お問い合わせ

コロナで飲食店がすべき対策は?経営危機を乗り切る注目の方法も紹介!

新型コロナウィルス(以下、コロナウィルス)感染拡大を受けて、緊急事態宣言が4月7日に発令されましたが、すでに集客や売上減少に苦しむ飲食店が増えてきています。今後、このままの状態が続くことで多くの飲食店が経営危機を迎えることになりかねません。そこで今回は、コロナウィルスの影響下において飲食店ができる対策について考えていきましょう。

コロナウィルスの影響で飲食店も大打撃

コロナウィルスの流行が重大局面を迎えている今、日本経済に与える影響も深刻化しています。様々な業界において、テレワークへのシフト、時差出勤などの対応を進んでいる一方、サービス業や飲食業界は経営危機が迫ってきている現状ではないでしょうか。
どの業界でもそれぞれの苦労や疲弊がありますが、特に注目されている飲食業界に注目してその現状と今後の動きなどをご紹介していきます。
》【お急ぎの方はこちら】コロナで需要が高まるウーバーイーツ!資料ダウンロードや無料相談はお早めに

新型コロナウィルスの流行による飲食店の対応

外出自粛要請をスマホで確認している様子

コロナウィルスの流行により、飲食店では国や各地域から対応を求められています。直近の動きを簡単にチェックしていきましょう。

東京都の出自粛要請

2020年3月25日、東京都の小池知事の会見により、5週末における不要不急の外出自粛要請が出されました。これにより、東京都心部や隣県からの流入も抑制できたとされています。この外出自粛要請により、週末における飲食店の利用がさらに減少し始めていると言えそうです。

政府が緊急事態宣言を発令

2020年4月7日、国として7都府県に対して「緊急事態宣言」が発令されました。これは新型コロナウィルス特別措置法に基づく宣言ですが、この緊急事態宣言を元に、対象の各都道府県知事による外出自粛要請が可能になりました。
(参考資料:”安倍内閣総理大臣記者会見”首相官邸公式HP)
》緊急事態宣言で飲食店どうなる?営業時間短縮でも売上確保の活路とは?

東京都としての飲食店へ求める対応は

東京都として、国緊急事態宣言を今、各業界に対して制限や休業などを要請(場合によっては指示)することが可能となっています。細かい要請については今後発表される形になりますが、飲食業界にもさらに強い打撃を与えることになるでしょう。
緊急事態宣言が発令される前、緊急事態宣言が発令された場合の各業界の対応として示していた内容によると、飲食店は生活に必要な業態として営業継続に値するものの、営業時間の短縮等で対応するかたちが求められるでしょう。また、居酒屋等においては休業を要請する方向のようです。
(参考資料:”知事の記者会見"東京都公式HP
》ウーバーイーツが対応エリア拡大!最新情報はこちら!随時更新中!

コロナウィルスの影響による飲食店の売上低迷

売上が低迷してるグラフ

キャンセル

飲食店の予約サービスなどを展開するテーブルチェックによる調査によると、飲食店におけるキャンセル率は2020年3月が約30%、2019年3月が10%と、大きな差が生じている状況です。特に大人数での予約におけるキャンセルが目立っています。
本来であれば歓送迎会シーズンとして飲食店の繁忙期となりますが、緊急事態宣言や外出自粛要請により更なるキャンセルが続く可能性があるでしょう。
(参考資料:データに見る新型コロナウィルスが飲食店に及ぼす影響と支援について”TableSolution公式サイト)

集客が難しい

東京都などを中心とした外出自粛要請や緊急事態宣言はもちろん、そもそも消費者自身もコロナウィルスの感染予防として外出を自粛する傾向にあるでしょう。飲食店における外食は、多くの人と同じ空間で過ごすことになるなどの懸念から外食を控える方も多いのではないでしょうか。こうした点から店内で飲食をする外食の集客はより一層厳しくなるはずです。

売上減少

飲食店.COMの飲食店経営者に対する調査によると、2020年2月の月間売上と2019年の2月の月間売上を比較して、売上が減ったと答えた経営者が60%以上としています。
コロナウィルスの流行がまだ表面化していない2月の時点でこの結果となっているため、3月以降は外出自粛制限などを受けてさらに売上が減少していくことが容易に想像できるでしょう。
(参考資料:”飲食店の新型コロナウィルスによる影響」に関するアンケート調査”飲食店.COM公式サイト)
》緊急事態宣言を受けて飲食店はどうなる?今後の動きや対策
》資料請求OK!ウーバーイーツの概要を知りたい方はお早めに!

コロナウィルスの影響下でもできる飲食店の売上対策

厳しい経営が続く飲食業界ですが、そのなかでも集客や売上を確保する手段や方法が注目を集めています。今特に飲食業界が注目すべき売上に関するコロナ対策をご紹介します。

先行予約

コロナウィルスの影響により、直近の集客や売上が見込めないなか、先行予約といったかたちで飲食店の売上を作るサービスが注目されています。コロナウィルスの終息後にディナーなどで使えるチケットなどを販売し、コロナウィルス終息後を見込んだ数か月先に来店してもらうような流れとなります。

テイクアウト

テイクアウトもコロナウィルスの影響下において売上を作る方法の一つとして効果的でしょう。密閉された店内で過ごしたり、他のお客様と長時間同じ空間にいることを避けられるため選ばれやすいのではないでしょうか。テイクアウト店を応援する動きとしてSNSでの拡散やテイクアウト店を掲載するサービスなども注目されています。

デリバリーサービス

なんといっても特に飲食店が注目したいのが、デリバリーサービス。
自宅や指定住所まで注文した商品を届けてくれるサービスです。外出する必要もなく、複数の人と接する必要もないため重宝されています。
》フードデリバリーに注目!市場や消費者の意識は?

デリバリーサービスが「置き配」で需要高まる?

置き配のイメージ

デリバリーサービスがさらに注目されている理由の一つが「置き配」対応。この置き配について確認してみましょう。

置き配とは

置き配とは、お届け商品の受け渡しに関して従来の「直接手渡し」ではなくお届け住所のさらに指定場所に「置く」という方法です。これにより、人と接することなく受け取りが可能になりますね。受け取りのわずらわしさだけでなく、昨今のコロナウィルスの感染予防にも効果があると言えるでしょう。

ウーバーイーツや主要デリバリーサービスが開始

こうした感染リスクを抑える「置き配」が、デリバリーサービスであるウーバーイーツや宅配ピザ、出前館などにおいて実施されています。この置き配を選ぶ際はキャッシュレス決済が必要になる点は注意が必要ですが、こうしたコロナ対策にもなる上で外食気分を味わえるサービスを展開するデリバリーサービスへの需要が高まっていると言えるでしょう。
》ウーバーイーツと出前館の違いとは?2つのサービスの特徴にも解説

コロナウィルス流行で飲食店に対する需要を考える

今後も続くと予想されているコロナウィルスの流行。終わりが見えないなかで、飲食店を経営する場合、不安が大きいはず。今後どのような手段を取れば、経営継続の可能性を高めていけるのでしょうか。

コロナウィルスの長期化を踏まえて営業の仕方をシフト?

外出自粛やコロナウィルスの流行が終息しない限り、従来の外食による売上を維持することは難しいでしょう。そのため、売上の作り方や集客の仕方を変えるという選択肢も必要かもしれません。
その選択肢の一つとなるのが、今夏ご紹介した「先行予約」や「テイクアウト」、「デリバリーサービス」。今後もさらに新たな集客方法が登場する可能性もあるため、情報やトレンド、消費者の需要を考えることが必要になってくるでしょう。

感染予防対策も行えるサービス

消費者もコロナウィルス感染予防のため、外出を自粛しています。この点は終息が見えてくるまで大きな変化は期待できない可能性が高いです。消費者が望んでいるのは「感染しないこと」とともに「感染させないこと」。今回ご紹介した感染のリスクを少しでも抑えられ、安心して利用できるサービスへのさらに需要が高まってくるのではないでしょうか。
》ウーバーイーツの魅力とは?特徴や料金にも注目!

ウーバーイーツへの需要が高まっている

デリバリーサービスとしてのウーバーイーツは、コロナウィルスの影響もあり、注目されているサービスの一つ。自宅にいながら外食気分を味わえる、他社サービスでは利用できない飲食店が使える、置き配に対応しているなど、消費者としてのメリットが多数あります。

飲食店におけるウーバーイーツのメリット

そしてなんといっても、デリバリーサービスを開始する上で、配達スタッフやお届け手段(自転車やバイクなど)の用意が必要ないこと。コストをかけずにデリバリーサービスを始めることができるため、飲食店にとっても多くのメリットがあるでしょう。
在宅ワークやテレワーク、学校休校などにより在宅率も高まっているなか、自宅までレストランやカフェの商品を届けてれるサービスは、特に注目しておきたいサービスではないでしょうか。
》ウーバーイーツの加盟店とは?店舗登録や料金も解説!

まとめ

今回はコロナウィルスにおける飲食店の対応と現状、今後の対策についてご紹介しました。経営が不安ななかで、少しでも売上を見込めるサービスを取り入れることが鍵となるかもしれません。今後の営業について考える際のヒントなれば幸いです。
》【資料請求OK】飲食店が注目しているウーバーイーツについてはこちら!
》【人気記事】ウーバーイーツの加盟店とは?メリットや申請方法にも注目!

おすすめ記事一覧

コラム

経営者の悩み「売上低下・コスト・資金繰り・人材育成…」を解決する考え方とアクション

飲食店経営者が頭を抱える5つの問題といえば、「売上」「コスト」「資金繰り」「人材育成」「ブランディング」にまつわるものでしょう。これはどの業界のトップであっても直面する問題です。 本記事では、5つの問題への向き合い方と、解決に向けた具体的な方法を説いていきます。

売上改善・売上アップ 店舗経営 経費削減
2019.11.21
コラム

【ウーバーイーツ(Uber Eats)の料金や手数料は?】仕組みやメリットも理解できる徹底解説!

【ウーバーイーツ(Uber Eats)の気になる料金や手数料にも注目!】新型コロナウィルスで需要が高まるウーバーイーツの仕組みや特徴とともに、メリットを配達パートナー、ユーザー、加盟店である飲食店の目線からご紹介していきます。また、気になるウーバーイーツの料金や手数料もご紹介。外食控えが増えているなかで、飲食店にとってもコロナの売上対策となるウーバーイーツが注目されています。消費者も飲食店もチェックしておきたい内容です。

飲食店 レストラン・カフェ 集客改善・集客方法
2020.03.09
コラム

【ウーバーイーツ(Uber Eats)の加盟店】店舗登録の方法やメリットを解説!コロナで需要増?

【ウーバーイーツ(Uber Eats)の加盟店側情報を解説】ウーバーイーツの店舗である加盟店について解説。コロナウィルスでの影響で飲食店の集客が苦戦する一方で、消費者はウーバーイーツへの注目が高まっています。ウーバーイーツの加盟店に関する概要、コスト、店舗登録方法を中心に解説していきます。どうしたら加盟店として店舗を登録できるのでしょうか。ほかにもデリバリーサービスがあるなかで、なぜウーバーイーツが特に注目されているのでしょうか。その秘密を紐解いていきましょう!

集客改善・集客方法 飲食店 売上改善・売上アップ
2020.03.19
コラム

ウーバーイーツの評判や口コミに注目!悪い評判はどんな内容?

ウーバーイーツ(UberEats)の評判や口コミに注目!今注目が集まっているウーバーイーツですが、その評判や口コミもチェックしておきたいところ。このページでは、ウーバーイーツに関する良い評判(口コミ)、悪い評判(口コミ)について双方をご紹介していきます。これからウーバーイーツへの加盟店登録を検討している飲食店にとっても参考にしておきたい世間の反応をまとめてご紹介していきます!ぜひチェックしてみてください。

集客改善・集客方法 レストラン・カフェ インバウンド
2020.04.01

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。