お問い合わせ

テレワークと在宅勤務の違いとは?その背景とポイントを解説

近年、従来のように会社に出社して仕事をする以外に、さまざまな働き方に取り組む企業が増えてきました。その中でも、2020年新型コロナウイルスの影響を受け、在宅勤務の需要が一気に高くなりました。

自宅で仕事をする在宅勤務ですが、よくニュースや新聞などで見かける「テレワーク」とは何が違うのでしょうか。テレワーク=在宅勤務と思っている方もいるかもしれませんが、実は在宅勤務は、テレワークという働き方の一つにすぎません。

そこで今回は、あらためて在宅勤務とテレワークの違いを紹介していくとともに、テレワークのを実施する背景や、そのポイントについて解説していきます。

在宅勤務はテレワークの1種 

冒頭でも伝えたように、在宅勤務とテレワークは、同じ意味で利用されることが多いです。「在宅勤務」というのは、テレワークという新しい働き方に含まれる方法の一つで、オフィスに出社するのではなく、自宅を仕事場にする働き方のことを言います。

テレワークを行う目的には、十分な働き手を確保すべく、従来の労働環境を改革することなどがあり、これを達成するためには在宅勤務だけでなくさまざまな働き方があります。テレワークによって柔軟な働き方をすることで、優秀な人材の確保や交通費などのコスト削減、従業員の業務効率化や生産性の向上など、多くのメリットを生んでいます。

テレワークとは

テレワークとは?企業が導入するメリット・デメリットを考えてみた!

テレワークとは?企業が導入するメリット・デメリットを考えてみた!

記事を読む

テレワークと在宅勤務の違い

ここでは、テレワークと在宅勤務それぞれの違いについて、解説していきます。

テレワーク

働き方改革を推奨してきた政府のもと、総務省や厚生労働省では、インターネットを活用した「ICT(情報通信技術)」を使った働き方を「テレワーク」と呼んでいます。なお「リモートワーク」も、ほぼ同じ意味で使われており、オフィスから離れた遠隔地で仕事をすることを指します。

テレワークやリモートワークどちらも、インターネットを活用して、勤務時間や勤務場所などにとらわれず柔軟な働き方の総称として使われており、通勤時間の短縮や会社への出社が難しい方でも仕事ができることで、作業効率の向上が期待されています。

テレワークには「在宅勤務」「モバイルワーク」「サードプレイスオフィス勤務」と、大きく3種類にわけられます。

在宅勤務

先ほど説明したように「在宅勤務」は、テレワークでの働き方の一つになります。フリーランスの在宅ワーカーと違い、企業に所属している従業員が、オフィスではなく自宅で仕事をすることを指します。

2020年には、新型コロナウイルスの感染予防策として、多くの企業がテレワークの導入を急ピッチで進め、外出を控えるために在宅勤務の推奨が求められるようになりました。オフィスで働いているのと同じように、自宅で仕事をする在宅勤務は、外出自粛要請にも対応できるうえ、子育てや介護など出社が難しい方、通勤時間が長く負担となっている方にも大きな効果を与えています。

新型コロナウイルスの感染対策でさらに注目

もともと、テレワークや在宅勤務は「働き方改革」や、ライフステージの変化に伴う退職などによる人材不足の解消のため、政府が推奨してきました。とくに女性は、優秀な人材であっても結婚や出産による退職や転居などで、今まで通り働けないということがありました。

しかし在宅勤務を導入することで、これまで本人の希望や意思に反して退職を選択せざるを得なかった育児中の女性や、さらには高齢者・障害者など、さまざまな人材登用が可能になり「ダイバーシティ」の実現に向けた大きな一歩にもなります。

また在宅勤務者が増えることで、営業所や支社の縮小が可能になったり、従業員の通勤手当といったオフィスコストの軽減にも繋がります。従業員側としても、ワークライフバランスの両立を目指すことができるので、今後、在宅勤務は強く求められる新しい働き方といえます。

Wi-Fiの窓口

Wi-Fiの窓口

自宅の通信環境を大きく改善!Wi-Fiの見直しでスムーズなテレワーク環境を!

詳しくはこちら

在宅勤務を導入するポイント

今後、在宅勤務を導入していくにあたって、企業として押さえておきたいポイントを紹介していきます。

勤務状況を明確にする

オフィスで働くことと違い、在宅勤務になると、どうしても稼働状況を把握することが難しくなります。決まった時間に出勤しているかどうか、目視で確認することができないため、従業員のスキルや評価が判断できなくなることは、会社・従業員ともに大きな問題となります。上司や同僚の目がないことで、職務怠慢になっていないかなど、しっかり確認できる状態にしておかなくてはなりません。

そのため、出退勤の記録を取るツールの準備や、始業・終業時の報告ルールなどを制定する必要があります。主なルールとしては、必ず始業時間には朝会を行って出社しているかチェックしたり、終業時には、その日の業務報告を行うといった方法があります。

情報セキュリティ対策

在宅勤務を行うということは、社内で取り扱っている機密情報なども、社外で扱う可能性が高くなります。万が一のことを考えて、在宅勤務にあたってのセキュリティ対策を行う必要があります。

社外から社内のツールにアクセスしたり、ネットワークに入って作業することもあるため、これまで以上に情報漏洩などのセキュリティリスクへの対処が必要です。従業員宅のインターネット回線経由で、会社に不正アクセスやウイルス感染を引き起こす可能性もあるため、社内だけでなく在宅勤務を行う従業員は、自宅で使う回線や端末のセキュリティ対策も忘れずに行わなくてはいけません。


》導入前に!「テレワークセキュリティガイドライン」を必ずチェック
UTM

スマートUTM

テレワーク中のセキュリティ対策で、さまざまな脅威から会社を守る!

詳しく見る

従業員間のコミュニケーション

業務効率化や通勤時の負担軽減が見込まれる在宅勤務ですが、出社せず直接同僚や上司と顔を合わせる機会がないことで、チームや部署、社内全体のコミュニケーションが希薄になる可能性があります。一人で作業することが多くなり、コミュニケーションが取りづらくなることで、仲間意識やチーム力の低下に繋がるという点も問題視されています。

最近では、ICT技術によってさまざまなコミュニケーションツールが登場しており、チャット機能ツールやWEB会議ツールなど、こまめに連絡が取れたり顔を合わせて話ができるシステムなど、多くのツールやシステムが利用されています。


》【徹底比較】無料版でも十分?おすすめのビジネスチャットツールをご紹介!

まとめ

今回は、混同されがちな「テレワーク」と「在宅勤務」の違いを解説するとともに、在宅勤務を行ううえでのポイントをご紹介してきました。

基本的に在宅勤務は、テレワークという働き方の一つであり、実際に導入する際にはきちんとしたルール制定や対策を行う必要があります。事前準備や対策を面倒と考えるのではなく、在宅勤務を実施することで得られるメリットを把握したうえで、実施するかの判断を行うようにしましょう。

はじめてのテレワーク

「はじめてのテレワーク」について詳しくはコチラ!

テレワーク導入を徹底サポート!

詳しく見る
店舗・オフィスのDXに関する
お問い合わせはこちらから
DXコンシェルジュに相談する(無料)

おすすめ記事一覧

導入事例

対応がとてもスピーディーで、導入後のフォローも手厚いので安心して業務に臨めています。

生産性向上 業務効率化 業務改善
2017.05.23
コラム

【Wi-Fiが遅い】7つの原因とすぐに試せる解決策とは?

Wi-Fiが遅い!なかなかスムーズにインターネットが使えないとイライラしてしまうもの。そこで今回は、Wi-Fiが遅いときに考えられる7つの原因と対処法をご紹介していきます。すぐにできる対処法もあるので、ぜひ試してみてください!また、解決策の選択肢の一つとして、快適な通信環境を整える注目のTP Link社のなかから人気Wi-Fi製品もご紹介していきます。

店舗 オフィス・事務所 Wi-Fi
2018.12.04
導入事例

ネットワーク構築から各種機器の調達まで一本化して任せられたので安心でした。

生産性向上 環境改善 業務改善
2017.05.23
コラム

インバウンド対策で重要な2大対策とは?集客と言語対応に注目!

インバウンド対策を考えている企業は注目!インバウンド対策で最低限取り組みたいのが、集客対策と言語対応。訪日予定の外国人に店舗を知ってもらうためには世界共通で使われている口コミサイトが効果的?また、集客後に外国人観光客も店舗側もスムーズなコミュニケーションを取るためには言語対応も必要です。何から始めたら良いかわからないという場合は、まずチェックしておきたい内容でご紹介していきます。

インバウンド 接客 レストラン・カフェ
2019.07.17
この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

T.Tamura

ライター歴5年。ライターチームをまとめる責任者。店舗やオフィス、保育施設等のIT化・DX化、補助金に関する記事を中心に執筆している。

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。