お問い合わせ

【集客方法10選】すぐに実践できる?姿勢と考え方も見直し

飲食店や小売店などの店舗を運営する上で、重要となるのが「集客」です。売上も利益も、集客できるかどうかが大きく影響しているはず。

今回は集客を改善するために効果的な方法を厳選してご紹介していきます。コストを抑えて集客効果を実感したい店舗や企業は是非最後までチェックしてみてくだいね。

集客とは

たくさんの顧客が集まり繁盛している様子
集客とは、店舗や企業が展開するWEBサイトやECサイトなどに顧客(消費者)を集めること。顧客が求めているモノやコト、サービスを提供する場を提供することになります。

結果的に集客を行うことで、購買や契約に繋がり、売上や利益にも繋がることになるのです。集客するということは、売上や利益に直結するため、店舗や企業の経営とが切っても切り離せない大切なポイントになるのです。

集客は何のためにするのか

集客は売上や利益に直結するため、経営視点から考えて重要なことというのは当然です。しかし、それだけではありません。顧客が必要としているものを提供することで、顧客が商品やサービスを満喫したり、選択肢を与えるきっかけになることで、顧客を満足させることができるはずです。
店舗の売上や利益はもちろん重要ですが、それと同時に、顧客を満足させるために集客を行うという点を忘れてはいけません。このことを踏まえれば、どういった集客方法を選べばいいのか、集客にどれだけ注力すべきかも変わってくるはず。
ぜひ、集客の目的をもう一度認識しなおし、最適な集客方法を実践してみるきっかけにしてくださいね。

》経営や店舗運営で課題を解決したい!まずはどんな方法があるのか相談!

集客方法10選


実際に集客方法として実践できる代表例をご紹介します。この中には、コストがかかるものかからないものとありますが、コストがかかったとしても集客方法として効果の高いものもあります。コストをかけてでも集客方法にこだわることで、集客に成功するのならかかったコストを回収することも可能です。以下でご紹介する集客方法を意識して、その費用対効果も考えてみると良いでしょう。

集客方法①アフィリエイト広告

一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。アフィリエイト広告とは、ウェブ上で集客できる方法です。認知させたい商品やサービスを情報サイトやブログ等で紹介するなどして、興味を持ったユーザーを商品へと誘導してもらう集客方法です。関連性の高いブログやサイト等で紹介してくれたり、掲載してもらうことでより集客に繋がりやすくなるでしょう。

集客方法②リスティング広告

インターネットが普及した現代では、店舗や商品、サービスについてインターネットで情報収集することが主流とも言えるでしょう。
そんなネットが普及した現代における集客手法の一つとして有効なのが、「リスティング広告とは」。ユーザーが検索語句を入力して、出てきた検索結果の上部や下部にに表示される広告です。その商品やサービスと関係性の高い検索語句を選んで広告を表示させることで、集客・販売できる可能性も上がります。もちろんコストはかかりますが、検索語句やユーザーの気持ちを分析することでコストを抑えて効果の高い広告にすることも可能です。

集客方法③インバウンド対策

訪日外国人は年々増加しています。2019年は3,180万人(速報値)なりましたが、2020年は4,000万人を目標としています。
外国人観光客が利用する旅行系口コミサイトや翻訳サービスの導入、Wi-Fi環境の整備、キャッシュレス決済サービスの導入など、外国人観光客のニーズに対応することも重要な集客方法のひとつです。
ちなみにこうしたインバウンド対策を行う場合、それを外国人にも伝わるように店の入り口や看板などに目立つように明記するとより効果的でしょう。

》外国人観光客を集客したいならインバウンド対策に注目!

集客方法④口コミサイトへの登録

口コミサイトは、掲載した店舗に対してユーザーが口コミ評価を投稿するサイトです。この口コミにより、ユーザーは情報収集を行い、店舗を選ぶ参考にしていますがその効力は絶大です。特に有名な口コミサイトは閲覧数も多く、各地域で利用したい店を探す場合に検索されることが多いでしょう。口コミ数やユーザーからの評価が高ければ、集客にも大きな効果が期待できるでしょう。
また、旅行系口コミサイトへの掲載を行うことで、外国人観光客の集客にも繋がるでしょう。

トリップアドバイザーってなに?ユーザーも店舗も知っておきたい基礎知識

集客方法⑤クーポン付きチラシ配り

駅周辺でチラシやティッシュを配布している姿をよく目にしますよね。店舗のメニューやクーポンを付けて渡すことで、集客に繋がるかもしれません。配布したいものにティッシュやお菓子などを付けて、受け取ってもらえるようにする工夫も有効でしょう。忙しくない時間や隙間時間、ターゲットが多く集まる時間や場所を狙って行なってみてはいかがでしょうか。

集客方法⑥自宅ポストへのポスティング

これは特に新規開店の際に効果的ではないでしょうか。新しく開店する店舗の情報はなかなか受け取れないものです。また、普段店舗の存在を知る機会のない方にも知ってもらえる機会にもなり得ます。ただしこちらもポスティングとしての人員が必要になること、ポスティング自体が迷惑にならないように注意しましょう。

集客方法⑦地域メディアに掲載

タウン誌などに掲載して店舗を認知させる方法です。地域密着型の情報誌や広告なども該当します。こちらは掲載料や広告料がかかる可能性がありますが、店舗の存在をアピールする方法のひとつにはなるでしょう。どちらかというと、若い世代よりも

集客方法⑧看板商品を用意

店舗の売りになるようなメニューの開発も大切です。そのメニューを求めて来店してもらえるようになったら集客にも効果的でしょう。
他の店舗では味わえない味や視覚的な魅力など、その商品が顧客を驚かすような内容だとより認知されやすいかもしれません。その際は、ターゲットにする性別や世代を見極めた上で行なってみましょう。

集客方法⑨魅力的で伝わりやすいホームページ

店舗や企業の存在を知ってもらって、ホームページを閲覧しに来てくれたら絶好のチャンスです。店の魅力や他にはない価値のある商品・サービスを提供していることを存分に伝えられるような内容にしましょう。直接店舗や企業のホームページを閲覧するということは少なからず興味を持っているはずです。そこから集客に繋げられるような導線を用意しておくことも重要となるでしょう。

飲食店経営でやるべきこと⑩snsの運用

インスタグラムやtwitter,Facebook等のsns運用も効果的です。特に若い世代を中心に、snsは情報収集の主流にもなりつつあります。ターゲット層を集められるようなアカウントにすること、適切な更新を行うことなどに注意して日々運用していきたいところです。
ただしsnsを使った集客は手間がかかります。人件費や運用にかける時間が気になるという場合は運用代行で効率化させるのも一つの選択肢です。

sns運用なら運用代行がおすすめ?

集客方法と同時に運用代行も視野に入れる

営業を代行してもらっている画像
今回ご紹介した集客方法の中でも、時間や労力がかかるものもあります。代表的な集客方法としてご紹介していますが、すぐに結果に直結するわけではありません。
地道に分析や運用を行うことで、コツコツと消費者に認知させていくことができという流れが必要です。自力でやれる余裕があれば問題ないかもしれませんが、店舗営業や運営業務にも注力するなかで集客方法にこだわって時間を持つことは難しいのではないでしょうか。
そんな場合に、視野に入れておきたいのが運用代行です。店舗や企業の代わりに効率的に運用を進める役割を担います。特にsnsの運用や口コミサイト掲載に関する運用は手間がかかるため、こうした運用代行を選択する企業が増えているのです。
》インバウンド対策に有効なのは?口コミサイトの運用?

また、そもそも商品やサービスの販売(契約)などは代理店や営業代行に依頼するのも選択肢の一つです。営業のプロに代理で行なってもらうことで、目標とする販売数が達成できたり、自力で営業活動を行うよりも効果的かもしれません。
》口コミサイトやsnsの運用代行はいくらくらい?無料相談で費用感を聞いてみる!

集客方法を決めたら、PDCAを回して!

PDCAのサイクルをわかりやすく絵でイメージした画像
どの集客方法を行うとしても、大切なことはPDCAのサイクルを回し続けること。

P=Plan(計画)

D=Do(実践)

C=Check(確認)

A=Action(改善)

これはビジネス面でも基本中の基本ではありますが、やったことに対して効果があったのかないのか、なぜそうなったのか、今後どうしていくべきかを常に考え、追求し、行動していくことが重要です。

この姿勢を持ち続けていけば、店舗や企業の課題も見えてくるはずです。やったことに対して効果が出ない場合には場合、見直しを行い、改善できない場合は他の集客方法を試してみても良いでしょう。

》経営者の代表的な悩みを解決?考え方と行動について

集客方法とともに顧客のための集客を

売上や利益のために集客をしたいという発想は間違えではありません。しかし冒頭で触れた通り、なんのために集客をするのかという点を再考するようにしてください。
店舗や企業の売上のために集客することはもちろん経営する上で大事なことにはなりますが、集客した際に商品やサービスを探している顧客を満足させることも重要です。集客はできても、顧客の満足いく内容ではなかった場合、顧客は離れてしまい、競合に奪われてしまいます。

顧客の必要としているものは何かという点をしっかり見極めて商品やサービスを提供することが、店舗や企業そして顧客も満たされることになります。
そのためにはターゲット層の分析、競合他社のチェックを怠らず、他社に負けない商品やサービスを提供できる状態を整えておきましょう。
そうすれば、今回ご紹介したような集客方法を実践した時に効果が最大限発揮できるはずです。

》インバウンド向きの集客サービスはこちらをチェック!

まとめ

今回は店舗や企業の集客方法に関してご紹介しました。集客方法は今回ご紹介した10選以外にもまだまだあるでしょう。店舗や企業に合った方法の集客方法を見つけてみてくださいね。
そして大切なことは、自分たちの売上や利益だけを考えて行動するのではなく、集客した上で顧客を満足させられるかどうかを常に追求することも忘れないでください。こうした姿勢を持つことで、顧客からの信頼も増し、リピーターも新規顧客も集客できるようになる可能性が上がるでしょう。

》集客したいけど何をすれば良い?店舗に合った集客方法を無料でご紹介!

 

おすすめ記事一覧

コラム

自動音声翻訳機といえば「ポケトーク」と思っているあなたは要注意!?ポケット翻訳機選びで後悔・失敗しないために!

ポケット自動音声翻訳機のCMでお笑い芸人の明石家さんまさんがPRしている「ポケトーク」。一方、同じくタレント・芸人の出川哲朗さんがCMに出ている「イートーク」。早くからCMを行っているポケトークの認知度が高く、ポケット翻訳機といえばポケトークをイメージする方が多いのでは無いでしょうか?しかし、実際に機能を比較した場合希望の条件によってはポケトーク以外の自動音声翻訳機がおすすめなことも。自動音声翻訳機選びで後悔・失敗したくない方は必見。選び方のポイントや注意点を徹底解説!購入前にぜひ確認してくださいね。また、お得に購入するヒントも解説!

飲食店 レストラン・カフェ インバウンド
2019.10.19
コラム

防犯だけではなくスタッフの生産性も向上!?クラウドカメラの可能性を発見

クラウドカメラ・Drive光導入事例:豚しゃぶ 英様 防犯カメラを導入してからは、いつでも映像を見ることができ、私が不在の間もスタッフがお客様に対して真摯にサービスしているかを確認できるようになり安心です。初めは1つだけでしたが、お店の細部まで見られた方がいいなと感じ2個3個と増え、今では5つ設置しています。

居酒屋・バー 環境改善 レストラン・カフェ
2018.06.07
コラム

店内だけでなく地域の防犯にも貢献!お店に関わる全てのヒト・モノを守るクラウドカメラで防犯対策

クラウドカメラ導入事例:呑ませ亭様 最初、営業のお電話をいただいたことがきっかけでWizさんにお願いすることになりました。防犯カメラは、店舗の入り口に外と中2つ設置してもらいました。防犯ももちろんですが、何かあったときのトラブルの回避にもなりますし、何よりお世話になっている地域の皆さまのためにも、店周辺の防犯にも役立てればと思い、設置を決めました。

環境改善 レストラン・カフェ 飲食店
2018.06.05
コラム

効果的なクーポンで売上UP!飲食店のクーポンアイデアと集客に強いツール4選

クーポンは、上手に使うことで集客アップにつなげられるツールです。しかし、「クーポンを使うと売上が減る」「値引き目当てのお客さまばかり来る」といったマイナスイメージを持っている方もいるでしょう。そこで本記事では、クーポンの集客効果を最大限に引き出すために気をつけたいことと、飲食店におすすめのクーポンツールをご紹介します。

IT化 レストラン・カフェ 集客改善・集客方法
2019.11.18

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。