お問い合わせ

FOODNEKO(フードネコ)とは?新たなデリバリーサービスを解説!

スマートフォンから食事のデリバリーを注文することができるサービスといえば、UberEats(ウーバーイーツ)や出前館などをイメージする方が多いでしょう。

しかし最近では、さまざまな企業から新しいデリバリーサービスが登場しています。

今回は、先日新たにリリースされたフードデリバリーサービスである「FOODNEKO(フードネコ)」にスポットをあてて、その特徴やメリットデメリットなど解説していきます。

デリバリーの窓口

デリバリーの窓口

デリバリーを始める飲食店をサポート!

詳しくはこちら

「FOODNEKO」とは?

「FOODNEKO(フードネコ)」とは、2020年12月8日よりサービスが開始された、株式会社ダブリュービージェーが運営する新しいスタイルのフードデリバリーサービスです。

「一人前から、うれしいデリバリー」というスローガンのもと開発が行われたフードネコでは、従来までのデリバリーサービスとは異なり、少額の注文であっても気軽に利用することができるデリバリーサービスとなっています。

東京都渋谷区、港区、新宿区の合計3つのエリアでサービスの提供が始まっており、2021年の年末までには、東京23区全域でのサービス提供を目指すということで、注目が集まっているデリバリーサービスのひとつです。

商品の注文は、スマートフォン(iOSとAndroid)のアプリから行うことができ、アプリに登録されたクレジットカードを利用することで、デリバリーした商品の決済を簡単に済ませることができます。

また、提供時間は午前10時から午後22時までとなっているため、仕事で忙しいランチタイムの時間帯から仕事終わりの夕食の時間帯まで、利用シーンを選ばず幅広く活用することができるでしょう。

サービス概要

提供時間:AM10:00~PM10:00(各店舗の営業時間に準ずる)
加盟店舗:バーガーキング、クリスピーチキンアンドトマトなど順次拡大予定
配達料:1.5kmまで無料(1.5km以降は0.5kmごとに50円追加)
サービス料:500円以上で無料(500円未満の注文は手数料発生)
支払い方法:アプリ内登録済みのクレジットカード
 

》緊急事態宣言でデリバリー導入のすすめ!主要サービス最新の動き

「FOODNEKO」の特徴

さて、サービスが始まったばかりのフードネコですが、ウーバーイーツや出前館などの大手デリバリーサービスと比較した場合、一体どのような特徴が挙げられるのでしょうか。

最低注文金額の設定がない

1つ目の大きな特徴としては、「最低注文金額の設定がない」という点が挙げられるでしょう。

大手デリバリーサービスでは、「一回の注文につき最低◯円以上の商品を購入しなければならない」というような、最低注文金額が設定されているものが多くあります。

フードネコの場合であれば、一回の注文にかかる最低注文金額が1円以上に設定されているため、一人前の注文や少数人数での利用であっても、従来よりも手軽にデリバリーサービスを利用することができるでしょう。

配達料やサービス料が安い

2つ目の大きな特徴としては、「配達料やサービス料が安い」という点が挙げられるでしょう。

フードデリバリーサービスを利用したことがあるという方であれば、「商品の金額以上に配達料やサービス料の方が高くついてしまった」という経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。

フードネコの場合であれば、500円以上の注文であれば「サービス料が無料」となっており、1.5km未満の配達距離であれば「配達料も無料」となっているため、大手サービスよりも比較的安価に利用することができます。

配達スタッフの質が高い

3つ目の大きな特徴としては、「配達スタッフの質が高い」という点が挙げられるでしょう。

デリバリーサービスのユーザーのなかには、「どんな人が配達にやって来るのか不安」という方も多いことでしょう。

フードネコでは、事前に研修を受けた「ネコライダー」と呼ばれる配達員が商品の配達を担当するシステムとなっているため、他社サービスよりも質の高い配達を実現させることができます。

また、ライダー専用のサポート施設である「ライダーセンター」を各地に設置しているため、配達スタッフの負担を考慮することで、より安全で確実なサービスを提供することができるようになっています。

UberEats導入資料の無料ダウンロード

UberEats導入資料の無料ダウンロード!

【店舗・オフィス向け】無駄なコストを徹底削減

ダウンロードはこちら

「FOODNEKO」のメリットとデメリット

さて、フードネコの特徴がわかったところで、利用にあたってはメリットやデメリットなども気になるところですよね。

ここからは、フードネコのメリットとデメリットを順番にご紹介していきますので、まずは順を追って見ていきましょう。

フードネコのメリット

フードネコのもつ最大のメリットとしては、やはり一人前の注文でも気軽に利用することができるという点が挙げられるでしょう。

サービス料や配達料、最低注文金額などがネックとなっていた従来までのフードデリバリーサービスとは異なり、フードネコでは、近場かつ少量の注文であっても、利用料金が高騰しない料金システムを採用しています。

ちょっとした軽食のデリバリーやドリンクのみの注文など、今までであれば気が引けるようなシーンにも気軽に利用することができると言えるでしょう。

フードネコのデメリット

続いてはフードネコのデメリットについてですが、リリースされたばかりのサービスであるため、利用可能なエリアが極端に少ないという点が挙げられます。

提供エリアは順次拡大される見通しではありますが、東京以外の他県については、今のところ拡大の情報がないため、今後の動向に注目したいところです。

まとめ

今回は、先日新たにリリースされたフードデリバリーサービスである「FOODNEKO(フードネコ)」にスポットをあてながら、その特徴やメリットデメリットなどを中心に解説を進めてきました。

新型コロナウイルスが猛威を振るっている昨今においては、実際に店舗を構えている飲食店の経営などは、今後ますます厳しくなっていくことが予想されます。

フードデリバリーサービスとの店舗連携を行うことで、在宅などのデリバリーニーズを有効に活用することができるため、今後も画期的なサービスの登場に注目しておきましょう。

テイクアウトの窓口

テイクアウトの窓口

テイクアウトを始める飲食店をサポート!

詳しくはこちら
店舗・オフィスのDXに関する
お問い合わせはこちらから
DXコンシェルジュに相談する(無料)

おすすめ記事一覧

コラム

経営者の悩み「売上低下・コスト・資金繰り・人材育成…」を解決する考え方とアクション

飲食店経営者が頭を抱える5つの問題といえば、「売上」「コスト」「資金繰り」「人材育成」「ブランディング」にまつわるものでしょう。これはどの業界のトップであっても直面する問題です。 本記事では、5つの問題への向き合い方と、解決に向けた具体的な方法を説いていきます。

売上改善・売上アップ チャットボット 集客改善・集客方法
2019.11.21
コラム

【ウーバーイーツ(Uber Eats)の料金や手数料は?】仕組みやメリットも理解できる徹底解説!

【ウーバーイーツ(Uber Eats)の気になる料金や手数料にも注目!】新型コロナウィルスで需要が高まるウーバーイーツの仕組みや特徴とともに、メリットを配達パートナー、ユーザー、加盟店である飲食店の目線からご紹介していきます。また、気になるウーバーイーツの料金や手数料もご紹介。外食控えが増えているなかで、飲食店にとってもコロナの売上対策となるウーバーイーツが注目されています。消費者も飲食店もチェックしておきたい内容です。

売上改善・売上アップ レストラン・カフェ 飲食店
2020.03.09
コラム

【ウーバーイーツ(Uber Eats)の加盟店】店舗登録の方法やメリットを解説!コロナで需要増?

【ウーバーイーツ(Uber Eats)の加盟店側情報を解説】ウーバーイーツの店舗である加盟店について解説。コロナウィルスでの影響で飲食店の集客が苦戦する一方で、消費者はウーバーイーツへの注目が高まっています。ウーバーイーツの加盟店に関する概要、コスト、店舗登録方法を中心に解説していきます。どうしたら加盟店として店舗を登録できるのでしょうか。ほかにもデリバリーサービスがあるなかで、なぜウーバーイーツが特に注目されているのでしょうか。その秘密を紐解いていきましょう!

レストラン・カフェ 飲食店 集客改善・集客方法
2020.03.19
コラム

ウーバーイーツの評判や口コミは悪い?苦情はどんな内容?

ウーバーイーツ(UberEats)の評判や口コミに注目!今注目が集まっているウーバーイーツですが、その評判や口コミもチェックしておきたいところ。このページでは、ウーバーイーツに関する良い評判(口コミ)、悪い評判(口コミ)について双方をご紹介していきます。これからウーバーイーツへの加盟店登録を検討している飲食店にとっても参考にしておきたい世間の反応をまとめてご紹介していきます!ぜひチェックしてみてください。

飲食店 インバウンド 集客改善・集客方法
2020.04.01

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。