お問い合わせ

改正健康増進法の施行ですすむ分煙化!飲食店で効果的なエアカーテンとは?

2020年4月1日から、全国で施行された分煙法により、国内の飲食店ではさまざまな分煙対策が行われています。
喫煙スペースを設置したり、店内禁煙にしたりと、お店によって分煙方法は違いますが、分煙対策方法の中で「エアカーテン」というサービスがあるのをご存じでしょうか。

今回は、新たに施行された改正健康増進法について解説していくとともに、これから始める対策の一つとして「エアカーテン」についてもご紹介していきます。

エアカーテンとは?

「エアカーテン」は、工場や店舗などにおいて、冷暖房の遮断やホコリ、虫やにおいなどの侵入防止に使われている装置です。さらにエアカーテンは、分煙にも効果的になるため、壁やパーテーションなどの設備を組み立てる必要なく、広々とした空間を維持したまま利用することができます。目に見えない空気のカーテンによって遮断するので、人の出入りを妨げることもなく、室内をキレイな空気のまま保つことが可能です。

サイズも幅広く、店内の広さに合わせて複数台設置することもできます。空気を送る設備なので、風が出てくる音はしますが、エアコンのように天井の高い位置に設置するので、下を行き来しても気になるものではありません。

エアカーテンの仕組みは?

エアカーテンは、建物の出入口などに早い空気の幕を作ることで、内と外の空気移動を遮断する機能があります。遮断する幕は、空気でできた気流なので、人や物が通過しても問題はありません。

気流の吹き出し方法は大きく2種類あり、出入口などの上から降ろす「上下流式」と、横から噴き出す「横流式」があります。
なおエアカーテンを設置する際は、風量を強くしてしまうと床で分裂してしまったり、逆に弱すぎると気流の幕が効果を発揮せずに、ホコリや煙が入ってしまうので意味がありません。

エアカーテンで分煙は可能?

この「エアカーテン」は、今年施行された分煙法に伴う、分煙対策にも効果を発揮します。

飲食店などで、分煙を目的として喫煙エリアと禁煙エリアの境界線に「エアカーテン」を設置することで、タバコの煙が入ってくるのを防ぐことができます。今までカーテンやのれんなどで区切っていた店舗などもあると思いますが、エアカーテンを使って分煙ができるかどうかは、喫煙所の出入口・排気口などの基準が設けられています。

分煙の基準として、喫煙所の方には風速0.2m/秒以上の気流が確保されている必要があり、そこ以外は天井から床まで完全に区切る必要があります。こうした条件を満たすために、仕切りや壁を設置するのではなく、エアカーテンを設置することで条件を満たすことが可能です。

エアカーテンは助成金の対象?

また「エアカーテン」の設置を考えてはいるものの、設置にかかる費用が心配な方も多いと思います。しかし「エアカーテン」の設置は、助成金の対象となっているため、かかるコストを押さえて設置することが可能です。

エアカーテンは、厚生労働省の「受動喫煙防止対策助成金」において「一定の基準を満たす換気装置の設置(飲食・宿泊のみ)」の中に含まれています。これは中小企業の事業主が対象で、設置にかかる費用の1/2、上限200万円までが女性されます。

エアカーテンのメリット

エアカーテンの大きなメリットは、1台設置することで、さまざまな用途に効果を得られるところにあります。エアカーテンを利用す際のメリットは、以下のような点が挙げられます。

・タバコの煙や臭いの侵入を防止
・虫の侵入防止やホコリの遮断
・冷たい空気や暖かい空気を遮断

空気のカーテンによって、室内外の空気の流れを遮断してくれるものです。本来、簡単に設置できるようなドアやカーテン・仕切りなどでも、虫やホコリ、冷暖気などは遮断することができます。しかしその場合、人の出入りや視覚的な部分が奪われたりすることがあるほか、ニオイなどを遮ることができません。

エアカーテンがあれば、人の出入りや視覚的な解放感を奪うことなく、虫やホコリ、煙などをしっかり遮断してくれるので、1台あるだけで解決します。

エアカーテンのデメリット

エアカーテンを設置する場合、分煙法に基づいた基準にそって設置する必要があります。喫煙室に向かう気流が「風速0.2m/秒以上」となるように調整しなくてはいけないので、いくら設置しようと思っていても、基準を満たさなければ意味がありません。この基準以外にも、風向きや風量などさまざまな条件がありますので、エアカーテンの空気調整には気を付けておきましょう。

さらにエアカーテンは、定期的なメンテナンスが必須となります。このメンテナンスを怠ってしまうと、吹き出し口や本体内部、ファンのところに汚れがたまってしまい、風量が低下してしまいます。風量が低下してしまうと、ホコリなどの遮断効果が落ちてしまうため、必ずメンテナンスを忘れないようにしましょう。

エアカーテンと喫煙ブースどっちがいい?

では、実際に「エアカーテン」と「喫煙ブース」分煙するならどちらともの効果が期待できます。なぜかというと、喫煙ブースのドアを開け閉めした際タバコの煙はやはり少したりとも流れてしまいます。それを外気に逃がさないために必要になっていくのは、「エアカーテン」となります。喫煙ブースの前に「エアカーテン」を設置することにより、ドアから出る空気を遮断します。
それによってタバコを吸わない方でも気にせず過ごせ、喫煙者の方も気を遣わずタバコを吸うことができます。

実際に「エアカーテン」を設置するかしないかで喫煙が変わっていきます。改正健康増進法では、細かい条件がありそれを破ってしまうと費用がかかってしまいます。無駄なコストを掛けないためにも喫煙ブースと「エアカーテン」の設置を検討してみてはいかがでしょうか。

分煙対策は専門家にまかせよう

これから実際に分煙対策を考えている方、今後どのように分煙対策をしたらいいかわからない方は、分煙の専門家に相談しみてはいかがしょうか。

2020年4月1日から屋内で全面禁煙となり、企業や飲食店の方々は、まずどこから始めたらいいか迷っている方も多いはずです。エアカーテンを始め、分煙対策方法や助成金の活用方法など、専門的な知識を持った方に聞くことで解決することができます。

また、詳しい分煙対策についても、コチラの記事などでたくさん紹介していますので、合わせてぜひチェックしてみてください。

関連記事:受動喫煙防止がマナーからルールに変更!「分煙」について企業や飲食店での対策は?

まとめ

今回は、改正健康増進法の施行にともない、飲食店などで手軽に分煙が可能になる「エアカーテン」について解説してきました。空気のカーテンによって、ニオイや煙を遮断するエアカーテンは、すでにさまざまな飲食店や店舗で使用されています。

分煙対策は、ほとんどが助成金の対象となっているため、コストをかけずに始めることができます。まだまだわからないことも多いと思いますので、気になる場合はぜひ専門家に相談してみてください。

 

>改正健康増進法の禁煙対策の無料相談受付!!

おすすめ記事一覧

コラム

面倒な売上管理はPOSレジの「売上管理機能」で一気に効率化!売上管理にオススメのPOSレジも紹介!

今回は「売上管理機能」の大きな役割と、POSレジで売上管理をするメリットについて解説し、機能の備わった注目のPOSレジをご紹介したいと思います。

業務効率化 デジタルトランスフォーメーション(DX) 飲食店
2019.10.19
コラム

今、経営に欠かせない話題の商材、「繁盛サポート」の全貌が明らかに!

飲食店 美容院・美容サロン 店舗
2019.05.23
コラム

【飲食店の集客方法10選】飲食店の開業資格から補助金も徹底解説!

飲食店の集客方法を厳選して10選ご紹介!自分の飲食店にどうしたらお客様を呼び込めるか、お悩みの方も多いはず。またこれから飲食店を開業する場合にもどうしたら集客ができるのか不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。このページでは、飲食店の集客に効果的な方法をご紹介していきます!また、今後飲食店を開業する方に向けて、準備から開店までの道のりや必要な資格についても解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

レストラン・カフェ 店舗経営 居酒屋・バー
2019.08.19
コラム

開業前から集客効果を実感?!返済不要の資金調達『レストランクラウドファンディング』について調べてみた

これまで、飲食店の開業資金は、自己資金や金融機関の融資でまかなうことが一般的でした。しかし最近では、インターネットを利用した「クラウドファンディング」というサービスで、開業資金を集めるオーナーが増えています。本記事では、クラウドファンディングの概要や、開業前から集客効果を実感できる国内実績No.1のクラウドファンディングサービス『レストランクラウドファンディング』の特長をご紹介します。

レストラン・カフェ 店舗経営 資金調達
2019.11.22

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。