お問い合わせ

【徹底比較】無料版でも十分?おすすめのビジネスチャットツールをご紹介!

今や、ビジネスの場で当たり前のように使われるようになってきた「ビジネスチャットツール」。新型コロナウィルスの影響によるリモートワークへのシフトが多くの企業で行われています。そのなかで、円滑な業務のためにビジネスチャットツールを検討している企業も多いでしょう。

そこで今回は、無料版・有料版のビジネスチャットツールを比較していきながら、おすすめのビジネスチャットツールをご紹介していきます。

ビジネスチャットツールとは?

ビジネスチャットとは、文章でのやりとりが即時にできるコミニュケーションツールのことを言います。ビジネスシーンにおける従来の連絡方法などは、電話やメールが主流でした。

しかし、メールの場合はメールマナーが必要となり、気軽に送ることが出来ないうえに、きちんと確認されてなかったり、また見落とされるという懸念点もあります。

しかし、ビジネスチャットが登場して以降、リアルタイムでの閲覧・返信が可能となりました。メールよりも気軽に送ることができるようになり、大幅に業務効率を上げることができるようになっています。

チャットの機能

ビジネスチャットにはグループチャット機能があり、複数人と同時にチャット内で会話することができるため、アドバイスや内容共有もすぐに行うことができます。

また、ファイルの共有はもちろん、タスク管理もビジネスチャット内で行えるため、チャットツール1つでさまざまな業務を管理することができるでしょう。

無料で使えるビジネスチャットツール

ビジネスチャットツールには、無料で使えるものと有料のものがあります。
まずは使ってみたいという場合、無料のもので試してみるのも良いでしょう。しかし無料の場合、利用制限や容量制限もあるため、注意が必要です。

小人数での使用であれば、十分に無料版でも対応できるため、はじめてのチャットツールとして利用する場合は無料版でも問題ないでしょう。

無料版と有料版、おすすめは?

無料版の場合、機能制限がある場合が多く、有料版の場合、ツールによっては制限がないものもあります。外部とのやり取りが多いのであれば、有料版の導入が必要かもしれませんが、無料版でも十分対応できる場合もあります。

また、他の業務で使っているツールが使えるかどうかも確認が必要ですので、さまざまなチャットツールを比較し検討してみましょう。
 

Slack

製品概要

世界150ヵ国以上の企業で導入されているビジネスチャットツールで、個人だけでなく個別に指定メンバーによるチャンネルも作成可能。。外部ツールと連携することで、Slackのチャンネル上にアラートや重要情報がアップされるため、業務効率を上げることができます。ビジネスシーンでの利用が多いGoogleドライブやDropboxなど外部のサービスと連携ができるようになっている点も使いやすい点でしょう。

特徴

・シンプルなデザインで使いやすい
・個別にチャンネルを解説できる・通話機能(音声・画面)を搭載・ドラッグ&ドロップでファイル共有が可能
・セキュリティ面も安心

有料版の費用

中小企業向け スタンダード
 850円/1人あたりの月額 (年払いの場合) 
960円/1人あたりの月額 (月払いの場合)
大規模な企業・高度な管理ツールが必要な企業向け プラス
1,600円/1人あたりの月額 (年払いの場合)
1,800円/1人あたりの月額 (月払いの場合)
規制の厳しい業界・
非常に大規模で複雑な組織を持つ企業向け
Enterprise Grid
お問い合わせ

Chatwork

製品概要

純国産のビジネスチャットツールchatworkは、個別にもグループ設定も可能なチャットツール。企業内部だけでなく、外部の方とも利用できる便利なサービスであり、海外での提供も始まっているツールです。
デザインや使い勝手もシンプルなため、効率的に情報共有が可能。
パソコンやスマートフォンなどのマルチデバイスで利用できるのも特徴でしょう。

特徴

・国産なので使いやすく見やすい
・マイチャットは自分のみ使用可能で、メモとしても最適
・送信後でも編集や送信取り消しが可能
・期日と担当者を指定できるタスク管理
・高いセキュリティ性

有料版の費用

個人向け パーソナル:月額400円/1ユーザー
組織向け ビジネス:月額500円/1ユーザー
月間契約の場合は600円/月
管理機能強化 エンタープライズ:月額800円/1ユーザー
月間契約の場合は960円/月

無料版がおすすめのユーザー

無料版の場合は人数制限があるため、基本的に個人間でのやり取りがメインの方で、対応人数が少ない方や、まずは試してみたい方が対象になります。また、コストをなるべくかけたくない場合も無料版を利用するのが良いでしょう。

有料版がおすすめのユーザー

有料版の場合は、企業規模でチャットツールを取り入れたい方や、やり取りが多い場合が対象になります。

有料版を導入するメリット

有料版のメリットは、ユーザーの利用制限がないことや、機密性が高くセキュリティ面でも安心な点です。有料版は特にビジネスシーンに対応しているため、長くチャットツールを使っていきたい場合も長い目でみると、有料版の方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?
手軽にリアルタイムでコミュニケーションを取ることで、業務の効率化を図ることができます。リモートワークが推奨されている今、どこにいても円滑なコミュニケーションがとれるチャットツールで業務の効率化を図ってみてはいかがでしょうか?
 

おすすめ記事一覧

導入事例

対応がとてもスピーディーで、導入後のフォローも手厚いので安心して業務に臨めています。

生産性向上 業務効率化 環境改善
2017.05.23
導入事例

ネットワーク構築から各種機器の調達まで一本化して任せられたので安心でした。

業務効率化 業務改善 生産性向上
2017.05.23
導入事例

Square 導入事例:串揚げと季節のお料理 さとう様

Squareの導入事例、串揚げと季節のお料理 さとう様 最も洗練された月額無料のカード決済サービス、どこでもカード決済が可能。通常は手数料が5%以上もするので導入するのがネックでしたが、Squareは手数料が※3.25%~と他社と比べてとても低く、さらに面倒な審査もいらずすぐに導入ができるという気軽さが決め手で導入をさせていただきました。※VISA、Mastercard、AMERICANEXPRESS、DinersClub、DISCOVERの5つの主要ブランドは3.25%、JCBは3.95%でご利用いただけます。金融機関を問わず振込手数料0円です。

業務改善 美容院・美容サロン 飲食店
2018.03.30
コラム

【目的別】オフィスの業務効率化がはかれるおススメツール15選!

現在、中小企業の深刻な人手不足や、コロナウイルスによる在宅勤務の拡大などにより、業務の効率化や、リモートワークに適した環境を整えるなど、時代に合った形で仕事を行うことが多くの会社で求められるようになりました。会社の大小問わず、仕事を行ううえでさまざまな業務の効率化が求められ、従業員全体のコスト削減への意識も高まってきました。そこで今回は、電話対応や勤怠管理、さらに電子印鑑などの事務作業を中心に、少しでも業務の効率化に役立つおすすめのツールをご紹介します。

オフィス・事務所 業務効率化 チャットボット
2020.05.15

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。