お問い合わせ

ビジネスカードとは?発行メリットや特徴・個人カードの違いを解説!

個人事業主や中小企業、またフリーランスで活動をしている場合、わざわざ、ビジネスカードを利用していなくても個人カードで充分と思っている方は意外と多いのではないでしょうか。 しかしビジネス用のクレジットカードを利用することで、経理業務の手間や振込手数料などのコストをカットできたり、ビジネスで役立つ付帯サービスが利用できたりと、メリットが多くあります。

今回は、ビジネスカードについて基本的な内容から、メリット・デメリット、おすすめのビジネスカードまで紹介していきますので、ビジネスカードをまだ持っていない個人事業主の方や中小企業の方は是非参考にしてみてください。

ビジネスカードとは

「ビジネスカード」とは、会社や個人事業主に対して発行されるクレジットカードです。ビジネスという名前から、法人のみしか利用できないと誤解されがちですが、個人事業主の方も利用することができます。

クレジットカードには、法人用の「法人カード」と一般の「個人カード」があり、法人カードの種類のうちのひとつとして、個人事業主や中小企業に特化したカードが「ビジネスカード」になります。 「ビジネスカード」と別に、大企業向けのカードは「コーポレートカード」と呼ばれています。

ビジネスカードの種類

先ほどお伝えした通り、法人カードの一種として、中小企業や個人事業主向けに発行されるカードを「ビジネスカード」と呼び、大企業向けに発行されるカードを「コーポレートカード」と呼びます。 必ずしも、中小企業であればビジネスカードを利用しないといけないということではなく、会社の規模にあったカードとして分けられているものがほとんどになります。

「ビジネスカード」=中小企業、個人事業主向け

カードの使用者が20名以下の場合は、ビジネスカードと呼ばれることが多い傾向にあります。 基本的には、法人口座から引き落としの場合が多いですが、個人与信で利用することができるカードもあるため、起業して間もない方や、個人事業主の方はビジネスカードがおすすめです。

「コーポレートカード」=大企業向け

カードの使用者が20人以上の法人カードの場合、コーポレートカードと呼ばれる傾向にあります。カードの利用可能枠もビジネスカードより高いことが多く、カード利用者ごとに利用枠を変更することもできます。

ビジネスカードと個人カードの違い

法人カードである「ビジネスカード」と一般の「個人カード」ではどのような違いがあるのでしょうか。

法人口座からの引き落としが可能

ビジネスカードでは、ひとつの法人口座から利用金額の引き落としが可能になります。税金やインターネット、オフィスの水道光熱費、賃料などの支払いを法人カードに一本化しておくことで、引き落としのタイミングをそろえることができ、入金手数料などの削減も可能になります。 なお、個人事業主やフリーランスがビジネスカードを利用する際は、個人口座を指定することもできます。

ビジネスシーンで活用できる付帯サービスや優待がある

ビジネスカードは、企業や個人事業主向けに作られているカードになりますので、さまざまなビジネスシーンで活用できるサービスや、優待を利用することができます。 例えば、旅行傷害保険がついていたり、空港のラウンジを利用できるようなサービスがついている場合があるので、安心、快適に出張に出かけることができます。
また、ためたポイントをマイルやギフト券にかえて利用することができるサービスもありますので、通信料や固定費の支払いをビジネスカードにしておくことで、効率的にポイントをためお得に利用することが可能です。

ビジネスカードによっては、健康診断を割引して受けることができたり、スポーツジムの優待を受けることができるサービスもありますので、従業員の福利厚生として活用することもできます。

 

ビジネスカードの特徴

次にビジネスカードならではの特徴を紹介していきます。

利用限度額が高い

ビジネスカードは個人カードに比べて利用限度額が高く設定されています。 利用限度額は、クレジットカードで立て替えて払うことがでる最大金額のことを指します。経営で必要な高額なものもビジネスカードを利用すれば、不便を感じることなく購入することができます。 さらにビジネスカードを利用していくと、返済履歴(クレジットヒストリー)から限度額を上げることも可能です。

従業員用に複数枚発行可能

ビジネスカードであれば、追加カードを複数枚発行することができます。個人カードでいう家族カードのようなイメージです。 従業員に持たせて経費の支払いにビジネスカードを利用してもらうことで、立て替えの必要がなくなり、従業員の利用した経費も一括管理することができます。

ビジネスカードのメリット・デメリット

ビジネスカードについて理解したところで、実際に利用するにあたってメリットやデメリットを見ておきましょう。

ビジネスカードのメリット

ビジネスカードを利用するメリットとして、以下が挙げられます。

経理業務の効率化に

ビジネスカードを利用せず、経費の取り扱いを現金で行う場合、従業員の交通費や出張の宿泊費などを仮払いしたり、領収書の管理や経費精算などの作業が必要になります。仮払いの精算作業も現金の場合では端数をあわせる必要があったりと、経理担当者はこうした煩雑とした業務を行わなければなりませんでした。 しかし、ビジネスカードを利用することで利用明細に誰が、どこで、いつ、いくら使ったのかが一目でわかるようになり、経理業務にかかっていた手間や時間を省くことができるので、業務効率化につながります。会計ソフトと連携をさせることで、入力作業をさらに簡単にすることも可能です。

キャッシュフローの改善に

さまざまな経費の支払いをクレジットカード払いに統一することで、引き落とし日が固定されます。毎月の引き落とし日が決まっていることで、時間的な猶予が生まれキャッシュフローの改善につながります。現金が手元にない場合でも決済ができるビジネスカードを持っておくことは、事業主にとって大きなメリットと考えられます。 また、分割払いやリボ払いに対応している場合、資金が少ないときでも柔軟に支払い方を変えることが可能になります。

ビジネスカードのデメリット

ビジネスカードを利用することで、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

年会費の発生

ビジネスカードでは年会費が発生するサービスがほとんどになります。 個人カードでは年会費がかからないサービスも多くありますが、個人カードに比べて充実したサービスや優待を受けることができるため、年会費が有料に設定されているものが多くなっています。

分割やリボ払いに対応しづらい

ビジネスカードのデメリットとして以前までは、分割払いや、リボ払いに対応しづらいという点が挙げられていました。しかし、現在では分割払いやリボ払いに対応しているサービスが増えてきたこともあり、必要であれば事前に対応しているかを確認しておくことで、そのようなデメリットを避けることができます。

ビジネスカード審査の流れ

ビジネスカードの一般的な審査の流れについて見ていきましょう。 個人事業主の場合、収入が安定しないことや倒産のリスクが高いなどの理由で審査が通りづらいなどの声を聞きます。そこで審査の際に考慮しておくべきポイントも紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

ビジネスカードの審査の流れ

ビジネスカードの申し込みから発送までは、念のために2~3週間程度見ておくようにしましょう。

①オンラインで申し込み
一般のビジネスカードでは、インターネットのオンライン申込フォームに必要事項を入力し申し込みを行います。
②申込番号を受け取る
入力したメールアドレスに送られてきた申込番号が送られてきます。
③口座振替設定を行う
口座振替設定を行います。必要なものは金融機関の通帳やキャッシュカード、運転免許証や健康保険証などの身分証明書が2点になります。
④入会審査
⑤カードの発行・発送

審査の際に考慮しておくべきポイント

ビジネスカードの審査の際には、サービスによって個人信用情報期間で過去の情報の照会が行われることがあります。クレジットカードの利用履歴に問題がなく、大きな借り入れや支払いの遅延がないほど審査が通過しやすくなると考えられます。以下の項目に注意して申し込みを進めましょう。

・開業届を提出しているか
・クレジットカードの延滞をしていないか
・納税証明書や確定申告書で安定した収入を証明する

おすすめのビジネスカード

はじめてのDXがおすすめするビジネスカード、三井住友ビジネスカード、セゾンカード、アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードについて紹介していきます。

三井住友ビジネスカード

まずご紹介するのは、三井住友ビジネスカードです。三井住友ビジネスカードの場合、券種が3つに分かれており「ビジネスクラシック(一般)カード」と「ビジネスゴールドカード」と「ビジネスプラチナカード」となっています。券種によって利用可能枠なども異なりますので、詳しくは、以下の表をご覧ください。

券種 ビジネスクラシック(一般)カード ビジネスゴールドカード ビジネスプラチナカード
ブランド VISA、Mastercard VISA、Mastercard VISA、Mastercard
年会費 1,375円(税込) 11,000円(税込) 55,000円(税込)
利用可能枠 原則20~150万円 原則20万円~300万円 原則150万円~500万円
追加カード費用 440円(税込)/枚 2,200円(税込)/枚 5,500円(税込)/枚
ETCカード 利用可能
※入会翌年度以降、前年度に一度もETCカードの利用がない場合、年会費550円(税込)が必要
旅行損害保険 最高2,000万円の海外旅行傷害保険
(海外旅行のみ)
最高5,000万円の海外・
国内旅行傷害保険
最高1億円の海外・
国内旅行傷害保険

三井住友ビジネスカードのサービスや優待情報

2020年8月20日時点、以下の通りです。

・JR東海エクスプレス予約サービス
 東海道・山陽新幹線のネット予約&チケットサービス
・海外キャッシュサービス
 世界150カ国以上で通貨が三井住友ビジネスカードで用意可能
・ビジネスサポートサービス
 レンタカーや引越などのオフィスの経費削減をサポート
・ワールドプレゼント
 ポイントをためて、景品の交換や他社のポイントプログラムに移行可能
・福利厚生代行サービス
 契約宿泊施設やスポーツクラブ、人間ドック、英会話学校などが割引料金で利用可能
・ゴルフ国内エントリーサービス
 日本国内のゴルフ場の平日プレー予約を代行
・ショッピング補償
 決済した商品の損害を、購入日もしくは購入日の翌日から200日間補償
・空港ラウンジサービス(ビジネスゴールドカード・ビジネスプラチナカード会員限定)
 全国主要空港のラウンジを無料で利用可能

 

セゾンカード(ビジネスカード)

個人向けカードとしては馴染みのある「セゾンカード」ですが、個人事業主・法人向けのビジネスカードも発行しています。セゾンカードの法人クレジットカードには「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」と「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®️・カード」の2種類があります。

セゾンカードの場合、個人事業主でも発行できますので、スタートアップの企業などでも発行しやすい点が挙げられます。年会費も1,100円と低価格なので、コストの負担が少ない点も魅力的です。

券種 セゾンコバルト・ビジネス・
アメリカン・エキスプレス®・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・
アメリカン・エキスプレス®️・カード
ブランド American Express American Express
年会費 1,100円(税込) 22,000円(税込)
※年間200万円の利用で
次年度の年会費11,000円(税込)
利用可能枠 ニーズに合わせて ニーズに合わせて
追加カード費用 4枚まで永年無料 4枚まで発行可能(1枚につき3,300円・税込)
ETCカード
ポイント 1,000円につき1ポイント獲得、海外利用時は2倍に
 
セゾンカード

セゾンカード

セゾンカード|決算書・登記簿謄本不要のビジネスカード

詳しく見る

セゾンカード(ビジネスカード)のサービスや優待

・エックスサーバーが初期設定費用無料、かんたんクラウドが月額利用料3か月無料
・オンライン・プロテクション  
 オンラインショッピングでの不正使用による損害を補償
・アメリカン・エキスプレス・コネクト  
 優待特典や情報をまとめて紹介するWebサイト
・Apple Payの利用可能  
 カードを設定することで、手数料無料でApple Payが利用可能
・プレミアムサービス(セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®️・カード会員限定)  
 24時間365日のコンシェルジュのサポート、セゾンマイルクラブの利用で自動的にJALマイレージクラブのマイルへ移行可能、旅行傷害保険、148以上の国や地域の空港ラウンジが利用可能など
・ビジネスサービスの優待(セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®️・カード会員限定)
 ビジネス・アドバンテージ、クラウド型会計ソフト「freee」、顧問弁護士サービス「リーガルプロテクト」を優待価格で利用可能

 

セゾンカード

セゾンカード

セゾンカード|決算書・登記簿謄本不要のビジネスカード

詳しく見る

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード

クレジットカード五大ブランドの一つ、American Expressからも、ビジネスカードが発行されています。American Expressのビジネスカードには「アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・カード」と「アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード」「アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・プラチナ・カード」の3種類があります。

アメリカン・エキスプレスのポイントプラグラム「メンバーシップ・リワード®」を利用すれば、100円につき1ポイント獲得することができます。他のビジネスカードよりもポイント還元率が良い点は、メリットだと言えます。
 

券種 アメリカン・エキスプレス®・
ビジネス・カード
アメリカン・エキスプレス®・
ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス®・
ビジネス・プラチナ・カード
ブランド American Express American Express American Express
年会費 13,200円(税込) 34,100円(税込) 143,000円(税込)
利用可能枠 利用状況に応じて個別に設定
追加カード費用 6,600円(税込)/枚 13,200円(税込)/枚 4枚まで発行無料
5枚目以降は、13,200円/枚
ETCカード × × ×
旅行損害保険 最高5,000万円の
国内・海外旅行傷害保険
最高1億円までの旅行傷害保険 最高1億円までの旅行傷害保険
ポイント 100円につき1ポイント  ※「メンバーシップ・リワード®」利用
アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード

American Express(アメリカン・エキスプレス)

American Express(アメリカン・エキスプレス)|経費の支払いをカードにするだけで、ポイントが貯まる

詳しく見る

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードのサービスや優待

・クラウド会計ソフト「freee」へのデータ連携
 「freee」へ自動的にデータを取り込み、経理業務の効率につながる
・オンライン・サービス
 利用状況をオンラインでいつでも確認でき、利用明細をCSV、Excelファイル形式などでダウンロード可能
・オンライン・プロテクション
 オンラインショッピングでの不正使用による損害を補償
・福利厚生プログラム「クラブオフ」
 国内外20万ヶ所以上の施設を特別優待料金で利用可能
・空港ラウンジ
 国内外29空港の空港ラウンジを同伴者1名も無料で利用可能
・手荷物無料宅配サービス
 カード会員1名につきスーツケース1個を無料で配送
・ビジネス・ダイニング by ぐるなび(アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード会員限定)
 会食や接待にふさわしいレストランをコンシェルジュが提案
・予約 ・ヘルスケア無料電話相談(アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード会員限定)
 24時間365日で食事や運動、健康維持に関する相談を承り、医療機関の紹介も可能
・キャンセル・プロテクション(アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード会員限定)
 出張や接待用のコンサートにいけなくなった場合、キャンセル費用などの損害を年間最高10万円まで補償
・プラチナ・セクレタリー・サービス(アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・プラチナ・カード会員限定)
 24 時間365 日で出張や接待の手配、カードに関する要望に電話で対応
・メディカル・コンサルテーション(アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・プラチナ・カード会員限定)
 各種検診サービスを優待料金で利用でき、生活習慣や食生活などの健康に関する相談も可能

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード

American Express(アメリカン・エキスプレス)

American Express(アメリカン・エキスプレス)|経費の支払いをカードにするだけで、ポイントが貯まる

詳しく見る

まとめ

今回は、ビジネスカードについて、メリットや特徴を踏まえて解説していきました。
キャッシュフローの改善や、経理業務の効率化、優待やサービスを受けることができたりと、メリットの多いビジネスカード。
ビジネスカードの選び方としては、ポイントの還元の有無、サービスや優待の内容、年会費、利用限度額、発行可能枚数などさまざまですが、会社の事業内容や利用目的に合ったサービスを選びましょう。

おすすめ記事一覧

コラム

Apple Payとは?対応カードや設定、利用メリットから、店舗向けの導入方法まで

今さら聞けない?Apple Payについて徹底解説!設定方法・対応カードについてや、使い方からメリットまで、店舗向けにApple Payの導入方法も紹介していきます!!

店舗 飲食店 キャッシュレス
2020.07.14
コラム

Cloud Pay(クラウドペイ)は複雑な決済サービスを一括で対応!マルチ決済端末を徹底解説

複数のQRコード決済がひとつにまとまる「Cloud Pay(クラウドペイ)」とは?便利で業務効率化にも繋がりメリットが豊富です。費用面や入金サイクル、導入方法についてもまとめています!

キャッシュレス 生産性向上 業務改善
2020.07.16
コラム

個人事業主におススメのクレジットカードって?メリットも紹介

個人事業主でもクレジットカードが必要?法人カード・ビジネスカードを持つメリットや、おすすめのビジネスカードも紹介していきます!

キャッシュレス 業務改善
2020.08.21
コラム

人気のマルチ決済サービス5選の導入コストを徹底比較!決済手数料や初期費用は?

人気のマルチ決済サービス5選の導入コストを徹底比較!決済手数料や初期費用、入金手数料まで導入コストを一度に比較できます。マルチ決済端末のコストが気になる方、導入検討中の方は必見です!

業務改善 業務効率化 集客改善・集客方法
2020.08.26

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。