お問い合わせ

au PAYってどんなQRコード決済?キャンペーン情報やメリットもご紹介!

キャッシュレス決済の中でも、スマートフォンのアプリで簡単に利用ができるQRコード決済のユーザーを見かけることが多くなりました。QRコード決済は、財布やクレジットカードを持たずにスマートフォンひとつで買い物ができ、ポイントも還元され、メリットの多いサービスになります。店舗側としてもQRコード決済を導入すると集客が期待できるので、取り入れておきたいサービスといえます。

今回は、大手携帯キャリアのKDDI株式会社がリリースした「au PAY」について基本知識から導入のメリットまでご紹介します。導入を検討されている店舗は是非検討してみてください。

au PAYとは

「au PAY」とは、2019年4月にKDDIが提供したスマホ決済サービスです。auユーザーだけでなく、月間で900万人が利用している「au WALLETアプリ」をダウンロードすれば誰でも利用ができます。ユーザーはau WALLETの残高やau WALLETポイントがすぐに利用でき、お支払いごとにau WALLETポイントが貯まるのが魅力のひとつです。
また中国で多くユーザーに利用されているQRコード決済である「Alipay(アリペイ)」や「WeChat pay」もau PAYと同時に申し込みが出来るので、インバウンド対策をしたい店舗には嬉しい点です。
初期費用が無料で、インターネットに繋がっているスマートフォンやタブレットがあればau PAYを導入できるので、設備投資なく負担が少なく済みます。

>>au PAY店舗導入のお問い合わせはこちら
 

>>

「au PAY」について詳しくチェック!

au PAYのユーザー側メリット

まずはau PAYを利用するユーザー側のメリットについて解説していきたいと思います。

ユーザーメリット(1)auユーザーでなくても使える

au PAYは、KDDIから提供されているキャッシュレスサービスので、auユーザーでなければ使えないと思う方も多いかもしれません。しかし、2019年8月29日より、au PAYはauユーザーでなくても利用できるようにアップデートされました。auユーザー以外の方が「au PAY」を使う場合も、au WALLETアプリのダウンロードとau IDの取得で、au PAYが利用できます。au PAYへのチャージは、クレジットカードやセブン銀行ATMから行えますよ。

ユーザーメリット(2)200円ごとに1ポイントが貯まる

au PAYの最大の魅力は、貯まったau WALLETポイントをそのまま支払いに利用できることです。au PAYで支払いをすると、200円(税込)ごとにau WALLETポイントが1ポイント貯まります。さらに有料月額サービスであるau スマートパスプレミアム会員の場合は、200円(税込)のお買い物につきau WALLETポイントが3ポイント貯まります。

auユーザーであれば新規契約時や機種変更時、月々の携帯電話料金の支払いでau WALLETポイントが貯まっていることがありますよね。そのポイントを、1ポイント=1円として、日々の買い物に使える「au WALLET残高」へチャージすることができます。

ユーザーメリット(3)au WALLET ポイントやauかんたん決済からのチャージが可能

au PAYは可能なチャージ方法が多く、現金・auかんたん決済・au WALLET ポイント・auポイント・auじぶん銀行・au WALLET スマートローンから利用できます。自分に合ったチャージ方法から選ぶことができる点はメリットですね。
auユーザーであれば「auかんたん決済」を利用することで、月々の通信料金と一緒に支払うことができるので、クレジットカードの登録をしなくても使えます。「auかんたん決済」であれば、使いすぎ防止はもちろん、クレジットカードを持っていない学生でもau PAYを使って決済が行えます。

au PAYの店舗側導入メリット

続いて、au PAYを店舗に導入することのメリットについても見ていきます。

店舗側導入メリット(1)au PAYは決済手数料が期間限定0%

店舗でキャッシュレス決済を導入するときに、気になるのが決済手数料などのコスト面です。できるだけ負担をかけずに利用したいのはどこの店舗も同じだと思います。
au PAYでは、2021年7月31日(土)まで決済手数料が0%のキャンペーンを行っています。期間限定であっても手数料がかからない時期があるのは嬉しいですよね。
また同時申し込みが可能である中国系QRコード決済の「Alipay」「WeChat pay」も2020年3月31日(火)まで決済手数料が0%で利用できます。

さらに売上金の入金にかかる入金手数料も無料となっています。初期費用、入金手数料、決済手数料も無料となれば、期間限定とはなりますが実質的にau PAYの利用にかかる店舗のコストはほぼないと言っていいでしょう。

店舗側導入メリット(2)月間900万人のau PAY アプリユーザーとつながる

「au PAY」は、月間900万人が利用しているau PAY アプリ(旧:au WALLET アプリ)を利用して決済を行います。au PAYを導入することで多くのユーザーと繋がることができますので、店舗の集客としても役立てることができます。

店舗側導入メリット(3)楽天ペイ加盟店とも連携

au PAYを提供しているKDDIと楽天が業務提携をしていることにより、楽天ペイ対象加盟店でau PAYも利用できるようになりました。au PAYはQRコード決済サービスでは比較的後発のサービスですが、このように楽天ペイと連携することで、au PAYユーザーを増やすような取り組みを進めています。店舗にとっては、せっかくQRコード決済を導入するなら、たくさんの人に使われているQRコード決済を選びたいものですよね。au PAYであれば、そういった点も安心です。

>>au PAY店舗導入のお問い合わせはこちら

>>「au PAY」について詳しくチェック!

au PAYで「毎週10億円もらえるキャンペーン」(最大20%還元)2/10より実施!

引用:au PAYホームページ

au PAYでは、さまざまなキャンペーンを実施していますが、2020年2月10日より「毎週10億円もらえるキャンペーン」という大型キャンペーンが実施されます。このキャンペーンでは、期間中に決算額に応じて期間中最大70,000円分のポイントがもらえますので、ユーザーにとってはかなりお得な、見逃せない内容となっています。このキャンペーンに合わせ、au PAYの1回あたりのお支払い上限額も49,999円(税込)から250,000円(税込)に上がりましたので、高額購入にも対応できますね。
au PAYは、auユーザーでなくても誰でも利用できるので、簡単に導入可能です。このキャンペーンでさらにau PAYユーザーは増えるのではないでしょうか。

au PAYの「毎週10億円もらえるキャンペーン」の詳細

実施期間:2020年2月10日(月)~2020年3月29日(日) ※本キャンペーンは終了しました

今回のキャンペーンは期間を3つに分けており、期間ごとで還元総額が10億円に達した時点で、還元は終了となります。ただし、次のステージに移行した段階でまた還元は開始されますので、期間が始まったらできるだけ早めに利用しておくのが良いでしょう。また、最後の期間は還元上限額が10,000ポイントと低くなっているので、その点にも注意が必要です。

ステージ 期間 還元上限 還元予定日
ステージ1 2020/2/10(月)~2020/3/1(日) 30,000ポイント/au ID 2020/3/10(火)頃
ステージ2 2020/3/2(月)~2020/3/22(日) 30,000ポイント/au ID 2020/3/30(月)頃
ステージ3 2020/3/23(月)~2020/3/29(日) 10,000ポイント/au ID 2020/4/14(火)頃

※2月24日(月)より、「1日あたりの還元上限が最大6,000ポイント/au ID」に変更されました。

au WALLTEポイントは、2020年5月より「Ponta」に統合予定

2019年12月、KDDIと三菱商事、「Ponta」を運営するロイヤリティマーケティング、ローソンの4社は資本業務提携することを発表しました。
この提携により、「au WALLETポイント」は2020年5月以降「Ponta」に統一される予定です。また、「au ID」と「Ponta会員ID」も連携を実施する予定ですので1億を超える会員基盤となります。

>>au PAY店舗導入のお問い合わせはこちら

▼au PAYのリアルな口コミ、評判はこちらの記事からご覧ください!
au PAYって?ユーザーの口コミ・評判をチェック

まとめ

今回はKDDIが提供している「au PAY」について、詳しい概要や店舗向けのメリットについて紹介しました。au PAYはauユーザーのみならず、どなたでも利用ができるQRコード決済サービスです。
「au PAY」の導入を考えている店舗であれば、導入費用や入金手数料などのコストを抑えることのできるのは嬉しいポイントになると思います。さらに2021年7月31日までのキャンペーン中であれば、決済手数料が0%で利用が出来るので、このチャンスに導入をおすすめします。

>>au PAY店舗導入のお問い合わせはこちら

おすすめ記事一覧

コラム

au PAYって?ユーザーの口コミ・評判をチェック

気になる「au PAY」の評判・評価・口コミを徹底調査!auPAYを導入したいけど、実際の評判はどうなの?と疑問を持っている方に必見です。ユーザーの声を知りたいという方は是非チェックしてみてください!

業務効率化 飲食店 キャッシュレス
2020.01.31
コラム

キャッシュレス決済、店舗導入にかかるコストを比較

決済方法が多様化する中、多くの中・小規模事業者や店舗では、続々とキャッシュレス決済の導入が進んでいます。しかしキャッシュレス決済を店舗に導入する場合、どのぐらいのコストがかかるのでしょうか。そこで今回は、クレジットカードやQRコードで支払いを行う代表的なキャッシュレス決済サービスについて、初期費用や決済手数料などの面で比較して解説していきます。

キャッシュレス
2020.01.31
コラム

スマホ決済 人気の4選を徹底比較!手数料やユーザー数を調査【2020年最新版】

【2020年最新版】おススメのスマホ決済・QRコード決済4選について徹底比較してみました!店舗に導入の際に知っておくべき、手数料やユーザー数などをまとめて紹介しています。導入前に必ずチェック!

キャッシュレス
2020.02.17
コラム

キャッシュレス決済のメリット・デメリット【店舗導入編】

キャッシュレス決済導入のメリット・デメリットを、店舗向けに徹底解説!店舗のキャッシュレス決済導入を検討中の方はチェック!

キャッシュレス
2020.02.18

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。