お問い合わせ

無料で始められる!オススメのチャットボットを紹介

チャットボットはここ数年急激に進歩、普及しており、チャットボットを導入しているサイトを頻繁に見かけるようになりました。今後はより一層普及していくことが予測され、チャットボットを導入していないサイトが相対的に非効率になっていくでしょう。

とはいえ、「せっかくチャットボットを導入したのに赤字になったらどうしよう」「使いこなせる自信がない」といった気持ちもあるかと思います。そこでおすすめの方法は、まずは無料からチャットボットを始めることです。

チャットボットの料金プランは様々で、初期費用が数十万円かかるものから、無料で始められるものまであります。なるべくなら無料で始めた方が安心でき、万が一効果が出なくてもリスクはありません。

そこでこのページでは、無料から始められるおすすめのチャットボットを紹介します。

無料チャットボットの違い

チャットボットには無料で始められるものが複数ありますが、ひとことに無料と言ってもその後の料金プランは様々です。具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • 機能が制限されている分無料になっている
  • 最初の一定期間のみ無料
  • 成果が出るまでは無料

いずれにしても無料からチャットボットを試すことができます。この中でももっともおすすめなのは、成果が出るまでは無料のチャットボットです。成果報酬のチャットボットならある程度長期的に使えますし、万が一成果が出なければお金を払う必要がありません。

また成果報酬なら成果の一部を費用として支払うので、成果が出ても出なくても赤字になる心配がありません。

>>チャットボットツールの導入を検討している方はこちら
 

無料から始められるおすすめのチャットボット

コンバージョンあがるくん(C-bot)

「C-bot」はもっともおすすめのチャットボットです。「C-bot」は完全成果報酬で、成果が出ない間は一切費用がかかりません。初期費用も月額費用も0円です。

ノーリスクで安心して導入できる仕組みになっており、実績もあります。具体的には人件コスト削減、コンバージョンアップなどが実現できています。導入企業の業界も幅広く、整体院、整骨院、塾、ジム、英会話スクールなどが挙げられます。

いずれも実績を出しており、今後実績を出す企業も右肩上がりに増えていくでしょう。

コンバージョンあがるくん(C-bot)

完全成果報酬型チャットボット

詳しくはこちら

Repl-AI

Repl-AIはプランによって料金が異なるチャットボットで、大手企業や市役所、区役所などでも導入されています。プランの種類が多く、以下の4種類です。

  • Free
  • Light
  • Basic
  • Enterprise

このうち無料で利用できるのはFreeです。Freeは無料で使える代わりに、APIコール数が月に1,000コールまで、ダッシュボード機能が使えない、といった制限もあります。

アクセス数の多いWEBサイトで本格的に使用するとなるとFreeでは物足りなくなるかもしれませんが、まだアクセス数がそこまで多くないサイトや、まずはチャットボットを試してみたい、という状況であれば十分使えます。

まずはFreeで試してみて、成果につながると判断したときにプランを変更することも可能です。

hitobo

hitoboは30日間の無料トライアルがあります。その後は使用を辞めるか、もしくは有料で継続利用することになります。費用は月額39,000円なので、安いというわけではありません。

ただしhitoboのチャットボットは高機能で、対話できます。
右下にチャットボットのポップアップが出てくるので、そこに入力するとhitoboに質問できます。仕組みとしては、文章入力した際のキーワードに反応して応答しています。

会話が噛みあわないときもありますが、回答できない質問に対しては選択肢を示すことでうまくつないでいます。

チャットボットを導入するメリット

無料で使えるおすすめのチャットボットを紹介してきましたが、いざチャットボットを導入するにあたって、もっとメリットを詳しく知りたい、導入することで何が変わるのか、といった疑問をお持ちの方も多いかもしれません。

チャットボット導入のメリットをまとめると、以下のようになります。

  • 従業員の業務負担を減らせる
  • 人件費が少なく済む
  • 24時間365日対応で顧客満足度アップ
  • 気軽に問い合わせできる
  • ユーザーの入力情報をデータベースに蓄積できる

以上のようなメリットがあります。まず問い合わせ件数が多ければ多いほど、従業員が対応する場合負担が大きくなります。それと同時に人数が必要になるので、人件費もかさむでしょう。

チャットボットを導入すれば、問い合わせ件数が多くても自動でスムーズに応答してくれます。人間のように疲労したりミスをすることもないので、単純な問い合わせはチャットボットで対応して方が効率的です。

またチャットボットなら24時間365日対応できます。人間が対応する場合、たとえばユーザーが夜中に問い合わせたら対応するのは翌営業日です。ユーザーからすると今すぐ知りたい場合も多いため、チャットボットが即時に対応することでユーザー満足度はアップするでしょう。

ユーザーは相手がチャットボットの方が気軽に問い合わせできるというメリットもあります。どうしてもオペレーター等につなぐ場合、「ちょっとしたことだから質問するほどのことでもないだろう。」「変な質問をしたら馬鹿にされるのではないか。」といった心理が働きます。

チャットボットならどう思われるかを気にしなくて良いので、深く考えずにすぐに質問できます。

最後に、ユーザーが入力した情報というのはサイト運営者にとって重要な資産になります。サイトに対してユーザーがどのように思っているのかを知る機会は実は少なくて、仮にコメントを受け付けたとしても参考にならないコメントやいたずらコメントのようなものも多くなりがちです。

またツールを使ってサイトを分析しても、わかるのは数値データが基本になります。ユーザーがチャットボットに対して入力する情報は、ユーザーが今知りたい情報です。

サイトのコンテンツを改良するにも新たなコンテンツを作るにも、ユーザーがチャットボットに入力した情報は役立つでしょう。

>>チャットボットツールの詳細はこちら

まとめ

無料で始められるチャットボットは複数ありますが、無料のプランがあるもの、一定期間無料で使えるもの、成果が出るまでは無料で使えるもの、など条件は様々です。

中でも一番おすすめなのが成果が出るまで無料で使えるチャットボットです。これなら赤字になることはありませんし、成果が出始めても継続してそのまま使えます。

プランを切り替えたりする手間もないので、考えなければならないことも少なく済みます。具体的な商品としては「コンバージョンあがるくん」がおすすめです。

コンバージョンあがるくん(C-bot)

完全成果報酬型チャットボット

詳しくはこちら

チャットボットを導入することで、業務効率化ができる、CVRが上がる、といったメリットがあります。またユーザーがチャットボットに入力する情報は重要な資産で、サイトを改良するための大きなヒントとなります。

ユーザーが求めているものがダイレクトにわかるので、業務効率化しつつサイトの品質も上がるので一石二鳥です。

おすすめ記事一覧

コラム

話題のAIチャットボットをわかりやすく解説します!

このページでは、チャットボットはAIなのか、またおすすめのチャットボットはどれか、などについて解説します。/デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

業務効率化 IT化 業務改善
2019.08.03
コラム

直帰率が高い!?コンバージョンあがるくん(C-bot)で解決できる理由

コンバージョンあがるくんを活用して直帰率を下げる方法について解説します。/デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

業務効率化 チャットボット 業務改善
2019.08.03
コラム

待ってるだけの時代に終止符を!新サービス「コンバージョンあがるくん」の正体とは?

業務効率化 IT化 業務改善
2019.05.23
コラム

コンバージョンあがるくん(C-bot)を導入してCVR改善!

コンバージョンあがるくんを導入することで、CVRの改善が可能です。/デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

IT化 業務効率化 業務改善
2019.08.03

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。