お問い合わせ

【都市ガス】ガス自由化とは?都市ガスとLPガスの違いやガス代を安くする方法を解説

最近よく耳にすることも多くなったガスの自由化。そもそも「ガス自由化って何?」「ガス自由化によって何が変化するの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。 
今回は、ガス自由化の目的と概要について解説するとともに、都市ガスとLPガスの違いやガス代を安くする方法まで解説します。

ガス自由化とは?

 

ガス自由化とは、料金やサービス内容によって消費者が自由にガス会社を選択できるようになる制度です。2016年4月に電力自由化が開始されましたが、翌年4月に「都市ガスの自由化」が開始されました。
ガス自由化の取り組みは、経済産業省を主導として、1990年代の円高や世界的な規制緩和の影響を受け、当時高額だった日本のガスや電気料金を世界的に見て遜色のないレベルにすることを目的にはじまりました。ただし、ガス全面自由化を一気に行ってしまうと混乱が生じてしまうことを危惧して、段階的に自由化の対象を拡大していくことになりました。

ガス自由化を徹底解説!誰でも理解できる仕組みとメリットデメリットとは?

 

『ガス自由化』の歴史


引用:東京電力エナジーパートナーホームページ

まず一番最初は、ガスの消費量の多い大規模の工場を対象として1995年よりガス自由化がスタートしました。つづいて、1999年、2004年、2007年とガス自由化の対象は広がり、2017年4月には一般家庭や商店などにまで拡大することでようやく全面自由化を迎えることとなりました。

ガス自由化で何が変わった?

ガス自由化が開始されたことで、おもにどのような変化が起きたのでしょうか。

2017年よりガスの全面自由化が開始され、工場だけでなく一般家庭や商店などいわゆる家庭向けの都市ガスの自由化がはじまりました。これにより、地域で指定されていた都市ガス会社としか契約できなかった家庭向けのガスも、自由化によりガス会社を自由に選択できるようになったことが大きな変化といえるでしょう。
ガス会社が増えることで「ガス管が増設されるの?」と疑問になる方も少なくないかと思いますが、ガス自由化後は都市ガス会社も新規参入するガス会社も既設のガス管を利用してガスを供給することになります。そのため、基本的には今の環境と変わらずにガスを利用することが可能です。

ガス自由化の目的・ユーザーのメリット

消費者にとってガス自由化の最大のメリットはやはりガス料金です。
ガスの全面自由化が開始されたことで、ガス販売市場へ新規参入会社が増加し当然ながら価格競争が生まれます。そのため、自社のユーザーを増やすためには他社よりも安い価格で販売する必要があるため、それがガス料金の抑制に繋がっているといえるでしょう。

またガス自由化は、サービスの向上も期待できます。各社さまざまなサービスを展開しており、ポイント制や定額制、各種サービスとのセット販売などユーザーの環境に合ったサービスを自由に選択できるようになります。
経済全体でみると、ほかの業種からの新規参入や都市ガス会社の他地域への事業エリア拡大などは、新たな技術改革を起こし経済の活性化にもつながることも期待できるといえるでしょう。

ガスはおもに3種類に分けられる 

 

ここでは、ガスの種類についてカンタンに解説します。一般家庭や商店で使用するガスはおもに3種類に分かれています。

・都市ガス
都市ガスは、ガス導管を通して一般家庭や商店へ供給されるガスです。

・LPガス(プロパンガス)
ガス販売会社の従業員がLPガスの入ったガスボンベを家庭や商店などに配送することでガスを使用することが可能となります。

・簡易ガス
簡易ガス、70戸以上の団地にて敷地内にガス発生設備を設置し、各家庭へ供給されるガスです。

▼ガスの種類について詳しく解説している記事はこちら

ガス自由化を徹底解説!誰でも理解できる仕組みとメリットデメリットとは?

 

都市ガスとLPガスの違い

 

都市ガスとLPガスは、同じガスでも全く異なる仕組みで扱われています。
都市ガスは、原料のLNGは陸揚げした後、気化・臭化といった工程を踏み導管と通して書く一般家庭や商店などへ供給されます。導管の管理から各一般家庭などにガスを供給するまでのすべての業務は、東京ガスや大阪ガスなどの大手4社をはじめとする全国200社以上のガス会社がそれぞれの地域で担っていました。

一方、LPガスについては、原料であるLPガスを陸揚げした後、専用ボンベに充鎮してそれぞれの家庭へ送られます。このLPガスを扱う会社は、大企業から中小企業までさまざまで全国約2万社もあると言われています。

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違いって?それぞれの料金を比較!

 

ガス会社切り替えでガス代を安くしよう


実際にガス代を安くするには、都市ガスの契約の切り替えを行うことがおススメです。では実際にガス自由化により、ガス会社を切り替えるとどのくらいガス代を抑えることができるのでしょうか。今回は、注目の2つのサービスについてご紹介します。

ENEOSガス

 

XTGエネルギーが提供するトップクラスの料金設定が魅力の「ENEOSガス」。東京電力の料金から約4%の割引が可能となっており、「ENEOSでんき」とセット契約することで最大6ヵ月間600円割引になります。さらにTポイントとの連携も可能なためオトクにポイントを貯めることが可能です。

≫【都市ガス】ガスと電気のセット割でさらにお得に!トップクラスの料金設定が魅力の「ENEOSガス」

 

ニチガス

 

「ニチガス」は、LPガスとしても人気の高いガス会社で、ガスの自由化により都市ガスとしてサービスの提供を開始しています。現在都市ガス事業としては関東エリアでシェア3位の実績を誇ります。ニチガスへ切り替えた場合、都市ガスの料金が3.6%節約した事例も出ています。またニチガスはサポート体制も充実しており、365日24時間体制のため安心して利用することができるでしょう。

【都市ガス】関東圏シェア第3位!選ばれ続ける「ニチガス」について
​​​​​

​​​​​​​

まとめ

今回は、「ガス自由化ってそもそも何?」と疑問をお持ちの方に向けて、ガス自由化の歴史や目的、ガス代を安くする方法などを解説しました。ガス自由化は、遡ると1990年から開始され、ようやく2017年に全面自由化が開始されました。これにより家庭や商店などのガス利用の方もガス会社の切り替えを行うことでガス代の節約につなげることができます。現在ではセット割やポイント制など魅力的なサービスを展開しているガス会社も多いため、ぜひ環境に合ったガス会社を選択しましょう。

​​​​​​​
 

おすすめ記事一覧

コラム

経営者の悩み「売上低下・コスト・資金繰り・人材育成…」を解決する考え方とアクション

飲食店経営者が頭を抱える5つの問題といえば、「売上」「コスト」「資金繰り」「人材育成」「ブランディング」にまつわるものでしょう。これはどの業界のトップであっても直面する問題です。 本記事では、5つの問題への向き合い方と、解決に向けた具体的な方法を説いていきます。

売上改善・売上アップ 人材採用 SNS
2019.11.21
コラム

ガス自由化を徹底解説!誰でも理解できる仕組みとメリットデメリットとは?

【ガスの自由化の仕組みをわかりやすく解説】飲食店を中心に、利益を生み出すためにはコストを抑えることも重要な項目の一つです。特にいま、コロナウィルスの影響で売上の見込みが立たない状況では、コストを削減することにも大きな意味があるでしょう。そこで今回は「ガス」の自由化を中心に解説。ガス会社も自由に選べるようになっている今、少しでもガス代を下げて、店のコスト削減に繋げてみてはいかがでしょうか。

美容院・美容サロン 飲食店 経費削減
2020.04.21
コラム

【飲食店コロナ対策】再給付申請できない「持続化給付金」だけで店舗の経営は守れるか?

新型コロナウイルスによる影響の大きい飲食店をはじめとした事業者への救済措置として「持続化給付金」の給付が開始。今回はこの持続化給付金について詳しく解説。持続化給付金があれば店舗経営は安心?実際のコストに当てはめてシミュレーション。さらに今すぐ実践できるコスト削減方法も紹介!

経費削減 資金調達 飲食店
2020.05.08
コラム

東京ガスの電気の口コミ・評判。電気とガスはまとめてお得?

本記事では、関東を中心に展開する「東京ガスの電気」に乗り換えるメリット、デメリットや、口コミ評判などをご紹介!「ガスと電気をセットにするとお得になるの?」といった気になる疑問にも答えます!大手の安定感と安さを武器に続々と加入者を拡大している「東京ガスの電気サービス」を検討している方はぜひご参考ください!

経費削減 ガス自由化 電気
2020.06.05

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。