お問い合わせ

業務効率化の記事一覧

コラム

タブレットPOSレジのメリット・デメリットを解説!

レジの導入を検討している方必見!売上管理だけでなく、レジ締めや在庫管理など多くの機能が搭載されているタブレットPOSレジ。今回はメリット・デメリット、おススメのタブレットPOSレジも紹介していきます。

売上改善・売上アップ 店舗 POSレジ
2020.05.08
コラム

【新型コロナウイルスの影響で急増中】いますぐはじめるリモートワーク!導入のために確認したい手順・注意点・ポイントは?

東京オリンピックが近まり、期間中の混雑緩和に向けて、テレワークやリモートワークが推奨されています。さらに最近では、新型コロナウイルスの影響を受けて、在宅勤務を行う企業が増えてきました。これにより、大手企業だけでなく中小企業の中にも、リモートワークを導入する動きが高まっており、改めてリモートワークの導入方法について解説していきます。

クラウドPBX 生産性向上 業務効率化
2020.03.16
コラム

【業界別】勤怠管理の効率化アプリ12選!

近年、働き方改革の推進や労働基準の観点から、職員の勤務稼働時間に関して厳密に管理していく動きが高まってきています。もちろん、従来も勤怠管理は行っていたかと思いますが、より効率よく人の手がかからない形で管理したいものですよね。労働時間が長く、残業手当なども少ないと言われる保育業界なども、大がかりな勤怠システムなどを導入する予算がなく、簡易的に勤怠管理を行っているところが多いです。そこで今回は、コストを抑えて、手軽に利用できる勤怠管理システムをご紹介します。業界別のおすすめポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

業務効率化 シフト管理
2020.02.27
コラム

au PAYって?ユーザーの口コミ・評判をチェック

気になる「au PAY」の評判・評価・口コミを徹底調査!auPAYを導入したいけど、実際の評判はどうなの?と疑問を持っている方に必見です。ユーザーの声や、導入店舗の声も知りたいという方は是非チェックしてみてください!

業務効率化 キャッシュレス 店舗
2020.01.31
コラム

経営者の悩み「売上低下・コスト・資金繰り・人材育成…」を解決する考え方とアクション

飲食店経営者が頭を抱える5つの問題といえば、「売上」「コスト」「資金繰り」「人材育成」「ブランディング」にまつわるものでしょう。これはどの業界のトップであっても直面する問題です。 本記事では、5つの問題への向き合い方と、解決に向けた具体的な方法を説いていきます。

売上改善・売上アップ 経費削減 SNS
2019.11.21
コラム

面倒な売上管理はPOSレジの「売上管理機能」で一気に効率化!売上管理にオススメのPOSレジも紹介!

今回は「売上管理機能」の大きな役割と、POSレジで売上管理をするメリットについて解説し、機能の備わった注目のPOSレジをご紹介したいと思います。

居酒屋・バー 店舗経営 業務改善
2019.10.19
コラム

保育ICTシステムのコドモンで保育園の事務作業を一気に効率化!

保育士の業務として負担が大きい、保育料の計算や監査対策。日々の日誌作成や保育の指導案作成などの事務作業もこれまでは時間がかかる作業でした。コドモン(CoDMON)は、指導案作成や日誌作成、園だよりや保護者へのプリント配布、園児の登降管理や登降に基づいた保育料の計算や請求など事務作業にかかる時間を1人あたり20時間も削減することが可能です。業務効率化によりより良い保育ができるうえ、コスト削減にもなる保育ICT化。ぜひコドモンでより良い保育の時間確保を行ってくださいね。

業務改善 デジタルトランスフォーメーション(DX) 生産性向上
2019.10.18
コラム

チャットボットおすすめ10選を徹底比較!問い合わせ対応やCV向上など目的別に紹介

お客様からの問い合わせ対応をはじめ、社内の問い合わせ対応やマーケティングなどに役立つチャットボット。しかし現在多くの企業から出ているチャットボットの種類は多く「どのような基準でチャットボットを導入すればいいのか分からない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、自社に合うチャットボットを見つけるために、目的別におススメのチャットボットを厳選して紹介します。

チャットボット 業務効率化 業務改善
2019.08.04
コラム

話題のAIチャットボットをわかりやすく解説します!

このページでは、チャットボットはAIなのか、またおすすめのチャットボットはどれか、などについて解説します。/デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

業務改善 チャットボット 業務効率化
2019.08.03
コラム

直帰率が高い!?コンバージョンあがるくん(C-bot)で解決できる理由

コンバージョンあがるくんを活用して直帰率を下げる方法について解説します。/デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

業務改善 チャットボット 業務効率化
2019.08.03
コラム

コンバージョンあがるくん(C-bot)を導入してCVR改善!

コンバージョンあがるくんを導入することで、CVRの改善が可能です。/デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

業務効率化 チャットボット 業務改善
2019.08.03
導入事例

チャットボットの導入成功・失敗事例紹介!効果やメリットなども解説

チャットボットを導入すると、業務効率を図ることができる上、コスト削減などの効果も期待できます。今回は、チャットボットに焦点をあて、導入するメリットやデメリット・注意点をお伝えするとともに、チャットボットを導入した企業の成功事例と失敗事例をそれぞれ徹底解説します。

チャットボット 業務効率化 業務改善
2019.08.03
コラム

チャットボットが無料!?成果報酬型チャットボットサービス

チャットボットを導入することで複数のメリットが得られ、利益の最大化、労働状況の改善にもつながるでしょう。従業員が本来やるべき仕事に専念できます。/デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

業務改善 IT化 業務効率化
2019.07.17
コラム

待ってるだけの時代に終止符を!新サービス「コンバージョンあがるくん」の正体とは?

チャットボット 業務改善 業務効率化
2019.05.23
コラム

テーブルソリューションは、低コストで利用できる顧客管理・予約システム

飲食店やレストランで個別に予約管理システムや顧客管理システムを導入するのは費用がかかるため、中小・零細企業では導入が進んでいないのが現状。しかし、「テーブルソリューション(TableSolution)」では月額12,000円から利用が可能。飲食店・レストランに特化したフロア画面での空席や予約の状況確認ができるほか、ステータス管理・配席状況をパッと見で把握可能。カレンダでの予約管理はもちろん、顧客の好みやアレルギー情報を管理・POSシステムとの連携やメールマーケティングまで可能。

生産性向上 店舗 業務改善
2019.05.23
コラム

保育士処遇改善に効果的!使いにくいのは過去のこと?アップデートを続けるコドモンとは?

処遇改善手当として有名な、保育士の処遇改善のために厚生労働省が方針を定めて加算を行う制度。より待遇を改善するために園を運営・経営する側が考慮すべきなのが保育ICTシステムの活用です。保育士の処遇改善に効果的なコドモンをご存知でしょうか?コドモンは以前までは使いにくいという評判を見かけることがあった人も多いかもしれません。しかし、日々進化・アップデートを行っているのが、保育ICTシステムです。現状はどうなのか?どのくらい効果があるのか?ぜひ保育ICT化の参考にしてくださいね。

業績管理 業務効率化 業務改善
2018.05.15
導入事例

Square 導入事例:串揚げと季節のお料理 さとう様

Squareの導入事例、串揚げと季節のお料理 さとう様 最も洗練された月額無料のカード決済サービス、どこでもカード決済が可能。通常は手数料が5%以上もするので導入するのがネックでしたが、Squareは手数料が※3.25%~と他社と比べてとても低く、さらに面倒な審査もいらずすぐに導入ができるという気軽さが決め手で導入をさせていただきました。※VISA、Mastercard、AMERICANEXPRESS、DinersClub、DISCOVERの5つの主要ブランドは3.25%、JCBは3.95%でご利用いただけます。金融機関を問わず振込手数料0円です。

居酒屋・バー 店舗 顧客管理(CRM)
2018.03.30
導入事例

対応がとてもスピーディーで、導入後のフォローも手厚いので安心して業務に臨めています。

業務効率化 業務改善 生産性向上
2017.05.23
導入事例

ネットワーク構築から各種機器の調達まで一本化して任せられたので安心でした。

オフィス・事務所 生産性向上 環境改善
2017.05.23

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。