お問い合わせ

【5Gのメリットとデメリット】4Gとの比較も交えて解説!

2020年3月下旬、大手通信キャリアが5Gの商用スタートを開始しました。
注目が高まるものの、まだ使えるエリアは限定的。そこで今回は、今後5G対応エリアや端末が増えることを見据えて、5Gのメリットデメリットをわかりやすく解説していきます。

5Gとは

5Gで多くの機器が繋がる様子

5Gの商用サービスが始まり、注目が集まっています。
5Gとは、第五世代移動通信システムのことですが、4G登場から10年が経った今、さらにモバイル通信ネットワークが進化しました。時代とともに社会やヒトの生活にも変化が生まれ、様々なモノがインターネットに繋がるloTの時代に入っています。
これらを5Gがさらに便利な時代へと導いてくれるでしょう。

5Gの特徴

まずは簡単に5Gの特徴について簡単にご紹介します。
5Gでは、高速・大容量通信/低遅延/同時接続の多数化を可能とすうる通信システムです。より臨場感溢れる動画視聴や遠隔治療や自動運転の信頼性の向上、スマート家電などのあらゆるモノの同時接続を可能としてくれる技術を伴ったシステムなのです。
》5GでWi-Fiは不要になるの?これからのインターネット接続はどうなる?

5Gのメリット

5Gのメリットの一つ、自動運転における情報の低遅延をイメージした画像

まず初めに、5Gのメリットを細かく確認していきましょう。

5Gではインターネットの接続が快適に

上記でもご紹介したとおり、5Gは4Gの最大20倍の速さになります。そのため、インターネット接続がより高速になるでしょう。動画視聴やオンラインゲームなどの大容量通信を行う場合でも、ストレスのない接続が可能です。また、高画質で臨場感溢れる映像も楽しめるでしょう。
インターネットの利用が生活の一部にもなりつつある現代の私たちにとって、さらに5Gが役立つはずです。

通信コストの削減

大容量通信が可能になることで、これまでの混雑時における遅延や繋がりにくいという傷害に対応できるようになりっます。同時接続数も最大10倍に上るため、これまでカバーしきれなかった台数も快適に接続することができるでしょう。そのため、インターネット接続に伴う、そのほかの機器やサービスなどにかかるコストも削減できるはずです。

IoTの普及

近年では、家庭で使う家電製品でもインターネットを使った操作が可能になっています。こうした仕組みをIoTと呼びますが、IoT化が進むことでより多くの機器がインターネットへ接続することになりますね。5Gでは同時接続可能数が飛躍的に拡大するため、こうした時代の変化にも対応できるでしょう。
家庭だけでなく、工場、店舗、病院などのビジネス面や学校などの教育においても活用できるようになるでしょう。

低遅延化による信頼性の向上

4Gまでのネットワークシステムでは、情報伝達の遅延なども発生していました。遅延に関しても、5Gは1msに抑えられ、4Gの1/10になります。この低遅延化が進むことで、自動車の自動運転や医療での遠隔治療にも役立ちます。人の安全と生命を守る上でも5Gの登場は多いにメリットがあると言えるでしょう。
》【人気記事】メッシュWi-Fiのおすすめ比較!人気メーカー厳選4製品はどれ?

5Gのデメリット

同時接続やIoT化により多数の端末がインターネット繋がっている様子

次に、5Gを理解する上で把握しておきたいデメリットをご紹介します。

携帯料金が高くなる可能性がある

5Gは大容量通信が可能となります。そのため、鮮明でリアルな動画視聴やアプリなどを使用したオンラインゲームなどを、スマホの5Gを利用して行うケースも増えてくるでしょう。その場合、これまでよりも多くの通信容量が必要になります。これまでよりも大きな容量を使える契約プランを選ぶ場合、毎月のスマホ料金が高くなる場合もあるでしょう。

サイバー攻撃を受ける可能性も

5Gの登場と普及が進むことで、これまで以上に多くの機器がインターネット上に接続されることが予想されます。5Gが浸透して様々な技術向上や医療現場、IoT化によって、何かをきっかけにサイバー攻撃などが起こる可能性もあるかもしれません。

IoT家電などの買い替えで出費が増える?

5Gのシステムを十分に使いたい場合、loT製品を手に入れることで、より便利で快適な生活を送ることができるでしょう。そのため、家電製品などの買い替えが必要になってくるケースも出てくるでしょう。

5Gの普及・浸透まで時間がかかる?

5G自体への注目は集まっているものの、消費者にとって、これまでの4G接続でも問題ないという意見もあるようです。そのため5Gが登場しても、これ消費者に広く普及・浸透に至るまでには時間がかかる可能性もあるでしょう。
》コロナでテレワークが増加。需要が増す「ルーター」とは何か?

5Gと4Gとの違い

4Gから5Gへの進化を示した画像

これまで日常で浸透していた4G(第四移動通信システム)との違いを確認してみましょう。

5Gと4Gの通信速度

5Gの通信速度は最大20Gbpsと言われています。対して4Gは最大1Gbps。最大速度が20倍になるわけです。これまでダウンロードを行う際に時間がかかっていたものに関しても、一瞬でダウンロードできるようになる計算です。

5Gと4Gの同時接続数

同時接続数も5Gが100万台/平方キロメートルに対して、4Gでは10万台平方キロメートルでした。こちらは10倍以上の同時接続が可能になります。スマート家電など、インターネットと家電製品を連動して使う時代にもなってきているため、こちらも時代に合った進化を遂げています。

5Gと4Gの遅延速度

5Gの遅延速度は1ms、4Gの遅延速度は10ms。情報の伝達遅延も1/10に抑えることが可能になるため、リアルタイムでのデータのやり取りが可能に。自動車運転のフォローや遠隔操作などにも大いに役立つと言われています。
》店舗やオフィス・ご家庭のWi-Fi強化ならメッシュWi-Fi?人気のTP Linkに注目

まとめ

今回は5Gのメリットとデメリットについて注目しました。
2020年3月下旬から5Gの商用サービスが始まっています。5Gが普及することで、メリットとなる超高速・超同時接続・超低遅延の恩恵を受けることが出てくるはず。逆に5Gであらゆるモノがインターネット接続を行うことを踏まえて、セキュリティやプライバシー対策が必要にもなってくるでしょう。こうしたメリットデメリットを理解した上で、バランスよく利用していくと良いかもしれません。

》ビジネスでもDX化が重要になってくる?DXについて簡単解説はこちら
》飲食店必見「緊急事態宣言」で飲食店は今後どうなる?生き残るには?



 

おすすめ記事一覧

コラム

【Wi-Fiが遅い】7つの原因とすぐに試せる解決策とは?

Wi-Fiが遅い!なかなかスムーズにインターネットが使えないとイライラしてしまうもの。そこで今回は、Wi-Fiが遅いときに考えられる7つの原因と対処法をご紹介していきます。すぐにできる対処法もあるので、ぜひ試してみてください!また、解決策の選択肢の一つとして、快適な通信環境を整える注目のTP Link社のなかから人気Wi-Fi製品もご紹介していきます。

Wi-Fi 店舗 オフィス・事務所
2018.12.04
コラム

【ルーターに繋がらない時はこれを試して】端末別の解決策20選を徹底公開!

ルーターが繋がらない時はどうすればいい?突然ルーターの調子が悪くなったり接続ができなくなったという方も少なくありません。このページでは、ルーターが繋がらないときの原因と、誰でもできる解決策を合計20選としてご紹介。しかもスマホとパソコンの端末別でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

インターネット回線 Wi-Fi インバウンド
2019.09.26
コラム

【Wi-Fiルーターの選び方】初心者にもわかるポイント伝授!おすすめ機種も

Wi-Fiルーターの選び方を徹底解説!初心者の方でもわかるよう、わかりやすくポイントに絞ってご紹介。これを踏まえれば、Wi-Fiルーター選びの際の不安が軽減!また、特に今おすすめのWi-Fiルーター製品を3つ厳選してご紹介していきます。

飲食店 Wi-Fi インターネット回線
2019.05.23
コラム

【Wi-Fiの周波数帯域2.4GHzと5GHzとは】違いや使い分けは必要?

Wi-Fiの電波として使える周波数帯域「2.4GHz」「5GHz」に注目!この2つの周波数帯の特徴や違い、それぞれのデメリットまで徹底解説。Wi-Fiが繋がりにくいときに考えたいのが、この周波数帯域についてですが、この二つの切り替えや使い分けは必要なのでしょうか。また、そうした使い分けの必要がない、便利で高性能なメッシュWi-Fiにも注目してご紹介していきます。

Wi-Fi 環境改善 集客改善・集客方法
2020.03.03

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。