お問い合わせ

コロナで飲食店がすべき対策とは?テイクアウトを解説!

新型コロナウイルスによる感染拡大の影響が日に日に大きくなるなか、飲食店の倒産や閉業といった事象が各地で相次いで発生しています。

今回は、テイクアウトサービスやデリバリーアプリの活用など、コロナ禍における飲食店の経営ポイントを中心に、わかりやすく解説を進めていきます。

長期化するコロナトレンド、テイクアウト集客を向上させるには?

新型コロナウイルスの感染拡大による影響から、近ごろでは経営が立ち行かなくなった飲食店の倒産が相次いで発生しています。

帝国データバンクの調査によると、2020年1月から2020年11月の飲食店の倒産は過去最多の736件に達したということで、飲食店の経営は今後も厳しくなることが予想されます。

飲食店の倒産、過去最多を更新 コロナ禍が影響、居酒屋では大幅増加”PR Times

飲食店ではこれまで、原材料費の高騰や人手不足などの課題から、中小零細事業者を中心に倒産が増加している傾向にありました。

それに加えて、今年は新型コロナウイルスの感染拡大にともなって、政府や地方自治体の要請による休業や時短営業から売上が急激に減少している現状にあります。

では、こうしたコロナ禍の飲食店の経営を切り抜けるためには、一体どのような工夫が必要とされているのでしょうか。

集客力を上げるためには?

飲食店における集客力を改善させるためには、少なくとも下記の3つのポイントを意識した店舗経営が重要な要素となります。

ターゲットの最適化

まずは「ターゲットの最適化」が重要なポイントであると言えるでしょう。

たとえば、ファミリー層向けのお弁当に関して言えば、およそ400円~800円が相場の適正価格と想定されるでしょうが、コンビニや給食会社などの他社との競合が想定される事業者向けのお弁当に関して言えば、およそ350円~650円と単価が低めになる傾向にあります。

商品やメニューの最適化

続いては「商品やメニューの最適化」も重要なポイントのひとつであると言えます。

たとえば、若年層の女性客が中心の飲食店の場合であれば、健康志向のメニュー開発や低カロリーメニューの提案など、より魅力的な商品ラインナップを充実させることで、集客力の改善を見込むことができます。

価格の最適化

最後は「価格の最適化」についてです。

最適化したターゲットにもよって適正となる価格設定も異なってくるため、ターゲット自身の分析はもちろんのこと、競合他社の分析やエリア相場の分析などから「価格の最適化」に向けた取り組みが必要であると言えるでしょう。

ユーザーとの接点を増やすには?

現状の集客を改善させるためには「ユーザー接点の増加」は必要不可欠ですが、具体的にはどのような施策を講じれば良いのでしょうか。

フードデリバリーアプリ

まず真っ先に考えられるものとしては「フードデリバリーアプリとのサービス連携」が挙げられるでしょう。

ウーバーイーツや出前館などの大手フードデリバリーアプリとのサービス連携によって、テイクアウトのみではなく、デリバリーへの需要に対しても柔軟に対応することができるようになるため、コロナ禍においては最も効果的な集客対策のひとつであると言えます。

【出前館vsウーバーイーツ】手数料や違いを比較!結局どっちがメリット多い?

臨時の集客支援サービスを利用する

続いては「臨時の集客支援サービスを活用する」ということも、重要なポイントのひとつと言えるでしょう。

集客支援サービスと聞くと少し大仰なようにも聞こえてしまいますが、最近では個人経営の飲食店や、中小零細の店舗などへの導入事例も多く、ローコストなサービスプランなども豊富にラインナップされているため、積極的な導入を検討してみるのも良いかもしれません。

WEB集客を登録から運用まで代行してくれるサービス

SNS集客

次は「SNSによる集客対策を行う」というのも、訴求効果を見込むことができます。

特に、写真が中心のインスタグラムにおいては、店舗の料理を効果的にPRすることができることに加えて、近ごろではウーバーイーツとのサービス連携や、ショップ機能の追加など、事業者にとっても使い勝手の良いサービスへと進化を遂げています。

飲食店のインスタ集客で成功する方法とは?運用のコツとポイントを解説!

MEO対策

最後は「MEOによる集客対策を講じる」というのも、重要な集客対策の一手であると言えるでしょう。

MEOとは、ウェブ検索における地図情報の最適化を指すもので、グーグルやヤフーなどの検索エンジンにおいては、より効率的に自身の店舗の上位表示を狙うことができるため、こちらも集客支援サービスと同様に、積極的な活用をおすすめします。

MEOとは?Googleマップを活用した実店舗の集客方法!SEOとの違いや対策方法も紹介!

まとめ

今回は、テイクアウトサービスやデリバリーアプリの活用など、コロナ禍における飲食店の経営ポイントを中心に、わかりやすく解説を進めてまいりました。

コロナ禍の店舗経営においては、テイクアウトやデリバリーサービスへの対応を行うことこそが、今後の明暗を分ける重要なポイントであると言えるため、積極的な導入を検討していきましょう。

デリバリーサービスとの連携で効率的に集客アップ!詳細はこちらから

店舗・オフィスのDXに関する
お問い合わせはこちらから
DXコンシェルジュに相談する(無料)

おすすめ記事一覧

コラム

経営者の悩み「売上低下・コスト・資金繰り・人材育成…」を解決する考え方とアクション

飲食店経営者が頭を抱える5つの問題といえば、「売上」「コスト」「資金繰り」「人材育成」「ブランディング」にまつわるものでしょう。これはどの業界のトップであっても直面する問題です。 本記事では、5つの問題への向き合い方と、解決に向けた具体的な方法を説いていきます。

売上改善・売上アップ 飲食店 業務効率化
2019.11.21
コラム

【ウーバーイーツ(Uber Eats)の料金や手数料は?】仕組みやメリットも理解できる徹底解説!

【ウーバーイーツ(Uber Eats)の気になる料金や手数料にも注目!】新型コロナウィルスで需要が高まるウーバーイーツの仕組みや特徴とともに、メリットを配達パートナー、ユーザー、加盟店である飲食店の目線からご紹介していきます。また、気になるウーバーイーツの料金や手数料もご紹介。外食控えが増えているなかで、飲食店にとってもコロナの売上対策となるウーバーイーツが注目されています。消費者も飲食店もチェックしておきたい内容です。

飲食店 レストラン・カフェ 集客改善・集客方法
2020.03.09
コラム

【ウーバーイーツ(Uber Eats)の加盟店】店舗登録の方法やメリットを解説!コロナで需要増?

【ウーバーイーツ(Uber Eats)の加盟店側情報を解説】ウーバーイーツの店舗である加盟店について解説。コロナウィルスでの影響で飲食店の集客が苦戦する一方で、消費者はウーバーイーツへの注目が高まっています。ウーバーイーツの加盟店に関する概要、コスト、店舗登録方法を中心に解説していきます。どうしたら加盟店として店舗を登録できるのでしょうか。ほかにもデリバリーサービスがあるなかで、なぜウーバーイーツが特に注目されているのでしょうか。その秘密を紐解いていきましょう!

飲食店 レストラン・カフェ 売上改善・売上アップ
2020.03.19
コラム

ウーバーイーツの評判や口コミは悪い?苦情はどんな内容?

ウーバーイーツ(UberEats)の評判や口コミに注目!今注目が集まっているウーバーイーツですが、その評判や口コミもチェックしておきたいところ。このページでは、ウーバーイーツに関する良い評判(口コミ)、悪い評判(口コミ)について双方をご紹介していきます。これからウーバーイーツへの加盟店登録を検討している飲食店にとっても参考にしておきたい世間の反応をまとめてご紹介していきます!ぜひチェックしてみてください。

インバウンド 飲食店 レストラン・カフェ
2020.04.01
この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

Y.Masaki

通信回線の営業からライターへ転身。営業時代に培った経験や知識を活かし、WiFiやモバイル回線などのインターネット関連記事を中心に執筆している。

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。