連メディアへの掲載・広告出稿

しかし対策と一言で言っても、上記に挙げただけでも様々な方法があります。
全てを一気に始めてしまうと、その対応に時間と労力も割くことになりますよね。集客を本気で対策したいという場合は、専門の運用代行を使うという選択肢もあります。自力でやろうとするのではなく、運用代行の費用対効果を想像したり、自社でやる場合の人件費を計算した上で、一番効率の良い方法で行なっていきましょう!
それぞれの集客対策に関して、詳しくご紹介していきます。
》インバウンド対策とは?意味から最新データまで

東京オリンピックで外国人を集客①口コミサイトへの掲載

口コミサイトのそれぞれの評価を並べた様子
外国人観光客にとって口コミサイトは、情報を得る重要なツールになっています。外国人は旅先の情報を、口コミサイトでチェックしています。外国人観光客がよく利用する口コミサイトをよく見極めた上で、適切な口コミサイトへの掲載と運用を行い、集客につなげていく事がポイントになります。

トリップアドバイザー

トリップアドバイザーは世界の旅行者が口コミをするサイトです。毎月4億9,000人が利用、口コミ件数は7億6,000万件に達しています。掲載店舗数も840万件に上り、世界中の49の国と地域で使われていて、28もの言語で展開されているため、世界共通の口コミサイトとして君臨していると言えるでしょう。
》トリップアドバイザーの登録とは?簡単解説

トリップアドバイザー

トリップアドバイザー

初期費用・月額費用0円~代行可能です。登録から更新までフルサポート!

詳しくはこちら

大衆点評

中国最大の口コミサイトが大衆点評です。中国は口コミ文化なので、口コミを参考にしてどこのお店を利用するか判断しています。大衆点評は訪日する中国人の45%が使用しているとも言われています。訪日外国人の1/4が中国人とされている中で、大衆点評を使った集客対策も個別に必要かもしれません。
》大衆点評の登録や料金はどんな内容?

大衆点評

大衆点評

中華圏6億人が使うグルメアプリでプロモーション

詳しくはこちら

ぐるなび外国語版

ぐるなびは日本の大手グルメサイトですが、外国語版のサイトもあります。食材や調理法について日本語で登録することができ、英語、繁体字・簡体字中国語、韓国語に自動翻訳されるシステムを搭載しています。飲食店をやっている人なら登録必須のサイトです。

東京オリンピックで外国人を集客②SNS運用

SNSの反応をチェックしている人の様子

日本人に限らず、海外でもSNSが盛んに使われています。特にInstagramやFacebookgaでは世界中でトレンドの発信や情報収集に使われているツールとも言えるでしょう。
集客においてこのSNSを使った対策も忘れてはいけません。ターゲットを明確にして効果的な運用をしていく事で、外国人の集客にも繋がるはずです。

インスタタウン(Insta Town)

インスタタウン(Insta Town)

インスタ自動運用で情報拡散力の高い潜在顧客にアプローチ。

詳しくはこちら

東京オリンピックで外国人を集客③多言語対応

多言語対応した飲食店のメニュー
お店のホームページやグルメサイトへの掲載文は多言語対応になっていますか?電車の案内文やパンフレットなどは英語や中国語、韓国語など多言語対応になってきていますが、ホームページなどは非対応のところがまだまだ多いです。観光庁が観光庁の訪日外国人を対象にしたアンケートによると、日本で困ったこととして「施設等のスタッフとのコミュニケーションがとれない」は毎年最も多く、「多言語表示の少なさ・わかりにくさ(観光案内板・地図等)」に関しても2〜4番目に多い問題(※)となっています。
多言語対応への取り組みが、集客や接客時の満足度に繋がり、今後増加する外国人の集客にも影響するでしょう。
多言語対応としては、外国語が話せるスタッフを常駐させるか、翻訳サービスを導入することで大きく効果を発揮できるはず。ぜひ解決しておきたい対策です。
※「困ったことはなかった」を除く
(参考データ:"
「訪日外国人旅行者の受入環境整備に関するアンケート」結果" 観光庁HP)

》外国語対応はもう済んでる?インバウンド対策に重要な翻訳サービスを紹介

東京オリンピックで外国人を集客④Wi-Fi環境の整備

FREE Wi-Fiを訴求したステッカーのイメージ画像
Wi-Fi環境の整備に関しては、なんとなくイメージのつく方や耳にしたことがある方も多いかもしれません。旅先での情報収集や家族や友人との連絡など、インターネットを通じて行うことが多いはず。特に外国人にとって日本は海外になるため、知らない言語や環境の中であるため不安も大きいです。そんな中で、快適にインターネットに繋ぐことができるだけで情報収集も連絡も可能になり、安心して過ごすことができるのではないでしょうか。
観光庁の訪日外国人を対象にしたアンケートによると、日本で困ったこととして「無料公衆無線LAN環境」が2から3番目に多い問題(※)となっています。
こうした状況を踏まえると、Wi-Fiの整備は必須と言えるでしょう。
※「困ったことはなかった」を除く
(参考データ:"「訪日外国人旅行者の受入環境整備に関するアンケート」結果" 観光庁HP)

》店舗に最適なWi-Fiは今注目のTP Link社?

東京オリンピックで外国人を集客④旅行メディアへの掲載・広告出稿

訪日外国人向けのWebメディアに出稿することもおすすめです。力がある媒体を利用することで、新しい外国人観光客に見てもらえるでしょう。広告を出稿するときは、どの国から集客したいかターゲットを決めるのがポイント。また、目的を持つことも大事です。認知してもらいたいのか、予約してもらいたいのかによって掲載内容は変わってきます。

》集客やインバウンド対策はトリップアドバイザーの口コミサイトが効果的?

外国人観光客を集客したいなら外国人の好みや興味を分析!

外国人の集客を考えるなら、外国人の求めるものや趣向を捉える事が近道です。例えば飲食店への集客であれば、外国人観光客の食の好みについて知っておきましょう。ここでは、観光庁で発表されている、「訪日外国人客の満足した日本食」をランキング形式でご紹介します。

【中国人が好む日本食】
1位 ラーメン
2位 魚料理(寿司を除く)
3位 寿司

【韓国人が好む日本食】
1位 肉料理
2位 寿司
3位 ラーメン

【台湾人が好む日本食】
1位 ラーメン
2位 肉料理
3位 魚料理(寿司を除く)

【アメリカ人好む日本食】
1位 寿司
2位 ラーメン
3位 肉料理

国によって好まれている料理はさまざまということがわかります。いずれの国もラーメンの人気が高くなっています。寿司は意外にも、台湾や香港では人気が高くなく、アメリカの方が好まれています。上位にランクインする理由は、「美味しい」「品質がよい」「伝統的・日本独特」などが挙げられています。飲食を提供する上で美味しいかどうか、品質がよいかどうかは外国人観光客に見られている点と言えます。そこに付加価値として日本の文化が伝わる演出があれば、より喜ばれるでしょう。

》外国人は地方にも来る?外国人の人気エリアをランキングで紹介!

東京オリンピック、新型コロナの影響で開催されるのか?

現在流行しているコロナウィルスの影響が深刻化する中で、東京オリンピックが予定通り開催されるのかという点も注目されるようになってきています。
世間では、予定通り開催、中止、1年後に延期など様々な意見も上がっているようですが、今後もその動向に注目していきたいところです。
また、東京オリンピックに限らず年々外国人観光客が増加しているため、今後もインバウンド対策には注力していく必要があるでしょう。
》インバウンド対策は大丈夫?大阪万博を控える大阪のインバウンドにも注目

 

東京オリンピックの外国人集客対策はまだ間に合う!

東京オリンピックが間近に迫ってきたなかで、集客するには適切な準備と対策が必要ということをお伝えしました。今回ご紹介した集客対策も、複数の種類があり、どれが一番良いということは一概に言えません。店舗のジャンルやターゲットによっても、効果的な対策は異なります。
店舗や施設に合った適切な集客対策を知りたいという場合は、ぜひ当サイトへお問い合わせください。適切なインバウンド対策に役立つ方法をご紹介します。
》トリップアドバイザー運用に関する詳細はこちら!
》中国人を集客したい場合は大衆点評がおすすめ。詳細はこちら!


》お急ぎの方はこちら(電話相談)

おすすめ記事一覧

コラム

大衆点評やトリップアドバイザーに登録!集客なら代行サービスが効果的?

外国人観光客の集客を考えるなら、口コミサイトへの登録と運用が効果的。外国人は口コミサイトを参考にして日本の情報を得ています。特にそのなかでもトリップアドバイザーは世界共通で使われている最大規模の口コミサイト。また、中国人観光客の集客を狙うためには個別で大衆点評への登録がおすすめ。今回はこの2つの口コミサイトのサービスを中心にご紹介していきます!

インバウンド 集客改善・集客方法 レストラン・カフェ
2019.08.15
コラム

【インバウンド対策】増加する訪日外国人が店舗に求める対策とは?

インバウンド対策に注目!2019年の訪日外国人数は3180万人を突破。今後控える東京オリンピックや大阪万博に向けてさらにインバウンド対策に注力したいところ。しかしインバウンド対策とは何かという点やインバウンドに関する知識を深めることがまずは重要です。このページでは、インバウンド対策を中心に解説しながら訪日外国人に求められている対策をご紹介していきます。

美容院・美容サロン 居酒屋・バー レストラン・カフェ
2019.08.15
コラム

Googleマイビジネスがインバウンドに有効?飲食店で整えたい対策3選

《Googleマイビジネスインはインバウンド対策に使えるの?》増加する外国人観光客に対して、飲食店が準備しておきたいインバウンド対策に注目!王道の集客サービス、インスタグラムやトリップアドバイザーに加えて、注目のGoogleマイビジネスについてもご紹介!今後のオリンピック開催や大阪万博など、訪日外国人が増加するなかでどのようなインバウンド対策をとるべきなのでしょうか。その選択肢として有効なサービスを厳選してご紹介していきます!

インバウンド レストラン・カフェ 認知拡大
2019.11.26
コラム

【成功の秘訣】店舗集客の成功にはインスタ・SNSが効果的!インスタ集客のカギとなる運用代行サービスで効率的な集客を!

今回の記事では、インスタグラムを用いた店舗集客の強い味方「インスタタウン」をご紹介します。/デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

集客改善・集客方法 認知拡大 店舗
2019.03.05

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。