お問い合わせ

Facebook検索で友達、知り合い、お店のページなど見つける方法。相手にバレない方法も紹介

Facebookを使用していると、特定の友だちや知り合い、気になるお店を検索してプロフィールページを見たいと思う場合もあるでしょう。中には、「意中の気になる相手のページを訪問したいけど、相手にバレないか?」と気になる方もいるかと思います。

本記事では、Facebookの検索で友達、知り合い、お店のページなど見つけるさまざまな検索方法や使い方についてまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

Facebook検索に使える情報

Facebookで検索を行う場合、どのような情報から友達を検索することができるのでしょうか。具体的には、次の情報で友達を検索することが可能となります。ただし、友達がその情報を登録している必要があるのでその点は覚えておきましょう。

・名前
・メールアドレス
・携帯電話番号
・学校名
・出身地
・勤務先

名前・連絡先で友達、知り合い、お店のページを検索する方法

STEP①Facebookのサイトを開く

Facebookのサイトを開きましょう。ページ上の検索バーに「名前」・「メールアドレス」・「電話番号」などの情報を入力し、Enterキーを入力します。フィルターから「人物」をクリックしましょう。

STEP②市町村・学歴・職歴など入力し、さらに絞り込む

人物をクリックすると、さらに「市区町村」「学歴」「職歴」などを絞り込める項目が表示されます。そうすると一致する人の一覧が表示されいます。写真や名前をクリックし、表示されるプロフィールから友達を確認することができます。

STEP③友達申請・リクエストを送る

探していた友達を見つけたら「友達申請・友達リクエストを送る」をクリックし、相手が承認すると友達になることができます。連絡先を知っている場合は、直接聞いてみるのも一つの方法です。

学校名・出身地・勤務先などの条件で絞り込んで検索

Facobookの友達検索は、名前だけではなく「出身地」や「勤務先」などの条件で絞り込んで検索することもできます。例えば会社の同僚などを探したい場合には、条件での絞り込みがおススメです。
検索方法は、以下の手順です。

①タイムライン右側に表示される「知り合いかも」の欄から「すべて見る」をクリック。
②画面の右側には、条件の項目が一覧で表示されます。条件は、「出身地」「居住地」「高校」「共通の友達」「大学」「勤務先」「大学院」から絞り込みが可能です。
③各項目では、自分がプロフィールで登録している情報がチェックボックスに表示されています。自分のプロフィールと一致する友達を検索したい場合は、チェックボックスをクリックするといいでしょう。

Facebookにログインせず検索する方法

Facebookへログインせずに相手のページを見たい場合は、ブラウザでGoogleを開き、「Facebook  ページを見たい人の名前」で検索します。そうすることで、検索結果の上位に相手のFacebookページへのリンクが表示されます。そのリンクをクリックすることでプロフィールを閲覧することができます。その際は、全体公開されている最近アップロードされた写真や出身地、学歴などといった基本情報を見ることができます。ただし、友達や写真をクリックすると強制的にFacebookへ登録しているメールアドレスとパスワードが求められます。もし詳しい内容を閲覧したい場合は、自分のアカウントにログインする必要があります。

Facebookで検索しても友達や知り合いが出てこない場合

Facebookですでに友達になっているにも関わらず、友達を検索しても結果に出てこない場合は、ブロックされている可能性があります。

また、まだ友達になっていない状態で友達の追加申請をしようとFacebook上で検索をかけてみても出てこない場合もあります。この場合、その友達が設定上で友達申請の範囲を限定している可能性があります。もし友達と直接連絡が取れるのであれば、以下の方法を試してみるといいでしょう。

リクエストをしてもらう

友達側がプライバシー設定で友達のリクエストができる人を「友達の友達」までに限定している場合があります。そのため、その場合は相手からリクエストしてもらうようにしましょう。互いにプライバシー設定をしているのであれば、どちらかがその設定を一時的に変更する必要があります。

設定を変更する

お互いのプライバシー設定で、友達の追加申請が「友達の友達」までに限定しているのであれば、双方のどちらかが手順を変更するようにしましょう。

Facebook検索で自分を見つけられないようにする方法

Facebookの検索において、友達とつながることがうれしい反面、見つけられたくない場合もきっとあるでしょう。ここでは、自分自身のアカウントをFacebook検索で見つからないようにする2つの方法をご紹介します。

Facebook内で自分を検索対象外にする方法

まずは、Facebook上で知らない人から検索されないようにする方法をご紹介します。手順は、以下となります。

①Facebookページの右上にある歯車マークから、プライバシー設定をクリックします。
②自分を検索できるユーザー欄の「メールアドレスまたは電話番号であなたを検索できる人」のところを「友達」もしくは「友達の友達」に変更します。
③「完了」ボタンを押すと設定完了です。

Googleの検索結果に表示させない方法

続いては、Googleなどの外部の検索エンジンに自分のFacebookページを表示させない方法をご紹介します。下記の設定を行うとGoogleなどで検索しても表示されなくなります。

①Facebookページの右上にある歯車マークから、プライバシー設定クリックします。
②自分を検索できるユーザー欄の「他の検索エンジンが自分のタイムラインにリンクするようにしますか?」の編集をクリックした後は、「その他の検索エンジンをタイムラインにリンクさせる」のチェックを外しましょう。

この方法により、外部検索でFacebookの自分のページを検索しても、表示されないようになります。

Facebookで検索した履歴を相手にバレないようにするには?

Facebookを使用していると、気になる人のFacebookを検索してプロフィールページを覗きに行きたいと思うことも少なからずあるでしょう。このときに気になるのが「検索履歴が相手にバレるのか?」という点です。結論から言うとFacebookで検索した履歴は、相手にバレません。友達を検索したからと言って、足跡が付くわけでもないため、とくに問題ないといえるでしょう。

Facebook検索の履歴削除

Facebookで特定の人を検索すると、相手に検索履歴がバレるということはありませんが、自分自身の検索履歴には残ります。これらの検索履歴を消したい場合は以下の方法をとるといいでしょう。

①検索タブの下に、「最近の検索」として過去に検索した履歴が表示されます。右上の「編集」をクリックしましょう。
②個別で削除する場合は、「×」をクリックし、すべて削除したい場合は、「検索履歴をクリア」をクリックします。

まとめ

今回は、Facebookの検索で友達、知り合い、お店のページなど見つけるさまざまな検索方法や検索履歴の削除などどについても解説しました。昔の知人や友人を検索したい場合は、今回ご紹介したFacebookの検索機能をうまく使って効率的に友人を探してみてくださいね。

おすすめ記事一覧

コラム

話題のAIチャットボットをわかりやすく解説します!

このページでは、チャットボットはAIなのか、またおすすめのチャットボットはどれか、などについて解説します。/デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

チャットボット 業務効率化 業務改善
2019.08.03
コラム

直帰率が高い!?コンバージョンあがるくん(C-bot)で解決できる理由

コンバージョンあがるくんを活用して直帰率を下げる方法について解説します。/デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

業務改善 チャットボット IT化
2019.08.03
コラム

待ってるだけの時代に終止符を!新サービス「コンバージョンあがるくん」の正体とは?

業務改善 業務効率化 IT化
2019.05.23
コラム

経営者の悩み「売上低下・コスト・資金繰り・人材育成…」を解決する考え方とアクション

飲食店経営者が頭を抱える5つの問題といえば、「売上」「コスト」「資金繰り」「人材育成」「ブランディング」にまつわるものでしょう。これはどの業界のトップであっても直面する問題です。 本記事では、5つの問題への向き合い方と、解決に向けた具体的な方法を説いていきます。

売上改善・売上アップ 店舗経営 集客改善・集客方法
2019.11.21

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。