お問い合わせ

Alipay(アリペイ・支付宝)を徹底解説!世界の12億人が使うQRコード決済って?

最近、日本でも「〇〇ペイ」といったキャッシュレス決済サービスが急激に増えました。その背景には、政府がキャッシュレス事業を推進しているだけでなく、世界的なキャッシュレス決済の普及も影響していることが考えられます。
今回は世界でもキャッシュレス決済の普及率が高い中国で、最も利用されているQRコード決済サービス「Alipay(アリペイ)」について紹介していきます。
日本国内で、中国人をターゲットにしたインバウンド対策をするなら「Alipay(アリペイ)」の導入をしておくことをおススメします。まだアリペイを導入していない方は、是非チェックしてみてください。

Alipay(アリペイ・支付宝)って?

日本でも、コンビニやドラッグストアなどで見かける「アリペイ」ですが、どういった機能を持っているのでしょうか。ここでは「Alipay(アリペイ)」の特徴や機能について、解説していきます。

Alipay(アリペイ)は「アリババ」が提供するQRコード決済サービス

「Alipay(アリペイ)」は、中国のアリババグループが提供するQRコード決済サービスです。アリババグループは、複数のECサイトを運営している企業で、BtoBのECサイトの中では世界有数のシェアを誇り、あのAmazonに並ぶとも言われています。
「Alipay」を中国語で表すと「支付宝(ジーフーバオ)」といいます。もともとはアリババグループが運営する、中国最大のオンラインモールである「淘宝網(タオバオワン)」の公式決済として生まれたサービスですが、今では店頭でもネットでも利用できるものになります。

中国都心部では、現金を持ち歩かない生活が実現しており、現金を取り扱っていない店舗を目にするくらいキャッシュレス決済が普及しています。さらに「アリペイ」は、キャッシュレス決済のユーザーの送金や、割り勘の手段としても「Alipay」を使った方法が一般的になっています。
「Alipay」は、普段の買い物だけでなく、公共サービスや学費、家賃の支払いにも利用できます。このように中国では、利用できるシーンが多く「Alipay」に対応していない店舗を探すのが難しいほど、ほとんどの店舗やサービスで使うことができます。

Alipay(アリペイ)のユーザー数は12億人

2019年6月時点で、「Alipay」とスマートフォンアプリである「支付宝銭包(アリペイ・ウォレット)」を利用するユーザー数が、12億人を超えたと発表されました。
「Alipay」は、2019年1月に全世界のユーザー数が10億人を超えたと発表しているので、わずか半年で20%もユーザー数が増えたことになります。
中国をはじめとする多くのユーザーにとって「Alipay」は生活に無くてはならないサービスになってきており、アリペイが占める決済額のシェアは54%に達し、中国の消費者に最も使われているモバイル決済サービスになっています。

Alipay(アリペイ)に日本の店舗が対応するには?

では実際に「Alipay」を日本で導入にするにあたって、どのような方法があるのでしょうか。
店舗に導入を検討されている方は、参考にしてみてください。

PayPay(ペイペイ)

引用:日本経済新聞ホームページ

PayPay株式会社が提供する「PayPay」は「Alipay」とサービスを連携しています。PayPayの加盟店になると、同じQRコードでAlipayが利用できるようになっています。
AlipayユーザーがPayPay加盟店で決済できるようにすることで、訪日中国人の来店を促し、インバウンド対策を支援しています。
なお「Alipay」の決済手数料は、2020年9月30日(水)まで0%で利用できます。店舗の負担が少なく済み、インバウンド対策にも役立てることができる点は嬉しいですよね。
 

PayPay(ペイペイ)

決済手数料0円のPayPay(ペイペイ)は、Alipayにも使える

QRコード決済を初期費用・月額0円で利用可能!Alipayとも連携しておりインバウンド対策にも

詳しくはこちら

au PAY

引用:au PAYホームページ

「au PAY」では、中国系QRコード決済であるAlipay・WeChat Payの同時申し込みが可能です。
決済手数料も2020年9月30日まで無料で利用でき、支払先の金融機関を問わず入金手数料がかからないので、今のうちの導入をおススメします。ただし2020年10月以降の決済手数料は有料化となる点と、au PAYとは別途、独自の審査を受ける必要がある点についてはご注意ください。
 

PayPay(ペイペイ)

au PAY

初期費用・決済手数料・入金手数料も無料!QRコード決済

詳しくはこちら

Airペイ

引用:AirペイQRホームページ

「Airペイ」は、さまざまなQRコード決済に対応しており「Alipay」をはじめ「LINEPay」「PayPay」「d払い」などに対応しています。導入費用や月額費用はかからず、Alipayについては3.24%の決済手数料で利用することができます。特別な機材は必要なく、iPadまたはiPhoneがあれば、アプリをダウンロードするだけで始めることができます。

まとめ

今回は、中国の大手QRコード決済サービスである「Alipay」について紹介していきました。ユーザー数も12億人を超え、中国人に対するインバウンド対策として無くてはならないものになってきています。中国人の観光客の方も「Alipay」が使えるお店とそうでないお店なら、自然と「Alipay」が使えるお店に足が向くのではないでしょうか。
現在「Alipay」の日本国内の導入店舗数は、2019年年初の時点で30万店を突破しており、これからも増えていくでしょう。
東京オリンピックも間近に迫っている今、インバウンド対策の一環として「Alipay」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめ記事一覧

コラム

「スマホ決済」って?それぞれのサービスの違いを徹底解説

現金ではなく、スマホを使って簡単に支払いを行う「スマホ決済」は、電子マネーやQRコード決済の登場により、年々その需要が高まっています。スマホで支払いを行う「スマホ決済」、日常的に利用している人も多くなってきましたが、これから「スマホ決済」を導入しようという店舗などでは、まだまだ違いが分からないという方もいると思います。 そこで今回は、今からでも間に合う「スマホ決済」について解説していきます。

キャッシュレス
2020.01.29
コラム

「キャッシュレス決済」はいくつある?種類を見てみよう

消費税引き上げにより、買い物や街を歩いていてもキャッシュレスの看板やチラシを見ることが多く、日に日にキャッシュレス決済が盛り上がりを見せています。クレジットカードや電子マネー、QRコード決済など、支払い方法も多様化しているキャッシュレス決済は、現金の取り扱いがないので、おつりの確認ミスがなくなったり、業務効率に繋がるなどメリットが多いのが特徴。しかし一方でキャッシュレス決済は種類が多く、何を選べばいいのかわからない店舗も多いです。今回は、今さら聞けないキャッシュレスの基本的なポイントをご紹介します。

キャッシュレス
2020.01.29
コラム

au PAYってどんなQRコード決済?キャンペーン情報やメリットもご紹介!

au PAYについて、基礎知識から利用するメリット、話題の毎週10億円もらえるキャンペーンについてご紹介いたします!au PAYの導入を考えている店舗向けに実施中のキャンペーンなども説明しているので、au PAYが気になる方はぜひチェックください。

キャッシュレス
2020.01.30
コラム

au PAYって?ユーザーの口コミ・評判をチェック

気になる「au PAY」の評判・評価・口コミを徹底調査!auPAYを導入したいけど、実際の評判はどうなの?と疑問を持っている方に必見です。ユーザーの声や、導入店舗の声も知りたいという方は是非チェックしてみてください!

店舗 キャッシュレス 業務効率化
2020.01.31

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。