お問い合わせ

固定費削減のポイントは?項目ごとに削減のコツを紹介!

家賃やローン、水道光熱費、通信費など毎月一定額で発生する固定費を都度見直すことは家計管理においてとても重要です。なぜなら見直しをしないと高いままの料金を支払うことになり、家計に大きな損失が生まれてしまうからです。電気やガス、通信費などは、乗り換えることで今と同じ品質を保ちながら料金を大きく下げることも可能です。
本記事では、固定費の科目をいくつかに分けて、それぞれの削減ポイントをご紹介します。コストを少しでも下げたいと思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

コスト削減ガイドブック

コスト削減ガイドブックを無料公開!

【店舗・オフィス向け】無駄なコストを徹底削減

ダウンロードはこちら

固定費とは

家計管理をする上で必ずといって良いほど目にする固定費とはなんでしょうか?ここでは、固定費と対象的に取り上げられることが多い変動費とあわせて詳細を解説していきます。 

固定費と変動費

固定費とは、毎月定期的に支払いが発生する費用をさします。固定費の種類としては、住居費(ローンや家賃)、水道光熱費の基本料、通信費(携帯やインターネット回線)、生命保険料、車のローン、教育費などがあげられます。
一方、変動費とは毎月の支払い金額に変動がある支出のことをいいます。例としては、食費や日用品、美容費やお洋服代、趣味娯楽費などが該当します。変動費は、少し我慢することですぐに節約効果が出やすい項目が多いため「やりくり費」とも呼ばれています。

コスト削減の考え方は企業も家計も同じ

企業と一般家計の経費科目はとても似ています。例えば、企業における固定費には、地代や賃料、人件費や水道光熱費の基本料、携帯やインターネット回線などの通信費があげられますが、これらのほとんどが家計の費目と合致するのです。また飲食店の変動費として、原価や水道光熱費の従量料金、消耗品費などがありますが、これらも家計における食費や消耗品費の科目と内容が似ています。

固定費削減のメリットと注意点

ここでは固定費削減を行うことによってどういったメリットが得られるのかということと、どういった注意点があるのかを見ていきたいと思います。

固定費削減のメリット

固定費を削減することの一番のメリットは、ストレスを溜めずに中長期でコスト削減が可能になることです。仮に変動費を2万円削減するとなると、食べたいものを我慢したり、美容代を削ったりしてストレスを抱える可能性が高いでしょう。しかし固定費であれば、新電力や格安スマホに乗り換えたり、保険の内容を見直すだけで、月に2万円の削減を行うことは難しくありません。家計のコストを下げる場合は、まず払いすぎている固定費を見直すことから始めましょう。 

間違った固定費削減方法

先程お伝えしたとおり、固定費削減のメリットは、ストレスなく継続してコストを減らせることです。そのため、通信費を下げるためにこまめに電源プラグお抜き差ししたり、携帯代を気にして電話を使わないといった細かな節約はあまりおすすめしません。もちろん楽しくてやれているならば別ですが、ストレスが溜まってしまう場合は、電気やガスを乗り換えたり、携帯のプランを見直すなど節約額が大きいところから対策しましょう。

固定費削減のポイント①:住居費

ここでは一軒家やマンションのローン、賃貸物件の家賃にあたる「住居費」の削減方法を見ていきたいと思います。

家賃の削減方法

家賃が収入に見合っていない場合は、家賃が安い物件への引っ越しを検討しましょう。収入に対する最適な家賃の割合は「手取り月収の3割」といわれています。つまり手取りが20万円の方は、共益費を含めて6~7万円の物件が最適だということです。家賃は、立地するエリアや沿線、駅からの距離、築年数、設備など、さまざまな条件が加味されて決定します。最寄りの駅をずらすだけで大幅に家賃が下がることもあるので、どの条件なら妥協できるかという観点を入れて、身の丈に合った物件を探しましょう。

住宅ローンの削減方法

一軒家やマンションを持っていて住宅ローンを組んでいる方は「住宅ローンの繰り上げ返済」か「住宅ローンの借り換え」という2つの削減方法があります。
まず「住宅ローンの繰り上げ返済」には、返済期間を短縮できる「期間短縮型」と、返済期間は変わらず毎月の支払額が安くなる「返済額軽減型」があります。前者は住宅ローンの返済を早めることで支払い利息を減らすことができます。後者は月の返済額を減らすことができるので、現在の生活に余裕が生まれるというメリットがあります。
2つ目にあげた「住宅ローンの借り換え」とは、現在利用している住宅ローンから安い金利のものに借り換えることを指します。一概には言えませんが、住宅ローンの借り換えは「残りの支払額が1,000万円以上かつ、返済期間が10年以上で、借り換え後の金利差が1%以上」ならば、節約効果が期待できると言われています。しかし借り換えの際は、数十万円の手数料がかかったり、審査や契約に手間がかかるといった注意点もあるため、かけるお金と時間に見合う価値があるかをしっかりと考えましょう。

固定費削減のポイント②:水道光熱費

次に着手すべきは水道光熱費の削減です。電気、ガス、水道は自由化が進み、さまざまな企業が参入できるようになったことで、安くて質の高いサービスが多く登場しています。
>>【おすすめ記事】電気・ガス・通信など料金を見直すならWiz(ワイズ)の新生活クラウドにお任せ!

電気代の削減

2016年に電気の小売りが完全自由化されて以降、さまざまな企業が電力業界に参入し、魅力的なサービスを展開しています。単純に電気料金の安い会社を選びたいのであれば、「あしたでんき」や「Looopでんき」がおすすめです。その他、au携帯やソフトバンク携帯を使っている方は、「auでんき」や「ソフトバンクでんき」とのセット割で、携帯代が安くなるメリットがあります。また「エネオスでんき」などの石油系の会社が提供する電力に乗り換えると、ガソリン代が安くなるため車を日常的に使う方にはおすすめです。
注意点として、そもそも電気の使用量が少ない家庭は、新電力に乗り換えると逆に高くなってしまう可能性が高いです。乗り換えの際はシュミレーションで安くなることをしっかりと確認するのがおすすめです。
>>「あしたでんき」の評判は?メリット・デメリットを解説!
>>【2020年最新版】Looopでんき(ループでんき)の評判は?メリットデメリットを徹底検証!
>>電力会社の乗り換えについて詳しく見る

ガス代の削減

2017年にガスの小売りが自由化されて以降、従来のガス会社より安いプランを提供する会社や、おトクな特典やセット割引を提供する会社が登場しています。 そのようなガス会社に乗り換えるだけで大きな削減効果を期待できます。
また、ガスの使い方を見直すことで節約に成功した事例もあります。例えば、お風呂の蓋をこまめに閉めて追い炊きの回数を減らしたり、料理に落し蓋をしてガスの利用時間を減らすなどちょっとした工夫が、ガス代の節約に繋がります。
>>ガス会社の乗り換えについて詳しく見る

水道代の削減

家庭で使用する水は、トイレやお風呂、炊事など多岐にわたります。トイレで言えば、ここ数年の節水タイプのトイレで「大」を流すために6L、「小」を流すために5L程度の水が使われるといわれています。しかも1990年代以前のトイレは大で13L、小で8Lの水が消費されると言われているため、古いトイレを使っている方は「大」で流さないようにするだけでも一定の節水効果があるでしょう。
その他、トイレの水量を節約できる「ウォーターセーバー」や「節水器ロスカット」などの便利グッズを利用するのもおすすめです。
お風呂における節水テクとしては、お風呂のシャワーヘッドを節水タイプに変えたり、湯船の残り湯を洗濯に使ったりすることで、効果的に節水できます。
>>【節水ワザ】蛇口にひと工夫で水道代を節約する方法は?

固定費削減のポイント③:通信費

通信費としては、携帯代やインターネット回線が該当します。近年は「格安SIMに乗り換えて、大手キャリアの携帯料金から大幅に削減できた」という喜びの声も多く聞きます。ここではインターネット料金と合わせて、通信費の具体的な削減方法をみていきましょう。

携帯電話料金の削減

携帯代の節約には、格安スマホを検討しましょう。格安スマホは、ドコモやauなどの通信事業者のネットワークを借りて提供している通信サービスです。3大キャリアのスマホと比べるとはるかに安く利用できる点が特徴で、プランによっては月額料金を大手キャリアの半額以下に減らすことが可能です。注意点として、大手キャリアの各種サービスや家族間での無料通話がなくなりますが、電話をかけたりインターネットを使ったりという基本的な機能については従来のスマホと変わりません。
>>格安SIMへの乗り換えについて詳しく見る 

インターネット料金の削減

自宅のネット回線がNTT東/西日本が提供するフレッツ光であれば、別の回線への乗り換えを検討しましょう。世の中には「光コラボレーション」と言って、フレッツ光の回線を仮受けてまったく別のサービスとしてインターネットサービスを展開する会社があります。
そうした光コラボ事業者には、ドコモ光やソフトバンク光、So-net光やOCN光などが該当し、NTT東/西日本が提供する回線サービスよりも料金が安く設定されていることが多いです。
また、au光やソフトバンク光など携帯とセットにすることで割引が適用されるインターネット回線もあるので、特典も加味してどのインターネット回線が安くなるのかを改めて見直してみてください。
>>インターネット回線の切り替え(光回線)について詳しく見る

固定費削減のポイント④:保険料

保険料も都度見直すべき固定費です。ここでは生命保険、損害保険に分けて削減ポイントを見ていきましょう。 

生命保険の削減

保険商品は時々見直しが必要です。既に保険料を支払っている方の中には、知り合いや営業マンに進められるまま中身を100%理解せずに保険に入っているなんてことはありませんか?そういった場合、一概には言えませんが、不必要なオプションが付けられて保険料を余計に支払っているということも十分に考えられます。
保険は、結婚・出産・子供の成長などにあわせて契約内容を都度見直すのが基本です。独身の頃にかけた保険を家族ができてからもずっと見直していないのであれば、再度確認が必要です。保険はさまざまな会社を比較検討して、状況にあわせて自分にあった保険を選ぶのが鉄則です。

損害保険の削減

損害保険には、自動車保険、火災保険、地震保険、自転車保険、ペット保険などがあります。保険料は、補償の範囲や内容、特約の有無や損害が発生した際の免責金額(自己負担金)、付帯サービスの充実度などで料金が変わります。つまり「どこまでの範囲でどこまで手厚い保障」をするかによって保険料が変わってくるのです。
車や家を買ったときに、自動車保険や火災保険を紹介されるがまま入った場合、一度契約内容が自分に合っているかを確認するのがおすすめです。また保険はさまざまな会社で提供されているので、各社の契約内容や料金を比較検討してから加入しましょう。

固定費削減のポイント⑤:その他の固定費

最後に、定期代や習い事、子供の教育費といった細かな固定費についても詳しく見ていきましょう。 

定期購入

定期的に購入するものとして、化粧品やコンタクトレンズなど日々の生活で必ず必要になる消耗品があげられます。消耗品の削減方法として、例えばコンタクトレンズであれば、眼鏡屋さんで購入するよりも通販などで購入したほうが安く購入できる可能性が高いです。コンタクトの度数さえ合わせておけば、通販で購入しても問題はないでしょう。化粧品もメーカーによっては店舗で買うよりも通販を利用したほうが安い場合があるので、都度ネット情報を確認するのもおすすめです。

定期支払い

定期支払いには、スポーツジムや携帯アプリ、動画サービスなどの月会費が該当します。このようなサブスク型のサービスを利用する際の注意点は、ほとんど利用していなくても毎月料金の支払いが発生することです。
価格に見合った価値があるならば継続課金は問題ありませんが、人によっては契約したことを忘れて気付かぬうちに引き落としがされているといったこともあるので注意しましょう。
チリも積もれば山となるため、使っていないサブスクサービスがあればすぐに解約するのがおすすめです。

習い事

習い事も高いところだと1万円以上かかります。金額に対する価値がなければサブスクサービスと同じくすぐにやめましょう。もしくは、他のサービスと都度比較して、できるだけ安いところを探すのがおすすめです。

教育費

教育費には、子供を育てる上でかかる学校関連の費用や給食費、習い事の月謝などが該当します。教育費の削減方法としては、子供のために新品の生活消耗品(洋服や勉強机)を購入するのではなく、質の高い中古品の購入を検討するのがおすすめです。昨今は、質の高い中古製品が多く出回るようになっているので、教育費を下げたい方は中古品を扱っているショップやサイトをのぞいてみてはいかがでしょうか?

まとめ

ここまで、各固定費の削減ポイントを見てきましたが、今日から始められる方法も多かったかと思います。特に電気やガス、携帯、インターネットにかかるコストは乗り換えで大きなコスト削減を期待できるので、ぜひ早めに対策をしてみてはいかがでしょうか?

コスト削減ガイドブック

コスト削減ガイドブックを無料公開!

【店舗・オフィス向け】無駄なコストを徹底削減

ダウンロードはこちら

おすすめ記事一覧

コラム

【ENEOSでんきの評判】メリットデメリットは?各エリアの料金も!

【ENEOSでんきのメリットデメリットに注目】家計や店舗の光熱費の一つとして、大きな支出でもある電機。電気料金を節約するためには契約する電気サービスの見直しが効果的!今回は、ENEOSでんきに注目。2020年5月で60万世帯の契約を誇るENEOSでんきのメリットデメリットに注目!デメリットも踏まえたうえで、電気代をお得にしたいところですよね。今回は提供エリアの従量料金にも注目し、どれくらいお得になるかの参考にしてみてくださいね!

電気 経費削減
2020.05.20
コラム

楽天でんきの評判って実際どう?メリット・デメリットを徹底解説

「楽天でんき」は、シンプルな料金プランや楽天ポイントが貯まる点などがユーザーから高い評価を得ています。今回は、楽天でんきの評判をもとに、楽天でんきを選ぶメリット・デメリットや楽天でんきに関するQ&Aをご紹介します。

経費削減 電気
2020.05.21
コラム

「あしたでんき」の評判は?メリット・デメリット、申込み方法まで詳しく解説

新電力の中では最安クラスの料金プランを展開しているあしたでんき」。「電気代がオトクになった!」と多くの評判が届いています。今回は、「あしたでんき」ユーザーのリアルな評判を検証するとともに、メリット・デメリットも詳しく解説します。

経費削減 電気
2020.05.29
コラム

Looopでんき(ループでんき)の評判は?メリットデメリットを徹底検証!

基本料0円でシンプルな料金プランが特徴の新電力「Looopでんき」。ネットでも評判が良い新電力です。今回は、気になるLooopでんきの評判からみたメリット・デメリットを徹底解説します。

経費削減 電気
2020.05.29

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。