お問い合わせ

DXの基本を知ろう!デジタルトランスフォーメーションの概要と特徴

最近、ニュースやインターネット上で「DX(デジタルトランスフォーメーション)」という言葉を見かけるようになりました。

「DX」は、企業がIT技術やデータを活用して、会社組織やビジネスモデルを改革し、サービス提供方法を変えていくことを意味しています。しかし現時点では、DXを活用して成果をあげている企業は、世界的に見ても少ないのが現状です。

そこで今回は「DX」が気になっているけれど、実際どういったものかわからないという方へ、デジタルトランスフォーメーション(DX)とは何か?といった、基本的なことについて詳しく解説していきます。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

「DX(デジタルトランスフォーメーション)」とは、もともと2004年にスウェーデンのエリック・ストルターマン教授によって提唱された概念で、進化し続けるテクノロジーが、人々の生活を豊かにしていくというもの。

つまり「DX」は、進化したデジタル技術を広く浸透させることで、人々の生活をよりよく変えていくということです。DXは、単にデジタル技術で変化させていくのではなく、古くからのルールや構造、価値観を根底から覆すほどの変革をもたらします。

経済産業省が示す「DXの定義」

日本でも、経済産業省が「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)」を発表。DXの定義について、以下のように記しています。

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること 参照:経済産業省

なぜ今「DX(デジタルトランスフォーメーション)」が注目なのか

今、IT・デジタル技術の進化により、さまざまな業種において新しい製品やサービス、新しいビジネスモデルを展開する企業が数多く登場してきています。こうした新規事業を始める企業が増える時代の中で、従来からある企業の多くでは、これまでの業績を保つために競争力の強化を図る必要があります。そこで重要なのが、会社内のDXを急速に進めていき、変革していくことです。

しかし、ある程度長く続いている企業では、会社組織の改革をはじめビジネス方法を大きく変更することは難しく、本格的にDX導入に動いているのは、ごく一部の企業のみというのが現状です。

その中、経済産業省が発表した「2025年の崖」で、企業における多くの問題が2025年を節目に立ちはだかるという警鐘を鳴らしています。対策をせずにいた場合、既存システムのブラックボックス化や、膨大なデータ活用ができない事象などが起こり、さまざまなリスクや問題が発生します。

DX(デジタルトランスフォーメーション)を実現する技術

「DX(デジタルトランスフォーメーション)」を推進していく中では、さまざまなデジタルテクノロジーが活用されます。

AI(人工知能)

DX実現に向けたデジタルテクノロジーの代表といえる「AI(人工知能)」は、すでにスマートフォンやパソコンなど人々の身近にある電子機器にも使われています。そのほか、医療機器やゲーム、音楽サービスなど、その使い道は幅広くあらゆる分野に取り込まれています。

現在、AIが活用されているのは、以下のような業種や機能です。

・医療:医療用画像セグメンテーション
・ゲーム:ビデオゲーム、ボードゲーム
・コンピュータービジョン:画像分類、画像生成、オブジェクト検出
・ロボット:キャリブレーション、自己位置認識
・スピーチ:音声認識、音声合成

紹介した意外にも、さまざまな業界で「AI(人工知能)」は活用されています。今後ますますテクノロジーが進歩することで、AI技術は一層DXの実現につながっていくでしょう。

IoT(モノのインターネット)

AIと並び、近年多く目にするようになった「IoT」は、いわゆる「モノのインターネット」のことを言い、Google HomeやAmazon アレクサなどのスマートスピーカーや、スマートホームなどで身近に感じることがあると思います。そのほか、自動運転車などにも使われ、インターネットやスマホなどを通じて、近年急速に実用化が進むテクノロジーの一つです。人々の生活に近く、一般から企業サービスまで広く活用されています。

IoTが活用されている業種、機能には、以下のようなものがあります。

・医療:生体データのリアルタイム共有、遠隔地からのモニタリング
・物流:自動搬送ロボットによるピッキング作業、RFIDによるトレーサビリティ
・農業:センサーが日射量や土壌状態を感知して、水やり・肥料の最適タイミングをはかる
・交通:高速の渋滞状況や、電車の遅延状況をリアルタイムで確認

IoTを活用することで、社会のさまざまな事象が観測され、そのデータを大量に蓄積することができます。IoTで集めたデータをAIが解析することで、新しいモデルが生み出され、それが再びIoTに実装されて戻るという、テクノロジーサイクルが生まれると考えられています。

5G(第5世代移動通信システム)

そして次世代の通信インフラとして「5G(第5世代移動通信システム)」が、2020年から商用サービスを開始しています。今、スマートフォンのCMで大々的に展開されているので、多くの方が聞いたことのある言葉だと思います。

5Gの特徴は「高速大容量」「高信頼・低遅延通信」「多数同時接続」の3つです。

・VR・AR体験:ヘッドセットを用いて、高画質でスムーズな映像が楽しめる。
・4K・8Kのライブ配信:高精細な映像をタイムラグが少なく楽しめる。
・自動運転:インターネットと繋がった車により、交通事故や渋滞を低減する。
・働き方改革:大容量のデータを遅延なく送信できるため、リモートワークにも最適。

DXを実現した企業例

すでにさまざまな企業で「DX(デジタルトランスフォーメーション)」を導入しています。ここでは、一部の実現例を紹介していきます。

株式会社Cygames

スマホの普及に伴い、2020年には1.3兆円規模の成長を見込むスマホゲーム。年々、その市場規模は大きくなり、ゲームタイトルの競争はますます激化しています。その中で大きなポイントとなるのが、スマホアプリ開発です。

これまでに「グランブルーファンタジー」など、数多くの大ヒットゲームを生み出してきた、株式会社Cygamesでは、アプリ開発の高速化と自動化への取り組みを進めています。社内のノウハウ共有を行う共通基盤と、開発運営チームを立ち上げ、各プロジェクトで生み出されたノウハウやデータを、社内のエンジニアが自由に参照できる仕組みを作っています。これにより同じものを複数の部署で作成してしまう、無駄なリソースの浪費を防ぐことに成功しました。

LINE

アメリカや中国などで、金融サービスをはじめ広く活用されている「信用スコア」。これは、クレジットカードやローンの申し込みの際に参照される個人の信用情報を、支払い実績やネットショップの利用履歴などの数値からスコアリングしたものです。

「信用スコア」の導入は、これまで定義づけが難しかった個人の信用情報を客観的に評価できる点にあります。個人のデータをもとにAIが産出することで、公正な判断が実現できるため、融資や提携サービスでも優遇してもらえるメリットにつながります。

国内では、メッセージアプリのLINEが提供している「LINE Score」が有名で、LINE Payの利用履歴やLINEでのやりとり、LINEニュースの閲覧履歴などを要素としてスコアリングを行っています。

参考:「LINE、「日常をちょっと豊かに」していく、独自のスコアリングサービス「LINE Score」を開始」

株式会社スペースリー

IoT、フィンテックと並んで、今大きく注目を集めているのが、不動産テックです。これは賃貸物件の管理や内覧などを、テクノロジーを活用して効率的にすすめることです。

2013年創業の株式会社スペースリーでは、ブラウザから賃貸物件のパノラマ画像を閲覧できる、VRクラウドソフトを開発。画面上に表示される矢印をクリックすることで、部屋野中を移動したり部屋からの眺めも昼夜で切り替えて閲覧することができます。

また独自に、VRコンテンツ内のクリック箇所や滞在時間などを集計して、どんな部屋や写真に興味を持ったかをグラフ化して分析しています。

参考:「【VR不動産】VRで不動産内見!バーチャルリアリティーの活用方法とは?」

まとめ

今回は、一般的にも見かけるようになった「DX(デジタルトランスフォーメーション)」について、基本的な定義や代表されるテクノロジーなどをご紹介してきました。

カタカナや英語での表記が多く、苦手意識を持つ方も多いですが、実は私たちの身近なところでたくさん活用されています。日常的に活用できるものから、企業の大きな変革となることまで、今後「DX化」が進んでいくかもしれません。



 
店舗・オフィスのDXに関する
お問い合わせはこちらから
DXコンシェルジュに相談する(無料)

おすすめ記事一覧

コラム

防犯だけではなくスタッフの生産性も向上!?クラウドカメラの可能性を発見

クラウドカメラ・Drive光導入事例:豚しゃぶ 英様 防犯カメラを導入してからは、いつでも映像を見ることができ、私が不在の間もスタッフがお客様に対して真摯にサービスしているかを確認できるようになり安心です。初めは1つだけでしたが、お店の細部まで見られた方がいいなと感じ2個3個と増え、今では5つ設置しています。

環境改善 レストラン・カフェ 飲食店
2018.06.07
コラム

【Wi-Fiが遅い】7つの原因とすぐに試せる解決策とは?

Wi-Fiが遅い!なかなかスムーズにインターネットが使えないとイライラしてしまうもの。そこで今回は、Wi-Fiが遅いときに考えられる7つの原因と対処法をご紹介していきます。すぐにできる対処法もあるので、ぜひ試してみてください!また、解決策の選択肢の一つとして、快適な通信環境を整える注目のTP Link社のなかから人気Wi-Fi製品もご紹介していきます。

飲食店 オフィス・事務所 店舗
2018.12.04
コラム

フードデリバリーに注目!コロナの影響でさらに市場が急成長?背景も解説!

今注目のフードデリバリー。コロナウィルスの影響により、これまで以上にウーバーイーツや出前館といったフードデリバリーへの需要が高まってきている昨今を踏まえて、フードデリバリーの歴史から市場の動きや市場が拡大する背景などをわかりやすくご紹介していきます。今後のフードデリバリーの課題やコロナウィルス影響下による直近の動きなど、消費者やこれからデリバリーサービスへの参加を検討している飲食店が知りたい内容を解説!ぜひ把握しておきたい内容です。

集客改善・集客方法 飲食店 インバウンド
2020.04.06
コラム

高圧電力のコストカット!新電力のメリットや事例を紹介!

ビルや中小規模の工場といった法人向けの「高圧電力」は、2004年から2005年にかけて自由化が始まっており、家庭向けの低圧電力と比べても多くの実績があるのをご存知でしょうか。本記事では、高圧電力を新電力に切り替えるメリットや、おすすめの電力会社を解説していきます。

経費削減
2020.07.31
この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

T.Tamura

ライター歴5年。ライターチームをまとめる責任者。店舗やオフィス、保育施設等のIT化・DX化、補助金に関する記事を中心に執筆している。

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。